*

【音源管理の精髄】 『タグ』を編集する 【ネットワークオーディオTips】

公開日: : 最終更新日:2013/12/15 PC・ネットワークオーディオ関連, オーディオ・ビジュアル全般

 タグとは何か。
 タグとはなぜ重要か。
 タグに関するありがちな誤解とは。

 三回連続でタグそのものについて散々書いてきたので、そろそろ「とりあえずタグがどんなものかについては分かった、それじゃあ実際にどう編集すればいいんだ?」という声が出てくる気がする。というより、出てきてほしい。

 というわけで、今回のテーマは「タグを編集する」である。
 ただし、「どんなソフト使って、どんな風に編集するのがよいのか」はここでは問題にしない。その辺のノウハウに関することは第2章「ライブラリの構築」で取り扱う予定である。
 ここではあくまで、タグを編集するということはどういうことなのか、また編集することでどのようなことが起きるのか、その部分に焦点を当てる。
 それでは、「タグとはなぜ重要か」で登場した「駄目な例」を改めて示し、そのタグを編集し、まともな状態に復帰させることを目指そう。


 ここに現れたるはCorrinne May嬢のアルバム3枚。
(また実験台にしてすまぬ……すまぬ……)

1

2

3

 ご覧のとおり、

・ジャンルが「Pop」「Pops」「ポップ」の三つに分かれている
・アーティスト名が「Corrinne May」「corrinnemay」「コリン・メイ」の三つに分かれている

 このように、明らかに同じ要素が、タグが原因でいくつにも分かれている状態は、目当ての音源を探し出すうえで著しく困難が生じるし、甚だしく無意味である。
 とりあえずの方針として、ジャンルは「Pop」に、アーティスト名は「Corrinne May」に統一することとし、実際にタグを編集してみよう。

 今回の記事では音源の管理・編集ソフトとして「MediaMonkey」を用いる。もっとも、今回に限った話ではなく私は基本的にMediaMonkeyを使用している。PC上の再生ソフトも色々と使ってきたが「再生音質」はさておき、「管理編集運用」という点では「MediaMonkey」の出来が圧倒的に他に比べて優れているからである。
 なお、「MediaMonkeyはどうやってインストールすればいいの?」とか、その手のことに触れる予定はない。さすがにその辺は自分で解決してほしい。



 MediaMonkeyのライブラリから見ていく手もあるのだが、とりあえずわかりやすく、フォルダから見ていこう。
 手始めに、ジャンルが「Pops」になっているアルバム「Crooked Lines」。音楽的にもオーディオ的にも素晴らしい盤である。超おすすめ。
 ファイルを一括選択してMediaMonkeyを開いて……

WS000012

 MediaMonkey上で一括選択して右クリック→プロパティ

5

 タグが あらわれた!
(タグとは何か? の記事で示したのはまさにコレ)

6

 問題になっているのはジャンル。たしかに「Pops」になっている。これを「Pop」に直す。
 ついでにアーティスト名が「corrinnemay」になっているので、こちらも「Corrinne May」に直す。
 で、OK。

 以上。これだけ。簡単でしょう?
 この簡単さ、そして音源を右クリック→プロパティ→タグの編集という極めて簡潔かつストレート、さらに編集項目の過不足ない充実こそ、私がMediaMonkeyを不動の音源管理ソフトに据える理由である。

 で、実際に編集したものが反映されているかどうか、コントロールアプリから確認してみよう。例によって使うアプリはChorusDSである。


 !

7


 !!

8

 成功。
 そして残るは「ポップ」と「コリン・メイ」である。
 続いてアルバム「Safe in a Crazy World」のタグを編集する。これまた素晴らしい盤である。超おすすめ。

 音源を選択してMediaMonkeyを起動

9

 音源を一括選択→右クリック→プロパティ

10

 ジャンルを「ポップ」から「Pop」へ
 アーティストを「コリン・メイ」から「Corrinne May」へ

11

 で、OK。

 これにて完了!
 では早速アプリから見てみよう。


 !!!

12

 !!!!

