*

サーバーで音は変わるか? ソフト編

公開日: : 最終更新日:2014/12/15 PC・ネットワークオーディオ関連, オーディオ・ビジュアル全般

【ネットワークオーディオの魔境を往く】 – いったい何が始まるんです?



 ハード編の続き。


 かねてから言っている通り、ハードとソフトが合わさってのサーバーである。
 しかし、いわゆる“高音質NAS”とされる製品において、着目されるのはファンレスであるとか、高品質のHDDを使っているだとか、アルミ筐体であるとか、そういったハード的なことばかりで、サーバーソフトの話はまったくと言っていいほど出てこない。別に音質面に限った話ではなく、使い勝手を決定付ける存在であるにも関わらず、である。
 これでは片手落ちもいいところだ。

 しかし、もしかしたら、“サーバーソフトでは音は変わらない”のであり、メーカーはあえてそこに言及していないだけなのかもしれない。
 検証してみないことには何も始まらない。


 というわけで、サーバーソフトの検証である。



○検証したサーバーソフト

TwonkyMedia 7.2.7
Asset UPnP 4.2
MinimServer 0.8.1

 今回はサーバー“ソフト”の検証なので、ハードはQNAP TS-119に統一し、おなじみ三つのサーバーソフトを用いて音質比較を行う。
 ちなみに、これら三つのサーバーソフトには以下のような特徴がある。

TwonkyMedia:コレの中身
Asset UPnP:かつてLINNが推奨していたRipNAS Statementの中身
MinimServer:LUMINが公式に推奨

 どれもなかなかに箔が付いている。



○再生環境・検証音源

 ハード編と同じ。



○検証

 TwonkyMediaから……
2
 Asset UPnPから……
3
 MinimServerから……
4
 さぁどうだ。
5

 QNAP TS-119からしてみれば、「何がしたいんだコイツ……」という感じだろうが、悲しいかな、オーディオマニアとはそういうもんなのだ。


 ……


 …


 変わらない。


 僅かに、本当に僅かに、Asset UPnP≧MinimServer≧TwonkyMediaという気がしないでもないが、それも気のせい誤差の範囲で片付いてしまうレベルでしかない。



○結論(ハード編と合わせて)

 サーバーで音は変わる。

 ハードで変わる。
 そのため、オーディオ的な意味で筐体や電源を作り込んだNASが音質的な優位性を持つというのは確かに思える。
 ただ、何故変わるのかと聞かれても答えに窮する。色々と理由を想像することはできても、技術者ではない私は単にそう聴こえるとしか答えようがない。とにかくオーディオとは恐ろしい。
 こうなるとN1Zを聴いてみたくもなるが、さすがにNASの試聴機なんてものはないか。

 一方で、サーバーソフトに有意な音質差を見出すことはできなかった。
 逆に、これは私にとっては非常にありがたい。
 サーバーの使い勝手を決定付けるのはサーバーソフトであり、音質に違いがないとわかれば、自分にとって使いやすいソフトを気兼ねなく使うことができる。

