*

TuneBrowserを用いたPCのネットワークオーディオプレーヤー化

 四年ほど前から、TuneBrowserというWindows用の再生ソフトがある。
 TuneBrowserは半年ほど前にバージョン4.0.0になってOpenHomeに対応したということで、今さらながら紹介しようと思った次第。


 TuneBrowserの設計思想等については以下のページに詳しい。

FLAC/MP3/DSD 管理・再生ソフト: TuneBrowser

 ソフトのヘルプに「TuneBrowserは、ハードディスク上の音楽(Tune)ファイルを整理し、 ブラウズするためのツールです」と書かれているとおり、音源の高度な管理とブラウジングが特徴になっている。
 再生機能も充実しており、DSDを含むハイレゾ音源の再生にも一通り対応している。私が分類するところの「ライブラリ統合型」再生ソフトというやつである。
 フリー版と1620円のフル版が用意されており、フリー版は管理できる曲が500曲までとなっている。有料の再生ソフトとしては随分と安価な部類。


 TuneBrowserは自ら「ブラウズするためのツール」と言うだけあって、ソフトのデザインはよく練られていると思う。
 立ち位置的に似通っているJRiverと比べても、「ソフト本体」での見映えや再生操作性は上回っているように感じる。

JRiver Media Center


TuneBrowser



 が、JRiverのソフト本体での見た目の古臭さ/再生操作のしょぼさは、JRemoteを使えば全面的かつ発展的に解決するので、それ自体では問題にならない。何かしら設定をする時以外に、JRiver本体を触る必要はない。もしJRemoteが消滅して全部JRiver本体で操作する羽目になったら、きっと私はJRiverを見捨てる。


 TuneBrowserは、たとえソフト本体の操作性が優れていたとしても、私がやりたいのはあくまでも【ネットワークオーディオ】なので、長らく興味の対象外にあった。
 そしてJPLAYと同様に、OpenHome対応が使ってみるきっかけとなった。


 なお、この記事中のTuneBrowserのバージョンは4.1.4を使っている。
 2017/11/16現在の最新バージョンは4.2.1。


 TuneBrowserのOpenHome対応を有効にするにはひと手間必要で、
 「設定」


 →「ネットワークの設定」
 →「OpenHome対応を有効にする」・「LAN I/F」(選択)




 これでTuneBrowserをOpenHome対応のコントロールアプリから操作可能になる。つまり、TuneBrowserの動くPCが事実上のネットワークオーディオプレーヤーになる。
 アプリからTuneBrowserのライブラリをブラウズして、そのままTuneBrowserで再生するという格好。

 TuneBrowserの広範な再生オプションがそのまま利用できるのはもちろん、



 ナビゲーションツリー(TuneBrowserでは「ツリークエリ」という名称)の追加や編集も自由自在。



 これは毎度おなじみ「ジャンル/アルバム」を作ったところ。


 設定の自由度やタグの徹底的な活用という点で、TuneBrowserのライブラリ機能はJRiverやAsset UPnPと比べてもまったく見劣りしない。越えていると言ってもいい。


 公式に対応が書かれているコントロールアプリはKazoo。


 時折挙動が不安定になったり音源の表示にもたつきを感じたりもするが、大きな問題もなく操作可能だった。
 安定性と速度は今後のアップデートで改善を期待したい。


 TuneBrowserは初期設定でも特に不自由なく使える一方、ライブラリ機能・再生機能ともに突き詰めようと思えば恐ろしく広範かつ詳細な設定項目が用意されており、弄りたい人にとっては実に弄りがいのあるソフトである。
 そんなソフトが、ネットワークオーディオの文脈で活用可能になったのだから、喜ばしいことこのうえない。



【音源管理の精髄】 目次 【ネットワークオーディオTips】

【レビュー】 視た・聴いた・使った・紹介した機器のまとめ 【インプレッション】

【Roon】関連記事まとめ

よくある質問と検索ワードへの回答

スポンサーリンク


関連記事

no image

【BDレビュー】 第118回『ヘルボーイ』

画質:11 音質:11 映像はAVCでSPEらしい手堅いエンコード。 音声はリニアPCM

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第84回『バンテージ・ポイント』

画質:10 音質:10 映像はAVCでビットレートはストレスなく変動。 音声はドルビーT

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第233回『天元突破グレンラガン 劇場版 紅蓮編&螺厳編』

BDBOXの大きさまで天元突破しなくても…… 尺の都合上仕方がないとはいえ、テッペリン攻略戦&ロー

記事を読む

Roon Remote 1.2、そしてiPhone・androidスマホ版

 今回はiOS版のタイムラグがやけに短かった感。  これでRoon Remoteアプリも晴

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第204回『耳をすませば』

    |                   \     |  ('A`)        カ

記事を読む

【ネットワークオーディオ】 iPadに最も美しいアルバムアートを表示するコントロールアプリは?

