*

【BDレビュー】 第117回『トレインスポッティング』

画質:7 音質:8 映像はAVCでビットレートは30台以上で高めに安定。 音声はドルビーTRUEHDの16bit。 画質について。 90年代のフィルムとしては少々物足りないところが

続きを見る

【BDレビュー】 第116回『WALL.E』

画質:15☆ 音質:15 映像はAVC、ビットレートは高めで安定。 音声はDTS-HDMAの24bit、6.1ch。 画質について。 【世界】 一つの世界を零から作り上げる創作意

続きを見る

【BDレビュー】 第115回『FFⅦAC コンプリート』

画質:8 音質:5 映像はAVC、ビットレートは随時変動。 音声はドルビーTRUEHDの16bit。 画質について。 そもそも解像度足りてねーぞ、と。 従来からのカットと新作カッ

続きを見る

【BDレビュー】 第114回『ティンカーベル』

画質:15 音質:10 映像はAVC、ビットレートは30Mbps前後で推移。 音声はリニアPCMの24bit。 画質について。 パーフェクト。 ケチのつけどころがまったく存在しな

続きを見る

【BDレビュー】 第113回『ゴーストライダー』

画質:12 音質:13 映像はAVC、SPEらしい手慣れたエンコード。 音声はリニアPCMの16bit。 画質について。 素晴らしい。 SPEのソフトとして時期的に近い蜘蛛男3の

続きを見る

【BDレビュー】 第112回『許されざる者』

画質:8 音質:8 映像はVC-1でビットレートは高くて20Mbps程度。旧きワーナー仕様。 音声はドルビーデジタルのみ。 画質について。 撮影が素晴らしい。 撮影についての知識

続きを見る

【BDレビュー】 第111回『インクレディブル・ハルク』

画質:9 音質:7 映像はAVCでSPEの手堅いエンコード。 音声はドルビーTRUEHD、bit数は失念。 画質について。 画調についてはアイアンマンとほとんど同じ。こちらはより精

続きを見る

【BDレビュー】 第110回『アイアンマン』

○高画質ソフトの条件 実写の撮影時点で高画質→CGIとの合成時点で高画質→諸々ポスプロの時点で高画質→マスターとして完成した時点で高画質(→フィルム媒体なら保存状態で高画質→デジタルマスター作る時点

続きを見る

【BDレビュー】 第109回『ドリームガールズ』

Hなんとかと付き合ったパラマウントの業が最も色濃く顕れた不運なソフト。 Hなんとかとの兼ね合いで音楽モノなのにロスレス音声収録せず ↓ パラマウントのHなんとか専念でBD版は販売中止 ↓

続きを見る

【BDレビュー】 第108回『ウォンテッド』

まんま映像的に豪華になったシューテムアップ。 監督つながりで“ロシア人”も登場。 画質:8 音質:13 映像はAVCでビットレートは20台前半を中心に推移、全体としてはかなり

続きを見る

【BDレビュー】 第107回『AKIRA』

過去→AKIRA→未来 画質:7 音質:15☆ 映像はAVCでビットレートは20Mbps前半を中心に推移。 音声はドルビーTRUEHDの24bit、192khz収録。

続きを見る

【BDレビュー】 第106回『ターミネーター2』

画質:7 音質:6 映像はAVCでハイビットレート。 音声はドルビーTRUEHDの24bit。 海外版よりも日本版のほうが遥かにスペックが高いという珍しい例。 画質について

続きを見る

【BDレビュー】 第105回『プレデター2』

個人的にはターミネーター2と並び立つ超傑作SFだと思っている。 ちなみにプレデター2も主演はシュワルツネッガーを考えていたが、ターミネーター2に行っちまったために主演交代になったんだそうな。

続きを見る

【BDレビュー】 第104回『ノーカントリー』

画質:9 音質:13 映像はAVCでビットレートは基本的に30台を推移。 音声はリニアPCMの24bit。 画質について。 総体として見れば、近作+ハイビットレートAVCらしい、非

続きを見る

【BDレビュー】 第103回『ランボー 最後の戦場』

画質:8 音質:10 映像はAVCでビットレートは高めに推移。 音声はドルビーTRUEHDの16bit。 画質について。 ギャガ発売のソフトにしてはだらしねえな、というのが正直な感

続きを見る

【BDレビュー】 第102回『ダークナイト』

画質:13 音質:15 映像はVC-1でビットレートの詳細は後述 音声はドルビーTRUEHDの16bit 画質について。 IMAX撮影SUGEEEEEEEEEEEEEEEEE!!!!

