*

続・dBpoweramp Tag Editorを使ったDSDのタグ編集

dBpoweramp Tag Editorを使ったDSDのタグ編集

Asset UPnP Release 5 BETAでDSDを配信可能なことに今さら気が付いた


 dBpoweramp Tag Editorを使えば、WAVやFLAC等と同じように、DSDのファイルも右クリックから直接タグを編集することが出来る。
 ただ、「いつの間にか出来るようになっていた」という認識でしかなかったので、あらためて検証してみた。



 dBpoweramp Configulationを見てみると、「Codec」に「DSD SACD Decoder」が入っている。
 そして、そもそも私が使用しているdBpowerampはR14.3であって、R15でもなければ最新版でもない。そういえば、以前R15を試したところ挙動不審だったので一式アンインストールしてR14.3を入れ直した記憶がある。
20150609DSD09

 この「DSD SACD Decoder」というのはデフォルトではdBpowerampに入っておらず、ユーザーが各自で追加するオプションとなっている。
 おそらく、DSDを扱えるようになったAsset UPnP R5 BETAをインストールした際に、この「DSD SACD Decoder」もdBpowerampに入っていたのだろう。あるいは、自分で入れたのだろうか。まったく記憶にない……

 要は、dBpowerampのバージョンは関係なくAsset UPnP R5 BETAを入れた時点で、より厳密には「DSD SACD Decoder」が入った時点でDSDのタグ編集が可能だったが、例によってDSDに無頓着だった私は今年の3月までそれに気付いていなかっただけ、ということのようだ。


 というわけで、dBpoweramp Tag Editorを使ってDSDのタグ編集をする、そのための前段をあらためて紹介する。


 公式HPの「Codec Central」から、
20150609DSD06

 DSDを選択し、
20150609DSD07

 デコーダーをダウンロードしてインストールする。
 dBpowerampのバージョンがR12より新しければ問題ないようだ。
20150609DSD08

 これでdBpowerampのバージョンやAsset UPnP云々関係なく、dBpoweramp Tag EditorでDSDのタグ編集が可能になる。

 試しに手持ちのノートでも確認してみたが、問題なさそうだ。
20150609DSD01
20150609DSD04
20150609DSD05


 それにしても、MediaMonkeyがDSDに対応してくれさえすれば万事解決なのだが……



【音源管理の精髄】 目次 【ネットワークオーディオTips】

スポンサーリンク


関連記事

AURALiC ARIES MINI その2

 日本に上陸していないネットワークオーディオ関連機器を何となく紹介するシリーズ。  こないだ紹

記事を読む

【ハイレゾ音源備忘録】KOKIA / I Found You

・アーティスト / アルバムタイトル KOKIA / I Found You ・

記事を読む

【音展2014】個人的ハイライト① アイ・オー・データのオーディオNAS参入

<音展>アイ・オー、“ハイレゾのため究極設計”のオーディオNAS参考出展 - 20万円以下予定

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第40回『スチームボーイ』

絵を見もしない人間がガタガタ抜かすな。 これはアニメだ。 動く絵だ。 画質:1

記事を読む

【おしらせ】春のヘッドホン祭2017 / 第2回北陸オーディオショウの「デジ研」に参加します

 久々のイベント参加になります。 春のヘッドホン祭2017・第二回デジ研(日程・内容の

記事を読む

【音源管理の精髄】 普遍的なライブラリを目指して 【ネットワークオーディオTips】

 『普遍的なライブラリ』とは、 ・大元となる音源(CDやダウンロードしたファイル)からの情

記事を読む

【ネットワークオーディオTips・実践編】 『サーバー』を用意する

 サーバーとは何か? →コチラとコチラ  今までの実践編で、『音源』/『ライブラリ』は

記事を読む

今度こそさらば、SongBook

さらば、SongBook おかえり、SongBook  最初にさらばと言った途端So

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第13回『スパイダーマン2』

怪奇蜘蛛男    VS. 豪力蛸博士 二作目です。MJが金髪になってます。さて、どんな

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第64回『NIGHT WATCH』

画質:8 音質:10 映像はAVCで基本ハイビットレート収録。 音声はドルビーTRUEH

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

HDR考/続・「4Kマスターではない」等のUHD BDをどう捉えるべきか

「4Kマスターではない」等のUHD BDをどう捉えるべきか そのUH

【イベント情報】7/1(土)にオリオスペックでファイル再生のセミナーを行います

 オーディオ用PC等でいつもお世話になっている秋葉原のPCショップ・オ

iPad Pro(2017) 12.9インチを導入した

ネットワークオーディオの本質 - 言の葉の穴  『コントロール』

【レビュー】JS PC Audio HFS1000

HFS1000 - JS PC Audio 【レビュー】JS P

【レビュー】Aurender N100H

【レビュー】Aurender N10 外観・導入編 【レビュー】Au

【レビュー】Aurender N10 音質編

外観・導入編 運用編  Aurender Co

6/10と6/11は第50回「小町まつり」です

君は小野小町の生まれ在所を知っているか 秋田県湯沢市雄勝

iOS11と共にiPhone/iTunesがFLACに対応する……?

iOS11、無劣化圧縮のハイレゾ音源形式FLACに対応! - iPho

HDtracksによるMQAを用いたストリーミングサービス「HDmusicStream」

 TIDAL Mastersの開始を受けて、NetAudio Vol.

iPad Pro(2017)

iPad Pro - Apple  iPad Air2を発売

【地元探訪・神様セカンドライフ編】力水(湯沢市古館山)

神様セカンドライフ 61話「キツネの流儀」 - ヤマノス  

SFORZATO DSP-Dorado

DSP-Dorado - SFORZATO  ベラの次だがベ

【UHD BDレビュー】第19回『LOGAN/ローガン』 北米盤 【Dolby Atmos】

 まごうことなき大傑作。  みんな映画館に行こう! 画

【レビュー】Aurender N10 運用編

外観・導入編  前回の続き。  ……ところで、なんかア

【レビュー】Aurender N10 外観・導入編

 「ミュージックサーバー」を手掛けるブランドとして世界に名高いAure

【Munich HIGH END 2017】記事まとめ

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【レビュー】SOULNOTE D-1 音質編

外観・運用編 ・再生環境(詳細) canarino

【Munich HIGH END 2017】SFORZATO / fidata in Munich

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Cocktail Audio CA-X50 【Roon Ready】

  Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら

【Munich HIGH END 2017】constellation audio LEO 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

→もっと見る

PAGE TOP ↑