*

【音源管理の精髄】 ハイレゾ音源! ……でもちょっと待った 【ネットワークオーディオTips】

公開日: : 最終更新日:2013/12/21 PC・ネットワークオーディオ関連, オーディオ・ビジュアル全般

 12月18日にエヴァのハイレゾが出て、かつ色んな意味で期待通りだったので予定通り書くとしよう。


 ハイレゾ音源。
 PCオーディオやネットワークオーディオをするうえで、大きな魅力として訴求されている要素だ。
 96kHz/24bit、192kHz/24bit、果てはDSD……
 CDの44.1kHz/16bitと比較するとき、数値上のスペックの優位性は厳然として揺るがない。そこに疑問を挟む余地はない。

 では、CDからリッピングした音源といわゆるハイレゾ音源では、何か根本的な違いはあるのか?


 そんなものはない。


 リッピング音源だろうが、ハイレゾ音源だろうが、結局はデータファイルとしての『音源』である。
 そしてまったく同じように、内在する『タグ』に支配されている


 ゆえに、「ハイレゾ音源を手に入れた、やったぜ」では終わらない
 終わってはいけない。

 CDのリッピングは機械任せにしてはいけないということは既に書いた。
 ハイレゾ音源も、「手に入れただけ」ではいけない


 ハイレゾ音源だろうが何だろうが、入手した音源を自分のライブラリの一員として迎え入れるためには、しかるべき編集が必要なのである。



 以下、実例。


 12月18日にエヴァのハイレゾ・アルバムが3枚発売された。
 テレビシリーズのサントラが3枚である。

 で、買ったわけなのだが、以下にダウンロードしたままの素の状態を示す。

WS000065
WS000066

 確かに192kHz/24bitのファイルである。素晴らしい。
 しかし問題はそこではない。

 例としてもう1枚画像を貼る。

WS000073

①「ジャンル」が空欄 →この状態をサーバーソフトは「不明」として処理する
②「アーティスト」&「アルバムアーティスト」の整合性が取れていない
 →ナビゲーションツリー上でアルバムが断片化される可能性がある
 (そもそもアーティスト名がエヴァンゲリオン・オリジナルサウンドトラックって何なの)
③アルバムアートの解像度が低い(個人的な趣味)

 このままの状態で音源をライブラリにぶち込むことは、私にとってはありえない

 もし、そんなことをしてしまえば、どうなるかは火を見るよりも明らかだ。

 恐ろしいことになる。
 ちなみに今回取り上げたエヴァはまだいい例だったりする。
 以下の画像は、何とは言わないが色々な雑誌に付属してきた「ハイレゾ音源」に、何ら手を加えずライブラリにぶち込んだ結果である。
 あぁ恐ろしい。

2



 というわけで、編集するのである。
 いつもやっていることだ。
 別にハイレゾ音源だからどうしたこうしたという話ではない。

 そして、こうなる。

WS000072
WS000074

Before
2

After
3



 CDのリッピング音源だろうが、ハイレゾ音源だろうが、音源であることに変わりはない。
 自分自身のライブラリを理想的な状態に保つためには、等しく、正しく、管理しなければならない。


 再生する環境やシステムは千差万別でも、再生する音源そのものは同じものだ。
 1億円かけたオーディオルームで聴こうが、ノートPCに100円イヤホンで聴こうが、音源それ自体は同じものだ。

