*

「 Dynaudio 」 一覧

【レビュー】SOULNOTE A-2 続・音質編 ― 純正ボード「SSB-1」と純正ケーブル「SBC-1」

【レビュー】SOULNOTE A-2 導入・外観・運用編 【レビュー】SOULNOTE A-2 音質編  色々あってSOULNOTE A-2の設置に対するあまりの敏感さを思い知って

続きを見る

【レビュー】SOULNOTE A-2 音質編

【レビュー】SOULNOTE A-2 導入・外観・運用編 愛によってなされたことは、つねに善悪の彼岸にある。   ニーチェ 『善悪の彼岸』 ・再生環境(詳細) fidata

続きを見る

【レビュー】SOULNOTE A-2 導入・外観・運用編

SOULNOTE A-2 ― Dynaudio Sapphireへの捧げもの SOULNOTEの製品ページ 筐体の防振について SOULNOTE製品は音質を最重視した結果、あえてトッ

続きを見る

SOULNOTE A-2 ― Dynaudio Sapphireへの捧げもの

【レビュー】Dynaudio Sapphire  Dynaudioは雪のようなスピーカーだ。  一音一音の背後に感じる冷気。  一音一音の隙間に感じる翳り。  静寂が染み渡る。  さ

続きを見る

【Munich HIGH END 2017】Dynaudio Special Forty

Dynaudio Special Forty https://youtu.be/zJ9aE-CU5V0  Sapphireから10年後の40周年記念モデルは、クラシカルな装いに特別な仕

続きを見る

言の葉の穴 2016年のハイライト オーディオ・ビジュアル編

「言の葉の穴」的2015年のAV関連ニュース10選  独断と偏見とノリと勢いで選ぶ2016年のオーディオ・ビジュアルハイライト。  業界的な話題と個人的な話題もごちゃまぜで。

続きを見る

【レビュー】 視た・聴いた・使った・紹介した機器のまとめ 【インプレッション】

 せっかく書いたものがただ埋もれていくだけというのも勿体ないのでまとめ記事。  ブランド/メーカーと機器。  Roon関連機器(Roon Server/Roon Readyプレーヤー)は別記事

続きを見る

Dynaudio Audience52とNmode X-PW1で音楽を聴く

 今手元にAVアンプがないので、普段はサラウンドバックスピーカーとして使っているDynaudio Audience52とNmode X-PW1で音楽を聴く。  ラックの裏、ケーブルの沼に潜って結線を

続きを見る

【Munich HIGH END 2016】記事まとめ

 このブログで取り上げたもの。 Dynaudio The New Contour OPPOのUHD BDプレーヤーは16年末発売 Ayre QX-5 Twenty Soun

続きを見る

【Munich HIGH END 2016】Dynaudio The New Contour

The New Contour - Dynaudio  そうそう、こういうのでいいんだよこういうので!  技術的な諸相についてはこちらに詳しい。 <HIGH END>ディナウ

続きを見る

【CES2016】Dynaudioよ何処へ行く

<CES>ディナウディオ、コンパクトな新ワイヤレススピーカー「Xeo 2」 - Bluetoothにも対応 - Phile-web  なんというか、最近のDynaudioの姿は目に余る。

続きを見る

しばしさらば、Focus200C

「センタースピーカーさえ無ければ」と何度思ったことか  Focus200Cを導入して最初に見たBDはヱヴァ序だった。  凄いスピーカーだ、と思った。IMAGE22との差は歴然だった。  

続きを見る

「センタースピーカーさえ無ければ」と何度思ったことか

 今まで、何かしら試聴機が届くたびに、ラックの一番上のセンタースピーカーをどかしてスペースを作ってきた。  こんな具合に。  これも機材に対する礼儀だと思いつつ、その都度Focus200C

続きを見る

“ハイレゾ対応機器”の定義が発表されたので

 自前の機材がどれだけ“ハイレゾ対応”なのかちょっと調べてみた。 日本オーディオ協会、“ハイレゾ対応機器”の定義を発表 - ロゴも統一 ―― Phile-web  “ハイレゾ対応機

