*

【音源管理の精髄】 『自分ルール』の重要性――ジャンル/アーティスト/アルバム 【ネットワークオーディオTisp】

公開日: : 最終更新日:2014/11/24 PC・ネットワークオーディオ関連, オーディオ・ビジュアル全般

 『自分にとって良いライブラリとはどのようなものか』
 『どのようなライブラリを作りたいのか』

 ライブラリの構築においてこの2点を考え、『自分ルール」を作ることは非常に大切である。
 また、以前に書いた『タグ』はなぜ重要かも参照のこと。
 つまるところ、この記事の本題はかつて登場した「駄目な例」を克服する方法に他ならない。

 この記事では「ジャンル」「アーティスト」「アルバム」という、ライブラリを構築するうえで最も基本となる情報について、どのようにタグを管理編集し、どのようなルールを作るのがよいのか、考えていきたい。



1.ジャンル

 まず「ジャンル」でソートし、そこから目当てのアルバムを見つけていく方法を選択する人にとって、重要なタグはもちろん「ジャンル」である。
 この方法では、「ジャンル」が選曲の入り口となる。
 ゆえに、「ジャンル」をどのように管理編集するかが肝。
 以下、注意すべき点を示し、あくまで一例として私自身のルールについても紹介する。

a.表記のブレをなくす
 「Pop」「Pops」「pop」「ポップ」「ポップス」「POP」……
 「Progressive Rock」「Prog Rock」「プログレッシブロック」「プログレ」……
 「Jazz」「jazz」「JAZZ」「ジャズ」……
 きちんと意識してタグを見ていかない限り、表記のブレは確実に発生してしまう。
 こんな具合の表記のブレは百害あって一利なし。同じ意味であれば、たったひとつの表記に統一すべきである。そしてその時、例えば「Pop」と「POP」のどちらがふさわしいかは、ライブラリを構築する人間の選択に委ねられている。もちろん、カタカナで「ポップ」だって一向に構わない。もっとも、その場合は他のジャンル名も全部カタカナで統一しないとみっともないことになるが。
 なお、ここでは「Progressive Rock」と「Prog Rock」は統一すべきと言っているのであって、「Rock」と「Progressive Rock」まで統一すべきと言っているのではないことに注意。もちろん「Rock」と「ROCK」は統一すべき。ここで言っているのはそういうことである。

b.ジャンルの分類は自分の把握できる範囲で
 これは私なりのルールである。
 たとえば「ジャズ」というジャンル。
 wikiによれば、「○○ジャズ」というだけで10種類以上のジャンルが存在するらしい。クールジャズとかアシッドジャズとか。ただ、複数存在するからといって、実際にタグの時点でそこまで細分化する必要があるかどうかは別問題だ。
 私はモダンジャズとスムースジャズの違いはさっぱり分からない。メタルとヘビーメタルでは何が違うのかもさっぱり分からない。
 ただし、「Rock」と「Progressive Rock」の違いはなんとなく分かるし意識もしている。邦楽と洋楽は分けたほうがいいと思うから、「Pop」と「J-Pop」は分けている。「Rock」と「J-Rock」も分けている。まぁ「J-Rock」にはピロウズくらいしか入っていないが。
 というわけで、ジャンルの分類はあくまで自分の把握できる範囲にすべき。わかりやすさが最優先。それが選曲のしやすさに繋がる。

c.基本的に「1アーティストにつきジャンルは1つ」
 これも私なりのルールである。
 a.とb.に比べれば縛りはだいぶ緩いが、このルールを課すことで選曲効率は著しく向上する。
 そもそも、ジャンル名と一言で言っても、誰が分けるのか、どのように分けるのか、そもそもその分類は正しいのかどうかという非常に難しい問題がある。
 たとえばマイケル・ジャクソン。彼のアルバムのジャンルははたして「Pop」なのか、それとも「Rock」なのか、はたまた「Soul」なのか、悩ましい。ならばいっそ、マイケル・ジャクソンのアルバムは全部「Pop」にしてしまえ! ……と決めてしまうのである。厳密かつ音楽史的な分類論は別の機会にするとして、あくまで選曲効率を考えてのルールである。
 また応用として、ゲームのサントラは全部「Game」に統一! 映画のサントラは全部「Movie」に統一! というようなルールも作れる。
 こうすることで、特定のアーティストが無闇やたらに複数のジャンルに散らばらないということはもちろん、自分で決めたことだからこそ、強烈に記憶に残る。すなわち、「マイケル・ジャクソンの曲が聴きたければPopの門をくぐればいい」という理解が出来上がることで、選曲効率は著しく向上する。



