*

【ネットワークオーディオ】foobar2000 UPnP ServerでDSDを配信したかった

 今のところ、私が限られた時間と機材と投資額の中で実際に確認した、「DSDを配信可能なサーバーソフト」は以下の三つである。

・TwonkyMedia
・MinimServer
・JRiver Media Center
 
 また、未確認ながら「ReadyNAS」シリーズの中の「MiniDLNA」もDSDを配信可能とのことである。


 さて、LUMIN A1でのDSD再生にはMinimServerが必要不可欠とか、TS-119はDSDの配信ができないとか、そんな誤解が堂々と発信されているネットワークオーディオ界隈の昨今ではあるが、私としてはもっと可能性を広げていきたい。

 というわけで、今回取り上げるのはfoobar2000である。

 知ってのとおり、foobar2000はコンポーネントの追加により多くの機能を獲得できる。
 しかも無料。
 その中に、「UPnPサーバー」と「DSD対応」というものがある。
 ここで当然のように考えるのは、「DSDに対応したfoobar2000は、DSD音源をネットワークで配信可能なのか?」ということ。

 コメントに寄せられた情報ではどうやら出来ないらしいということだが、検証しないわけにはいくまい。


 下準備として、

・foobar2000にUPnP対応コンポーネントをインストール
・foobar2000にDSD対応コンポーネントをインストール

 前者については記事を作っているのでリンク先参照。
 後者についてはYAMAHAがわかりやすいマニュアルを作ってくれている。多謝!
 あとは当然ながらDSD音源も用意しよう。私は例によってアニソンオーディオにくっついてきた音源を使用している。光田康典かKOKIAのDSD音源が出ようものなら私も本気を出すのだが、まぁ無理か……


 これが私のfoobar2000の図。そっけないことこの上なし。
 ライブラリは【音源管理の精髄】第7章・実践編で作ったものに前述のアニソンオーディオの音源を加えたものである。
WS000416

 DSDをきちんと認識していることがわかる。
 次に、「Streaming Profiles」→「Renderer Capabilities」を確認する。
WS000411

 あぁ、やはり192までなのか……と思いきや、

 ん?
WS000410

 (DSD5.6MHzの場合はどうなるんだ?)
WS000409

 そして、LUMIN A1で再生してみる。
 すると……


 !!
1

 foobar2000 UPnP ServerでDSDを配信。
 出来てしまった。



 しかしこの直後(iPadの時間表示にも注目)、一旦LUMIN Appのプレイリスト消してまた再生をした時からDSDでの配信ができなくなり、WAVの192kHz/24bitに変換されるようになってしまった。
2

 foobar2000の設定を確認してみるものの、上記のままで変わりなし。
 原因不明。
 LUMIN A1の本体ディスプレイの写真も撮っておらず後の祭り。
 最初のLUMIN Appの表示は何かの間違いで、やはり、foobar2000 UPnP ServerではDSDの配信は出来ないのか……


 そう思って数日後の今日、記事を書くにあたって、あらためてfoobar2000を立ち上げてLUMIN A1で再生してみると、

 !?
3

4

 前回のように何度かプレイリストを消去し、あらためて再生というのを繰り返してみたが、きちんとDSDで配信されている。
 考えられる仮説としては、foobar2000 UPnP Serverの設定変更が実際のストリーミングに反映されるまで何らかのタイムラグが存在するとか、そんなところだろうか。前回も、DSDが配信できたことに調子に乗って、即座に設定変更を色々かけて挙動の変化を確認しようとした記憶がある。

 そして今度こそ、LUMIN A1の本体ディスプレイの写真も撮った。

 間違いない。
5


 いまいち釈然としない部分は残るが、結論。


 少なくともLUMIN A1との組み合わせにおいて、foobar2000 UPnP ServerはDSDを配信可能である。


 あと、「Streaming Profiles」の「Renderer Capabilities」次第では、DSDに対応していないネットワークオーディオプレーヤーでもDSDを(WAVに変換して)聴くということも可能である。
 foobar2000、凄いねほんと。
 ネットワークオーディオの可能性、少しは広がったかな?


 最後に検証用として、私のfoobar2000の構成を以下に示す。
WS000414

 DSDを再生可能なネットワークオーディオプレーヤーを使っているユーザーはまだまだ少数とは思うが、是非試してみてもらいたい。



【音源管理の精髄】 目次

スポンサーリンク


関連記事

【RoonReady】TOTALDAC d1 music server

 段々と高価格帯の製品にまでRoonReadyの実装が進んできた感。 TOTALDAC d

記事を読む

【ネットワークオーディオTips・実践編】 PCの再生ソフトのコントロールアプリ

 とりあえずこの記事も参照。  私は、いわゆるPCオーディオといわゆるネットワークオーディ

記事を読む

【ハイレゾ音源備忘録】Led Zeppelin / Led Zeppelin II (Deluxe Edition)

