*

しばしさらば、Focus200C

「センタースピーカーさえ無ければ」と何度思ったことか


 Focus200Cを導入して最初に見たBDはヱヴァ序だった。
 凄いスピーカーだ、と思った。IMAGE22との差は歴然だった。
 アンプの設定でフロントスピーカーから音が出ていないのにも関わらず、まったく不足も違和感も覚えず映画を一本見てしまったこともあった。むしろAudience122との差が大きかったのかもしれない。

 何百何千という映画の声を再生し続けてきたFocus200Cも、システムから外れる日がやって来た。
 Focus200Cの撤去が恒常的なものになるか、一時的なものになるかはまだわからない。まだ手放すには早い。
 あるいはFocus200Cではなく、別のセンタースピーカーを今後導入するかもしれない。Confidence Centerとかどう?
 何にせよ、一つの区切りになったことは間違いない。

 AVアンプを二度三度乗り換えたり、DynaudioのスピーカーがAVアンプでなんか鳴るものか! と思ってNmode X-PW1を導入したりしてきた。それでもFocus200Cの真価を発揮させられていたかどうか、正直言って自信はない。Audience122の幾度とない豹変を経験した身からすれば、まだまだこんなもんじゃない、とも思う。
 ふとしたきっかけで「Sapphireがあるから不要」という結論に至ってしまったが、逆に言えば、Sapphireと組み合わせて使っても一切違和感を覚えないパフォーマンスを発揮し続けてきた、ということでもある。

 本当に良いスピーカーだった。

 しばしさらば、Focus200C。



 ところで、センタースピーカーがなくなったおかげでセッティングの自由度が大幅に増したのは前の記事に書いた通り。
 復活させたGTラックにL1もハブも集約して非常にすっきりした。やっぱりLUMIN A1は外部電源と並べて置いた方がしっくりくる。
 いつか出るであろうL1用外部電源のスペースもあるし(はまるか?)、ラックの左右に何もなくなったので試聴用機材を置くスペースも十分に確保できた。
2015021601
 ちなみにハブに重りを置いているのは主にaudioquest Vodkaのせい。
 硬くて重くて、こうでもしないとケーブルに引っ張られてハブが浮く……

スポンサーリンク


関連記事

【UHD BDレビュー】第13回『ローン・サバイバー』 北米盤 【DTS:X】

【BDレビュー】第270回『ローン・サバイバー』 画質:11 (画質はHD環境・B

記事を読む

【ネットワークオーディオTips・実践編】foobar2000を使って手っ取り早くDSD256対応のネットワークオーディオ環境を作る

 安くて早くて多機能で夢が広がるfoobar2000を例に、実践編のまとめとして。  ネットワーク

記事を読む

順調に増えていくRoonのパートナーブランドと国内メーカーの動向

 気付けば、RoonのHPのPartnersのページで、Roon Readyプレーヤーを作っているブ

記事を読む

【ハイレゾ音源備忘録】 目次

 何を、どこで買ったのか。  買った音源のタグはどうなっていたのか。  アルバムアートはきちんと

記事を読む

みんなでRoonを翻訳しようプロジェクト

 Roonのコミュニティ的な話題なのでちょっとアレかなと思い、RoonのEnno Vandermee

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第89回『シューテム・アップ』

画質:14 音質:12+(7.1ch収録のため) 映像はVC-1でビットレートはストレスな

記事を読む

【BDレビュー】第288回『アメリカン・スナイパー』 【Dolby Atmos】

画質:9 音質:12 映像:AVC 音声:Dolby Atmos ○

記事を読む

【音源管理の精髄・応用編】 クラシックの音源でこそタグが輝く 【ネットワークオーディオTips】

 ベートーヴェンの交響曲第5。  冒頭、運命が扉を叩く音。  その10秒程度の音だけを、指揮者を

記事を読む

【音源管理の精髄】 『タグ』とは何か? 【ネットワークオーディオTips】

 タグ。  PCオーディオとネットワークオーディオの両方、特にネットワークオーディオの文脈で語られ

記事を読む

SOtM sMS-200にアナログ電源を使ってみる

SOtM sMS-200 運用・音質編  外付けHDDやNASといった純PC周辺機器に付属

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

【レビュー】Nmode X-DP10 音質編

外観編 設定(主にJPLAY)・運用編 ・再生環境

Roon 1.3 (Build 216)、PCM 768kHz・DSD512

Roon 1.3 (Build 216) Is Live! - Roo

【レビュー】Nmode X-DP10 設定(主にJPLAY)・運用編

Nmode X-DP10 外観編  ドライバをインストールし

【レビュー】Nmode X-DP10 外観編

Nmode X-DP10 続・Nmode- X-DP10

【祝】『マインド・ゲーム』BD化!

『マインド・ゲーム』Blu-rayプロジェクト - STUDIO4℃F

【菅江真澄紀行文】試作品が出来上がりました

クラウドファンディングサービス「FAN AKITA」でプロジェクトを実

【BDレビュー】第342回『マックス・ペイン』

画質:9 音質:12 (評価の詳細についてはこの記事を参照)

Asset UPnP Release 6

サーバーソフトの紹介 『Asset UPnP』 Asset UP

続・Nmode X-DP10

新製品発売のお知らせ - Nmodeの部屋 発売日は2017年4

LUMIN A1、導入3周年 終わらない進化とMQA対応

 LUMIN Appはバージョン3から相変わらず最強だし、  iPh

【UHD BDレビュー】第18回『シン・ゴジラ』

【考察】シン・ゴジラとヤマタノオロチ、そして現代のスサノオ神話

PS3の出荷(近日)完了に寄せて

PS3本体の出荷が近日終了 - GameSpark  私のP

【Roon Ready】CHORD Poly

 CHORD Mojoに接続して使う、Roon Readyの「ポータブ

【UHD BDレビュー】第17回『オペラ座の怪人』

『オペラ座の怪人』のUHD BD 画質:9 (画質は

LUMIN is NOW Roon Ready! そしてMQAとSpotifyにも対応予定

LUMIN STREAMING SERVICES  ほんとに

【レビューまとめ】fidata HFAS1-XS20 ― 専用機であるということ

外観編 音質・サーバー編 音質・ミュージックサーバー編

【レビュー】fidata HFAS1-XS20 × OPPO Sonica DAC 音質・ミュージックサーバー編

外観編 音質・サーバー編 fidataのCDトランスポート

【Roon Ready】dCSのNetwork Bridge

dCS、RoonReady対応のネットワークトランスポート「Netwo

fidataのCDトランスポート機能を使ってみた

fidata公式サイト USB接続光学ドライブにセットしたCDを

Roon 1.3 (Build 208)とTIDAL Masters

TIDAL MASTERS with MQA  RoonのB

→もっと見る

PAGE TOP ↑