*

【音源管理の精髄】 『タグ』を編集する 【ネットワークオーディオTips】

公開日: : 最終更新日:2013/12/15 PC・ネットワークオーディオ関連, オーディオ・ビジュアル全般

 タグとは何か。
 タグとはなぜ重要か。
 タグに関するありがちな誤解とは。

 三回連続でタグそのものについて散々書いてきたので、そろそろ「とりあえずタグがどんなものかについては分かった、それじゃあ実際にどう編集すればいいんだ?」という声が出てくる気がする。というより、出てきてほしい。

 というわけで、今回のテーマは「タグを編集する」である。
 ただし、「どんなソフト使って、どんな風に編集するのがよいのか」はここでは問題にしない。その辺のノウハウに関することは第2章「ライブラリの構築」で取り扱う予定である。
 ここではあくまで、タグを編集するということはどういうことなのか、また編集することでどのようなことが起きるのか、その部分に焦点を当てる。
 それでは、「タグとはなぜ重要か」で登場した「駄目な例」を改めて示し、そのタグを編集し、まともな状態に復帰させることを目指そう。


 ここに現れたるはCorrinne May嬢のアルバム3枚。
(また実験台にしてすまぬ……すまぬ……)

1

2

3

 ご覧のとおり、

・ジャンルが「Pop」「Pops」「ポップ」の三つに分かれている
・アーティスト名が「Corrinne May」「corrinnemay」「コリン・メイ」の三つに分かれている

 このように、明らかに同じ要素が、タグが原因でいくつにも分かれている状態は、目当ての音源を探し出すうえで著しく困難が生じるし、甚だしく無意味である。
 とりあえずの方針として、ジャンルは「Pop」に、アーティスト名は「Corrinne May」に統一することとし、実際にタグを編集してみよう。

 今回の記事では音源の管理・編集ソフトとして「MediaMonkey」を用いる。もっとも、今回に限った話ではなく私は基本的にMediaMonkeyを使用している。PC上の再生ソフトも色々と使ってきたが「再生音質」はさておき、「管理編集運用」という点では「MediaMonkey」の出来が圧倒的に他に比べて優れているからである。
 なお、「MediaMonkeyはどうやってインストールすればいいの?」とか、その手のことに触れる予定はない。さすがにその辺は自分で解決してほしい。



 MediaMonkeyのライブラリから見ていく手もあるのだが、とりあえずわかりやすく、フォルダから見ていこう。
 手始めに、ジャンルが「Pops」になっているアルバム「Crooked Lines」。音楽的にもオーディオ的にも素晴らしい盤である。超おすすめ。
 ファイルを一括選択してMediaMonkeyを開いて……

WS000012

 MediaMonkey上で一括選択して右クリック→プロパティ

5

 タグが あらわれた!
(タグとは何か? の記事で示したのはまさにコレ)

6

 問題になっているのはジャンル。たしかに「Pops」になっている。これを「Pop」に直す。
 ついでにアーティスト名が「corrinnemay」になっているので、こちらも「Corrinne May」に直す。
 で、OK。

 以上。これだけ。簡単でしょう?
 この簡単さ、そして音源を右クリック→プロパティ→タグの編集という極めて簡潔かつストレート、さらに編集項目の過不足ない充実こそ、私がMediaMonkeyを不動の音源管理ソフトに据える理由である。

 で、実際に編集したものが反映されているかどうか、コントロールアプリから確認してみよう。例によって使うアプリはChorusDSである。


 !

7


 !!

8

 成功。
 そして残るは「ポップ」と「コリン・メイ」である。
 続いてアルバム「Safe in a Crazy World」のタグを編集する。これまた素晴らしい盤である。超おすすめ。

 音源を選択してMediaMonkeyを起動

9

 音源を一括選択→右クリック→プロパティ

10

 ジャンルを「ポップ」から「Pop」へ
 アーティストを「コリン・メイ」から「Corrinne May」へ

11

 で、OK。

 これにて完了!
 では早速アプリから見てみよう。


 !!!