続きを見る

【CES2014】 Dynaudio Confidence Platinum

 CES2014で気になったものその3。    Dynaudio Confidence Platinum(公式HP)  Signatureとは何だったのか……  そ

続きを見る

【システム】 Dynaudio Audience52

 Audienceシリーズがディスコンになって結構な時間が経った時、あるショップで奇跡的に残っていた新品を手に入れた。  傑作と名高いAudience52には非常に、非ッ常に申し訳ないのだが、元々D

続きを見る

【システム】 Dynaudio Audience122

 思い出深い初Dynaudio、Audience122。  東日本大震災でぶっ倒れてもなお、力強く鳴り続けている。  私にオーディオの面白さをこれでもかと認識させてくれたスピーカーであり、私にオー

続きを見る

【システム】 Dynaudio Focus200C

 映画のサラウンド再生において、センタースピーカーは必要か不要かという議論がある。  非常に難しい問題である。  どちらにもメリットがあり、どちらにもデメリットがある。  ちなみに私は、「必

続きを見る

【レビュー】Dynaudio Sapphire

 2007年のTIAS。  その時、奇しくも私は同じくDynaudioのAudience122を買ったばかりだった。そして、B&W、Focal、ELAC、Monitor Audio、KEF、並み居る

続きを見る

スポンサーリンク

スポンサーリンク

【祝】『グラディエーター』がUHD BD化

アカデミー5部門受賞「グラディエーター」5月9日4K Ultra HD

【祝】『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』がUHD BD化

Star Wars: Episode VIII - The Last

【レビュー】Black Ravioli BR.Pad / BR.Base 設置編→音質編

【2018/02/06初出の設置編に音質編を追加】  B

【地元探訪・神様セカンドライフ編】院内の怪猿・貞宗

 ここんとこ猿無双が続いているので。 77話「怪猿が征く」 7

HiVi 2018年3月号で記事を執筆しました【おまけつき】

 本日発売。 月刊HiVi 3月号 2/17発売 HiVi3

【BDレビュー】第356回『ソング・オブ・ザ・シー 海のうた』

https://www.youtube.com/watch

【BDレビュー】第355回『龍の歯医者』

 むしろコレが欲しかった。  特別版は高かった……

BenQの20万円を切る4K/HDRプロジェクター「HT2550」

20万円を切る4K/HDRプロジェクタ。ベンキュー「HT2550」は「

【UHD BDレビュー】第54回『ターミネーター2』 米国盤

【BDレビュー】第106回『ターミネーター2』

【UHD BDレビュー】第53回『ダンケルク』

画質:10 音質:限りなく15と同質な10 (評価の詳

【UHD BDレビュー】第52回『インターステラー』

【BDレビュー】第303回『インターステラー』

【UHD BDレビュー】第51回『インセプション』

【BDレビュー】第185回『インセプション』 画

【UHD BDレビュー】第50回『ダークナイト ライジング』

 祝・【UHD BDレビュー】もついに50回。

【UHD BDレビュー】第49回『ダークナイト』

【BDレビュー】第102回『ダークナイト』 【AV史

【UHD BDレビュー】第48回『バットマン ビギンズ』

【BDレビュー】第173回『バットマン ビギンズ』

JPLAYStreamerでfidata Music Appが使えるようになった

 fidata Music AppがバージョンアップしてJPLAYSt

ESOTERIC N-03T

エソテリック、初のネットワークオーディオトランスポート「N-03T」。

【ハイレゾ音源備忘録】すぎやまこういち・東京都交響楽団 / 交響組曲「ドラゴンクエストXI」過ぎ去りし時を求めて

なぜハイレゾ音源を買うのか ・アーティスト /

アイ・オー・データ Soundgenic ― ネットワークオーディオの呼び水となるか

アイ・オー、エントリー向けオーディオNAS「Soundgenic」。1

【レビュー】SOULNOTE A-2 続・音質編 ― 純正ボード「SSB-1」と純正ケーブル「SBC-1」

【レビュー】SOULNOTE A-2 導入・外観・運用編 【レビ

→もっと見る

PAGE TOP ↑