*

【ネットワークオーディオTips・実践編】 NASをサーバーとして使う/Twonky

公開日: : 最終更新日:2015/08/21 PC・ネットワークオーディオ関連, オーディオ・ビジュアル全般

 TwonkyはPCでも動く。コレ重要。

 さて、Twonkyが入っているNASとして間違いないのがQNAP。そしてBUFFALO。ただし、BUFFALOのすべてのNASにTwonkyが入っているかどうかの確認は取れていない。買う前に聞いてほしい。そしてぜひ教えてほしい。
 また、色々情報を目にする限り、IOデータのNASの中身はDiXiM Serverのようだ。ついでに未確定ながら、DSDが配信可能ということで一部で話題のRockDisk Nextの中身はMinimServerらしい。MiniDLNAというソフトのようだ。

 とりあえず、QNAPとBUFFALOのNASの中身であるTwonkyを理解できればたいていの場合はなんとかなるだろう。


 ※注※
 この記事の内容は基本的にQNAP TS-119とTwonkyServer 6.0.39の組み合わせによるものである。
 使用するNASによって色々と変わってくるかもしれないし、Twonkyのバージョンによってもインターフェースが異なる。実際、Twonkyのバージョン6と7ではだいぶ変わっている。とはいえ、基本的な考え方は同じなので、特に問題なく適応可能である。



・概要諸々
 ナビゲーションツリーなど、詳細はこの記事を参照。


 新しいバージョンでの設定画面等についてはこの記事を参照。


・設定
 Twonkyの設定はWebブラウザから行う。

 まず、サーバーとして使うNASのIPアドレスを調べる。
 ここでは仮にIPアドレスが192.168.11.6だったとしよう。
 ブラウザのアドレスバーに、

QNAPの場合:末尾に「:9000」→つまり「192.168.11.6:9000」
BUFFALOの場合:末尾に「:9050」→つまり「192.168.11.6:9050」

 と打ち込む。
 すると、こんな画面が現れる。
WS000341

 そこで「TwonkyMedia Settings」を選択すると、以下の設定画面に切り替わる。
 この画面はブックマークに入れてしまおう。
WS000337

 Twonkyの設定で重要なのは三点。
 「基本設定」・「共有」・「メンテナンス」である。

 まずは「基本設定」から。
 「言語」と「サーバー名」はお好みで。
 重要なのは「ナビゲーションツリー」。ここは絶対的に「アドバンスト版」を推奨。他のではツリーが貧弱すぎて使い物にならない。
 あと、何かしら設定を変更したら「変更を保存」を忘れないこと。
 WS000338

 次に「共有」。
 NASの中の音源フォルダを指定する。
 「再スキャン間隔」は「-1」に設定すると、音源フォルダに何かしらの変更があればすぐサーバーが配信するライブラリに反映されるようになる。
 こちらも設定を変更した際は「変更を保存」が必要。
WS000339

 そして「メンテナンス」。
 間違いなく確実に音源を管理編集していても、そのデータがサーバーに反映されない場合がある。
 入れたはずの音源がライブラリに入っていないとか、アルバムアートが表示されないとか。
 そんな時は「メンテナンス」から「データベースの再構築」を選択する。それでも駄目なら「サーバをリスタート」だ。それでどうにかなる。
WS000340



 これだけ。
 手間でも何でもない。




 それでは、先んじてコントロールアプリからTwonky Serverを拝みにいこう。
 使うコントロールアプリはKinsky。

 ちなみに、ここからは手間を省くためにNASではなくPCのTwonkyを使っている。
 基本的にやることも結果も同じなので許してほしい。


 おッ!
1

 きちんと4枚入ってる!
 ハイレゾも含めて問題なく再生できることは今さら示すまでもないだろう。
2



 以上!

 Twonkyの扱い方さえわかってしまえば、NASの導入だって怖くない!

 今まで頑張って作り上げたライブラリを、NASの音源フォルダにぶち込もう!





