*

【ネットワークオーディオTips】コントロールアプリの検証 2014・速度計測について

公開日: : 最終更新日:2014/12/22 PC・ネットワークオーディオ関連, オーディオ・ビジュアル全般

コントロールアプリの検証 2014



 今まで何度もアプリの速度を計測してきた。
 感覚的に「速い」と言われても腑に落ちなかったし、ガバガバレスポンスのアプリがメディアで「快適」などと書かれることに納得がいかなかったからだ。また、タブレット等の性能向上がどれだけ速度向上に寄与するかにも興味があった。

iPad 2時代の計測
iPad 3時代の計測
iPad Air時代の計測

 これまでは各アプリの検証記事とは別に、速度検証のみで記事を作成してきたが、2014の検証では各アプリの記事に速度計測の内容を盛り込みたいので、この記事は計測方法についての説明となる。

 人間の感覚は状況次第でいくらでも嘘をつくが、計測した数字は別だ。



●検証環境(11月17日時点)
無線LANルーター:Buffalo WZR-HP-G450H
NAS:QNAP TS-119 firmware version 4.0.7
サーバーソフト:TwonkyServer version 7.2.7
プレーヤー:LUMIN A1(firmware 5.08)、MAJIK DS-I(Davaar 21 (4.21.936)
コントローラー:iPhone 5S / iPad Air 2(iOS 8.1.1)、Nexus 9(予定)

※機器とアプリのバージョンは検証時の最新版を使用
※TwonkyServerのバージョンは7.2.7で固定
※ライブラリは2014/11/17時点の中身で固定



●検証その1(画面は例としてLUMIN App)

 基本的に2012年の最初の計測から変わりはない。
 「だいたいいっつもこんな感じで操作しているだろう」という、普段使いの操作にフォーカスした計測である。
 タブレットの高解像度を活かし、「目で見る楽しみ」を最大化すべく、私のライブラリはすべての音源に非常に高解像度の画像をアルバムアートとして仕込んである。私が言うのもアレだが、猛烈に重い。いかに快適を謳うアプリにとっても過酷なベンチマークとなる。



①アプリを起動(起動~レンダラーやサーバーを見つける時間も含む)
20141117-1
 
②TwonkyServerのナビゲーションツリーで『ジャンル/アルバム』を選択
20141117-2
 
 
③ジャンルで『Celtic』を選択
20141117-3
 
 
④24枚のアルバムアートが“全て表示された状態”で、リスト最後のアルバムを選択
20141117-4
 

※↓“アルバムアートの全てが表示されてはいない”とはこんな状態↓
20141117-5
 
 
⑤アルバム内の全曲をプレイリストに入れ、再生
20141117-6
 
 
⑥音が出たのを確認してプレイリストをクリア
 
 
⑦『ジャンル/アルバム』まで戻り、今度は『Progressive Rock』を選択
20141117-3
 
 
⑧79枚のアルバムアートが全て表示された状態で、リスト最後のアルバムを選択
20141117-7
 
 
⑨アルバムの1曲目・3曲目・5曲目をプレイリストに入れ、再生
20141117-8
 
 
⑩1曲目→3曲目→5曲目とスキップし、それぞれ音が出たところで停止または一時停止
 音が止まったのを確認し、プレイリストをクリア
 プレイリストから曲が消えたのを確認して終了


 以上の手順を三回、その都度ホームボタン2回押しからアプリを終了させたうえで、アプリの機能を最大限活用して行う。勿論コントロールアプリ以外のアプリはすべて終了させた状態。androidはその辺微妙だが。
 あくまで普段使いの操作を想定しているので、アプリ側で必要な設定等はすべて済ませているものとする。

この検証でわかること
・レスポンス――ボタンを押しても反応が遅ければ当然時間がかかる
・インターフェースの洗練度――指の運びが面倒だともちろん時間がかかる
・操作の簡潔さ――再生までの手順が多かったりするとやっぱり時間がかかる
・アルバムアートの表示の速さ――表示にもたつくとずいぶん時間がかかる
 
 
 
●検証その2

①TwonkyServerのナビゲーションツリーで『アルバム』を選択

②すべてのアルバムアートが表示された状態でリストの最後までスクロール完走
※スクロールはリスト表示で行う。これはタイル表示の形態を持たないアプリやスマホ版のアプリと条件を揃えるため。
20141117-9
 結構時間がかかるので計測は2回。そして好タイムの方。

この検証でわかること
・スクロールの滑らかさ
・アルバムアートの表示の速さ



 速度だけでアプリの価値が決まるわけではないが、極めて重要な要素であることに疑いの余地はない。



【音源管理の精髄】 目次 【ネットワークオーディオTips】

スポンサーリンク


関連記事

【BDレビュー】第270回『ローン・サバイバー』

画質:15 音質:15 映像:AVC MGVC(Master Grade V

記事を読む

【BDレビュー】第275回『How to Train Your Dragon 2 / ヒックとドラゴン 2』 北米盤

みんな立派になって……(感涙 画質:10 音質:9 映像:AVC 音声:

記事を読む

【ネットワークオーディオ】 極限状況下でレスポンス最速のコントロールアプリは?

