*

【音源管理の精髄】 最初にするべきこと 【ネットワークオーディオTips】

公開日: : 最終更新日:2013/12/15 PC・ネットワークオーディオ関連, オーディオ・ビジュアル全般

 【音源管理の精髄】も第2章に突入。
 いつ終わるやら。


 タグとは何か。
 タグはなぜ重要か。
 タグに関するありがちな誤解とは。
 タグを編集するとはどういうことか。
 WAVか、FLACか。


 第1章では、ひたすらタグに関する基本的な事柄を書き続けてきた。
 第2章からいよいよ、「どのように音源を管理運用すればいいのか」という段階になる。
 今さらではあるが、ここで「音源」とたびたび登場している「ライブラリ」という単語の関係について明確にしておこう。


・音源
タグに基づいて管理・運用されるファイルそのものであり、かつ音源の集合体であるライブラリも包括する

・ライブラリ
一定の規則・方針に基づいて管理・運用される音源の集合体


 ……いまいち明確になっていない気がするが、とりあえず二つの単語が同時に出てくるような時は「音源=個々のファイル」、「ライブラリ=集合」というイメージで受け取ってほしい。


 というわけで、ライブラリは、音源の集合体である。つまるところCDの棚である。とはいえ、ここで扱う音源とはディスクという物理的な形を持っていないため、あくまで管理はタグによって行うことになる。
 タグについてきちんと理解することは極めて重要だが、「よいライブラリ」を構築するためには、また別のことが必要、というのが今回の記事の肝である。

 さて、「よいライブラリ」の条件とは何か。
 私は以下のように考える。

『聴きたい曲を、自分にとって分かりやすい方法で、素早く探し出せること』

 そして、この「自分にとってよいライブラリとはどのようなものか」を考えることこそ、音源管理とライブラリの構築をするうえで最初にするべきことなのである。

 常日頃音楽を聴くうえで、自分がどのような思考・方法で選曲をしているのかを考えてみればいい。

 まずは「ジャンル」でソートし、そこから目当てのアルバムを見つけていく方法もあるだろう。
 ジャンルなんて他人の決めた枠組みなんて知ったことじゃなし、「アーティスト」直で見つけていく方法もあるだろう。
 そもそもジャンルもアーティストもなく、ひたすら「アルバムタイトル」を50音順&アルファベット順で見つけていく方法もあるだろう。
 昨日は70年代の曲を、今日は80年代の曲を……といった具合に、「年代」で見つけていく方法もあるだろう。

 クラシック愛好家であれば「作曲者」に「指揮者」、さらには「オーケストラ」で選曲することもあるだろう。「この指揮者の第9を色んなオーケストラの演奏で聴こう」という聴き方をする人もいるだろう。

 などなど、色々と考えられる。

 このようにして自分の選曲時における“くせ”を把握すれば、おのずとどのようなライブラリを作るのが自分にとって最も良いのかが見えてくる。
 『どのようなライブラリを作りたいのか』が明確になる。
 そうなれば、どのタグに焦点を当てればいいかがはっきりする。
 そして上記にあげたような選曲の手法は、すべてネットワークオーディオの方法論において実現可能である。すぐに実現可能である。

 もちろん、タグの管理編集さえしっかりとしていれば、だが。


 繰り返す。

 音源の管理編集やライブラリを始める前に、最初の最初の時点で、

『自分にとって良いライブラリとはどのようなものか』

 そして

『どのようなライブラリを作りたいのか』

 この2点について、しっかりと考えるべきである。
 そうすることで、おのずとその後の方針も定まる。
 使うタグ編集ソフトも再生ソフトもサーバーソフトも定まってくる。



