*

【音源管理の精髄】 ハイレゾ音源! ……でもちょっと待った 【ネットワークオーディオTips】

公開日: : 最終更新日:2013/12/21 PC・ネットワークオーディオ関連, オーディオ・ビジュアル全般

 12月18日にエヴァのハイレゾが出て、かつ色んな意味で期待通りだったので予定通り書くとしよう。


 ハイレゾ音源。
 PCオーディオやネットワークオーディオをするうえで、大きな魅力として訴求されている要素だ。
 96kHz/24bit、192kHz/24bit、果てはDSD……
 CDの44.1kHz/16bitと比較するとき、数値上のスペックの優位性は厳然として揺るがない。そこに疑問を挟む余地はない。

 では、CDからリッピングした音源といわゆるハイレゾ音源では、何か根本的な違いはあるのか?


 そんなものはない。


 リッピング音源だろうが、ハイレゾ音源だろうが、結局はデータファイルとしての『音源』である。
 そしてまったく同じように、内在する『タグ』に支配されている


 ゆえに、「ハイレゾ音源を手に入れた、やったぜ」では終わらない
 終わってはいけない。

 CDのリッピングは機械任せにしてはいけないということは既に書いた。
 ハイレゾ音源も、「手に入れただけ」ではいけない


 ハイレゾ音源だろうが何だろうが、入手した音源を自分のライブラリの一員として迎え入れるためには、しかるべき編集が必要なのである。



 以下、実例。


 12月18日にエヴァのハイレゾ・アルバムが3枚発売された。
 テレビシリーズのサントラが3枚である。

 で、買ったわけなのだが、以下にダウンロードしたままの素の状態を示す。

WS000065
WS000066

 確かに192kHz/24bitのファイルである。素晴らしい。
 しかし問題はそこではない。

 例としてもう1枚画像を貼る。

WS000073

①「ジャンル」が空欄 →この状態をサーバーソフトは「不明」として処理する
②「アーティスト」&「アルバムアーティスト」の整合性が取れていない
 →ナビゲーションツリー上でアルバムが断片化される可能性がある
 (そもそもアーティスト名がエヴァンゲリオン・オリジナルサウンドトラックって何なの)
③アルバムアートの解像度が低い(個人的な趣味)

 このままの状態で音源をライブラリにぶち込むことは、私にとってはありえない

 もし、そんなことをしてしまえば、どうなるかは火を見るよりも明らかだ。

 恐ろしいことになる。
 ちなみに今回取り上げたエヴァはまだいい例だったりする。
 以下の画像は、何とは言わないが色々な雑誌に付属してきた「ハイレゾ音源」に、何ら手を加えずライブラリにぶち込んだ結果である。
 あぁ恐ろしい。

2



 というわけで、編集するのである。
 いつもやっていることだ。
 別にハイレゾ音源だからどうしたこうしたという話ではない。

 そして、こうなる。

WS000072
WS000074

Before
2

After
3



 CDのリッピング音源だろうが、ハイレゾ音源だろうが、音源であることに変わりはない。
 自分自身のライブラリを理想的な状態に保つためには、等しく、正しく、管理しなければならない。


 再生する環境やシステムは千差万別でも、再生する音源そのものは同じものだ。
 1億円かけたオーディオルームで聴こうが、ノートPCに100円イヤホンで聴こうが、音源それ自体は同じものだ。

 だからこそ、こだわる。
 決しておろそかにしてはいけない。




 音質についての記事はまたどこかで。
 比較は一瞬でできるから。
1

 聴きました。



【音源管理の精髄】 目次

スポンサーリンク


関連記事

【ネットワークオーディオ・実践編】 あると便利なもの

○スキャナ  ネットに転がっているアルバムアートを適当に貼り付けるだけでも、何もないのに比べれ

記事を読む

【ネットワークオーディオTips・実践編】 システムの維持管理

 「システムの維持管理」と銘打ってはいるが、ここまできたユーザーにとって、これ以上気を付けることはほ

記事を読む

【ハイレゾ音源備忘録】Justin Bieber / Purpose

・アーティスト / アルバムタイトル Justin Bieber / Purpose

記事を読む

今度こそさらば、SongBook

さらば、SongBook おかえり、SongBook  最初にさらばと言った途端So

記事を読む

【ネットワークオーディオTips】iTunesのコントロールアプリ 『Remote』

 音楽を聴く際にいちいちPCと向き合いたくない。  要は、オーディオ部屋で椅子に座った瞬間、PCの

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第73回『ベオウルフ』

画質:8 音質:7 映像はVC-1で10台をうろつくワーナー仕様。 音声はドルビーTRU

記事を読む

SOULNOTE/CSRに行ってきました&「Bulk Pet」の話

 ひと月ほど前に。 (よくよく見ると某D社のスピーカーが……)  現行SOULNOT

記事を読む

NA7004、完了か?

