Mp3tag。
 言わずと知れた、歴史あるタグ編集ソフトである。
 私も4年前にLINN DSを導入したタイミングでMp3tagを試してみたのだが、使用感が肌に合わず常用には至らなかった。MediaMonkey+dBpowerampの組み合わせに安住の地を見つけて以来、まったく顧みていなかった。別に困ることはなかったし。

 流れが変わったのはごく最近のこと。
 DSDに対応したLUMIN A1を導入したことで、否が応でもDSDに意識を向けざるを得なくなった。私が聴くジャンルの音源はDSD配信などとは無縁のため、個人的には相変わらずDSDなどどうでもいいと言えばどうでもいいのだが、例によって知っておくに越したことはない

 ところが困ったことに、私が常用しているMediaMonkeyとdBpoweramp Tag Editorは、ともにDSDに対応していない。DSDのファイルを開くことすら叶わない。


 【dBpoweramp Tag EditorもDSDのタグ編集に対応したよ!】


 幸いにして常用しているサーバーソフトはDSDの配信に対応しているため、DSDのタグ編集だけをどうにかすればよかった。
 そこでまず試してみたのがTag&Renameというソフト。話に聞いていた通り、DSFファイルのタグ編集が可能ということを確認した。
 しかし、使用感は煩雑でイマイチ。はっきり言ってめんどくさい。

 そんな時、「Mp3tagもバージョンアップでDSFファイルのタグ編集に対応した」との情報を頂いたので、いっちょ4年ぶりに試してみようと思った次第である。


公式HP:ダウンロード


 それにしても、随分右クリックからのメニューが賑やかになったな。
WS000425


 最初に、もしかしたらDigiFi vol.14についてきたDFFファイルもタグ編集できないだろうかと思って試してみたのだが、やはり対応していないようだ。(ちなみに前述のTag&RenameもDSFにしか対応していない)
 JRiver Media CenterならDSFもDFFも垣根なく扱えるのだが、JRiverのタグ編集機能は煩雑すぎてまったく使う気がしない。そして、Mp3tagが対応するDSFに変換するためにはまた別のソフトが必要になる。KORGのAudioGateとか。ほんとにDSDはめんどくさいな!
 というわけで、相変わらずアニソンオーディオについてきたDSD音源をコピーして流用する。
WS000426

 Mp3tagで開くとこんな感じ。
WS000427

 タグを編集して「保存」
 アルバムタイトルを変えて、ついでにアルバムアートも拾ってきた高解像度のものに差し替えてみた。
WS000428

 DSFをタグ編集するにあたって、特に気にしなければいけないことはないようだ。
 PCMと同じように編集して、同じように保存するだけ。

 では、早速LUMIN Appから見てみよう。
 なお、サーバーソフトはTwonkyMedia 7.2.7を使用している。
1
2

 問題なくタグを編集できているようだ。
 日本語化されているということもあり、タグ編集ソフトとしてはTag&Renameよりも使いやすいという印象を受ける。

 Mp3tagとTag&Rename。
 DSD対応(DSFファイルのみだが)のタグ編集ソフトが二つもあれば、とりあえずは困らないだろう。
 使用感はさておきJRiverやfoobar2000でもDSDのタグは編集できることだし、今後もソフト側の対応は広がっていくはずだ。
 


【音源管理の精髄】 目次