*

「センタースピーカーさえ無ければ」と何度思ったことか

 今まで、何かしら試聴機が届くたびに、ラックの一番上のセンタースピーカーをどかしてスペースを作ってきた。
 こんな具合に。
2015020623

 これも機材に対する礼儀だと思いつつ、その都度Focus200Cを置いては外しを繰り返してきたのだが、めんどくさいことこのうえなかったのも確か。
 試聴機が来るたびに映画が見れなくなる(見ようと思えば見れなくはないが)というのもいかがなものかと思っていた。


 先日LUMIN T1とD1の試聴機がやってきていた際、急にゴジラ(2014)が見たくなった。
 本来であれば試聴機を撤去していつものようにFocus200Cを置いて……というひと手間をかけるところを、再度の設置と結線が嫌で、そのままセンターレスで見ることにした。

 ……

 …

 ん?

 センター無いほうが音が良くないか???

 いや、そんなはずは……
 BDレビューを書く時ほど感覚を研ぎ澄ませていないからかもしれないし、単にゴジラが上手くハマっただけかもしれない。
 というわけで、T1とD1の試聴そっちのけで、BDをとっかえひっかえしてセンターレスの音を聴きまくった。
 『プライベート・ライアン』『パシフィック・リム』をはじめとするスーパードンパチ映画。
 『レッド・ドラゴン』『英国王のスピーチ』をはじめとするダイアローグが肝の映画。
 『ヘアスプレー』『オペラ座の怪人』をはじめとするミュージカル映画。ついでにアナ雪からLet It Goも。
 色々と聴きまくった。

 結論から言うと、「センターが無くても問題がない」どころか、明らかに「センターが無いほうが良い」という結果になった。
 センタースピーカー原理主義者の私にはなかなか辛い? 結果だった。しかし、そもそもセンタースピーカーを使う目的が「より高いレベルの音響再生」である以上、センタースピーカーを撤去することでそれが得られるのなら、それを受け入れないわけにもいくまい。むしろ、センタースピーカーを外しても音が悪くならないとわかった途端、今まで必要悪として我慢してきた色んなものが一気に意識されるようになってしまった。

 センタースピーカーを撤去することで得られた恩恵は大きく分けて三つ。
 一つ目は、空間表現力の向上。
 二つ目は、情報量の増大。
 三つめは、セッティングの自由度の向上。これは副次的なものだが。

 空間表現力の向上について。
 センタースピーカーは必然的かつ物理的にスクリーンの下に置かざるを得ない。なおかつ、フロントスピーカーのツイーターの高さからも大きく下がることになる。よって、どう頑張っても、劇中のダイアローグはスクリーンの下側に引っ張られる。床に直置きなどもってのほかだ。だからと言ってセンタースピーカーの高さを無闇に稼げば、それに比例してスクリーンの位置が上がってしまって破局を迎える。
 一方で、センターを外してフロントに……Sapphireに集約させると、ツイーターの高さとスクリーンの中心がほぼ一致するがゆえに、声が画面中央と完璧に一致する。センターを外したことによる定位感の低下はほとんど感じられない。伊達にステレオの定位を追い込んじゃいない。さらに、画面を左右に横切るような音に至っては、画面下に置かれたセンターの影響が一切なくなることで、さらにスムーズかつ迫真の表現力を発揮するようになる。

 情報量の増大について。
 「センターを外すことによる情報量の低下」こそ、私が最も恐れていたことだった。単に「声が真ん中から聴こえる」ではなく、物理的にスピーカーが一個増えることによる「情報量の増大」こそ、センタースピーカーを使う最大の理由だった。
 ところが、センターが担っていた声をはじめとする音を振った途端、フロントは……SapphireはFocus200Cが消えたことによる不安を掻き消すだけの音をいとも容易く出してしまった。
 減るどころか、増えた。

 これらの変化は特にミュージカル映画に置いて顕著だった。
 『ヘアスプレー』も『オペラ座の怪人』も、今まではいったい何だったんだと思うくらい、過去最高の音で鳴った。