※この記事は2012年5月15日と17日に書かれたものを統合、修正を加えたものです 手

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第191回『GHOST IN THE SHELL 2.0』 北米盤

国内版の価格は甚だ疑問だったので輸入。 国ごとに違うマスターを使い分けるなんて面倒をバンダイビジュ

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第5回『スターシップ・トゥルーパーズ』

Kill ! Kill Them ! Kill Them All !!! という怒号が飛び交う

記事を読む

【ハイレゾ音源備忘録】John Mayer / The Search for Everything – Wave Two

・アーティスト / アルバムタイトル John Mayer / The Search

記事を読む

【BDレビュー】第257回『機動戦士ガンダムⅢ めぐりあい宇宙編』

画質:5 音質:6 映像:AVC 音声:リニアPCMステレオ 16bit 特別版の5.1c

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

なぜハイレゾ音源を買うのか

 音がいいから、ではない。  私が「ハイレゾ」と言う時は

【UHD BDレビュー】第47回『トランスフォーマー/最後の騎士王』 英国盤 【Dolby Atmos】

画質:10 音質:14 (評価の詳細についてはこの記事

SFORZATO流「ネットワークプレーヤーの使いこなし」が掲載されたので

 我が身を振り返ってみた。 Netwok Audioについて

Bricasti Design M12 / M1 SE mk2のLAN入力がPCM 384kHz/24bit・DSD 5.6MHzに対応

M12およびM1 Special Edition mk2仕様変更のご案

ついに日本でロスレス音楽ストリーミングサービス「Deezer HiFi」が開始

日本初、ロスレス音楽ストリーミング「Deezer HiFi」開始。3,

【レビュー】日本テレガートナー M12 GOLD SWITCH

 魔境深淵注意。  みんなおこらずに楽しく読んでね。

【ハイレゾ音源備忘録】Nicogi / DigiFi No.28付録音源

・アーティスト / アルバムタイトル Nicogi /

「自分の音源ライブラリ」の未来

 言の葉の穴を本格的に始めてまだ間もない頃、こんな記事を書いた。

【Dolby Atmos/DTS:X】オブジェクトオーディオの威力を実感できるタイトル10選・2017年版

 せっかく、「さらなるサラウンド体験のために天井にスピーカーを付ける」

【BDレビュー】第353回『パトリオット・デイ』

 日本ではUHD BDが発売されないという悲劇。 https

LUMIN AppがiPad Pro 12.9インチにネイティブ対応

コントロールアプリのiPad Pro 12.9インチへの対応状況

【BDレビュー】第352回『バーニング・オーシャン』 【Dolby Atmos】

 日本ではUHD BDが出ないという悲劇。 https://

LINN KLIMAX DS/3・DSM/2(Katalyst DAC搭載モデル)がDSDの再生に対応

LINN FORUMS  LINN DSのファームウェア、Dav

WaversaSystems WCORE(Roon Server)

WCORE開発完了 - WaversaSystems  要は

【BDレビュー】第351回『ハードコア』

 一人称視点のアレ。 https://www.youtube.c

UHD BD化を待ち望む作品10選・2017年末版

BD化を待ち望む作品10選  未だBD化されていない作品も多いと

【UHD BDレビュー】第46回『スパイダーマン:ホームカミング』 英国盤 【Dolby Atmos】

画質:6 音質:7 (評価の詳細についてはこの記事を参

【UHD BDレビュー】第45回『ベイビー・ドライバー』 英国盤 【Dolby Atmos】

画質:7 音質:12 (評価の詳細についてはこの記事を

【BDレビュー】第350回『グレートウォール』 【Dolby Atmos】

同時にUHD BDが出ている作品のBDを評価するのはいささか心苦しいの

【BDレビュー】第349回『キング・アーサー』(ガイ・リッチー監督/2017年) 【Dolby Atmos】

同時にUHD BDが出ている作品のBDを評価するのはいささか心苦しいの

→もっと見る

PAGE TOP ↑