*

【音源管理の精髄】 ハイレゾ音源! ……でもちょっと待った 【ネットワークオーディオTips】

公開日: : 最終更新日:2013/12/21 PC・ネットワークオーディオ関連, オーディオ・ビジュアル全般

 12月18日にエヴァのハイレゾが出て、かつ色んな意味で期待通りだったので予定通り書くとしよう。


 ハイレゾ音源。
 PCオーディオやネットワークオーディオをするうえで、大きな魅力として訴求されている要素だ。
 96kHz/24bit、192kHz/24bit、果てはDSD……
 CDの44.1kHz/16bitと比較するとき、数値上のスペックの優位性は厳然として揺るがない。そこに疑問を挟む余地はない。

 では、CDからリッピングした音源といわゆるハイレゾ音源では、何か根本的な違いはあるのか?


 そんなものはない。


 リッピング音源だろうが、ハイレゾ音源だろうが、結局はデータファイルとしての『音源』である。
 そしてまったく同じように、内在する『タグ』に支配されている


 ゆえに、「ハイレゾ音源を手に入れた、やったぜ」では終わらない
 終わってはいけない。

 CDのリッピングは機械任せにしてはいけないということは既に書いた。
 ハイレゾ音源も、「手に入れただけ」ではいけない


 ハイレゾ音源だろうが何だろうが、入手した音源を自分のライブラリの一員として迎え入れるためには、しかるべき編集が必要なのである。



 以下、実例。


 12月18日にエヴァのハイレゾ・アルバムが3枚発売された。
 テレビシリーズのサントラが3枚である。

 で、買ったわけなのだが、以下にダウンロードしたままの素の状態を示す。

WS000065
WS000066

 確かに192kHz/24bitのファイルである。素晴らしい。
 しかし問題はそこではない。

 例としてもう1枚画像を貼る。

WS000073

①「ジャンル」が空欄 →この状態をサーバーソフトは「不明」として処理する
②「アーティスト」&「アルバムアーティスト」の整合性が取れていない
 →ナビゲーションツリー上でアルバムが断片化される可能性がある
 (そもそもアーティスト名がエヴァンゲリオン・オリジナルサウンドトラックって何なの)
③アルバムアートの解像度が低い(個人的な趣味)

 このままの状態で音源をライブラリにぶち込むことは、私にとってはありえない

 もし、そんなことをしてしまえば、どうなるかは火を見るよりも明らかだ。

 恐ろしいことになる。
 ちなみに今回取り上げたエヴァはまだいい例だったりする。
 以下の画像は、何とは言わないが色々な雑誌に付属してきた「ハイレゾ音源」に、何ら手を加えずライブラリにぶち込んだ結果である。
 あぁ恐ろしい。

2



 というわけで、編集するのである。
 いつもやっていることだ。
 別にハイレゾ音源だからどうしたこうしたという話ではない。

 そして、こうなる。

WS000072
WS000074

Before
2

After
3



 CDのリッピング音源だろうが、ハイレゾ音源だろうが、音源であることに変わりはない。
 自分自身のライブラリを理想的な状態に保つためには、等しく、正しく、管理しなければならない。


 再生する環境やシステムは千差万別でも、再生する音源そのものは同じものだ。
 1億円かけたオーディオルームで聴こうが、ノートPCに100円イヤホンで聴こうが、音源それ自体は同じものだ。

 だからこそ、こだわる。
 決しておろそかにしてはいけない。




 音質についての記事はまたどこかで。
 比較は一瞬でできるから。
1

 聴きました。



【音源管理の精髄】 目次

スポンサーリンク


関連記事

ECLIPSE TD316SWMK2 リファレンスBD10タイトルとの組み合わせ

0.1の壁 導入編  サブウーファー自体の音質を語る前に、各タイトルでどのような効果・変化が

記事を読む

【BDレビュー】第299回『007 スカイフォール』

画質:15 音質:15 映像:AVC 音声:DTS-HD Master A

記事を読む

【ネットワークオーディオ・実践編】必要なハードウェア

 必要不可欠なハードウェア。機器類。  各論に走ってしまうと全体像が見え辛くなるので、まずはこ

記事を読む

QNAPでJRiver Media Centerが使えるようになった

Media Center version 21.0.7 has been released onQN

記事を読む

【Dolby Atmos導入記】AVアンプの選択

 無限の資金力があればコレ一択。  しかし現実は厳しい。  とりあえず、 ・SC-

記事を読む

LUMIN S1を聴く

 というわけで、色々と聴いてみた。  A1と比較すると、  ノイズフ

記事を読む

「プラットフォーム」としてのJRiver Media Center

 そろそろバージョン22になる記念。  まず、JRiver Media Center(以下

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第86回『ゴッドファーザー』

画質:3、条件付6 音質:7 映像はAVC、ビットレートはわりと高めに推移。 音声はドル

記事を読む

【RoonReady】Mytek Manhattan II 【Munich HIGH END 2016】

Mytek tease Manhattan II with MQA, streaming modul

記事を読む

EPSON EH-LS10000の機能やら設定やら何やら

EPSON EH-LS10000を見てきた EPSON EH-LS10000がやってきた

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

【インプレッション】Playback Designs Merlot DAC 外観編

Playback Designs Merlot DAC - ナスペック

【菅江真澄紀行文・本編紹介】第一章「栗駒の心臓を御室に見る」

クラウドファンディングサービス「FAN AKITA」でプロジェクトを実

NetAudio vol.25で記事を執筆しました

 この手のおしらせはしばらく放置していたが、これからはマメにやっていこ

「FAN AKITA」のプロジェクトで目標金額を達成しました

小町ゆかりの地「真澄と歩く」出版プロジェクト - FAN AKITA

MQAのソフトウェアデコードって……

MQA Decoding Explained - Audio Stre

LUMINがRoon Readyになったような

 ん?  !?  常時起動の単体Roon Serv

3,000,000PVを達成しました

 言の葉の穴は2017年1月5日をもって3,000,000PV

canarino Fils × JCAT USBカードFEMTO

 canarino Filsの導入当初は、ちょいと思うところがあって、

TIDAL MASTERS with MQA

TIDAL MASTERS TIDAL is deliverin

Roon 1.3のプレビュー

Coming over the hill: the monstrous

言の葉の穴 2016-2017

 「言の葉の穴」読者の皆様、あけましておめでとうございます。  昨年

言の葉の穴 2016年のハイライト 創作・地元ネタ編

 もうすぐ終わるので振り返り。  オーディオだけではないのである。

言の葉の穴 2016年のハイライト オーディオ・ビジュアル編

「言の葉の穴」的2015年のAV関連ニュース10選  独断と

2016年の心残りその2 まだ見ぬOPPO Sonica DAC

OPPO Sonica DAC そして素晴らしいのは、この手の製

2016年の心残りその1 LUMIN、未だRoon Readyならず

Roon Ready、ネットワークオーディオ第五の矢  LU

2015年の心残りは2016年でどうなったのか

2015年の心残りその1 ESOTERIC N-05 紹介記事

【BDレビュー】第341回『帰ってきたヒトラー』

画質:8 音質:8 (評価の詳細についてはこの記事を参

シン・ゴジラのUHD BD

「シン・ゴジラ」が'17年3月22日BD/UHD BD化。初公開映像満

【BDレビュー】第340回『DOOM / ドゥーム』

画質:6.66 音質:13 (評価の詳細についてはこの

そのUHD BDは本当に4Kマスターなのか?

「4Kマスターではない」等のUHD BDについて 日本のアニメのUH

→もっと見る

PAGE TOP ↑