*

【音源管理の精髄】 アルバムアートにこだわる理由 【ネットワークオーディオTips】

公開日: : 最終更新日:2013/12/15 PC・ネットワークオーディオ関連, オーディオ・ビジュアル全般

 私は聴きたい曲を選ぶ際、あくまで「○○というアルバムの中の○○という曲」という意識を持っている。
 そして私の場合、「○○」というアルバムタイトルを聞いた時、真っ先に浮かんでくるのは一曲目の出だしの音でも、アーティストの顔でもなく、「絵」である。すなわち「アルバムアート」である。『Fragile』と聞いて真っ先に思い浮かぶのはRoundaboutの出だしではなく、あのこわれものの惑星なのだ。『Relayer』と聞いて真っ先に思い浮かぶのは一曲目の錯乱するイントロではなく、あの静謐な行軍なのだ。
 私にとってアルバムアートとは、自分自身とアルバムを結びつけるものであると同時に、アルバムそのもののイメージとして、非常に重要な位置を占めている。

 
 PC/ネットワークオーディオをするうえでよく言われている(ような気がする)ことのひとつに、「モノとしての楽しみがない」というものがある。
 この場合の「楽しみ」とは、ショーンオブザデッドじゃあるまいし、ディスクをフリスビーにして遊ぶことではないだろう。
 では何か。実際には人それぞれだと思うが、「アルバムを手に取って、アルバムアートを愛でる楽しみ」がかなり大きいのではなかろうか。
 レコードからCDに移り変わった時にも同じことが言われていた気がする。ジャケットが小さくなったせいで、アルバムアートを愛でる楽しみが減ってしまったと。
 それがさらにディスクさえなくなり、純然たるデジタルファイルに移行するに及んで、物理的な「モノとしての」アルバムアートは確かに消滅してしまった。


 それでは困る。
 先に述べたように、私とアルバムを……音源を結びつけているのはアルバムアートである。
 PCオーディオにせよネットワークオーディオにせよ、アルバムアートの色彩が舞い踊る環境でアルバムに出会い、音楽に触れたいと思うのは、当然のことだった。

1

 なんてことはない。
 CDで当たり前のようにやっていたことを、ネットワークオーディオにおいても実現すればいいだけのことだ。
 こんな具合に。

3

 リッピングや管理編集をしている最中、多くの場合ソフトが勝手にアルバムアートを拾ってきては音源に埋め込んでくれる。アルバムアートの一覧から選曲していくという当初の目的だけなら、PCオーディオやネットワークオーディオという言葉が生まれる遥か以前に達成されている。
 しかし、何か……物足りない。

 ……大きさだ。
 大きさが足りない。

 そして、こうなった。

4

 もうずっと昔、とあるショップで、LINN DSとiPadを用いたこのデモンストレーションを初めて見た時の衝撃と感動は今も鮮明に覚えている。

 これだ! 私が求めていたものはこれなんだ!

 音源をデジタル化することにより、管理運用と音楽再生の自由度・利便性が著しく向上し、ディスクベースでは実現不可能なユーザビリティを実現する。「どのようにしてそれを実現するか」はさておき、その利点自体は分かりきっていた。
 何より素晴らしかったのは、上述のユーザビリティに加え、「モノとしてのCD――アルバムアートがネットワークオーディオの中に生き続けていた」ことだ。
 さらに奇しくも、iPadにスクエアで表示させたアルバムアートのサイズは、CDのそれとほとんど同じである。
 iPadは、手に取れる。まさにCDケースのように。手に取って、アルバムアートを愛でることができる。

 この通りに。

2

 この大きさまで拡大するとなれば、埋め込む画像の解像度もかなりのものが必要だ。さらにiPadのRetina化に端を発するタブレットの超高解像度化を考えれば、そんじょそこらの解像度では足りない。必然的に、アルバムアートをスキャンして自分自身で画像を用意するという結論に至る。私は初めてBDを見て以来DVD不買の誓いを立てるような人間なので、画質には徹底的にこだわる。
 ソフトに丸投げはしない。自分で買ったCDだからこそ、音源に埋め込むアルバムアートも自分で用意する。CDが生き続けるために。それは、モノとしてのCDに対する敬意でもある。


 しかし、iPadとコントロールアプリによって、ネットワークオーディオの中にCD――アルバムアートを復活させる試みは、決して簡単なものではなかった。
 以下の二つの記事はその記録である。

・iPadに高解像度でアルバムアートを表示させるための長い道のり
・iPadに最も美しいアルバムアートを表示させるコントロールアプリは?