 セッティングの自由度の向上について。
 センタースピーカーもれっきとしたスピーカーであるので、良く鳴らすためには設置に気を付けなければならない。前述のとおり、面倒なのは、センタースピーカーの設置はスクリーンの位置・大きさと相関関係にあるということだ。例えばサウンドスクリーンの裏側にフロントのツイーターと高さを合わせて置くでもしない限り、真の意味で理想的な設置は難しい。
 さらに、私のように視聴位置前方にラックなり何なりを置いて機器を設置している場合、それらと同居する必要も出てくる。センタースピーカーのサイズが大きくなれば大きくなるほど、ラックの形状も設置の自由度も著しく制限される。
 センタースピーカーがなくなった途端、一気に自由度は増す。スクリーン位置との兼ね合いは依然として必要だが、センタースピーカーの設置に頭を悩ませるのに比べればたいした問題ではない。


 結局のところ、私のシステム/環境においては、センタースピーカーを外すことですべてが良い方向に向かったようだ。もっとも、99%Sapphireの能力のおかげだと思うが。
 もっと部屋が広いとか、あまり音量を出せないとか、フロントスピーカーがイマイチということになれば話も変わってくるだろう。というより、ほとんどの場合センタースピーカーがあった方がいいはず。
 少なくとも現状では、ピュアオーディオとホームシアターの幸せな融合を目指すうえで、「7.0chサラウンド」ではなく、「完璧に追い込んだステレオ+サラウンドエフェクト4ch」という思考が最適解になりそうだ。


しばしさらば、Focus200C

スポンサーリンク


関連記事

【BDレビュー】第266回『攻殻機動隊 ARISE』

次巻完結。 画質:9 音質:8 映像:AVC 音声:ドルビーTRUEHD

記事を読む

【Roon】関連記事まとめ

 音楽愛好家のための「総合音楽鑑賞ソフト」、Roon。  「聴くだけにとどまらない多面的な音楽の楽

記事を読む

【レビュー】逢瀬 WATERFALL Power 400 外観編

【レビュー】逢瀬 AK4495S試作DAC 外観編  DACと一緒にパワーアンプもお借りした。

記事を読む

【BDレビュー】第316回『エクソダス:神と王』

画質:11 音質:12 (評価の詳細についてはこの記事を参照) 映像:AVC 音声:DT

記事を読む

ECLIPSE TD316SWMK2 リファレンスBD10タイトルとの組み合わせ

0.1の壁 導入編  サブウーファー自体の音質を語る前に、各タイトルでどのような効果・変化が

記事を読む

【Dolby Atmos/DTS:X】トップスピーカーの天吊り方法

 Dolby Atmos/DTS:Xの最大のハードルはスピーカーの天井への設置である。  埋め込み

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第158回『プライベート・ライアン』

サラウンドを組んだ時、鴉の次に見たのがこの映画だった。 映画音響の魅力に取り付かれた本当の始まりか

記事を読む

【UHD BDレビュー】第23回『エイリアン:コヴェナント』 米国盤 【Dolby Atmos】

 40年近くの時を経てついにリドリー・スコットがゼノモーフを撮る。  もうそれだけで面

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第211回『遊星からの物体X』

犬はスタン・ウィンストン大先生の作品 画質:7 音質:8 仕様詳細はsiro様の

記事を読む

【ネットワークオーディオTips・実践編】 『プレーヤー』を選ぶ

 そもそもネットワークオーディオにおける「プレーヤー」とは何か、ということについては、以下の記事で確

記事を読む

スポンサーリンク

Comment

  1. nisesato より:

    失礼します。
    私もつい先日センタースピーカー(DALI CD200)を外してみて、売却を決意したところです。

    フロントスピーカーがある程度のレベルにある場合、
    部屋が広くかつ設置位置がベストの位置にないとセンタースピーカーが、フロントスピーカーの音を邪魔してしまうのでしょうね。

    センタースピーカーがない方が部屋が広く快適に感じられるのも、悲しいところです。

    • sakakihajime より:

      nisesatoさん

      もっと言えば、スピーカーの間にラックもなければさらに良いのでしょうけど。
      そうなると今度はケーブルの問題が出てくるので難しいところです。

      なんにせよ、私の環境ではセンターレスがうまくハマったようです。

  2. 00Q より:

    サブウーファーどころかセンタースピーカーも必要でなくしてしまうSapphire(と、Sapphireをここまで鳴らしてしまうX-PM7)がつよすぎて、笑ってしまう。

    ドルビーアトモスとDTS:Xの、センターが有るか無いかの違いが気になりますね。

  3. sakakihajime より:

    00Qさん

    今も昔も、私は「フロントスピーカー一点豪華主義」です。
    ステレオで満足できる音を実現できないような状態で安直にサラウンドに頼るべきではない、と思っています。

    そのうえで、あくまでサラウンドにはサラウンドの流儀があるだろうと思ってセンタースピーカーを使ってきました。実際に台詞の定位や情報量の向上で効果も感じられました。
    ただ、おっしゃる通り、Sapphireはそういった定石を吹っ飛ばすくらい、強かったようです。

    スピーカーはオーディオの醍醐味です。00Qさんも、是非素敵なスピーカーを探し当ててください。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

【イベント報告】11/18にダイナミックオーディオ5555でファイル再生のセミナーを行いました

予告編:【イベント情報】11/18(土)にダイナミックオーディオ555

【UHD BDレビュー】第44回『ドラキュラ』 米国盤 【Dolby Atmos】

画質:6 音質:8 (評価の詳細についてはこの記事を参

UHD BDはこの先生きのこれるか

DEGジャパン、4KのUHD BDは「4K Ultra HDブルーレイ

NASやネットワークプレーヤーの設定などを行う訪問サポート

 ……が始まるのだそうだ。 ブライトーン、NASやネットワー

Stereo 2017年12月号で記事を執筆しました

Stereo 2017年12月号 - 音楽之友社 ・20

【朗報】雪

 雪の夜。  防音や遮音の結果生じるものとは異次元の静寂

【悲報】雪

 夜行バスでセミナーから帰ってきたらこのありさま。

【UHD BDレビュー】第43回『ワイルド・スピード ICE BREAK』 【DTS:X】

画質:7 音質:9 (評価の詳細についてはこの記事を参

【UHD BDレビュー】第42回『未知との遭遇』 米国盤

画質:6 音質:8 (評価の詳細についてはこの記事を参

【UHD BDレビュー】第41回『ブレードランナー』 【Dolby Atmos】

ようやく昨日2049を見てきました 【BDレビュー】

月刊HiVi 2017年12月号に記事を執筆しました【おまけつき】

 本日発売。 月刊HiVi 12月号 11/17発売 半

【BDレビュー】第348回『この世界の片隅に』

画質:9 音質:10 (評価の詳細についてはこの記事を

TuneBrowserを用いたPCのネットワークオーディオプレーヤー化

 四年ほど前から、TuneBrowserというWindows用の再生ソ

【BDレビュー】第347回『夜明け告げるルーのうた』

画質:8 音質:12 (評価の詳細についてはこの記事を

Twonky Server 8.5、WAVのタグが……!

 こないだ、Twonky Serverのバージョンが8.5になった。

【BDレビュー】第346回『BLAME!』 【Dolby Atmos】

画質:10 音質:11 (評価の詳細についてはこの記事

【ハイレゾ音源備忘録】fox capture plan / UNTITLED

・アーティスト / アルバムタイトル fox captu

【ハイレゾ音源備忘録】fox capture plan & bohemianvoodoo / color & monochrome 2

・アーティスト / アルバムタイトル fox captu

【祝】『ダンケルク』にあわせて『バットマン ビギンズ』・『ダークナイト』・『ダークナイト ライジング』・『インセプション』・『インターステラー』がまとめてUHD BD化

 海外に続き日本でも正式に発表された。 『ダンケルク』の4K

【ハイレゾ音源備忘録】Keishi Tanaka feat. fox capture plan / 透明色のクルージング

・アーティスト / アルバムタイトル Keishi Ta

→もっと見る

PAGE TOP ↑