13


 ご覧のとおり大成功。
 こうして、無意味に三つに分身してしまった「Corrinne May」嬢は見事にアイデンティティを取り戻し、無意味に三つに分裂してしまった「Pop」は無事統一された。


 Before

3


 After

13


 「タグを編集する」とは、こういうことである。



【音源管理の精髄】 目次

スポンサーリンク


関連記事

【ハイレゾ音源備忘録】Nicogi / 蜃気楼

・アーティスト / アルバムタイトル Nicogi / 蜃気楼 ・購入元

記事を読む

【BDレビュー】第28回『ジョン・ウィック:チャプター2』 米国盤 【Dolby Atmos】

【BDレビュー】第283回『JOHN WICK / ジョン・ウィック』 画質:

記事を読む

【速報】 B&WからNew 600 series 登場!

New B&W 600 series(公式)  待ってました!  B&W

記事を読む

【ハイレゾ音源備忘録】Signe Bakke / CRYSTALLINE

・アーティスト / アルバムタイトル Signe Bakke / CRYSTALLINE

記事を読む

SC-LX59のDTS:X対応アップデート

 10月18日からアップデート開始ということで、どんな風になるのかサポートに確認したところ、18日夕

記事を読む

ECLIPSE TD307MK2Aで音楽を聴く

【Dolby Atmos/DTS:X】トップスピーカーの選択②―― ECLIPSE TD307MK2

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第15回『スーパーマン・リターンズ』

実は12月5日の海賊3発売まで購入予定のBDが無いんです…… そんなわけで、せっかく蜘蛛男を3

記事を読む

【ハイレゾ音源備忘録】Justin Bieber / Purpose

・アーティスト / アルバムタイトル Justin Bieber / Purpose

記事を読む

【UHD BDレビュー】第22回『プロメテウス』 北米盤

画質:7 音質:10 (評価の詳細についてはこの記事を参照) 映像:HEVC 

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第59回『28日後…』

画質:無評価 音質:9 映像はAVCで基本30台のハイビットレート。 音声はDTS-HD

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

月刊HiVi 2017年11月号に記事を執筆しました【おまけつき】

月刊HiVi 11月号 10/17発売 「ロマンポルノ」を

【ホームシアターでゲームをしよう!】第3回『ニンテンドークラシックミニ スーパーファミコン』

https://www.youtube.com/watch?v

TIAS2017の思い出

 色々あるが、最も印象に残ったのはナスペックブースでのPlayback

【イベント報告】東京インターナショナルオーディオショウ2017 於:トライオードブース

予告:東京インターナショナルオーディオショウに参加します  

【ホームシアターでゲームをしよう!】第2回『ドラゴンクエストⅪ 過ぎ去りし時を求めて』

https://www.youtube.com/watch?v

【ハイレゾ音源備忘録】Nicogi / 蜃気楼

・アーティスト / アルバムタイトル Nicogi /

【ホームシアターでゲームをしよう!】再始動

 諸事情により、第1回『The Last of Us』以来

【ハイレゾ音源備忘録】Nicogi / Precious Morning

・アーティスト / アルバムタイトル Nicogi /

【BDレビュー】第345回『RWBY Volume 4』

画質:8 音質:6 (評価の詳細についてはこの記事を参

JPLAYの入門ガイドを作成しました

JPLAY日本語公式ページ →PCオーディオ入門者向け設定ガイド

月刊HiVi 2017年10月号に記事を執筆しました【おまけつき】

月刊HiVi 10月号 9/16発売 祝35周年・UHDブ

【ハイレゾ音源備忘録】Helge Lien Trio / Guzuguzu

おまえの新譜グズグズじゃねーか(歓喜) ・アーテ

【ハイレゾ音源備忘録】Tingvall Trio / Cirklar

・アーティスト / アルバムタイトル Tingvall

【ハイレゾ音源備忘録】Julian Lage / Arclight

・アーティスト / アルバムタイトル Julian La

【レビュー】DSP-Dorado 音質編

外観・導入編 設定・運用編 ・再生環境(詳細)

【UHD BDレビュー】第33回『ザ・コンサルタント / The Accountant』

画質:6 音質:8 (評価の詳細についてはこの記事を参

【レビュー】DSP-Dorado 設定・運用編

外観・導入編  DSP-Doradoは意外と(?)多機能

【イベント情報】東京インターナショナルオーディオショウに参加します

 既にオーディオ誌で見たという人もいるかもしれませんが、 2

【UHD BDレビュー】第32回『メッセージ / Arrival』 米国盤

画質:7 音質:8 (評価の詳細についてはこの記事を参

【レビュー】SFORZATO DSP-Dorado 外観・導入編

「純粋なネットワークオーディオ」への憧憬 続・「純粋なネットワークオ

→もっと見る

PAGE TOP ↑