mora qualitas


国内初ハイレゾロスレスストリーミング配信「mora qualitas」’19年初春開始 – AV Watch

ソニー・ミュージックエンタテインメントは、国内初の96kHz/24bitまでのハイレゾ音源を含む、ロスレス圧縮方式のストリーミング音楽配信「mora qualitas(モーラ クオリタス)」を2019年初春からスタートする。44.1~96kHz/24bitのFLACで配信し、利用料は月額1,980円

 ついに始まった。
 日本発のこういうサービスが始まるのをずっと待ち望んでいた。
 これでますますネットワークオーディオへの意識が高まる。


ストレージとサーバーの行方
「自分の音源ライブラリ」の未来

対応デバイスはWindows、Macで、「まずはPCユーザーに向けて提供し、次世代高速モバイル通信システム“5G”の実用化を目処に、スマートフォン向けのサービス展開も予定。さらにはオーディオ機器を中心とした、その他のハードウェアや音楽アプリとの連携も視野に入れている」という。

 TIDALやQobuzの強みは、ただ「先行した」ということだけではなく、まさに上記のような部分にある。

 例えば、TIDAL/Qobuzは様々なネットワークオーディオプレーヤー、そしてLUMIN AppやKazooといったコントロールアプリに統合されることで、ユーザビリティにおいて巨大なメリットを得ている。また、TIDALはRoonと連携することで、「音楽の海」という未曾有の音楽体験をさらに深く広いものとする。
 本格的なオーディオ用途で価値を示すためには、mora qualitasはこれらの、先行するサービスが既に実現しているものを避けては通れない。

 やる気の見せどころである。
 頑張ってほしい。



日本でロスレス音楽ストリーミングサービス「Deezer HiFi」が開始
アメリカの音楽市場でCD/レコードの売上がダウンロード販売を上回る
iTunesのダウンロード販売が終了する流れ



【音源管理の精髄】 目次 【ネットワークオーディオTips】

【レビュー】 視た・聴いた・使った・紹介した機器のまとめ 【インプレッション】

【Roon】関連記事まとめ

よくある質問と検索ワードへの回答


新サイト「Game Sounds Fun」が発足しました

【コラム】ゲームの音はここが凄い!