2.アーティスト

 まず「アーティスト」でソートし、そこから目当てのアルバムを見つけていく方法を選ぶ人にとって、重要なタグはもちろん「アーティスト」である。
 この方法では、「アーティスト」が選曲の入り口となる。
 ゆえに、「アーティスト」をどのように管理編集するかが肝。
 以下、注意すべき点を示し、あくまで一例として私自身のルールについても紹介する。

a.表記のブレをなくす
 ジャンル同様。しかし、ジャンル以上に難しい。「英語か、日本語か」という問題があるからだ。私はまだ遭遇したことはないが、「同姓同名のアーティストがいたら?」という問題もあるかもしれない。
 とりあえずできることからやっていくとすれば、「Michael Jackson」と「michael jackson」といったものは統一する。「Yes」か「yes」か「YES」か、微妙なところだがとにかく統一する。「The ○○」の頭のTheを付けるかどうかという問題もある。もし迷ったら、公式HPでどのように記述されているか確認してみるのもいい。繰り返しになるが、どのような表記で統一するかはあくまで自分に委ねられている。それが自分と音源との繋がりを生む。
 次に英語と日本語の問題。
 たとえば(たびたび登場している)「Corrinne May」か「コリン・メイ」かという問題。あるいは「the pillows」か「ピロウズ」かという問題。決定権はあくまで自分にある。表記がぶれていることに比べれば、英語と日本語のどちらを選ぶかはたいした問題ではない。好きなほうを選べばいい。単純な話である。
 あと日本語の場合、苗字と名前にも注意。「苗字 名前」にするか「苗字名前」にするかは統一しなければならない。スペースがあるだけで別のアーティストと認識されてしまう。

b.オムニバス/コンピレーションアルバム
 これまた難しい。
 私の場合、アーティストを「Various Artists」で統一して曲名に実際のアーティストの情報を何らかの形で入れ込むか、あるいは“アルバムアーティスト”を「Various Artists」で統一して実際のアーティストの情報をそれぞれの曲に入れていく、という方法を取っている。基本的には後者、そんなに思い入れがなければ(失敬、)前者といった具合に。
 さて、“アルバムアーティスト”という新たなタグが登場してしまったが、詳しい説明はリッピングの記事でまた述べようと思う。
 とりあえず、ひと手間必要である。

c.アニメ/ゲーム/映画等のサウンドトラック
 またまた難しい。
 たとえばエヴァのサントラ。エヴァといえば鷺巣詩郎。しかし、残酷な天使のテーゼを歌っているのは高橋洋子。
 たとえばクロノクロスのサントラ。クロノクロスといえば光田康典。しかし、エンディングテーマを謳っているのはみとせのりこ。
 こういうことはざらにある。
 結局これもb.と同様、どこまでこだわるかによる。

 ひとつ注意してほしいことは、b.とc.においてひとつのアルバムの中に複数のアーティスト情報を入れ込んだ場合、サーバーソフトによってはアーティストからアルバムにたどりついた時、アルバム内の全曲が表示されない=そのアーティストの曲しか表示されないということ。これを便利と捉えるか不便と捉えるかは人それぞれだが、一応覚えておいてほしい。



3.アルバム

 ジャンルもアーティストも関係なく、とにかく全アルバムから目当てのアルバムを見つけていく方法を選ぶ人にとって、重要なタグはもちろん「アルバム」である。
 ジャンルから選んでもアーティストから選んでも結局最後にはアルバムにたどり着くわけで、アルバム名をどうするかは非常に重要である。
 以下、注意すべき点を示し、あくまで一例として私自身のルールについても紹介する。

a.英語か、日本語か
 たとえば洋楽。たとえばYes。あくまで個人的な意見だが、「こわれもの」と「Close to the Edge」というアルバム名が同じライブラリ内にあるのはおかしい。「こわれもの」&「危機」、あるいは「Fragile」&「Close to the Edge」にすべきだ。さらに言えば、アーティストが「Yes」なら当然アルバム名も英語表記にすべきだし、「イエス」ならアルバム名も日本語表記にすべきだ。
 たとえばゲームのサントラ。「クロノトリガー」なのか「Chrono Trigger」なのか。「エースコンバット」なのか「Ace Combat」なのか。
 何度も繰り返すようだが、どちらを選ぶかは個人の自由。ただアルバムに限って言えば、別に英語と日本語が混在していても構わない。ジャンルやアーティストとは違い、これ以上細分化できないからだ。
 選曲するうえでわかりやすく、かつ見た目にも美しいライブラリとなるように、個人個人で工夫すればいい。
 ちなみにこれはアルバム名だけでなく、「タイトル/曲名」についても同じ。