・アーティスト / アルバムタイトル Led Zeppelin / Led Zeppe

記事を読む

エヴァのハイレゾ音源を買いました

 アニメ「新世紀エヴァンゲリオン」最新のハイレゾ専用リマスターで遂に登場!  というわけで

記事を読む

【Munich HIGH END 2017】Dynaudio Special Forty

Dynaudio Special Forty https://youtu.be/zJ9aE-C

記事を読む

【レビューまとめ】fidata HFAS1-XS20 ― 専用機であるということ

外観編 音質・サーバー編 音質・ミュージックサーバー編 fidataのCDトランス

記事を読む

【BDレビュー】 第245回『MEMORIES』 High Spec Edition

画質:論外 音質:8 映像:AVC 音声:ドルビーTRUEHD advanced 96

記事を読む

【ネットワークオーディオTips】全体の流れ――音源の管理運用・システムの構築・実際の音楽再生

 全体像の把握は大切だ。  でないと、何から手を付けていいのかわからないまま各論に走り、破局を迎え

記事を読む

オーディオラックを替えたりいろいろ

 サブウーファーを導入した段階ではまだなんとかなった。  オーディオ用PCを導入したこ

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第206回『REDLINE』

川尻大先生の「走る男」を思い出すな…… 画質:9 音質:12 映像はAVC、音声

記事を読む

スポンサーリンク

Comment

  1. 通りすがりの若者その1 より:

    おはようございます。
    「Streaming Profiles」で設定したのにPCMに変換されてしまう原因についてなのですが、

    「Decoding to PCM」の項目の「Decode」→「never」では無く「always」、「Except」→「dsf,dff」を追加しておけばfoobar2000で変換されるずに配信されると思われますがいかがでしょうか??
    (ちなみに現在の私のfoobar2000のバージョンは1.3.2です)

    私のNP-S2000ではそのExcept設定項目にflac,aiffなど対応ファイルも追加してます。
    私のNP-S2000ではDSD対応して無いので検証できませんが、上記の設定しておかないとFLACなどプレイヤーが対応するファイルもPCMに変換されて配信される様です。

    • sakakihajime より:

      通りすがりの若者その1さん

      コメントありがとうございます。
      現状、私の環境では「never」のままで安定しているようです。
      DSDもFLACも問題なくそのまま配信できています。
      しかし、今後再び、意図せずWAVに変換されて出力されてしまうようなことがあれば、あえて「always」→「except」で明示的に設定してやるというのは効果的だと思います。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

【ホームシアターでゲームをしよう!】第3回『ニンテンドークラシックミニ スーパーファミコン』

https://www.youtube.com/watch?v

TIAS2017の思い出

 色々あるが、最も印象に残ったのはナスペックブースでのPlayback

【イベント報告】東京インターナショナルオーディオショウ2017 於:トライオードブース

予告:東京インターナショナルオーディオショウに参加します  

【ホームシアターでゲームをしよう!】第2回『ドラゴンクエストⅪ 過ぎ去りし時を求めて』

https://www.youtube.com/watch?v

【ハイレゾ音源備忘録】Nicogi / 蜃気楼

・アーティスト / アルバムタイトル Nicogi /

【ホームシアターでゲームをしよう!】再始動

 諸事情により、第1回『The Last of Us』以来

【ハイレゾ音源備忘録】Nicogi / Precious Morning

・アーティスト / アルバムタイトル Nicogi /

【BDレビュー】第345回『RWBY Volume 4』

画質:8 音質:6 (評価の詳細についてはこの記事を参

JPLAYの入門ガイドを作成しました

JPLAY日本語公式ページ →PCオーディオ入門者向け設定ガイド

月刊HiVi 2017年10月号に記事を執筆しました【おまけつき】

月刊HiVi 10月号 9/16発売 祝35周年・UHDブ

【ハイレゾ音源備忘録】Helge Lien Trio / Guzuguzu

おまえの新譜グズグズじゃねーか(歓喜) ・アーテ

【ハイレゾ音源備忘録】Tingvall Trio / Cirklar

・アーティスト / アルバムタイトル Tingvall

【ハイレゾ音源備忘録】Julian Lage / Arclight

・アーティスト / アルバムタイトル Julian La

【レビュー】DSP-Dorado 音質編

外観・導入編 設定・運用編 ・再生環境(詳細)

【UHD BDレビュー】第33回『ザ・コンサルタント / The Accountant』

画質:6 音質:8 (評価の詳細についてはこの記事を参

【レビュー】DSP-Dorado 設定・運用編

外観・導入編  DSP-Doradoは意外と(?)多機能

【イベント情報】東京インターナショナルオーディオショウに参加します

 既にオーディオ誌で見たという人もいるかもしれませんが、 2

【UHD BDレビュー】第32回『メッセージ / Arrival』 米国盤

画質:7 音質:8 (評価の詳細についてはこの記事を参

【レビュー】SFORZATO DSP-Dorado 外観・導入編

「純粋なネットワークオーディオ」への憧憬 続・「純粋なネットワークオ

激突!OpenHome/UPnP vs Roon Ready/RAAT

 今回は音質面の話。  「Roon ReadyはUPnPベースのシス

→もっと見る

PAGE TOP ↑