*

【ネットワークオーディオTips】LINN DS

公開日: : 最終更新日:2016/08/31 PC・ネットワークオーディオ関連, オーディオ・ビジュアル全般

 オーディオ業界に「ネットワークオーディオ」という領域を作り出したのはLINN DSであると言って間違いはないだろう。
 LINN DSの登場は2007年の秋。ついでに言えば、初代iPhoneとほぼ同時期でもある。偶然とは思うが、なかなか運命的なものを感じる。

 私がネットワークオーディオというものに興味を持ったのは2008年、実際にDSを導入したのは2010年なので、初期の初期のDSを取り巻く環境がどうだったのかは分からない。私が導入した時には既にiPadがあったし、ChorusDSもあったし、QNAP TS-119もあったし、(少し調べれば)導入にあたっての色々な情報も手に入れることができた。真に最初期からDSと付き合い、人知れずネットワークオーディオの基礎を作ってきた人々に対し、私は大いなる敬意を表したい。
 最初は現在のようなコントロールアプリなどあるはずもなく、一曲を再生するだけでも大変で、「快適さ」などとは無縁だったらしいが、それが今では押しも押されもせぬ不動の地位を築くに至った。先行者というアドバンテージは勿論あったとは思うが、それだけにとどまらず、DSを通じてネットワークオーディオの可能性を、快適な音楽再生を追求し続けたLINNの情熱が成し遂げた結果だろう。

 2010年、Marantz NA7004とYamaha NP-S2000が発売され、事実上LINN DSしか選択肢のなかったネットワークオーディオという領域はにわかに活気付いた。
 特に、一番安価なDSでも30万という状況に、NA7004の実売8万という価格が与えたインパクトは大きかった。NA7004をきっかけに、日本におけるネットワークオーディオという領域は二度目のスタートを迎えたと言っていいだろう。

 ……ところが、後が続かなかった。マランツにせよ、ヤマハにせよ、オンキヨーにせよ、一年遅れて参入したパイオニアにせよ、「音楽を快適に聴く」という観点が完全に抜け落ちていたのだ。
 「ネットワークオーディオは簡単・便利・快適」、そんな売り文句を大々的に掲げたはいいが、快適さを実現するためには何が必要かというサポートの部分は置き去りにされ、ハードウェア・ソフトウェアを含む製品のトータルの完成度でも、LINN DSの足元にも及ばないことが露見してしまった。
 そしてこの状況は、今も続いている。


 3年ほど前、LINNのCEOや技術者にこんな質問をしたことがある。

「ここんとこ日本のメーカーからも色々とネットワークオーディオプレーヤーが出てるけど、どう思う?」

 返ってきたのはこんな答えだった。

「眼中にないね。彼らは我々がとうの昔に通り過ぎた地点にいるし、我々はもっとずっと先に進んでいる」



 現在、私の知る限り、以下の点を完全に満足するネットワークオーディオプレーヤーはLINN DSだけである。
 (LUMINはとりあえず保留→見事に合格


・FLAC、WAV、ALAC、AIFFに対応

・すべてのフォーマットにおいて192kHz/24bit対応

・ギャップレス再生

・再生中のプレイリストを機器本体に記憶/キュー
(※追記・これはOn-Device Playlist/オンデバイス・プレイリストのこと)


 上三つだけなら、国産機でもだいぶ対応するようになってきた。
 だが、四つ目は未だに実現できていない。実現していたら教えてほしい。
 しかし、これらは「出来るようになったよ! 偉いでしょ!」と胸を張るようなものでもなんでもなく、「快適に音楽を聴くためにはあって当然だろ!」という類のものであることに注意しなければならない。つまり、LINN DS以外は、まだそういうレベルにあるということだ。
 ネットワーク経由でDSDが聴ける? そりゃすごい。で、それがどんな風に音楽体験を豊かにしてくれるの?
 その前にやることがあるだろ! その前に!!

 ネットワークオーディオのメリットとはつまるところ「快適さ」であり、それを実現するネットワークオーディオの本質とは「コントロール」である。オーディオである以上、音質を追求するのは大いに結構だが、「快適さ」を抜きにしてネットワークオーディオを語ることはできない。

 これら以外にも、例えばSongcastなど、LINN DSが音楽生活を快適かつ豊かなものとするために実装している機能は多岐に渡るが、紹介は省く。
 あと触れておくべきなのは、「DSという確固たるソフトウェア・プラットフォームが整備されているおかげで、すべての機種で同一のユーザー・エクスペリエンスが得られる」ということ。基本的な機能について、買ったタイミングによって出来ることが違う、なんてことが(現時点では)起きていない。これは非常に重要なことである。

※追記・参照:
ネットワークオーディオの「プラットフォーム」


 私は別にLINNの信者というわけではない。
 ただし、LINN DSがいかに優れたネットワークオーディオプレーヤーであるかは、過去に所有した経験も含めて、心から理解している。
 また、ネットワークオーディオに大きな可能性を見出した者の一人として、LINNがネットワークオーディオという領域に果たしてきた数多の貢献について、尊敬の念を禁じ得ない。

