*

【音源管理の精髄】 最初にするべきこと 【ネットワークオーディオTips】

公開日: : 最終更新日:2013/12/15 PC・ネットワークオーディオ関連, オーディオ・ビジュアル全般

 【音源管理の精髄】も第2章に突入。
 いつ終わるやら。


 タグとは何か。
 タグはなぜ重要か。
 タグに関するありがちな誤解とは。
 タグを編集するとはどういうことか。
 WAVか、FLACか。


 第1章では、ひたすらタグに関する基本的な事柄を書き続けてきた。
 第2章からいよいよ、「どのように音源を管理運用すればいいのか」という段階になる。
 今さらではあるが、ここで「音源」とたびたび登場している「ライブラリ」という単語の関係について明確にしておこう。


・音源
タグに基づいて管理・運用されるファイルそのものであり、かつ音源の集合体であるライブラリも包括する

・ライブラリ
一定の規則・方針に基づいて管理・運用される音源の集合体


 ……いまいち明確になっていない気がするが、とりあえず二つの単語が同時に出てくるような時は「音源=個々のファイル」、「ライブラリ=集合」というイメージで受け取ってほしい。


 というわけで、ライブラリは、音源の集合体である。つまるところCDの棚である。とはいえ、ここで扱う音源とはディスクという物理的な形を持っていないため、あくまで管理はタグによって行うことになる。
 タグについてきちんと理解することは極めて重要だが、「よいライブラリ」を構築するためには、また別のことが必要、というのが今回の記事の肝である。

 さて、「よいライブラリ」の条件とは何か。
 私は以下のように考える。

『聴きたい曲を、自分にとって分かりやすい方法で、素早く探し出せること』

 そして、この「自分にとってよいライブラリとはどのようなものか」を考えることこそ、音源管理とライブラリの構築をするうえで最初にするべきことなのである。

 常日頃音楽を聴くうえで、自分がどのような思考・方法で選曲をしているのかを考えてみればいい。

 まずは「ジャンル」でソートし、そこから目当てのアルバムを見つけていく方法もあるだろう。
 ジャンルなんて他人の決めた枠組みなんて知ったことじゃなし、「アーティスト」直で見つけていく方法もあるだろう。
 そもそもジャンルもアーティストもなく、ひたすら「アルバムタイトル」を50音順&アルファベット順で見つけていく方法もあるだろう。
 昨日は70年代の曲を、今日は80年代の曲を……といった具合に、「年代」で見つけていく方法もあるだろう。

 クラシック愛好家であれば「作曲者」に「指揮者」、さらには「オーケストラ」で選曲することもあるだろう。「この指揮者の第9を色んなオーケストラの演奏で聴こう」という聴き方をする人もいるだろう。

 などなど、色々と考えられる。

 このようにして自分の選曲時における“くせ”を把握すれば、おのずとどのようなライブラリを作るのが自分にとって最も良いのかが見えてくる。
 『どのようなライブラリを作りたいのか』が明確になる。
 そうなれば、どのタグに焦点を当てればいいかがはっきりする。
 そして上記にあげたような選曲の手法は、すべてネットワークオーディオの方法論において実現可能である。すぐに実現可能である。

 もちろん、タグの管理編集さえしっかりとしていれば、だが。


 繰り返す。

 音源の管理編集やライブラリを始める前に、最初の最初の時点で、

『自分にとって良いライブラリとはどのようなものか』

 そして

『どのようなライブラリを作りたいのか』

 この2点について、しっかりと考えるべきである。
 そうすることで、おのずとその後の方針も定まる。
 使うタグ編集ソフトも再生ソフトもサーバーソフトも定まってくる。



【音源管理の精髄】 目次

スポンサーリンク


関連記事

ECLIPSE TD316SWMK2 いろんなタイトルとの組み合わせ①

0.1の壁 導入編 リファレンスBD10タイトルとの組み合わせ 『第9地区』 効

記事を読む

【ハイレゾ音源備忘録】鷺巣詩郎 / ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破 オリジナルサウンドトラック

・アーティスト / アルバムタイトル 鷺巣詩郎 / ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破 オリジナルサウン

