*

【音源管理の精髄】 dBpoweramp Tag Editorを使ったDSDのタグ編集 【ネットワークオーディオTips】

公開日: : 最終更新日:2015/06/09 PC・ネットワークオーディオ関連, オーディオ・ビジュアル全般

Tag&Renameを使ったDSDのタグ編集

Mp3tagを使ったDSDのタグ編集


 DSDの音源もライブラリの中で一元管理しようと思っても、なかなかPCMのようにはいかない場合が多い。単純にソフトが対応していないとかそういう。
 で、MediaMonkeyがDSDに対応しないのはまぁ仕方がないとして、上の二つの記事でも書いたように、dBpoweramp Tag Editorまで対応しないというのは辛いものがあった。

 と思っていたら、いつの間にか出来るようになっていた。
 dBpowerampの開発元のページもマメにチェックするようにはしているのだが、更新情報か何か見落としていたかな……
 去年の暮れ辺り(?)にdBpowerampのR15でDSDに対応とか何とか見て、試してみた記憶があるのだが、その時はうまくいかなかったような……

 ま、何にせよ、喜ばしい。



【追記】

 上記のdBpowerampのR15でDSD云々というのは、どうやらAsset UPnP R5 BETAのDSD対応と記憶がごっちゃになっていたようだ。
 そもそも私が使っているdBpowerampはR14.3だったという……
 というわけで、「dBpoweramp Tag EditorでDSDのタグを編集可能にする」ことについて、あらためて記事を作成したので参照されたし。

続・dBpoweramp Tag Editorを使ったDSDのタグ編集

【追記ここまで】



 いつものようにDSDファイルを右クリックすると、項目としてシステムに統合されたMp3tagとdBpoweramp Tag Editorが現れる。
20150309201

 とりあえず中身の確認も兼ねてMp3tagで開く。
 何の変哲もないMp3tagの画面である。
 そして毎度DSD絡みの検証で世話になっている音源である。
201503090202

 今度はdBpoweramp Tag Editorで開く。
 以前であれば単に空白が表示されるだけだったが、今ではこの通り。
 PCMの音源と同じように、ここから直接タグを編集できる。
201503090203

 dBpoweramp Tag EditorとMp3tag、それぞれで編集したタグの互換性も確認した。
 JRiver Media Centerで再生し、編集したタグがソフト側にもきちんと反映されることも確認した。


 これでDSDのタグ編集に関して、私が自前で確認した編集ソフトはTag&Rename、Mp3tag、dBpoweramp Tag Editorの三つとなった。
 めでたい。
 DSD音源を礼賛するつもりなどこれっぽっちもないが、現に音源が存在する以上、ユーザーの利便性を考えれば、DSDに対応するソフトが増えるに越したことはない。
 MediaMonkeyがDSDに対応する日は来るのだろうか……



【音源管理の精髄】 目次 【ネットワークオーディオTips】


スポンサーリンク


関連記事

【BDレビュー】第310回『ターミネーター:新起動/ジェニシス』 【Dolby Atmos】

画質:10 音質:14→15 (評価の詳細についてはこの記事を参照) 映像:AVC 音声

記事を読む

【Dolby Atmos導入記】Gravity / ゼロ・グラビティのアトモス盤

Gravity Diamond Luxe Edition / Blu-ray.com  待

記事を読む

【ネットワークオーディオTips】Asset UPnP 導入・設定・運用編

サーバーソフトの紹介 『Asset UPnP』   ・使用したサーバー機器 PC(Wind

記事を読む

【UHD BDレビュー】第10回『マン・オブ・スティール』 北米盤 【Dolby Atmos】

【BDレビュー】第237回『マン・オブ・スティール』 画質:14 (画質はHD環境

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第78回『yes Live at Montreux 2003』

