*

サーバーで音は変わるか? ソフト編

公開日: : 最終更新日:2014/12/15 PC・ネットワークオーディオ関連, オーディオ・ビジュアル全般

【ネットワークオーディオの魔境を往く】 – いったい何が始まるんです?



 ハード編の続き。


 かねてから言っている通り、ハードとソフトが合わさってのサーバーである。
 しかし、いわゆる“高音質NAS”とされる製品において、着目されるのはファンレスであるとか、高品質のHDDを使っているだとか、アルミ筐体であるとか、そういったハード的なことばかりで、サーバーソフトの話はまったくと言っていいほど出てこない。別に音質面に限った話ではなく、使い勝手を決定付ける存在であるにも関わらず、である。
 これでは片手落ちもいいところだ。

 しかし、もしかしたら、“サーバーソフトでは音は変わらない”のであり、メーカーはあえてそこに言及していないだけなのかもしれない。
 検証してみないことには何も始まらない。


 というわけで、サーバーソフトの検証である。



○検証したサーバーソフト

TwonkyMedia 7.2.7
Asset UPnP 4.2
MinimServer 0.8.1

 今回はサーバー“ソフト”の検証なので、ハードはQNAP TS-119に統一し、おなじみ三つのサーバーソフトを用いて音質比較を行う。
 ちなみに、これら三つのサーバーソフトには以下のような特徴がある。

TwonkyMedia:コレの中身
Asset UPnP:かつてLINNが推奨していたRipNAS Statementの中身
MinimServer:LUMINが公式に推奨

 どれもなかなかに箔が付いている。



○再生環境・検証音源

 ハード編と同じ。



○検証

 TwonkyMediaから……
2
 Asset UPnPから……
3
 MinimServerから……
4
 さぁどうだ。
5

 QNAP TS-119からしてみれば、「何がしたいんだコイツ……」という感じだろうが、悲しいかな、オーディオマニアとはそういうもんなのだ。


 ……


 …


 変わらない。


 僅かに、本当に僅かに、Asset UPnP≧MinimServer≧TwonkyMediaという気がしないでもないが、それも気のせい誤差の範囲で片付いてしまうレベルでしかない。



○結論(ハード編と合わせて)

 サーバーで音は変わる。

 ハードで変わる。
 そのため、オーディオ的な意味で筐体や電源を作り込んだNASが音質的な優位性を持つというのは確かに思える。
 ただ、何故変わるのかと聞かれても答えに窮する。色々と理由を想像することはできても、技術者ではない私は単にそう聴こえるとしか答えようがない。とにかくオーディオとは恐ろしい。
 こうなるとN1Zを聴いてみたくもなるが、さすがにNASの試聴機なんてものはないか。

 一方で、サーバーソフトに有意な音質差を見出すことはできなかった。
 逆に、これは私にとっては非常にありがたい。
 サーバーの使い勝手を決定付けるのはサーバーソフトであり、音質に違いがないとわかれば、自分にとって使いやすいソフトを気兼ねなく使うことができる。