【音源管理の精髄】 目次

スポンサーリンク


関連記事

JPLAYを用いたPCのネットワークオーディオプレーヤー化・音質編

JPLAYを用いたPCのネットワークオーディオプレーヤー化 JPLAYを用いたPCのネットワー

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第131回『フェイクシティ ~ある男のルール~』

画質:8 音質:10 映像はAVC、音声はDTS-HDMAの24bit。 画質につい

記事を読む

【レビュー】Dynaudio Sapphire

 2007年のTIAS。  その時、奇しくも私は同じくDynaudioのAudience122を買

記事を読む

EPSON EH-LS10000がやってきた

 そのうち帰っていくけど。  それにしてもでかい。  重い。  かっこいい……かどうか

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第167回『serial experiments lain』

画質:8 音質:9 映像はAVC、音声はリニアPCM16bitステレオ 画質について

記事を読む

LUMIN L1 運用編

 L1における最大のツッコミどころ。  あらためてL1のクイックスタートガイドを見てみる。

記事を読む

Twonky Server 8.2.0でトンキー病が完治……?

Twonky Server 8.2.0 - Release note Improvemen

記事を読む

怖れていたことが現実になってしまった

 何気なく2014/07/07の検索単語を見ていたら背筋が凍った。 2014-07-07

記事を読む

ブビンガ・ラックの導入

 うちのSapphireには山崎創作に作ってもらったブビンガのボードを使っている。  で、コレがす

記事を読む

canarino Fils ― ついにデジタル・ファイル再生の原器を手に入れたぞ

PCが本当の意味で「オーディオ機器」になる日 理想のオーディオ用PCを求めて ハード編 理想のオ

記事を読む

スポンサーリンク

Comment

  1. jinne より:

    RockDiskNEXTのサーバーソフトはMinimServerではなく、MiniDLNAのようです。

    http://sourceforge.jp/projects/sfnet_minidlna/

    • sakakihajime より:

      jinneさん

      情報ありがとうございます。
      NASを販売しているメーカーにはもっともっと情報を出してもらいたいですね。
      情報がなく、「試さないと使用感がわからない」という状況は、早くなんとかしないと……

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

【レビュー】SOULNOTE D-1 音質編

外観・運用編 ・再生環境(詳細) canarino

【Munich HIGH END 2017】Roon Labs自身による“Nucleus” Roon Server

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Playback Designs Dream DAC MPD-8 / Transport MPT-8 【Roon?】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】DELAの進化は続く

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Mark Levinson No519 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】dCS Vivaldi One 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Ayre QX-8 / AX-8 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】MSB Technology The Reference DAC 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】AURALiC G Series 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

言の葉の穴・四周年

 三周年記事で地元ネタ全面解禁宣言をしてから1年。  主に私のや

【Munich HIGH END 2017】Dynaudio Special Forty

Dynaudio Special Forty https://y

【レビュー】SOULNOTE D-1 外観・運用編

 SOULNOTEのDACには、対応フォーマットのスペックを偏重する流

LUMIN U1がDSD256に対応

LUMINのネットワークトランスポート「U1」、11.2MHz DSD

【菅江真澄紀行文】『菅江真澄と歩く 二百年後の勝地臨毫 出羽国雄勝郡』が完成しました

小町ゆかりの地「真澄と歩く」出版プロジェクト - FAN AKITA

【御礼】ヘッドホン祭&北陸オーディオショウ(デジ研)・OTOTEN 2017が終了しました

春のヘッドホン祭2017 / 第2回北陸オーディオショウの「デジ研」に

【おしらせ】OTOTEN 2017に参加します

 久々だと思っていたら三週続けてのイベント参加です。 O

【おしらせ】春のヘッドホン祭2017 / 第2回北陸オーディオショウの「デジ研」に参加します

 久々のイベント参加になります。 春のヘッドホン祭201

【レビュー】Nmode X-DP10 音質編

外観編 設定(主にJPLAY)・運用編 ・再生環境

Roon 1.3 (Build 216)、PCM 768kHz・DSD512

Roon 1.3 (Build 216) Is Live! - Roo

【レビュー】Nmode X-DP10 設定(主にJPLAY)・運用編

Nmode X-DP10 外観編  ドライバをインストールし

→もっと見る

PAGE TOP ↑