画質:5 音質:6 映像はVC-1でビットレートは20Mbps前後。 音声はDTS-HD

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第221回『トップをねらえ2!』

画質:9 音質:8 映像はAVC、音声はドルビーTRUEHDの16bit 画質につい

記事を読む

【BDレビュー】第273回『GODZILLA ゴジラ』 北米盤

おかえり 画質:10 音質:13☆ 映像:AVC 音声:DTS-HD M

記事を読む

【レビュー】LUMIN A1 半年経過して見えてきた諸々編

【レビュー】LUMIN A1  LUMIN A1を導入して半年が経過した。  上記レビュ

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第131回『フェイクシティ ~ある男のルール~』

画質:8 音質:10 映像はAVC、音声はDTS-HDMAの24bit。 画質につい

記事を読む

Pioneer SC-LX59でDolby Atmosを聴く

 まずはSC-LX85と比べたSC-LX59の音を把握すべく、トップスピーカーから音が出ていないこと

記事を読む

スポンサーリンク

Comment

  1. 鎌田 好美 より:

    DSDのタグ編集について、教えてください。

    dBpowerampのTagEditor を使用して、
    DSDファイルのタグ編集ができると伺いました。
    しかしながら、WAVEやFLACは、ファイルを右クリックすると「Edit IDーTag」が表示されますが、DSFファイルは「Edit IDーTag」が表示されません。
    dBpowerampはR15.3Trialバージョンです。
    具体的な作業方法をご存知でしたら、ぜひ、教えてください。

  2. sakakihajime より:

    鎌田 好美さん

    反応が遅くなり失礼しました。
    コメントを頂いて私も「あれ?」と思い、あらためて検証したところ、「いつの間にか出来るようになっていた」のからくりが分かりました。
    別記事にまとめましたのでご覧ください。

    http://kotonohanoana.com/archives/7425

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

【レビュー】Nmode X-DP10 音質編

外観編 設定(主にJPLAY)・運用編 ・再生環境

Roon 1.3 (Build 216)、PCM 768kHz・DSD512

Roon 1.3 (Build 216) Is Live! - Roo

【レビュー】Nmode X-DP10 設定(主にJPLAY)・運用編

Nmode X-DP10 外観編  ドライバをインストールし

【レビュー】Nmode X-DP10 外観編

Nmode X-DP10 続・Nmode- X-DP10

【祝】『マインド・ゲーム』BD化!

『マインド・ゲーム』Blu-rayプロジェクト - STUDIO4℃F

【菅江真澄紀行文】試作品が出来上がりました

クラウドファンディングサービス「FAN AKITA」でプロジェクトを実

【BDレビュー】第342回『マックス・ペイン』

画質:9 音質:12 (評価の詳細についてはこの記事を参照)

Asset UPnP Release 6

サーバーソフトの紹介 『Asset UPnP』 Asset UP

続・Nmode X-DP10

新製品発売のお知らせ - Nmodeの部屋 発売日は2017年4

LUMIN A1、導入3周年 終わらない進化とMQA対応

 LUMIN Appはバージョン3から相変わらず最強だし、  iPh

【UHD BDレビュー】第18回『シン・ゴジラ』

【考察】シン・ゴジラとヤマタノオロチ、そして現代のスサノオ神話

PS3の出荷(近日)完了に寄せて

PS3本体の出荷が近日終了 - GameSpark  私のP

【Roon Ready】CHORD Poly

 CHORD Mojoに接続して使う、Roon Readyの「ポータブ

【UHD BDレビュー】第17回『オペラ座の怪人』

『オペラ座の怪人』のUHD BD 画質:9 (画質は

LUMIN is NOW Roon Ready! そしてMQAとSpotifyにも対応予定

LUMIN STREAMING SERVICES  ほんとに

【レビューまとめ】fidata HFAS1-XS20 ― 専用機であるということ

外観編 音質・サーバー編 音質・ミュージックサーバー編

【レビュー】fidata HFAS1-XS20 × OPPO Sonica DAC 音質・ミュージックサーバー編

外観編 音質・サーバー編 fidataのCDトランスポート

【Roon Ready】dCSのNetwork Bridge

dCS、RoonReady対応のネットワークトランスポート「Netwo

fidataのCDトランスポート機能を使ってみた

fidata公式サイト USB接続光学ドライブにセットしたCDを

Roon 1.3 (Build 208)とTIDAL Masters

TIDAL MASTERS with MQA  RoonのB

→もっと見る

PAGE TOP ↑