*

サーバーで音は変わるか? ソフト編

公開日: : 最終更新日:2014/12/15 PC・ネットワークオーディオ関連, オーディオ・ビジュアル全般

【ネットワークオーディオの魔境を往く】 – いったい何が始まるんです?



 ハード編の続き。


 かねてから言っている通り、ハードとソフトが合わさってのサーバーである。
 しかし、いわゆる“高音質NAS”とされる製品において、着目されるのはファンレスであるとか、高品質のHDDを使っているだとか、アルミ筐体であるとか、そういったハード的なことばかりで、サーバーソフトの話はまったくと言っていいほど出てこない。別に音質面に限った話ではなく、使い勝手を決定付ける存在であるにも関わらず、である。
 これでは片手落ちもいいところだ。

 しかし、もしかしたら、“サーバーソフトでは音は変わらない”のであり、メーカーはあえてそこに言及していないだけなのかもしれない。
 検証してみないことには何も始まらない。


 というわけで、サーバーソフトの検証である。



○検証したサーバーソフト

TwonkyMedia 7.2.7
Asset UPnP 4.2
MinimServer 0.8.1

 今回はサーバー“ソフト”の検証なので、ハードはQNAP TS-119に統一し、おなじみ三つのサーバーソフトを用いて音質比較を行う。
 ちなみに、これら三つのサーバーソフトには以下のような特徴がある。

TwonkyMedia:コレの中身
Asset UPnP:かつてLINNが推奨していたRipNAS Statementの中身
MinimServer:LUMINが公式に推奨

 どれもなかなかに箔が付いている。



○再生環境・検証音源

 ハード編と同じ。



○検証

 TwonkyMediaから……
2
 Asset UPnPから……
3
 MinimServerから……
4
 さぁどうだ。
5

 QNAP TS-119からしてみれば、「何がしたいんだコイツ……」という感じだろうが、悲しいかな、オーディオマニアとはそういうもんなのだ。


 ……


 …


 変わらない。


 僅かに、本当に僅かに、Asset UPnP≧MinimServer≧TwonkyMediaという気がしないでもないが、それも気のせい誤差の範囲で片付いてしまうレベルでしかない。



○結論(ハード編と合わせて)

 サーバーで音は変わる。

 ハードで変わる。
 そのため、オーディオ的な意味で筐体や電源を作り込んだNASが音質的な優位性を持つというのは確かに思える。
 ただ、何故変わるのかと聞かれても答えに窮する。色々と理由を想像することはできても、技術者ではない私は単にそう聴こえるとしか答えようがない。とにかくオーディオとは恐ろしい。
 こうなるとN1Zを聴いてみたくもなるが、さすがにNASの試聴機なんてものはないか。

 一方で、サーバーソフトに有意な音質差を見出すことはできなかった。
 逆に、これは私にとっては非常にありがたい。
 サーバーの使い勝手を決定付けるのはサーバーソフトであり、音質に違いがないとわかれば、自分にとって使いやすいソフトを気兼ねなく使うことができる。

 モノとして、ハードとして音質を追求できる余地があり、ソフトによって音質とは関係なく自分なりの使い勝手を追求できる。
 サーバーの可能性もまだまだありそうだ。



【音源管理の精髄】 目次 【ネットワークオーディオTips】

スポンサーリンク


関連記事

「PCオーディオ対ネットワークオーディオ」という悲劇

 「PCオーディオとネットワークオーディオはどちらが優れているのか」という議論をことあるごとに目にす

記事を読む

【ハイレゾ音源備忘録】 toe / The Future is Now EP

・アーティスト / アルバムタイトル toe / The Future is Now EP

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第66回『パプリカ』

画質:8 音質:10 映像はMPEG-2、動きのある場面では基本的に30Mbpsの大台。

記事を読む

【音源管理の精髄】 WAVにおける日本語のタグの取り扱い 【ネットワークオーディオTips】

WAVでリッピングするとタグはどうなる? WAVでリッピングした音源をFLAC等に変換するとタ

記事を読む

続・Nmode X-DP10

新製品発売のお知らせ - Nmodeの部屋 発売日は2017年4月10日(月)です。 当初は

記事を読む

【Dolby Atmos導入記】AVアンプの選択②――Pioneer SC-LX59

【Dolby Atmos導入記】AVアンプの選択  上の記事を書いてから既に2年近く、ようやく

記事を読む

【音源管理の精髄】 世界一美しいライブラリを目指して 【ネットワークオーディオTips】

 大きく出てみた。  私にとっての『世界一美しいライブラリ』とは、 ①自らが決めたル

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第109回『ドリームガールズ』

Hなんとかと付き合ったパラマウントの業が最も色濃く顕れた不運なソフト。 Hなんとかとの兼ね合い

記事を読む

【BDレビュー】第268回『アメイジング・スパイダーマン 2』

画質:9 音質:13 映像:AVC 音声:DTS-HD Master Audi

記事を読む

fidata HFAS1 運用編

 どれだけ音の良さを謳おうが、まともに使えないサーバーに用はない。  「信頼」の名を背負ったf

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

【Munich HIGH END 2017】記事まとめ

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【レビュー】SOULNOTE D-1 音質編

外観・運用編 ・再生環境(詳細) canarino

【Munich HIGH END 2017】SFORZATO / fidata in Munich

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Cocktail Audio CA-X50 【Roon Ready】

  Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら

【Munich HIGH END 2017】constellation audio LEO 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Roon Labs自身による“Nucleus” Roon Server

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Playback Designs Dream DAC MPD-8 / Transport MPT-8 【Roon?】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】DELAの進化は続く

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Mark Levinson No519 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】dCS Vivaldi One 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Ayre QX-8 / AX-8 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】MSB Technology The Reference DAC 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】AURALiC G Series 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

言の葉の穴・四周年

 三周年記事で地元ネタ全面解禁宣言をしてから1年。  主に私のや

【Munich HIGH END 2017】Dynaudio Special Forty

Dynaudio Special Forty https://y

【レビュー】SOULNOTE D-1 外観・運用編

 SOULNOTEのDACには、対応フォーマットのスペックを偏重する流

LUMIN U1がDSD256に対応

LUMINのネットワークトランスポート「U1」、11.2MHz DSD

【菅江真澄紀行文】『菅江真澄と歩く 二百年後の勝地臨毫 出羽国雄勝郡』が完成しました

小町ゆかりの地「真澄と歩く」出版プロジェクト - FAN AKITA

【御礼】ヘッドホン祭&北陸オーディオショウ(デジ研)・OTOTEN 2017が終了しました

春のヘッドホン祭2017 / 第2回北陸オーディオショウの「デジ研」に

【おしらせ】OTOTEN 2017に参加します

 久々だと思っていたら三週続けてのイベント参加です。 O

→もっと見る

PAGE TOP ↑