*

OpenHome公式デモ・プレーヤー

 いつの間にかOpenHomeが公式でデモ・プレーヤーを出していたようなので紹介。

Try OpenHome now

 このデモ・プレーヤーの正体はJPLAYStreamerと同じく、「インストールした機器をOpenHomeレンダラーと化す」というソフト。Windows・Mac・Linux・Raspberry Piに対応する。

 あくまでOpenHomeならではのユーザビリティを体験するためのものであり、オーディオ的な仕様は最低限となっている。TIDAL・Qobuzに両対応する一方でUSB DACとの詳細な接続設定などは一切なく、対応フォーマットはPCM 192kHz/24bitまで。ソフト自体は起動するとタスクバーにひっそりと常駐するのみ。
20160322OpenHome05

 とりあえず、常用するためのソフトではない。

 コントローラーにはLinn KazooもしくはBubbleUPnPでも使え、とある。iOSではKazoo、androidではBubbleUPnPというのがOpenHome公式にとっても事実上の推奨組み合わせであるようだ。
 というわけで使ってみた。

 Kazoo
20160322OpenHome02
20160322OpenHome04
20160322OpenHome01

 BubbleUPnP
20160322OpenHome03

 Windowsの場合、PCの名称がそのままプレーヤー名として使われる。


 OpenHome公式・純正デモソフトなのでこんなことをする必要はないと思うが、一応。

操作へのレスポンス:良好
シーク:○
スキップ:○
ギャップレス再生:○
音源のスペック表示:○
オンデバイス・プレイリスト:○

 運悪くまともじゃないネットワークオーディオプレーヤーを掴まされた挙句悲惨なユーザビリティを味わってネットワークオーディオという方法論そのものに絶望する前に、あるいは現在進行形で絶望している人に向けて、公式がこのようなソフトを用意したのだろう。OpenHome対応のプレーヤーであればこんなにスムーズに使えるのですよ、ネットワークオーディオってのはいいものですよ、と示すために。
 OpenHomeに対応する=まともな音楽再生機器であることが保証されるなら、あとは、好きなメーカーの好きな音を出すプレーヤーを買えばいいというわけである。


OpenHome is an Open Standard for leading edge streaming digital audio, providing an advanced feature set for networked home audio devices. Interoperability with other devices is a key aspect, and OpenHome delivers by providing complete reference implementations and interoperability certification to ensure that OpenHome compatible players work seamlessly to bring you high quality audio throughout the home.



 Roon/RoonReadyという強力な競合が現れたことで、もしかしたら、私の与り知らない水面下でOpenHomeとRoonの熾烈な主導権争いがあるのかもしれない。最も優れたネットワークオーディオのプラットフォームはおれだ、的な。

 Roon Coreという強力な中枢がライブラリ機能と再生機能を一手に掌握することで、ユーザー・エクスペリエンスの高度化・最大化を図ったRoon。
 まともなネットワークオーディオプレーヤーの背後に広く横たわることで優れた機能性と汎用性を両立し、ユーザーにハード・ソフトの広い選択肢を与えるOpenHome。

 どちらも素晴らしいネットワークオーディオのプラットフォームである。
 強いて言えば、ライブラリの構築を含めた音源の管理運用がユーザーに委ねられているだけ、良くも悪くもOpenHomeの方が自由度が高いということになる。

