*

【ネットワークオーディオ】 iPad Airで超高解像度ライブラリに立ち向かう

と、いうわけでiPad Airが発売されたので、例によって速度検証を行ってみた。
1536×1536のアルバムアートの群れに対してどこまで早くなったのか、お手並み拝見である。

性能がどうのこうの、ベンチマークがどうのこうの、そんなものはどうでもいい。
実際に使ってみてどうなのか、それ以外のことはどうでもいい。


比較用として、iPad3での検証記事はコチラ




●検証環境
無線LANルーター:Buffalo WZR-HP-G450H
NAS:QNAP TS-119 firmware version 4.0.2
サーバーソフト:TwonkyServer version 6.0.39
レンダラー:MAJIK DS-I、MediaMonkey Renderer(DiXiMで使用)
コントローラー:iPad Air version 7.03
各コントロールアプリのバージョンは全て最新

※アプリは全てiPad用、「ChorusDS HD」は以下「ChorusDS」と表記



●検証方法(画面は例としてChorusDS)
※基本的に2012年2月の時と同じだが、当時からライブラリがだいぶ様変わりしているので一部変更。ちなみに、CelticとProgressive Rockに含まれるアルバムにタグ付けられたアルバムアートの解像度は全て1536×1536であり、これが「考えられる最も厳しい条件下での速度検証」たる所以である。



①アプリを起動(起動~レンダラーやサーバーを見つける時間も含む)
s_App再生画面 012
s_App再生画面 001
 
②TwonkyServerのナビゲーションツリーで『ジャンル/アルバム』を選択
s_App再生画面 002
 
 
③ジャンルで『Celtic』を選択
2013 05
 
 
④18枚のアルバムのアルバムアートが“全て表示された状態”で、リストの一番下のアルバムを選択
2013 01
 

※↓が“全ては表示されていない”状態である
2013 02
 
 
⑤アルバム内の全曲をプレイリストに入れ、再生
2013 03
 
 
⑥音が出たのを確認してプレイリストをクリア
2013 04
 
 
⑦『ジャンル/アルバム』まで戻り、今度は『Progressive Rock』を選択
s_App再生画面 003
 
 
⑧今度は65枚のアルバムアートが全て表示された状態で、リストの一番下のアルバムを選択
s_App再生画面 006
 
 
⑨アルバム内の全曲をプレイリストに入れ、再生
s_App再生画面 010
 
 
⑩音が出たのを確認してプレイリストをクリア
 プレイリストから曲が消え、音が止まったのを確認して終了

日常的に行っているコントロールアプリの操作というものを考えて、以上の手順を三回、その都度ホームボタン2回押しからアプリを終了させたうえで行う。
 
 
 
●この検証でわかること
速度!! なのだが、より詳細には以下の要素である。
・レスポンス――ボタンを押しても反応が遅ければ当然時間がかかる
・インターフェースの洗練度――指の運びが面倒だともちろん時間がかかる
・操作の簡潔さ――再生までの手順が多かったりするとやっぱり時間がかかる
・選曲時のアルバムアート表示の速さ――表示にもたつくとずいぶん時間がかかる
 
 
 
●この検証ではわからないこと
・インターフェースに表示される情報量
・リストのスクロールのなめらかさ
・再生時のアルバムアートの表示バリエーション
・アプリそれぞれの面白機能
・もっとこう微妙な感覚
 
この辺は個別詳細をご覧いただきたい。
 
 
 
●検証結果

『Chorus DS』
1回目:58.2秒
2回目:53.9秒
3回目:56.6秒
平均:56.7秒
フリーズ等無し

『SongBook Lite』
1回目:66.6秒
2回目:53.4秒
3回目:49.3秒
平均:56.4秒
フリーズ等無し

『SongBook’11 UPnP』
1回目:81.0秒
2回目:51.1秒
3回目:46.9秒
平均:59.7秒
フリーズ等なし

『Kinsky』
1回目:70.9秒
2回目:74.9秒
3回目:72.3秒
平均:72.7秒
フリーズ等無し

『DiXiM DMC』
1回目:73.6秒
2回目:64.1秒
3回目:70.1秒
平均:69.3秒
フリーズ等無し

『PlugPlayer』
1回目:59.4秒
2回目:59.4秒
3回目:56.4秒
平均:58.4秒
フリーズ等無し

『eLyric』
バージョンが変わり(2.0.9)操作不能に

『LUMIN App』
1回目:27.8秒
2回目:25.3秒
3回目:27.9秒
平均:27.0秒


 
1位:『LUMIN App』 27.0秒
2位:『SongBook Lite』 56.4秒
3位:『ChorusDS』 56.7秒
4位:『PlugPlayer』 58.4秒
5位:『SongBook’11 UPnP』 59.7秒
6位:『DiXiM DMC』 69.3秒
7位:『Kinsky』 72.7秒