逸品館の商品ページより ついにか…… 日本におけるネットワークオーディオの分野を切り開い

記事を読む

【Dolby Atmos/DTS:X】スピーカーの配置

 Dolby Atmos。  残念ながら映画館で聴いたことがないし、対応AVアンプで聴いたこともな

記事を読む

【ハイレゾ音源備忘録】Jan Gunnar Hoff / Stille lys (Quiet Light)

・アーティスト / アルバムタイトル Jan Gunnar Hoff / Stille

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

なぜハイレゾ音源を買うのか

 音がいいから、ではない。  私が「ハイレゾ」と言う時は

【UHD BDレビュー】第47回『トランスフォーマー/最後の騎士王』 英国盤 【Dolby Atmos】

画質:10 音質:14 (評価の詳細についてはこの記事

SFORZATO流「ネットワークプレーヤーの使いこなし」が掲載されたので

 我が身を振り返ってみた。 Netwok Audioについて

Bricasti Design M12 / M1 SE mk2のLAN入力がPCM 384kHz/24bit・DSD 5.6MHzに対応

M12およびM1 Special Edition mk2仕様変更のご案

ついに日本でロスレス音楽ストリーミングサービス「Deezer HiFi」が開始

日本初、ロスレス音楽ストリーミング「Deezer HiFi」開始。3,

【レビュー】日本テレガートナー M12 GOLD SWITCH

 魔境深淵注意。  みんなおこらずに楽しく読んでね。

【ハイレゾ音源備忘録】Nicogi / DigiFi No.28付録音源

・アーティスト / アルバムタイトル Nicogi /

「自分の音源ライブラリ」の未来

 言の葉の穴を本格的に始めてまだ間もない頃、こんな記事を書いた。

【Dolby Atmos/DTS:X】オブジェクトオーディオの威力を実感できるタイトル10選・2017年版

 せっかく、「さらなるサラウンド体験のために天井にスピーカーを付ける」

【BDレビュー】第353回『パトリオット・デイ』

 日本ではUHD BDが発売されないという悲劇。 https

LUMIN AppがiPad Pro 12.9インチにネイティブ対応

コントロールアプリのiPad Pro 12.9インチへの対応状況

【BDレビュー】第352回『バーニング・オーシャン』 【Dolby Atmos】

 日本ではUHD BDが出ないという悲劇。 https://

LINN KLIMAX DS/3・DSM/2(Katalyst DAC搭載モデル)がDSDの再生に対応

LINN FORUMS  LINN DSのファームウェア、Dav

WaversaSystems WCORE(Roon Server)

WCORE開発完了 - WaversaSystems  要は

【BDレビュー】第351回『ハードコア』

 一人称視点のアレ。 https://www.youtube.c

UHD BD化を待ち望む作品10選・2017年末版

BD化を待ち望む作品10選  未だBD化されていない作品も多いと

【UHD BDレビュー】第46回『スパイダーマン:ホームカミング』 英国盤 【Dolby Atmos】

画質:6 音質:7 (評価の詳細についてはこの記事を参

【UHD BDレビュー】第45回『ベイビー・ドライバー』 英国盤 【Dolby Atmos】

画質:7 音質:12 (評価の詳細についてはこの記事を

【BDレビュー】第350回『グレートウォール』 【Dolby Atmos】

同時にUHD BDが出ている作品のBDを評価するのはいささか心苦しいの

【BDレビュー】第349回『キング・アーサー』(ガイ・リッチー監督/2017年) 【Dolby Atmos】

同時にUHD BDが出ている作品のBDを評価するのはいささか心苦しいの

→もっと見る

PAGE TOP ↑