*

「 AV史に残るBD勝手に10選 」 一覧

リファレンスBD10選・音質編

 オーディオ・ビジュアルの領域において、ハードの画質音質を評価するためにはソフトが必要になり、ソフトの画質音質を評価するためにはハードが必要になる。  私は頻繁にハードを買い替えられるような資金

続きを見る

リファレンスBD10選・画質編

 オーディオ・ビジュアルの領域において、ハードの画質音質を評価するためにはソフトが必要になり、ソフトの画質音質を評価するためにはハードが必要になる。  私は頻繁にハードを買い替えられるような資金

続きを見る

心の底からすすめたいBD10選

 BDのローンチから9年。次世代たるUHD BDがローンチした今日この頃。  しかし未だに「BDとDVDってどう違うの」と至極自然に聞かれるという現実は変わっていない。無念だ。  優れた作

続きを見る

BD化を待ち望む作品10選

 BDのローンチから9年。  長らくBD化が待ち望まれてきた数多の作品も、年月の中で着実に消化されてきたように思う。  しかし、現にUHD BDがローンチされる今となっても、未だにBD化されていな

続きを見る

サラウンドジャンキーに送る“シューテムアップ”BD10選

 【BDレビュー】300回到達 & UHD BDローンチ記念。  この記事における「シューテムアップ映画」とは、「銃撃そのものが作中で巨大な存在感を放っている映画」を指す。  いわゆるドン

続きを見る

【AV史に残るBD勝手に10選】第1位『アバター』&『プライベート・ライアン』 ― 高画質・高音質という福音

【BDレビュー】第160回『アバター』 【BDレビュー】第158回『プライベート・ライアン』  BDとは何のためにあるのか。  高画質・高音質を実現するためである。  それでは

続きを見る

【AV史に残るBD勝手に10選】第2位『スパイダーマン 3』 ― 4Kの胎動

【BDレビュー】第14回『スパイダーマン3』  BDに収録されている映像の解像度は基本的に1920×1080、いわゆるフルHDである。  そのフルHDという解像度の中で、すべてのB

続きを見る

【AV史に残るBD勝手に10選】第3位『AKIRA』 ― 192kHz/24bit/5.1chを巡る未曾有の狂騒

【BDレビュー】第107回『AKIRA』  アニメーションとしての『AKIRA』が不朽の名作であることを否定する人はそうそういるまい。  好きとか嫌いとかの次元を超越した、極大

続きを見る

【AV史に残るBD勝手に10選】第4位『ダークナイト』 ― IMAXが見せ付けたフィルムの神髄

【BDレビュー】第102回『ダークナイト』  正直に言うと、BDの黎明期からHD DVDとBDの双方にソフトを出していたワーナーに対し、良い感情を持っていなかった。  HD D

続きを見る

“がっかり”BD10選

 善いものがあれば、悪いものもある。  目を逸らすわけにはいかない。  なお、この記事の各項目の数字は便宜的につけたものであって、順位ではない。  また、“がっかり”なのはあくまで“BDとし

続きを見る

【AV史に残るBD勝手に10選】第5位『眠れる森の美女』 ― 50年越しの奇跡

【BDレビュー】第90回『眠れる森の美女』  奇跡。  奇跡としか言いようがない。  しかし、それは偶然や神頼みの結果として生じたものではない。  紛れもない人々の情熱と願

続きを見る

【AV史に残るBD勝手に10選】第6位『スター・ウォーズ』 ― 超絶クオリティが示したBDの成熟

背中合わせのスカイウォーカー 発売直前最速レポート!『スター・ウォーズ』BD-BOXのクオリティ&見どころを総力検証  “待望の”、という言葉がこれほど似合うタイトルもそう多く

続きを見る

【AV史に残るBD勝手に10選】第7位『グラディエーター』 ― BD化における落胆と救済

左が最初のリリース。右が後にリリースされたドイツ盤。 【BDレビュー】第184回『グラディエーター』 国内盤&独盤  “BDは高画質”という言葉。  誰しもがそう思うだろう。