【2013年11月19日更新・追記】 2012年の初頭、iPad2でもってネットワーク

記事を読む

リファレンスBD10選・音質編

 オーディオ・ビジュアルの領域において、ハードの画質音質を評価するためにはソフトが必要になり、ソフト

記事を読む

【Munich HIGH END 2017】SFORZATO / fidata in Munich

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。 <HIGH END

記事を読む

Roonの「Core」・「Control」・「Output」

Roon Labs  Roonの公式HPが刷新され、とっちらかっていた諸々の要素がまとめられて

記事を読む

【レビュー】LUMIN S1

 一週間、時間とやる気の許す限り色々と試してみた。 ○外観・機能 LUMIN S

記事を読む

【BDレビュー】 第244回『KICK-ASS 2』 北米盤

 日本じゃまだ公開もしてないのか…… 画質:9 音質:9 映像:AVC 音声

記事を読む

なぜ、オーディオなのか?

 なぜ、オーディオなのか?  ここいらで、私のオーディオ遍歴を備忘録的に書いてみようと思う。

記事を読む

【音源管理の精髄】 そもそもUPnP/DLNAって何だ? 【ネットワークオーディオTips】

 この記事はあくまでネットワークオーディオの基礎知識として、私が聞きかじって理解している内容をまとめ

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

【ホームシアターでゲームをしよう!】第3回『ニンテンドークラシックミニ スーパーファミコン』

https://www.youtube.com/watch?v

TIAS2017の思い出

 色々あるが、最も印象に残ったのはナスペックブースでのPlayback

【イベント報告】東京インターナショナルオーディオショウ2017 於:トライオードブース

予告:東京インターナショナルオーディオショウに参加します  

【ホームシアターでゲームをしよう!】第2回『ドラゴンクエストⅪ 過ぎ去りし時を求めて』

https://www.youtube.com/watch?v

【ハイレゾ音源備忘録】Nicogi / 蜃気楼

・アーティスト / アルバムタイトル Nicogi /

【ホームシアターでゲームをしよう!】再始動

 諸事情により、第1回『The Last of Us』以来

【ハイレゾ音源備忘録】Nicogi / Precious Morning

・アーティスト / アルバムタイトル Nicogi /

【BDレビュー】第345回『RWBY Volume 4』

画質:8 音質:6 (評価の詳細についてはこの記事を参

JPLAYの入門ガイドを作成しました

JPLAY日本語公式ページ →PCオーディオ入門者向け設定ガイド

月刊HiVi 2017年10月号に記事を執筆しました【おまけつき】

月刊HiVi 10月号 9/16発売 祝35周年・UHDブ

【ハイレゾ音源備忘録】Helge Lien Trio / Guzuguzu

おまえの新譜グズグズじゃねーか(歓喜) ・アーテ

【ハイレゾ音源備忘録】Tingvall Trio / Cirklar

・アーティスト / アルバムタイトル Tingvall

【ハイレゾ音源備忘録】Julian Lage / Arclight

・アーティスト / アルバムタイトル Julian La

【レビュー】DSP-Dorado 音質編

外観・導入編 設定・運用編 ・再生環境(詳細)

【UHD BDレビュー】第33回『ザ・コンサルタント / The Accountant』

画質:6 音質:8 (評価の詳細についてはこの記事を参

【レビュー】DSP-Dorado 設定・運用編

外観・導入編  DSP-Doradoは意外と(?)多機能

【イベント情報】東京インターナショナルオーディオショウに参加します

 既にオーディオ誌で見たという人もいるかもしれませんが、 2

【UHD BDレビュー】第32回『メッセージ / Arrival』 米国盤

画質:7 音質:8 (評価の詳細についてはこの記事を参

【レビュー】SFORZATO DSP-Dorado 外観・導入編

「純粋なネットワークオーディオ」への憧憬 続・「純粋なネットワークオ

激突!OpenHome/UPnP vs Roon Ready/RAAT

 今回は音質面の話。  「Roon ReadyはUPnPベースのシス

→もっと見る

PAGE TOP ↑