*

OpenHome公式デモ・プレーヤー

 いつの間にかOpenHomeが公式でデモ・プレーヤーを出していたようなので紹介。

Try OpenHome now

 このデモ・プレーヤーの正体はJPLAYStreamerと同じく、「インストールした機器をOpenHomeレンダラーと化す」というソフト。Windows・Mac・Linux・Raspberry Piに対応する。

 あくまでOpenHomeならではのユーザビリティを体験するためのものであり、オーディオ的な仕様は最低限となっている。TIDAL・Qobuzに両対応する一方でUSB DACとの詳細な接続設定などは一切なく、対応フォーマットはPCM 192kHz/24bitまで。ソフト自体は起動するとタスクバーにひっそりと常駐するのみ。
20160322OpenHome05

 とりあえず、常用するためのソフトではない。

 コントローラーにはLinn KazooもしくはBubbleUPnPでも使え、とある。iOSではKazoo、androidではBubbleUPnPというのがOpenHome公式にとっても事実上の推奨組み合わせであるようだ。
 というわけで使ってみた。

 Kazoo
20160322OpenHome02
20160322OpenHome04
20160322OpenHome01

 BubbleUPnP
20160322OpenHome03

 Windowsの場合、PCの名称がそのままプレーヤー名として使われる。


 OpenHome公式・純正デモソフトなのでこんなことをする必要はないと思うが、一応。

操作へのレスポンス:良好
シーク:○
スキップ:○
ギャップレス再生:○
音源のスペック表示:○
オンデバイス・プレイリスト:○

 運悪くまともじゃないネットワークオーディオプレーヤーを掴まされた挙句悲惨なユーザビリティを味わってネットワークオーディオという方法論そのものに絶望する前に、あるいは現在進行形で絶望している人に向けて、公式がこのようなソフトを用意したのだろう。OpenHome対応のプレーヤーであればこんなにスムーズに使えるのですよ、ネットワークオーディオってのはいいものですよ、と示すために。
 OpenHomeに対応する=まともな音楽再生機器であることが保証されるなら、あとは、好きなメーカーの好きな音を出すプレーヤーを買えばいいというわけである。


OpenHome is an Open Standard for leading edge streaming digital audio, providing an advanced feature set for networked home audio devices. Interoperability with other devices is a key aspect, and OpenHome delivers by providing complete reference implementations and interoperability certification to ensure that OpenHome compatible players work seamlessly to bring you high quality audio throughout the home.



 Roon/RoonReadyという強力な競合が現れたことで、もしかしたら、私の与り知らない水面下でOpenHomeとRoonの熾烈な主導権争いがあるのかもしれない。最も優れたネットワークオーディオのプラットフォームはおれだ、的な。

 Roon Coreという強力な中枢がライブラリ機能と再生機能を一手に掌握することで、ユーザー・エクスペリエンスの高度化・最大化を図ったRoon。
 まともなネットワークオーディオプレーヤーの背後に広く横たわることで優れた機能性と汎用性を両立し、ユーザーにハード・ソフトの広い選択肢を与えるOpenHome。

 どちらも素晴らしいネットワークオーディオのプラットフォームである。
 強いて言えば、ライブラリの構築を含めた音源の管理運用がユーザーに委ねられているだけ、良くも悪くもOpenHomeの方が自由度が高いということになる。

 2016年、ネットワークオーディオはますます面白い。



Roon関連記事まとめ

【音源管理の精髄】 目次 【ネットワークオーディオTips】

よくある質問と検索ワードへの回答

スポンサーリンク


関連記事

no image

【BDレビュー】 第63回『メン・イン・ブラック』

画質:7 音質:9 映像はAVCでビットレートは高めに推移。 音声はドルビーTRUEHD

記事を読む

【UHD BDレビュー】第9回『インデペンデンス・デイ: リサージェンス』 北米盤 【Dolby Atmos】

 何から何までマクロスじゃねーか。 画質:9 (画質はHD環境・BDと同じ土俵での

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第133回『平成ガメラ三部作』

どいつもこいつもレギオンレギオン言いやがって! おれはイリスが好きなんだよ!!

記事を読む

【Dolby Atmos導入記】家庭用アトモスを聴く

 音展で東京遠征したついでに、某所の試聴イベントに参加して家庭用Dolby Atmosを聴いてきた。

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第113回『ゴーストライダー』

画質:12 音質:13 映像はAVC、SPEらしい手慣れたエンコード。 音声はリニアPC

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第77回『ラストサムライ』

画質:7 音質:6 映像はVC-1のワーナー仕様。 音声はドルデジのみ。 画質につ

記事を読む

ネットワークオーディオのコントロールアプリに高解像度のアルバムアートを表示する、そこに到る長い道のり

※2015/09/12追記※ この記事は私が呼ぶところの「トンキー病」との出会いについて書いた

記事を読む

【BDレビュー】第259回『風立ちぬ』

好きなことを一生懸命やる。 画質:15 音質:10 映像:AVC 音声:

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第40回『スチームボーイ』

絵を見もしない人間がガタガタ抜かすな。 これはアニメだ。 動く絵だ。 画質:1

記事を読む

【音源管理の精髄】 最初にするべきこと 【ネットワークオーディオTips】

 【音源管理の精髄】も第2章に突入。  いつ終わるやら。  タグとは何か。  タグはな

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

【レビュー】SOULNOTE D-1 音質編

外観・運用編 ・再生環境(詳細) canarino

【Munich HIGH END 2017】SFORZATO / fidata in Munich

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Cocktail Audio CA-X50 【Roon Ready】

  Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら

【Munich HIGH END 2017】constellation audio LEO 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Roon Labs自身による“Nucleus” Roon Server

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Playback Designs Dream DAC MPD-8 / Transport MPT-8 【Roon?】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】DELAの進化は続く

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Mark Levinson No519 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】dCS Vivaldi One 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Ayre QX-8 / AX-8 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】MSB Technology The Reference DAC 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】AURALiC G Series 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

言の葉の穴・四周年

 三周年記事で地元ネタ全面解禁宣言をしてから1年。  主に私のや

【Munich HIGH END 2017】Dynaudio Special Forty

Dynaudio Special Forty https://y

【レビュー】SOULNOTE D-1 外観・運用編

 SOULNOTEのDACには、対応フォーマットのスペックを偏重する流

LUMIN U1がDSD256に対応

LUMINのネットワークトランスポート「U1」、11.2MHz DSD

【菅江真澄紀行文】『菅江真澄と歩く 二百年後の勝地臨毫 出羽国雄勝郡』が完成しました

小町ゆかりの地「真澄と歩く」出版プロジェクト - FAN AKITA

【御礼】ヘッドホン祭&北陸オーディオショウ(デジ研)・OTOTEN 2017が終了しました

春のヘッドホン祭2017 / 第2回北陸オーディオショウの「デジ研」に

【おしらせ】OTOTEN 2017に参加します

 久々だと思っていたら三週続けてのイベント参加です。 O

【おしらせ】春のヘッドホン祭2017 / 第2回北陸オーディオショウの「デジ研」に参加します

 久々のイベント参加になります。 春のヘッドホン祭201

→もっと見る

PAGE TOP ↑