続きを見る

【AV史に残るBD勝手に10選】第8位『007 カジノ・ロワイアル』 ― H.264/MPEG-4 AVCの夜明け

写真は後年のBOXセットのもの 【BDレビュー】第3回『007 カジノ・ロワイアル』  今ではもはや確認する必要もないほどに、BDの映像コーデックにはMPEG-4 AVC(以下

続きを見る

【AV史に残るBD勝手に10選】第9位『イノセンス』 ― リニアPCM7.1chの衝撃

写真はアブソリュート・エディションのもの。 【BDレビュー】第8回『イノセンス』 【BDレビュー】第76回『イノセンス』アブソリュート・エディション  DVDを買った時から思

続きを見る

【AV史に残るBD勝手に10選】第10位『キングダム・オブ・ヘブン』 ― 最初期に示されたBDの理想像

【BDレビュー】第2回『キングダム・オブ・ヘブン』  敬愛するリドリー・スコット監督による、十字軍の時代を描いた歴史スペクタクル映画。  最も早い時期に発売されたソフトであり、BD

続きを見る

【AV史に残るBD勝手に10選】BDと歩んだ7年半

 最初に、一番最初に再生したBDはたしか『ステルス』だったような気がする。  発売からあまり間を置かずにPS3を手に入れて、初めてBDを再生した時の感動は今でも鮮明に覚えている。  その時点で既に

続きを見る

スポンサーリンク

スポンサーリンク

『オペラ座の怪人』のUHD BD

オペラ座の怪人 4K ULTRA HD&ブルーレイ(3枚組) 初回限定

【インプレッション】Playback Designs Merlot DAC 外観編

Playback Designs Merlot DAC - ナスペック

【菅江真澄紀行文・本編紹介】第一章「栗駒の心臓を御室に見る」

クラウドファンディングサービス「FAN AKITA」でプロジェクトを実

NetAudio vol.25で記事を執筆しました

 この手のおしらせはしばらく放置していたが、これからはマメにやっていこ

「FAN AKITA」のプロジェクトで目標金額を達成しました

小町ゆかりの地「真澄と歩く」出版プロジェクト - FAN AKITA

MQAのソフトウェアデコードって……

MQA Decoding Explained - Audio Stre

LUMINがRoon Readyになったような

 ん?  !?  常時起動の単体Roon Serv

3,000,000PVを達成しました

 言の葉の穴は2017年1月5日をもって3,000,000PV

canarino Fils × JCAT USBカードFEMTO

 canarino Filsの導入当初は、ちょいと思うところがあって、

TIDAL MASTERS with MQA

TIDAL MASTERS TIDAL is deliverin

Roon 1.3のプレビュー

Coming over the hill: the monstrous

言の葉の穴 2016-2017

 「言の葉の穴」読者の皆様、あけましておめでとうございます。  昨年

言の葉の穴 2016年のハイライト 創作・地元ネタ編

 もうすぐ終わるので振り返り。  オーディオだけではないのである。

言の葉の穴 2016年のハイライト オーディオ・ビジュアル編

「言の葉の穴」的2015年のAV関連ニュース10選  独断と

2016年の心残りその2 まだ見ぬOPPO Sonica DAC

OPPO Sonica DAC そして素晴らしいのは、この手の製

2016年の心残りその1 LUMIN、未だRoon Readyならず

Roon Ready、ネットワークオーディオ第五の矢  LU

2015年の心残りは2016年でどうなったのか

2015年の心残りその1 ESOTERIC N-05 紹介記事

【BDレビュー】第341回『帰ってきたヒトラー』

画質:8 音質:8 (評価の詳細についてはこの記事を参

シン・ゴジラのUHD BD

「シン・ゴジラ」が'17年3月22日BD/UHD BD化。初公開映像満

【BDレビュー】第340回『DOOM / ドゥーム』

画質:6.66 音質:13 (評価の詳細についてはこの

→もっと見る

PAGE TOP ↑