*

【音源管理の精髄】 最初にするべきこと 【ネットワークオーディオTips】

公開日: : 最終更新日:2013/12/15 PC・ネットワークオーディオ関連, オーディオ・ビジュアル全般

 【音源管理の精髄】も第2章に突入。
 いつ終わるやら。


 タグとは何か。
 タグはなぜ重要か。
 タグに関するありがちな誤解とは。
 タグを編集するとはどういうことか。
 WAVか、FLACか。


 第1章では、ひたすらタグに関する基本的な事柄を書き続けてきた。
 第2章からいよいよ、「どのように音源を管理運用すればいいのか」という段階になる。
 今さらではあるが、ここで「音源」とたびたび登場している「ライブラリ」という単語の関係について明確にしておこう。


・音源
タグに基づいて管理・運用されるファイルそのものであり、かつ音源の集合体であるライブラリも包括する

・ライブラリ
一定の規則・方針に基づいて管理・運用される音源の集合体


 ……いまいち明確になっていない気がするが、とりあえず二つの単語が同時に出てくるような時は「音源=個々のファイル」、「ライブラリ=集合」というイメージで受け取ってほしい。


 というわけで、ライブラリは、音源の集合体である。つまるところCDの棚である。とはいえ、ここで扱う音源とはディスクという物理的な形を持っていないため、あくまで管理はタグによって行うことになる。
 タグについてきちんと理解することは極めて重要だが、「よいライブラリ」を構築するためには、また別のことが必要、というのが今回の記事の肝である。

 さて、「よいライブラリ」の条件とは何か。
 私は以下のように考える。

『聴きたい曲を、自分にとって分かりやすい方法で、素早く探し出せること』

 そして、この「自分にとってよいライブラリとはどのようなものか」を考えることこそ、音源管理とライブラリの構築をするうえで最初にするべきことなのである。

 常日頃音楽を聴くうえで、自分がどのような思考・方法で選曲をしているのかを考えてみればいい。

 まずは「ジャンル」でソートし、そこから目当てのアルバムを見つけていく方法もあるだろう。
 ジャンルなんて他人の決めた枠組みなんて知ったことじゃなし、「アーティスト」直で見つけていく方法もあるだろう。
 そもそもジャンルもアーティストもなく、ひたすら「アルバムタイトル」を50音順&アルファベット順で見つけていく方法もあるだろう。
 昨日は70年代の曲を、今日は80年代の曲を……といった具合に、「年代」で見つけていく方法もあるだろう。

 クラシック愛好家であれば「作曲者」に「指揮者」、さらには「オーケストラ」で選曲することもあるだろう。「この指揮者の第9を色んなオーケストラの演奏で聴こう」という聴き方をする人もいるだろう。

 などなど、色々と考えられる。

 このようにして自分の選曲時における“くせ”を把握すれば、おのずとどのようなライブラリを作るのが自分にとって最も良いのかが見えてくる。
 『どのようなライブラリを作りたいのか』が明確になる。
 そうなれば、どのタグに焦点を当てればいいかがはっきりする。
 そして上記にあげたような選曲の手法は、すべてネットワークオーディオの方法論において実現可能である。すぐに実現可能である。

 もちろん、タグの管理編集さえしっかりとしていれば、だが。


 繰り返す。

 音源の管理編集やライブラリを始める前に、最初の最初の時点で、

『自分にとって良いライブラリとはどのようなものか』

 そして

『どのようなライブラリを作りたいのか』

 この2点について、しっかりと考えるべきである。
 そうすることで、おのずとその後の方針も定まる。
 使うタグ編集ソフトも再生ソフトもサーバーソフトも定まってくる。