 数えきれないトライ&エラーの果てに、私は快適なユーザビリティと、美しいアルバムアートを愛でる楽しみを両立している。


 なぜアルバムアートにこだわるのか。

5
 これに尽きる。



【音源管理の精髄】 目次

スポンサーリンク


関連記事

no image

【BDレビュー】 第16回『X-MEN3』

どうして欧米人の女の子は年取ると劣化するのかな!! ちくしょおおおーっ!! ローグがビッチに

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第108回『ウォンテッド』

まんま映像的に豪華になったシューテムアップ。 監督つながりで“ロシア人”も登場。 画

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第205回『塔の上のラプンツェル』

画質:10 音質:8 映像はAVC、音声はDTS-HDMAの24bit、7.1ch

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第41回『バイオハザード2 エクステンデッド・カット』

歯に衣着せぬ! 駄目なモンには容赦なく駄目出し! しかし素晴らしいモノには惜しみの無い賛

記事を読む

【ハイレゾ音源備忘録】 toe / The Future is Now EP

・アーティスト / アルバムタイトル toe / The Future is Now EP

記事を読む

シン・ゴジラのUHD BD

「シン・ゴジラ」が'17年3月22日BD/UHD BD化。初公開映像満載の特典BD - AV Wat

記事を読む

【ハイレゾ音源備忘録】Led Zeppelin / Led Zeppelin III (Deluxe Edition)

・アーティスト / アルバムタイトル Led Zeppelin / Led Zeppe

記事を読む

【BDレビュー】第296回『バンパイアハンターD』 北米版

 妖獣都市、獣兵衛忍風帖と並ぶ川尻善昭監督の大傑作。ちなみに英語版がオリジナル。日本語版を待

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第89回『シューテム・アップ』

画質:14 音質:12+(7.1ch収録のため) 映像はVC-1でビットレートはストレスな

記事を読む

新世紀エヴァンゲリオン NEON GENESIS EVANGELION Blu-ray-BOX

 やはり西暦2015年の真夏の終焉を待っていたのだろうか。  なんとなくDVD

記事を読む

スポンサーリンク

Comment

  1. 00Q より:

    質問なのですが、
    例えば、全10トラックのアルバムと、2つのアルバムアート「A」と「B」があるとして、トラック1~5に「A」、トラック6~10に「B」をタグ付けした場合、コントロールアプリ上では、トラックごとにタグ付けしたアルバムアートがちゃんと表示されるのでしょうか?
    また、1トラックにアルバムアートを2重にタグ付けした場合、コントロールアプリ上では、そのトラックのアルバムアートはどう表示されるのでしょうか?

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

【レビュー】SOULNOTE D-1 音質編

外観・運用編 ・再生環境(詳細) canarino

【Munich HIGH END 2017】SFORZATO / fidata in Munich

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Cocktail Audio CA-X50 【Roon Ready】

  Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら

【Munich HIGH END 2017】constellation audio LEO 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Roon Labs自身による“Nucleus” Roon Server

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Playback Designs Dream DAC MPD-8 / Transport MPT-8 【Roon?】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】DELAの進化は続く

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Mark Levinson No519 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】dCS Vivaldi One 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Ayre QX-8 / AX-8 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】MSB Technology The Reference DAC 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】AURALiC G Series 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

言の葉の穴・四周年

 三周年記事で地元ネタ全面解禁宣言をしてから1年。  主に私のや

【Munich HIGH END 2017】Dynaudio Special Forty

Dynaudio Special Forty https://y

【レビュー】SOULNOTE D-1 外観・運用編

 SOULNOTEのDACには、対応フォーマットのスペックを偏重する流

LUMIN U1がDSD256に対応

LUMINのネットワークトランスポート「U1」、11.2MHz DSD

【菅江真澄紀行文】『菅江真澄と歩く 二百年後の勝地臨毫 出羽国雄勝郡』が完成しました

小町ゆかりの地「真澄と歩く」出版プロジェクト - FAN AKITA

【御礼】ヘッドホン祭&北陸オーディオショウ(デジ研)・OTOTEN 2017が終了しました

春のヘッドホン祭2017 / 第2回北陸オーディオショウの「デジ研」に

【おしらせ】OTOTEN 2017に参加します

 久々だと思っていたら三週続けてのイベント参加です。 O

【おしらせ】春のヘッドホン祭2017 / 第2回北陸オーディオショウの「デジ研」に参加します

 久々のイベント参加になります。 春のヘッドホン祭201

→もっと見る

PAGE TOP ↑