記事を読む

【BDレビュー】第323回『ブリッジ・オブ・スパイ』

画質:10 音質:9 (評価の詳細についてはこの記事を参照) 映像:AVC 音声:DTS

記事を読む

【BDレビュー】第275回『How to Train Your Dragon 2 / ヒックとドラゴン 2』 北米盤

みんな立派になって……(感涙 画質:10 音質:9 映像:AVC 音声:

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第152回『ファイトクラブ』

画質:10 音質:13 映像はAVC、音声はDTS-HDMAの24bit 画質につい

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第173回『バットマン ビギンズ』

画質:8 音質:10 映像はVC-1、音声はドルビーTRUEHDの16bit 画質に

記事を読む

【BDレビュー】第311回『ビッグ・アイズ』

画質:11 音質:11 (評価の詳細についてはこの記事を参照) 映像:AVC 音声:ドル

記事を読む

【レビュー】SOtM sMS-200 運用・音質編 【RoonReady】

【レビュー】SOtM sMS-200 外観・仕様編 sMS-200でSpotifyを使ってみる

記事を読む

WAVとFLACで音は変わるか?

 変わりません。     完

記事を読む

【音源管理の精髄】 『自分ルール』の重要性――ジャンル/アーティスト/アルバム 【ネットワークオーディオTisp】

 『自分にとって良いライブラリとはどのようなものか』  『どのようなライブラリを作りたいのか』

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

続・Nmode X-DP10

新製品発売のお知らせ - Nmodeの部屋 発売日は2017年4

LUMIN A1、導入3周年 終わらない進化とMQA対応

 LUMIN Appはバージョン3から相変わらず最強だし、  iPh

【UHD BDレビュー】第18回『シン・ゴジラ』

【考察】シン・ゴジラとヤマタノオロチ、そして現代のスサノオ神話

PS3の出荷(近日)完了に寄せて

PS3本体の出荷が近日終了 - GameSpark  私のP

【Roon Ready】CHORD Poly

 CHORD Mojoに接続して使う、Roon Readyの「ポータブ

【UHD BDレビュー】第17回『オペラ座の怪人』

『オペラ座の怪人』のUHD BD 画質:9 (画質は

LUMIN is NOW Roon Ready! そしてMQAとSpotifyにも対応予定

LUMIN STREAMING SERVICES  ほんとに

【レビューまとめ】fidata HFAS1-XS20 ― 専用機であるということ

外観編 音質・サーバー編 音質・ミュージックサーバー編

【レビュー】fidata HFAS1-XS20 × OPPO Sonica DAC 音質・ミュージックサーバー編

外観編 音質・サーバー編 fidataのCDトランスポート

【Roon Ready】dCSのNetwork Bridge

dCS、RoonReady対応のネットワークトランスポート「Netwo

fidataのCDトランスポート機能を使ってみた

fidata公式サイト USB接続光学ドライブにセットしたCDを

Roon 1.3 (Build 208)とTIDAL Masters

TIDAL MASTERS with MQA  RoonのB

デジファイ No.25で記事を執筆しました

DigiFi(デジファイ)No.25 3月2日(木)発売【特別付録】ハ

Raspberry Piとワンボードオーディオ・コンソーシアム

Raspberry Piで音楽再生、「ワンボードオーディオ」共通規格化

【レビュー】fidata HFAS1-XS20 音質・サーバー編

外観編 音質・ミュージックサーバー編  まずは、純粋な

【ハイレゾ音源備忘録】John Mayer / Continuum

・アーティスト / アルバムタイトル John Maye

【ハイレゾ音源備忘録】John Mayer / The Search for Everything – Wave Two

・アーティスト / アルバムタイトル John Maye

『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』がUHD BDでリリースされなかった……

スター・ウォーズ最新作『ローグ・ワン』4月28日にBD発売。プレミアム

「FAN AKITA」のプロジェクトが終了しました

クラウドファンディングサービス「FAN AKITA」でプロジェクトを実

【レビュー】fidata HFAS1-XS20 外観編

fidata HFAS1-XS20 - 言の葉の穴  もっと

→もっと見る

PAGE TOP ↑