12

 !!!!

13


 ご覧のとおり大成功。
 こうして、無意味に三つに分身してしまった「Corrinne May」嬢は見事にアイデンティティを取り戻し、無意味に三つに分裂してしまった「Pop」は無事統一された。


 Before

3


 After

13


 「タグを編集する」とは、こういうことである。



【音源管理の精髄】 目次

スポンサーリンク


関連記事

【BDレビュー】 第249回『英国王のスピーチ』

画質:8 音質:14 映像:AVC 音声:DTS-HD Master Audio 5.

記事を読む

【ホームシアターでゲームをしよう!】第1回『The Last of Us』

 『The Last of Us』。  通称ラスアス。  2013年6月発売。プ

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第124回『トランスフォーマー』

マイケル・ベイ大勝利! 画質:14 音質:10 映像はAVCでビットレートは25

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第162回『アマデウス』

画質:8 音質:8 映像はVC-1、音声はドルビーTRUEHDの16bit 画質につ

記事を読む

【ハイレゾ音源備忘録】John Powell / ヒックとドラゴン

・アーティスト / アルバムタイトル John Powell / ヒックとドラゴン

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第213回『スカーフェイス』

画質:9 音質:11 映像はVC-1、音声はDTS-HDMAの24bit、7.1ch

記事を読む

デジファイ No.25で記事を執筆しました

DigiFi(デジファイ)No.25 3月2日(木)発売【特別付録】ハイレゾサンプラー音源DVD/巻

記事を読む

【ハイレゾ音源備忘録】 toe / The Future is Now EP

・アーティスト / アルバムタイトル toe / The Future is Now EP

記事を読む

SOtM sMS-200でSpotifyを使ってみる

SOtM sMS-200 運用・音質編  sMS-200が再び手元にやってきたので、この手の貪

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第197回『レジェンド・オブ・メキシコ』

デスペラードの続編というよりはある種のリメイクのような気が…… 画質:8 音質:9

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

【レビュー】SOULNOTE D-1 音質編

外観・運用編 ・再生環境(詳細) canarino

【Munich HIGH END 2017】SFORZATO / fidata in Munich

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Cocktail Audio CA-X50 【Roon Ready】

  Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら

【Munich HIGH END 2017】constellation audio LEO 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Roon Labs自身による“Nucleus” Roon Server

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Playback Designs Dream DAC MPD-8 / Transport MPT-8 【Roon?】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】DELAの進化は続く

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Mark Levinson No519 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】dCS Vivaldi One 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Ayre QX-8 / AX-8 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】MSB Technology The Reference DAC 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】AURALiC G Series 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

言の葉の穴・四周年

 三周年記事で地元ネタ全面解禁宣言をしてから1年。  主に私のや

【Munich HIGH END 2017】Dynaudio Special Forty

Dynaudio Special Forty https://y

【レビュー】SOULNOTE D-1 外観・運用編

 SOULNOTEのDACには、対応フォーマットのスペックを偏重する流

LUMIN U1がDSD256に対応

LUMINのネットワークトランスポート「U1」、11.2MHz DSD

【菅江真澄紀行文】『菅江真澄と歩く 二百年後の勝地臨毫 出羽国雄勝郡』が完成しました

小町ゆかりの地「真澄と歩く」出版プロジェクト - FAN AKITA

【御礼】ヘッドホン祭&北陸オーディオショウ(デジ研)・OTOTEN 2017が終了しました

春のヘッドホン祭2017 / 第2回北陸オーディオショウの「デジ研」に

【おしらせ】OTOTEN 2017に参加します

 久々だと思っていたら三週続けてのイベント参加です。 O

【おしらせ】春のヘッドホン祭2017 / 第2回北陸オーディオショウの「デジ研」に参加します

 久々のイベント参加になります。 春のヘッドホン祭201

→もっと見る

PAGE TOP ↑