2018年7月7日、SFORZATOのプレーヤーの最新ファームウェアVersion 4_2_2-828が公開され、ふたつの機能が追加された。

 「NOS」「Diretta」である。


 これがファームウェアアップデート後の設定画面。



 旧ファームにはなかった「PCM Oversample」タブが追加されて「Off」が選択できるようになった。「Off」にすれば「NOS」になる。



 「Player」タブでは新たに「Diretta」が選べるようになった。




 「NOS」とはNo Over Sample――いわゆる「ノンオーバーサンプリング」のこと。
 NOSにするとデジタルフィルターによる補完が行われないため、プリエコーもポストエコーも発生しない。これが音に効く、というものだ。

 NOSモードは先日発表されたSOULNOTE D-2でも目玉機能のひとつとなっていた。



 「Diretta」(「ディレッタ」と読む)は、要はSFORZATOのプレーヤーをUSB DACならぬ「LAN DAC」として使えるようにするためのプロトコルである。とりあえず現状では、「Diretta」といったら事実上SFORZATOのプレーヤーのLAN DACモードを指すと考えればいい。
 PC(Windows)にDiretta用のASIOドライバーが提供され、JRiverやら何やら、「PCの再生ソフトとSFORZATOのプレーヤーを組み合わせる」ことが可能になる。なお、ドライバは安定動作版と音質最優先版の二種類が用意されている。
 
 「LAN DAC」を実現するプロトコルといえば、MERGINGのNADACでも使われている「RAVENNA」やRoonがRoon Readyで使っている「RAAT」が思い浮かぶ。Direttaはそれらとも異なるプロトコルである。


 これはJRemoteから見たUSB DAC選択画面。

 「SFORZATO USB Audio」というのがDSP-DoradoのオプションUSB入力で、「SFORZATO Diretta」というのがDiretta/LAN DACモードを指す。USBとLANという二種類の経路で、DSP-DoradoをDACとして使えることがわかる。



 「NOS」と「Diretta」。
 アップデートでなにげなく追加され、そのままスルーされるにはあまりにも重大な機能である。特に後者
 前者は普通に音質に貢献しそうだなと思えるものだが、問題は後者



 アップデートの提供開始直後からいろいろと検証を行っており、結果は近日中にアップする予定である。



 それにしても。



 たいへんなことになった

SFORZATO × NOS × Direttaの記事をPhile-webで執筆しました
オーディオ用PCとLAN DACでネットワークオーディオする



【音源管理の精髄】 目次 【ネットワークオーディオTips】

【レビュー】 視た・聴いた・使った・紹介した機器のまとめ 【インプレッション】

【Roon】関連記事まとめ

よくある質問と検索ワードへの回答


新サイト「Game Sounds Fun」が発足しました

【コラム】ゲームの音はここが凄い!