 だからこそ、こだわる。
 決しておろそかにしてはいけない。




 音質についての記事はまたどこかで。
 比較は一瞬でできるから。
1

 聴きました。



【音源管理の精髄】 目次

スポンサーリンク


関連記事

0.1の壁

 私のサラウンド再生環境は思想的にも使用機材的にも極めてオーディオ寄りである。と、少なくともシステム

記事を読む

【BDレビュー】第258回『RWBY Volume 1』

 2期のOP公開記念  もっともっと評価されるべき快作。  BDの構成としては、

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第98回『ショーシャンクの空に』

好い映画。 画質:7 音質:7 映像はVC-1、ビットレートは高くて25Mbps程度

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第18回『アンダーワールド2 エボリューション』

御馬鹿で下品で愉快な映画。 エログロの見本のような血作。 美人のねーちゃんがぴちぴちの服を着て実

記事を読む

【RoonReady】AURALiC ALTAIR

 また強烈に強力なのが出てきたな。 AURALiC's New Bundle Of Goodi

記事を読む

デジファイ No.25で記事を執筆しました

DigiFi(デジファイ)No.25 3月2日(木)発売【特別付録】ハイレゾサンプラー音源DVD/巻

記事を読む

【音源管理の精髄】 アルバムアートに関する駄目な例 【ネットワークオーディオTips】

 あえて「駄目な例」と言い切ってしまおう。  身の回りでこんな例、見たことはないだろうか?

記事を読む

Nmode X-PM100!!!

 予告されていた上位機種の名称はそのものずばりX-PM100。  Nmodeのリファレンススピーカ

記事を読む

Roonの「Core」・「Control」・「Output」

Roon Labs  Roonの公式HPが刷新され、とっちらかっていた諸々の要素がまとめられて

記事を読む

【音源管理の精髄】 よくある質問と検索ワードへの回答 【ネットワークオーディオTips】

 随時更新予定。  むしろ質問があったらどしどし言ってくれると嬉しい。 とりあえずい

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

【ホームシアターでゲームをしよう!】第2回『ドラゴンクエストⅪ 過ぎ去りし時を求めて』

https://www.youtube.com/watch?v

【ハイレゾ音源備忘録】Nicogi / 蜃気楼

・アーティスト / アルバムタイトル Nicogi /

【ホームシアターでゲームをしよう!】再始動

 諸事情により、第1回『The Last of Us』以来

【ハイレゾ音源備忘録】Nicogi / Precious Morning

・アーティスト / アルバムタイトル Nicogi /

【BDレビュー】第345回『RWBY Volume 4』

画質:8 音質:6 (評価の詳細についてはこの記事を参

JPLAYの入門ガイドを作成しました

JPLAY日本語公式ページ →PCオーディオ入門者向け設定ガイド

月刊HiVi 2017年10月号に記事を執筆しました【おまけつき】

月刊HiVi 10月号 9/16発売 祝35周年・UHDブ

【ハイレゾ音源備忘録】Helge Lien Trio / Guzuguzu

おまえの新譜グズグズじゃねーか(歓喜) ・アーテ

【ハイレゾ音源備忘録】Tingvall Trio / Cirklar

・アーティスト / アルバムタイトル Tingvall

【ハイレゾ音源備忘録】Julian Lage / Arclight

・アーティスト / アルバムタイトル Julian La

【レビュー】DSP-Dorado 音質編

外観・導入編 設定・運用編 ・再生環境(詳細)

【UHD BDレビュー】第33回『ザ・コンサルタント / The Accountant』

画質:6 音質:8 (評価の詳細についてはこの記事を参

【レビュー】DSP-Dorado 設定・運用編

外観・導入編  DSP-Doradoは意外と(?)多機能

【イベント情報】東京インターナショナルオーディオショウに参加します

 既にオーディオ誌で見たという人もいるかもしれませんが、 2

【UHD BDレビュー】第32回『メッセージ / Arrival』 米国盤

画質:7 音質:8 (評価の詳細についてはこの記事を参

【レビュー】SFORZATO DSP-Dorado 外観・導入編

「純粋なネットワークオーディオ」への憧憬 続・「純粋なネットワークオ

激突! OpenHome/UPnP vs Roon Ready/RAAT

 今回は音質面の話。  「Roon ReadyはUPnPベースのシス

【UHD BDレビュー】第31回『キング・コング:髑髏島の巨神』 【Dolby Atmos】

画質:7 音質:10 (評価の詳細についてはこの記事を

【UHD BDレビュー】第30回『ハクソー・リッジ』 米国盤 【Dolby Atmos】

画質:9 音質:15☆ (評価の詳細についてはこの記事

【UHD BDレビュー】第29回『許されざる者』 米国盤

【BDレビュー】第112回『許されざる者』 画質

→もっと見る

PAGE TOP ↑