※追記・参照:
ネットワークオーディオと「OpenHome」
続・ネットワークオーディオとOpenHomeとRoonReady


 ネットワークオーディオという未踏の領域を音質とユーザビリティの両面で切り開き、音楽で暮らしを豊かにしてきた偉大なプレーヤー、LINN DS。
 すべてのネットワークオーディオプレーヤーが、「音楽を快適に聴く」うえでLINN DSと同等の機能を備えた時こそ、ネットワークオーディオの三度目のスタートになるだろう。



【音源管理の精髄】 目次

よくある質問と検索ワードへの回答

スポンサーリンク


関連記事

no image

【BDレビュー】 第162回『アマデウス』

画質:8 音質:8 映像はVC-1、音声はドルビーTRUEHDの16bit 画質につ

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第101回『ルパン三世 カリオストロの城』

画質:6 音質:8 映像はAVCでビットレートは常時30台後半を維持。 音声はリニアPC

記事を読む

【BDレビュー】 第239回『エクスペンダブルズ2』 北米盤

しっかし傷だらけじゃねえか。 格闘技でも習ったらどうだ? ……ボクシングとか。 画質:

記事を読む

【BDレビュー】第256回『機動戦士ガンダムⅡ 哀・戦士編』

Iとまったく同じなら三部作をわざわざ分けることもないと思ったが、やはり微妙に違うようだ。

記事を読む

【AV史に残るBD勝手に10選】第7位『グラディエーター』 ― BD化における落胆と救済

左が最初のリリース。右が後にリリースされたドイツ盤。 【BDレビュー】第184回『グラ

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第149回『崖の上のポニョ』

画質:15 音質:7 映像はAVC、音声はDTS-HDMAの24bitで6.1ch収録

記事を読む

SongBook HD Version 1.060

コントロールアプリの紹介 『SongBook HD』  アルバムアートの表示が改善

記事を読む

LUMIN L1 続・音質編

前の記事  前回の試用ではS1との組み合わせだったが、本導入の今となってはA1との組み合わ

記事を読む

HDtracksによるMQAを用いたストリーミングサービス「HDmusicStream」

 TIDAL Mastersの開始を受けて、NetAudio Vol.25の記事中にこんなことを書い

記事を読む

LUMIN is NOW Roon Ready! そしてMQAとSpotifyにも対応予定

LUMIN STREAMING SERVICES  ほんとに長いこと待った。

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

【ホームシアターでゲームをしよう!】第2回『ドラゴンクエストⅪ 過ぎ去りし時を求めて』

https://www.youtube.com/watch?v

【ハイレゾ音源備忘録】Nicogi / 蜃気楼

・アーティスト / アルバムタイトル Nicogi /

【ホームシアターでゲームをしよう!】再始動

 諸事情により、第1回『The Last of Us』以来

【ハイレゾ音源備忘録】Nicogi / Precious Morning

・アーティスト / アルバムタイトル Nicogi /

【BDレビュー】第345回『RWBY Volume 4』

画質:8 音質:6 (評価の詳細についてはこの記事を参

JPLAYの入門ガイドを作成しました

JPLAY日本語公式ページ →PCオーディオ入門者向け設定ガイド

月刊HiVi 2017年10月号に記事を執筆しました【おまけつき】

月刊HiVi 10月号 9/16発売 祝35周年・UHDブ

【ハイレゾ音源備忘録】Helge Lien Trio / Guzuguzu

おまえの新譜グズグズじゃねーか(歓喜) ・アーテ

【ハイレゾ音源備忘録】Tingvall Trio / Cirklar

・アーティスト / アルバムタイトル Tingvall

【ハイレゾ音源備忘録】Julian Lage / Arclight

・アーティスト / アルバムタイトル Julian La

【レビュー】DSP-Dorado 音質編

外観・導入編 設定・運用編 ・再生環境(詳細)

【UHD BDレビュー】第33回『ザ・コンサルタント / The Accountant』

画質:6 音質:8 (評価の詳細についてはこの記事を参

【レビュー】DSP-Dorado 設定・運用編

外観・導入編  DSP-Doradoは意外と(?)多機能

【イベント情報】東京インターナショナルオーディオショウに参加します

 既にオーディオ誌で見たという人もいるかもしれませんが、 2

【UHD BDレビュー】第32回『メッセージ / Arrival』 米国盤

画質:7 音質:8 (評価の詳細についてはこの記事を参

【レビュー】SFORZATO DSP-Dorado 外観・導入編

「純粋なネットワークオーディオ」への憧憬 続・「純粋なネットワークオ

激突! OpenHome/UPnP vs Roon Ready/RAAT

 今回は音質面の話。  「Roon ReadyはUPnPベースのシス

【UHD BDレビュー】第31回『キング・コング:髑髏島の巨神』 【Dolby Atmos】

画質:7 音質:10 (評価の詳細についてはこの記事を

【UHD BDレビュー】第30回『ハクソー・リッジ』 米国盤 【Dolby Atmos】

画質:9 音質:15☆ (評価の詳細についてはこの記事

【UHD BDレビュー】第29回『許されざる者』 米国盤

【BDレビュー】第112回『許されざる者』 画質

→もっと見る

PAGE TOP ↑