続きを見る

【BDレビュー】 第101回『ルパン三世 カリオストロの城』

画質:6 音質:8 映像はAVCでビットレートは常時30台後半を維持。 音声はリニアPCMの2ch、DTS-HDMAとドルビーTRUEHDの16bit。 画質について。 79年のア

続きを見る

【BDレビュー】 第100回『●REC』

そんなわけでこの視聴記も100回を数えました。 記念すべき?100回目のソフトがゾンビ映画って辺り、この視聴記の性格を現してますね。 画質:7 音質:12 映像はAVCでビットレ

続きを見る

【BDレビュー】 第99回『アイランド』

画質:12 音質:8 映像はVC-1でビットレートは頭打ち気味。 音声はドルデジのみ。 画質について。 端的に言って、一番分かりやすい部類の超高画質。 蜘蛛男3的な色彩の濃さ・鮮

続きを見る

【BDレビュー】 第98回『ショーシャンクの空に』

好い映画。 画質:7 音質:7 映像はVC-1、ビットレートは高くて25Mbps程度。 音声はドルビーTRUEHDの16bit。 画質について。 94年製作の映画としては妥当

続きを見る

スポンサーリンク

【祝】『グラディエーター』がUHD BD化

アカデミー5部門受賞「グラディエーター」5月9日4K Ultra HD

【祝】『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』がUHD BD化

Star Wars: Episode VIII - The Last

【レビュー】Black Ravioli BR.Pad / BR.Base 設置編→音質編

【2018/02/06初出の設置編に音質編を追加】  B

【地元探訪・神様セカンドライフ編】院内の怪猿・貞宗

 ここんとこ猿無双が続いているので。 77話「怪猿が征く」 7

HiVi 2018年3月号で記事を執筆しました【おまけつき】

 本日発売。 月刊HiVi 3月号 2/17発売 HiVi3

【BDレビュー】第356回『ソング・オブ・ザ・シー 海のうた』

https://www.youtube.com/watch

【BDレビュー】第355回『龍の歯医者』

 むしろコレが欲しかった。  特別版は高かった……

BenQの20万円を切る4K/HDRプロジェクター「HT2550」

20万円を切る4K/HDRプロジェクタ。ベンキュー「HT2550」は「

【UHD BDレビュー】第54回『ターミネーター2』 米国盤

【BDレビュー】第106回『ターミネーター2』

【UHD BDレビュー】第53回『ダンケルク』

画質:10 音質:限りなく15と同質な10 (評価の詳

【UHD BDレビュー】第52回『インターステラー』

【BDレビュー】第303回『インターステラー』

【UHD BDレビュー】第51回『インセプション』

【BDレビュー】第185回『インセプション』 画

【UHD BDレビュー】第50回『ダークナイト ライジング』

 祝・【UHD BDレビュー】もついに50回。

【UHD BDレビュー】第49回『ダークナイト』

【BDレビュー】第102回『ダークナイト』 【AV史

【UHD BDレビュー】第48回『バットマン ビギンズ』

【BDレビュー】第173回『バットマン ビギンズ』

JPLAYStreamerでfidata Music Appが使えるようになった

 fidata Music AppがバージョンアップしてJPLAYSt

ESOTERIC N-03T

エソテリック、初のネットワークオーディオトランスポート「N-03T」。

【ハイレゾ音源備忘録】すぎやまこういち・東京都交響楽団 / 交響組曲「ドラゴンクエストXI」過ぎ去りし時を求めて

なぜハイレゾ音源を買うのか ・アーティスト /

アイ・オー・データ Soundgenic ― ネットワークオーディオの呼び水となるか

アイ・オー、エントリー向けオーディオNAS「Soundgenic」。1

【レビュー】SOULNOTE A-2 続・音質編 ― 純正ボード「SSB-1」と純正ケーブル「SBC-1」

【レビュー】SOULNOTE A-2 導入・外観・運用編 【レビ

→もっと見る

PAGE TOP ↑