 モノとして、ハードとして音質を追求できる余地があり、ソフトによって音質とは関係なく自分なりの使い勝手を追求できる。
 サーバーの可能性もまだまだありそうだ。



【音源管理の精髄】 目次 【ネットワークオーディオTips】

スポンサーリンク


関連記事

UHD BDを買った

 UHD BDプレーヤーどころか4Kディスプレイもないけどな!  記念すべき初UHD BDはな

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第213回『スカーフェイス』

画質:9 音質:11 映像はVC-1、音声はDTS-HDMAの24bit、7.1ch

記事を読む

PCオーディオはもっと自由になれる

ネットワークオーディオの本質 『ネットワークオーディオ』とは何か  ネットワークオー

記事を読む

【ネットワークオーディオTips】BubbleUPnP ServerとJRiver Media Centerを組み合わせる、ついでにTIDALも使う

 そもそもBubbleUPnP Serverって何だ、使うにはどうすりゃいいんだ、使うと何がどうなる

記事を読む

ECLIPSE TD316SWMK2 いろんなタイトルとの組み合わせ①

0.1の壁 導入編 リファレンスBD10タイトルとの組み合わせ 『第9地区』 効

記事を読む

1,000,000PVに想う

 「言いたいことを言える場所を自分で作る」べく、このページを立ち上げたのは約2年前。  かつて

記事を読む

アニソンオーディオ Vol.2

 とりあえず、 ・ギャルゲ ・エロゲ ・アイドル声優  方向性はこの三本柱で

記事を読む

【BDレビュー】第260回『Frozen / アナと雪の女王』 北米盤

画質:15☆ 音質:15 映像:AVC 音声:DTS-HD Master Au

記事を読む

【速報】 B&WからNew 600 series 登場!

New B&W 600 series(公式)  待ってました!  B&W

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第80回『ゼア・ウィル・ビー・ブラッド』

画質:9 音質:8 映像はVC-1、ビットレートは20台中心で推移。30台にも乗る。 音

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

【レビュー】fidata HFAS1-XS20 音質・サーバー編

外観編  まずは、純粋なサーバーとしての音を聴く。

【ハイレゾ音源備忘録】John Mayer / Continuum

・アーティスト / アルバムタイトル John Maye

【ハイレゾ音源備忘録】John Mayer / The Search for Everything – Wave Two

・アーティスト / アルバムタイトル John Maye

『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』がUHD BDでリリースされなかった……

スター・ウォーズ最新作『ローグ・ワン』4月28日にBD発売。プレミアム

「FAN AKITA」のプロジェクトが終了しました

クラウドファンディングサービス「FAN AKITA」でプロジェクトを実

【レビュー】fidata HFAS1-XS20 外観編

【レビュー】fidata HFAS1 fidata HFAS1-

【菅江真澄紀行文・本編紹介】第十章「神杉の座はかく語りき」

クラウドファンディングサービス「FAN AKITA」でプロジェクトを実

DLNA解散

DLNA解散。13年で40億台の音・映像のホームネットワーク相互接続を

【菅江真澄紀行文・本編紹介】第九章「馨る女神の御膝元」

クラウドファンディングサービス「FAN AKITA」でプロジェクトを実

【菅江真澄紀行文・本編紹介】第八章「光ことなる錦秋の宮」

クラウドファンディングサービス「FAN AKITA」でプロジェクトを実

Twonky Server 8.4にアップデートするのは待った方がいいかもしれない

 QNAPへの今後の対応が取り沙汰されたTwonky Serverだが

【菅江真澄紀行文・本編紹介】第七章「風渡る山姫の幽谷」

クラウドファンディングサービス「FAN AKITA」でプロジェクトを実

【菅江真澄紀行文・本編紹介】第六章「恵み色濃き深碧の淵」

クラウドファンディングサービス「FAN AKITA」でプロジェクトを実

ポタ研の中のデジ研

ポータブルしないオーディオイベント「デジ研」、ポタ研と同時開催 - P

【菅江真澄紀行文・本編紹介】第五章「雄勝の背骨に麒麟舞う」

クラウドファンディングサービス「FAN AKITA」でプロジェクトを実

【レビュー】OPPO Sonica DAC 音質編

導入・外観編 ネットワーク編 ・再生環境(詳細)

【ハイレゾ音源備忘録】Marcus Miller / Afrodeezia

・アーティスト / アルバムタイトル Marcus Mi

【ハイレゾ音源備忘録】fox capture plan / BUTTERFLY

・アーティスト / アルバムタイトル fox captu

【レビュー・更新】OPPO Sonica DAC ネットワーク編

導入・外観編 音質編  USB入力と比べて対応フォ

【レビュー】OPPO Sonica DAC 導入・外観編

ネットワーク編 音質編  待ちに待ったOPPO S

→もっと見る

PAGE TOP ↑