 2016年、ネットワークオーディオはますます面白い。



Roon関連記事まとめ

【音源管理の精髄】 目次 【ネットワークオーディオTips】

よくある質問と検索ワードへの回答

スポンサーリンク


関連記事

【ネットワークオーディオTips・実践編】 PCの再生ソフトのコントロールアプリ

 とりあえずこの記事も参照。  私は、いわゆるPCオーディオといわゆるネットワークオーディ

記事を読む

【ネットワークオーディオ】 iPad Airで超高解像度ライブラリに立ち向かう

と、いうわけでiPad Airが発売されたので、例によって速度検証を行ってみた。 1536×153

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第146回『ターミネーター4』

画質:9 音質:13 映像はAVC、音声はDTS-HDMAの16bit。SPEはドルビーを

記事を読む

ECLIPSE TD316SWMK2 導入編

0.1の壁  23キロの黒い箱。  設置はブビンガ・ラックのベースをボードとして

記事を読む

【ネットワークオーディオTips】いつの間にかTwonkyが8になっていた+α

↓情報を統合・刷新した記事を作成したのでこちらを参照↓ サーバーソフトの紹介 『Twonky

記事を読む

dBpoweramp Release 16

 リッピング&タグ編集&フォーマット一括変換機能のパッケージ、自分にとって理想のライブラリの構築を志

記事を読む

no image

【アプリ紹介】Marantz Remote App

●イントロダクション NA7004で国産ネットワークオーディオプレーヤーの先陣を切ったマランツだっ

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第77回『ラストサムライ』

画質:7 音質:6 映像はVC-1のワーナー仕様。 音声はドルデジのみ。 画質につ

記事を読む

【魔境】ハブで音は変わるか?

 魔境注意。 ネットワークオーディオの魔境を往く  今回の魔境はかなり深

記事を読む

【BDレビュー】第252回『ゼロ・グラビティ』

 映画館では未見。  ちなみに見たのは2D版。  残念ながらDLA-X30の3Dはしょぼすぎてま

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

『オペラ座の怪人』のUHD BD

オペラ座の怪人 4K ULTRA HD&ブルーレイ(3枚組) 初回限定

【インプレッション】Playback Designs Merlot DAC 外観編

Playback Designs Merlot DAC - ナスペック

【菅江真澄紀行文・本編紹介】第一章「栗駒の心臓を御室に見る」

クラウドファンディングサービス「FAN AKITA」でプロジェクトを実

NetAudio vol.25で記事を執筆しました

 この手のおしらせはしばらく放置していたが、これからはマメにやっていこ

「FAN AKITA」のプロジェクトで目標金額を達成しました

小町ゆかりの地「真澄と歩く」出版プロジェクト - FAN AKITA

MQAのソフトウェアデコードって……

MQA Decoding Explained - Audio Stre

LUMINがRoon Readyになったような

 ん?  !?  常時起動の単体Roon Serv

3,000,000PVを達成しました

 言の葉の穴は2017年1月5日をもって3,000,000PV

canarino Fils × JCAT USBカードFEMTO

 canarino Filsの導入当初は、ちょいと思うところがあって、

TIDAL MASTERS with MQA

TIDAL MASTERS TIDAL is deliverin

Roon 1.3のプレビュー

Coming over the hill: the monstrous

言の葉の穴 2016-2017

 「言の葉の穴」読者の皆様、あけましておめでとうございます。  昨年

言の葉の穴 2016年のハイライト 創作・地元ネタ編

 もうすぐ終わるので振り返り。  オーディオだけではないのである。

言の葉の穴 2016年のハイライト オーディオ・ビジュアル編

「言の葉の穴」的2015年のAV関連ニュース10選  独断と

2016年の心残りその2 まだ見ぬOPPO Sonica DAC

OPPO Sonica DAC そして素晴らしいのは、この手の製

2016年の心残りその1 LUMIN、未だRoon Readyならず

Roon Ready、ネットワークオーディオ第五の矢  LU

2015年の心残りは2016年でどうなったのか

2015年の心残りその1 ESOTERIC N-05 紹介記事

【BDレビュー】第341回『帰ってきたヒトラー』

画質:8 音質:8 (評価の詳細についてはこの記事を参

シン・ゴジラのUHD BD

「シン・ゴジラ」が'17年3月22日BD/UHD BD化。初公開映像満

【BDレビュー】第340回『DOOM / ドゥーム』

画質:6.66 音質:13 (評価の詳細についてはこの

→もっと見る

PAGE TOP ↑