この記事における「フォルダビュー」あるいは「フォルダツリー」とは、サーバーや再生ソフトのナビゲーションツリーのなかで、「フォルダ構造とファイル名をそのまま用いるもの」と定義する。


 要は、これらのことである。これで伝わるはず。


 Twonky Serverの「フォルダ」


 Asset UPnPの「Folders & Filename Browsing」


 JRiver Media Centerの「ディスク上の保存場所」



 Roonは独自のデータベースに基づく膨大な音楽情報によってユーザーのライブラリをRoon色に染め上げ、ローカルの音源とクラウドの音源を統合して音源同士の「繋がり」を可視化し、「音楽の海」として提示する。これこそがRoonの真価である。


Roonの「音楽の海」がもたらすもの


 ローカルとクラウドの境なく広がる音楽の海。膨大な情報と繋がりの中を漂いながら、時に手持ちの音源の未知の側面に驚き、時にラジオ機能で曲を垂れ流しながら、まだ見ぬ音楽との出会いに心を躍らせる。
 これがRoonである。
 正直楽しい。実に面白い。

 が、純粋に「聴きたい曲を再生する/聴く」ことだけを考えれば、はっきり言ってRoonは「煩雑」である。
 無論Roonとて、音源をブラウズするうえで「ジャンル」「アルバム」「アーティスト」「作曲者」といった項目は用意している。しかし、ユーザー個人によるタグ付けを遥かに上回る膨大な情報が溢れ返り、聴きたい曲に辿り着くうえで障害になっている感は否めない。

 ゆえに、「なぜRoonにはフォルダビュー/ツリーがないのか。実装しろ」という声が出ること自体はなんらおかしいことではない。「フォルダさえしっかり作ればタグなんてどうでもいい」という思想には断固反対だが、「聴きたい曲にスムーズに辿り着きたい」という思いは私も同じである。
 もっとも、それを実現するために真に必要なのは「ユーザーが付加したタグがそのまま活きるナビゲーションツリー」であって、フォルダビュー/ツリーではないのだが、まぁそれはそれ。



 それでは、はたして、Roonにフォルダビュー/ツリーは必要なのか?



 RoonのHPを見れば、おのずと答えは出るだろう。


 そして、以前掲載されていたこの言葉。

With Context & Meaning

Music isn’t files and streams. It’s the work of passionate people who compose, collaborate, and perform live. Stop looking at lists and start experiencing a multi-dimensional world of music.



 つまりRoonは、


 こうではなく、

 こうしたいのである。



 こうではなく、

 こうしたいのである。



 Roonのメニューの中にフォルダビュー/ツリーを用意すること自体は決して不可能ではないだろうし、あるに越したことはないのかもしれない。

 しかし、フォルダビュー/ツリーで音楽を探して聴くという行為は、「文脈と意味の連環のなかで音楽に触れてほしい」というRoonの思想と相容れない。


 RoonにはRoonならではの魅力がある。そしてその魅力は、フォルダビュー/ツリーの有無とは無関係に生じているものだ。
 だから私は、Roonにフォルダビュー/ツリーは必要ないと思っている。

 どうしてもフォルダビュー/ツリーを使いたいなら、タグの活用を含めて「ユーザー自身が構築したライブラリから聴きたい曲をスムーズに選び、快適に再生する」ことを望むなら、Roon以外のソフトやシステムを使うべきだろう。


続・ネットワークオーディオとOpenHomeとRoon Ready


 幸いにして、Roonを使うからといって、Roon以外のソフトやシステムが使えなくなるわけではない。逆もまた然り。Nucleusを使うとなると少々事情が変わってくるけれど。

 「なぜRoonにはフォルダビュー/ツリーがないのだ」とないものねだりをして不満を募らせるよりも、互いの長所を上手に組み合わせることを考える方がいい。



【Roon】関連記事まとめ

【音源管理の精髄】 目次 【ネットワークオーディオTips】

【レビュー】 視た・聴いた・使った・紹介した機器のまとめ 【インプレッション】

よくある質問と検索ワードへの回答


新サイト「Game Sounds Fun」が発足しました

【コラム】ゲームの音はここが凄い!