 モノとして、ハードとして音質を追求できる余地があり、ソフトによって音質とは関係なく自分なりの使い勝手を追求できる。
 サーバーの可能性もまだまだありそうだ。



【音源管理の精髄】 目次 【ネットワークオーディオTips】

スポンサーリンク


関連記事

【ハイレゾ音源備忘録】サラ・オレイン / SARAH

・アーティスト / アルバムタイトル サラ・オレイン / SARAH ・購入元 e-o

記事を読む

【アニソンオーディオ】 リファレンス・アニソン10選

 アニソンオーディオの中で面白いと思った記事なので便乗。  めんどくさい部分は省くが、なるべく紙面

記事を読む

理想のオーディオ用PCを求めて ミュージックサーバー編

PCが本当の意味で「オーディオ機器」になる日 理想のオーディオ用PCを求めて ハード編 理想のオ

記事を読む

Linn Kazooがまた使いやすくなった

以前の大規模更新の際の記事: Linn KazooがiPhoneでもandroidでも使えるように

記事を読む

【ネットワークオーディオ・実践編】 到達目標の確認

 居ながらにしてすべてを見、すべてを操ることで得られる、音楽再生における筆舌にしがたい快適さ。

記事を読む

ヱヴァのハイレゾ音源を聴きました

エヴァのハイレゾ音源を聴きました 序 破 Q 再生環境  こんな感じに。

記事を読む

画質を取るか、迫力を取るか

ホームシアターにおけるプロジェクターの行く末  以前は市場動向や将来性という点から「テレビかプ

記事を読む

【ハイレゾ音源備忘録】 toe / For Long Tomorrow

・アーティスト / アルバムタイトル toe / For Long Tomorrow ・購入

記事を読む

【レビュー】Chord DAVEをLUMIN U1で聴いた

 DAVEの試聴機が我が家にやってきた。  しかも相手はLUMIN U1というなんとも豪華

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第76回『イノセンス』 アブソリュート・エディション

画質:14 音質:12   ※旧版は12の9 映像はAVCで基本30台のハイビットレート。

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

【UHD BDレビュー】第18回『シン・ゴジラ』

【考察】シン・ゴジラとヤマタノオロチ、そして現代のスサノオ神話

PS3の出荷(近日)完了に寄せて

PS3本体の出荷が近日終了 - GameSpark  私のP

【Roon Ready】CHORD Poly

 CHORD Mojoに接続して使う、Roon Readyの「ポータブ

【UHD BDレビュー】第17回『オペラ座の怪人』

『オペラ座の怪人』のUHD BD 画質:9 (画質は

LUMIN is NOW Roon Ready! そしてMQAとSpotifyにも対応予定

LUMIN STREAMING SERVICES  ほんとに

【レビューまとめ】fidata HFAS1-XS20 ― 専用機であるということ

外観編 音質・サーバー編 音質・ミュージックサーバー編

【レビュー】fidata HFAS1-XS20 × OPPO Sonica DAC 音質・ミュージックサーバー編

外観編 音質・サーバー編 fidataのCDトランスポート

【Roon Ready】dCSのNetwork Bridge

dCS、RoonReady対応のネットワークトランスポート「Netwo

fidataのCDトランスポート機能を使ってみた

fidata公式サイト USB接続光学ドライブにセットしたCDを

Roon 1.3 (Build 208)とTIDAL Masters

TIDAL MASTERS with MQA  RoonのB

デジファイ No.25で記事を執筆しました

DigiFi(デジファイ)No.25 3月2日(木)発売【特別付録】ハ

Raspberry Piとワンボードオーディオ・コンソーシアム

Raspberry Piで音楽再生、「ワンボードオーディオ」共通規格化

【レビュー】fidata HFAS1-XS20 音質・サーバー編

外観編 音質・ミュージックサーバー編  まずは、純粋な

【ハイレゾ音源備忘録】John Mayer / Continuum

・アーティスト / アルバムタイトル John Maye

【ハイレゾ音源備忘録】John Mayer / The Search for Everything – Wave Two

・アーティスト / アルバムタイトル John Maye

『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』がUHD BDでリリースされなかった……

スター・ウォーズ最新作『ローグ・ワン』4月28日にBD発売。プレミアム

「FAN AKITA」のプロジェクトが終了しました

クラウドファンディングサービス「FAN AKITA」でプロジェクトを実

【レビュー】fidata HFAS1-XS20 外観編

fidata HFAS1-XS20 - 言の葉の穴  もっと

【菅江真澄紀行文・本編紹介】第十章「羽後に群立つ神杉の座所」

クラウドファンディングサービス「FAN AKITA」でプロジェクトを実

DLNA解散

DLNA解散。13年で40億台の音・映像のホームネットワーク相互接続を

→もっと見る

PAGE TOP ↑