【音源管理の精髄】 目次

スポンサーリンク


関連記事

【音源管理の精髄・応用編】 タグとフォルダーの併用 【ネットワークオーディオTips】

 これはPCオーディオとネットワークオーディオの両方に使えるテクニックだが、音源のブラウズをすべてア

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第58回『ロボコップ』

画質:3 音質:8 映像はMPEG-2でビットレートは20Mbps前後。 音声はDTS-

記事を読む

【ネットワークオーディオ】 『MinimServer』を試す

↓情報を統合・刷新した記事を作成したのでこちらを参照↓ サーバーソフトの紹介 『MinimSe

記事を読む

Nmode X-DP10

<ヘッドホン祭>Cocktail Audio、デジタル出力特化の新ミュージックサーバー/Rogers

記事を読む

【CES2016】AKM VERITA AK4497

"VERITA" AKM 歴代最高音質・性能の新フラグシップ プレミアムD/Aコンバーター AK44

記事を読む

【AV史に残るBD勝手に10選】第7位『グラディエーター』 ― BD化における落胆と救済

左が最初のリリース。右が後にリリースされたドイツ盤。 【BDレビュー】第184回『グラ

記事を読む

【レビュー】Bricasti Design M1 Special Edition mk2 ネットワーク編

外観・運用編  Bricasti Design M1 Special Edition

記事を読む

【RoonReady】IQaudIO Pi-DAC+ / Pi-DigiAMP+

 UPnP/DLNAにあって、OpenHomeやRoonReadyのプラットフォームにないもの。

記事を読む

【ネットワークオーディオTips・実践編】 システムの維持管理

 「システムの維持管理」と銘打ってはいるが、ここまできたユーザーにとって、これ以上気を付けることはほ

記事を読む

「ハイレゾだから高音質」という幻想

 愚痴。  最近、オーディオ業界のありとあらゆる場所で、「ハイレゾは高音質」「ハイレゾ

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

DELA N1ZSの後継モデル

DELA、ミュージックライブラリーの最上位「HA-N1ZS20/2A」

NetAudio vol.29で記事を執筆しました

 本日発売。  なんとも光栄なことに、2017年のネットオー

HiVi 2018年2月号で記事を執筆しました【おまけつき】

 昨日発売。 月刊HiVi 2月号 1/17発売「HiViグ

【レビュー】SOULNOTE A-2 音質編

【レビュー】SOULNOTE A-2 導入・外観・運用編 愛によ

【レビュー】SOULNOTE A-2 導入・外観・運用編

SOULNOTE A-2 ― Dynaudio Sapphireへの捧

【CES2018】RoonのMQA対応、そしてAudirvanaが……Windowsに……!?

MQA Expands its Reach - stereophile

SOULNOTE A-2 ― Dynaudio Sapphireへの捧げもの

【レビュー】Dynaudio Sapphire  Dynaudi

生涯最高のカレンダー

 最高すぎる。 2018 磯野宏夫カレンダー

言の葉の穴 2017-2018

 「言の葉の穴」読者の皆様、あけましておめでとうございます。  昨年

言の葉の穴・2017年のハイライト

 オーディオネタも地元ネタもごちゃまぜのセレクション。  年の初めか

【レビュー】SOtM tX-USBultra

 どれだけPCとのUSB接続にオーディオ的な問題があると言っても、現に

【ネットワークオーディオTips】fidata Music App

【2017/12/30 アプリの正式リリースに伴い記事を更新】

【ハイレゾ音源備忘録】大原ゆい子 / 煌めく浜辺(アニメ盤)

なぜハイレゾ音源を買うのか ・アーティスト /

【ハイレゾ音源備忘録】YURiKA / 鏡面の波(アニメ盤)

なぜハイレゾ音源を買うのか ・アーティスト /

【BDレビュー】第354回『宝石の国』

アニメ『宝石の国』が素晴らしい  付

Roon 1.4でiOS端末をOutputとして使用可能になった

Roon 1.4 Is Live! - Roon Labs Ne

『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』はUHD BDでリリースされるのだろうか

 最後のジェダイを先日見てきた。  あるシーンでは「最初からそれをや

【ハイレゾ音源備忘録】Bruce Springsteen / Born to Run – 30th Anniversary Edition

・アーティスト / アルバムタイトル Bruce Spr

【ハイレゾ音源備忘録】The Beatles / Sgt. Peppers Lonely Hearts Club Band (Deluxe Anniversary Edition)

 祝・ビートルズのハイレゾ音源初配信。 ・アーティス

アニメ『宝石の国』が素晴らしい

 アニメから入って、原作漫画も全巻買ってしまった。フォス……

→もっと見る

PAGE TOP ↑