b.バージョン違い
 御存知のように、CDはよくリマスター盤が発売される。オーディオファンほど思い入れのあるアルバムについては何度もリマスター盤を買って、音の変化を楽しむことがあると思う。さらに最近ではハイレゾなんてものも登場し、ますます「アルバムは同じでも音源としては別物」という状況が生じている。
 それらをどのように管理すべきか。簡単な話である。タグをいじればいい。
 たとえばYesの「Fragile」。私はハイレゾ含めて3種類の音源を持っているが、それぞれ
・Fragile
・Fragile [Remaster 2009]
・Fragile 96kHz/24bit
 というように、アルバム名を変えて、別の音源として管理している。どのような名前を付けるかはさておき、仮にアルバム名を同じにしてしまうと、ひとつのアルバム内に同じ音源が複数入ってきてしまう。イメージとしては以下のように。
Fragile
-1 Roundabout
-1 Roundabout
-1 Roundabout
-2 Cans And Brahms
-2 Cans And Brahms
-2 Cans And Brahms
 ……これではどれがどれだか分からんでしょう。
 バージョンごとにアルバム名を変えるのは必須である。そしてそうすることにより、PCあるいはネットワークオーディオの特権ともいえる、「音源をバージョンごとに即座に比較」が可能になる。



 あぁ、やっとノウハウっぽいことを書けた。
 


【音源管理の精髄】 目次

スポンサーリンク


関連記事

LFEとサブウーファーの意義を考える

 LFE。  Low-Frequency Effect。  映像音声にディスクリート収録(.1c

記事を読む

【音源管理の精髄】 目次 【ネットワークオーディオTips】

 いわゆるPCオーディオにせよ、いわゆるネットワークオーディオにせよ、両者の根幹には共通して、デジタ

記事を読む

【イベントレポート】ネットワークオーディオ実践セミナー・サウンドシティ

【ネットワークオーディオで実現する快適な音楽鑑賞空間の構築】全国横断実践セミナー  7月4日と

記事を読む

ゲーム産業は映画産業+音楽産業よりも大きくなったらしい

ゲーム産業は「映画+音楽」よりも大きくなった―調査会社IHS Technology - Gamesp

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第114回『ティンカーベル』

画質:15 音質:10 映像はAVC、ビットレートは30Mbps前後で推移。 音声はリニ

記事を読む

【ネットワークオーディオTips】BubbleUPnP Serverとfoobar2000を組み合わせる、ついでにTIDALも使う

 そもそもBubbleUPnP Serverって何だ、使うにはどうすりゃいいんだ、使うと何がどうなる

記事を読む

【レビュー】LUMIN S1

 一週間、時間とやる気の許す限り色々と試してみた。 ○外観・機能 LUMIN S

記事を読む

【ハイレゾ音源備忘録】Justin Bieber / Purpose

・アーティスト / アルバムタイトル Justin Bieber / Purpose

記事を読む

【音源管理の精髄】 WAVでリッピングした音源をFLAC等に変換するとタグはどうなる? 【ネットワークオーディオTips】

 今更感漂う不毛な検証第二弾。  やっぱり情報や検証事例が多いに越したことはあるまい。

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第131回『フェイクシティ ~ある男のルール~』

画質:8 音質:10 映像はAVC、音声はDTS-HDMAの24bit。 画質につい

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

【レビュー】SOULNOTE D-1 音質編

外観・運用編 ・再生環境(詳細) canarino

【Munich HIGH END 2017】Roon Labs自身による“Nucleus” Roon Server

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Playback Designs Dream DAC MPD-8 / Transport MPT-8 【Roon?】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】DELAの進化は続く

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Mark Levinson No519 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】dCS Vivaldi One 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Ayre QX-8 / AX-8 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】MSB Technology The Reference DAC 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】AURALiC G Series 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

言の葉の穴・四周年

 三周年記事で地元ネタ全面解禁宣言をしてから1年。  主に私のや

【Munich HIGH END 2017】Dynaudio Special Forty

Dynaudio Special Forty https://y

【レビュー】SOULNOTE D-1 外観・運用編

 SOULNOTEのDACには、対応フォーマットのスペックを偏重する流

LUMIN U1がDSD256に対応

LUMINのネットワークトランスポート「U1」、11.2MHz DSD

【菅江真澄紀行文】『菅江真澄と歩く 二百年後の勝地臨毫 出羽国雄勝郡』が完成しました

小町ゆかりの地「真澄と歩く」出版プロジェクト - FAN AKITA

【御礼】ヘッドホン祭&北陸オーディオショウ(デジ研)・OTOTEN 2017が終了しました

春のヘッドホン祭2017 / 第2回北陸オーディオショウの「デジ研」に

【おしらせ】OTOTEN 2017に参加します

 久々だと思っていたら三週続けてのイベント参加です。 O

【おしらせ】春のヘッドホン祭2017 / 第2回北陸オーディオショウの「デジ研」に参加します

 久々のイベント参加になります。 春のヘッドホン祭201

【レビュー】Nmode X-DP10 音質編

外観編 設定(主にJPLAY)・運用編 ・再生環境

Roon 1.3 (Build 216)、PCM 768kHz・DSD512

Roon 1.3 (Build 216) Is Live! - Roo

【レビュー】Nmode X-DP10 設定(主にJPLAY)・運用編

Nmode X-DP10 外観編  ドライバをインストールし

→もっと見る

PAGE TOP ↑