【音源管理の精髄】 目次

スポンサーリンク


関連記事

no image

【BDレビュー】 第15回『スーパーマン・リターンズ』

実は12月5日の海賊3発売まで購入予定のBDが無いんです…… そんなわけで、せっかく蜘蛛男を3

記事を読む

【音源管理の精髄】 JRiver Media Centerでネットワークオーディオする! 【ネットワークオーディオTips】

 JRiver Media Center。長いから以後JRiverと呼ぶ。  高品質かつ多機能な再

記事を読む

【音源管理の精髄】 DSDを配信可能なサーバーソフト 【ネットワークオーディオTips】

 いわゆるPCオーディオなら、USB DACと再生ソフトを用意すれば事足りるが、ネットワークオーディ

記事を読む

【ハイレゾ音源備忘録】サラ・オレイン / SARAH

・アーティスト / アルバムタイトル サラ・オレイン / SARAH ・購入元 e-o

記事を読む

【レビュー】逢瀬 AK4495S試作DAC 運用・音質編

【レビュー】逢瀬 AK4495S試作DAC 外観編  本機のUSB入力はAmanero C

記事を読む

【BDレビュー】第336回『クロニクル』

画質:7 音質:8 (評価の詳細についてはこの記事を参照) 映像:AVC 音声:DTS-

記事を読む

【記事修正とお詫び】オーディオ業界は本気でハイレゾを普及させる気があるのかという疑問

eufonius、大ヒット作『frasco』のDSDマスターを解禁!! 【記事修正とお詫び

記事を読む

THXをRazerが買収

THXをゲーミング機器大手のRazerが買収。ヘッドホンなどにもTHX認証拡大 - Phile-we

記事を読む

【BDレビュー】 第228回『パンズ・ラビリンス』

前々から見たかった作品、ようやく国内でBDが出たので初視聴。 「ファンタジー」という言葉の意味を、

記事を読む

【レビュー】Aurender N10 音質編

外観・導入編 運用編  Aurender Conductorは良く出来たアプ

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

【UHD BDレビュー】第20回・特別篇『君の名は。』

思ひつつ 寝ればや人の 見えつらむ 夢と知りせば 覚めざらましを

ESOTERIC N-01

エソテリック、最上位ネットワークプレーヤー/USB-DAC「N-01」

OPPO Sonica DACに贈り物をしよう

 というわけで企画記事を書きました。 話題のOPPO「Son

NetAudio vol.27で記事を執筆しました

 本日発売。  今回は、ありそうでなかった「やりたいこと

【祝】『ターミネーター2』がUHD BD化

StudioCanal: Remastered Terminator

HiVi 2017年8月号で『君の名は。』を含む新海誠監督作品の記事を執筆しました

 本日発売。 月刊HiVi 8月号 7/15発売 家で観

LG OLED55B6P ― ブラウン管の呪縛からの解放

レーザー光源プロジェクターと有機ELテレビとブラウン管の呪縛 画質を

エイサーの4K/HDR対応液晶ディスプレイ「ET430Kwmiiqppx」

エイサー、実売7万円でHDR/4K対応の43型液晶ディスプレイ - a

【祝】ついにディズニーからUHD BDがリリース――第一弾は『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス』

James Gunn Confirms Guardians of th

パケットビデオ・ジャパンが……解散

パケットビデオ・ジャパンが解散。Twonky Beamやbonoboな

【イベント報告】7/1にオリオスペックでファイル再生のセミナーを行いました

予告編:7/1(土)にオリオスペックでファイル再生のセミナーを行います

【祝】『ブレードランナー』がUHD BD化

Blu-ray.comのニュース Warner Bros. Ho

HDR考/続・「4Kマスターではない」等のUHD BDをどう捉えるべきか

「4Kマスターではない」等のUHD BDをどう捉えるべきか そのUH

【イベント情報】7/1(土)にオリオスペックでファイル再生のセミナーを行います

 オーディオ用PC等でいつもお世話になっている秋葉原のPCショップ・オ

iPad Pro(2017) 12.9インチを導入した

ネットワークオーディオの本質 - 言の葉の穴  『コントロール』

【レビュー】JS PC Audio HFS1000

HFS1000 - JS PC Audio 【レビュー】JS P

【レビュー】Aurender N100H

【レビュー】Aurender N10 外観・導入編 【レビュー】Au

【レビュー】Aurender N10 音質編

外観・導入編 運用編  Aurender Co

6/10と6/11は第50回「小町まつり」です

君は小野小町の生まれ在所を知っているか 秋田県湯沢市雄勝

iOS11と共にiPhone/iTunesがFLACに対応する……?

iOS11、無劣化圧縮のハイレゾ音源形式FLACに対応! - iPho

→もっと見る

PAGE TOP ↑