M12およびM1 Special Edition mk2仕様変更のご案内

【変更前】192kHz / 24 bit までのPCMデータおよびDSD64(2.8MHz)までのDSDデータの再生に対応(LAN入力時)
【変更後】384kHz / 24 bit までのPCMデータおよびDSD128(5.6MHz)までのDSDデータの再生に対応(LAN入力時)


 Wow…

 しかもPhile-webの記事によれば、

今月以降に出荷される製品については、上記の仕様に対応した最新のネットワーク基板が搭載される。また、先月までに出荷された製品については、無償にて製品のアップグレードサービスが実施される(往復の送料のみ自己負担)。


 とのことである。なんという太っ腹。

 最低限のユーザビリティすら実現することなくファームもハードも放置したまま知らんぷりという現実が横行していた(している?)ネットワークオーディオプレーヤーという製品ジャンルにおいて、Bricasti Designの姿勢はもはや感激するレベルで素晴らしい。
 しかもM12 / M1 SE mk2のネットワークオーディオプレーヤー機能は決して単なるおまけではないレベルなので、対応可能なフォーマットがUSB入力と並んだことでさらなる魅力を得たことになる。

 LINN DSのDSD対応といい、Deezer HiFiの国内サービス開始といい、ここんとこネットワークオーディオ界隈で嬉しいニュースが続いている。



【レビュー】Bricasti Design M1 Special Edition mk2 音質編


【音源管理の精髄】 目次 【ネットワークオーディオTips】

【レビュー】 視た・聴いた・使った・紹介した機器のまとめ 【インプレッション】

【Roon】関連記事まとめ

よくある質問と検索ワードへの回答