使用不能:『eLyric』

……という結果になった。
LUMIN Appの圧勝には変わりなし。LUMIN Appの計測時間がほとんど変わらないのは、わたしの運指の限界によるものだと言える。
他のアプリも見事に速くなっている。特筆すべきはPlugPlayerとSongBook’11 for UPnPであり、特にSongBook’11 for UPnPの2回目・3回目に関してはChorusDSとSongBook Liteを上回っている。2位~5位に関してはほとんど差がなくなった。
一方、振るわなかったのはKinsky。iPad3に比べれば速くなったが、再び計測可能になったDiXiM DMCにも劣るという結果になってしまった。

今回の計測の印象は、『全体的に速くはなったが、1536×1536という高解像度を快適にブラウズするにはまだ不足!』というところか。
LUMINは相変わらず爆速だが、他のアプリに関してはかつての「とりあえず何か画像貼り付けておけばいいや」というレベルで済ませていた時代の速さと比べればまだまだ、である。

ただし、iPad Airになり、「アルバムアートの表示はそれなりに時間がかかるが、スクロールその他の動作全般は見違えるようにスムーズになった」ことは明記しておく。
あとは無線LANの速度を上げたり、アプリの64bit化を待つくらいか。


ちなみに、2013年11月4日時点でライブラリに入っている607枚のアルバムのアートワークをすべて表示するのにかかる所要時間は、

LUMIN App:7.7秒(読み込み時間ゼロ、怒濤のスクロールにも遅延&ひっかかり皆無)
ChorusDS:123.2秒

コレを見ると、LUMIN Appも含めて、iPad3から間違いなく早くなったのがわかる。が、圧倒的な差は健在のようだ。



ネットワークオーディオTipsまとめ

スポンサーリンク


関連記事

no image

【BDレビュー】 第94回『マトリックス・リローデッド』

昔々、高校生の頃、PS2でDVDを再生していましたとさ。 リローデッドを見ていて、101匹スミ

記事を読む

【BDレビュー】第306回『バケモノの子』

画質:13 音質:8 (評価の詳細についてはこの記事を参照) 映像:AVC 音声:リニア

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第183回『ランボー 最後の戦場』 北米盤 エクステンデッド・カット

画質:8 音質:15☆ Fuckin' Awesome 映像はAVC、音声は【DTS-HD

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第177回『セブン』

画質:13 音質:9 映像はVC-1、音声はDTS-HDMAの7.1ch、24bit

記事を読む

【システム】 Dynaudio Focus200C

 映画のサラウンド再生において、センタースピーカーは必要か不要かという議論がある。  非常に難しい

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第161回『FLCL』

おれの夢が叶うのは誰かのおかげじゃないぜ 風の強い日を選んで走ってきた 画質:8 音質:

記事を読む

no image

【BDレビュー】 序

※前置き※ これから延々と移植していくBDレビューは2007年9月14日からスタートしたもので

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第126回『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序』

画質:13 音質:14(改訂) 映像はAVCでビットレートはかなり高めな気がする。 音声

記事を読む

【音源管理の精髄】 アルバムアートにこだわる理由 【ネットワークオーディオTips】

 私は聴きたい曲を選ぶ際、あくまで「○○というアルバムの中の○○という曲」という意識を持っている。

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第72回『アイ・アム・レジェンド』

画質:7 音質:6 映像はVC-1、10台をうろつくワーナー仕様。 音声はドルビーTRU

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

【レビュー】SOULNOTE D-1 音質編

外観・運用編 ・再生環境(詳細) canarino

【Munich HIGH END 2017】SFORZATO / fidata in Munich

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Cocktail Audio CA-X50 【Roon Ready】

  Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら

【Munich HIGH END 2017】constellation audio LEO 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Roon Labs自身による“Nucleus” Roon Server

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Playback Designs Dream DAC MPD-8 / Transport MPT-8 【Roon?】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】DELAの進化は続く

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Mark Levinson No519 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】dCS Vivaldi One 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Ayre QX-8 / AX-8 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】MSB Technology The Reference DAC 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】AURALiC G Series 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

言の葉の穴・四周年

 三周年記事で地元ネタ全面解禁宣言をしてから1年。  主に私のや

【Munich HIGH END 2017】Dynaudio Special Forty

Dynaudio Special Forty https://y

【レビュー】SOULNOTE D-1 外観・運用編

 SOULNOTEのDACには、対応フォーマットのスペックを偏重する流

LUMIN U1がDSD256に対応

LUMINのネットワークトランスポート「U1」、11.2MHz DSD

【菅江真澄紀行文】『菅江真澄と歩く 二百年後の勝地臨毫 出羽国雄勝郡』が完成しました

小町ゆかりの地「真澄と歩く」出版プロジェクト - FAN AKITA

【御礼】ヘッドホン祭&北陸オーディオショウ(デジ研)・OTOTEN 2017が終了しました

春のヘッドホン祭2017 / 第2回北陸オーディオショウの「デジ研」に

【おしらせ】OTOTEN 2017に参加します

 久々だと思っていたら三週続けてのイベント参加です。 O

【おしらせ】春のヘッドホン祭2017 / 第2回北陸オーディオショウの「デジ研」に参加します

 久々のイベント参加になります。 春のヘッドホン祭201

→もっと見る

PAGE TOP ↑