*

「 BD・ホームシアター関連 」 一覧

【BDレビュー】 第69回『ブレードランナー』

画質・実写場面:7 特撮:10☆ 音質:10 映像はVC-1でビットレートは10台後半が中心。ワーナー仕様。 音声はドルビーTRUEHDの24bit。ワーナーで24bitですって!?

続きを見る

【BDレビュー】 第68回『魔法にかけられて』

画質・実写部:9 アニメーション部:14  音質:12 映像はAVCでビットレートは高め。 音声はドルビーTRUEHDの24bit。 画質について。 冒頭の2Dアニメーションシーク

続きを見る

【BDレビュー】 第67回『FLAG ディレクターズ・カット』

画質:8(※) 音質:5 映像はMPEG-2で基本30台のハイビットレート。 音声はリニアPCM。しかも24bit。 画質について。 とにかく全編に渡ってノイズ!ノイズ!ノイズッ!

続きを見る

【BDレビュー】 第66回『パプリカ』

画質:8 音質:10 映像はMPEG-2、動きのある場面では基本的に30Mbpsの大台。 音声はリニアPCM。 画質について。 現状あたしのBDで持っている全てのアニメ作品、さらに

続きを見る

【BDレビュー】 第65回『DAY WATCH』

画質:8 音質:6 映像はAVCでビットレートはそこそこ。 音声はドルビーTRUEHDの24bit。 画質について。 基本的には前作の混沌とした画作りを踏襲。 時代で技術が進んだ

続きを見る

【BDレビュー】 第64回『NIGHT WATCH』

画質:8 音質:10 映像はAVCで基本ハイビットレート収録。 音声はドルビーTRUEHDの24bit。ビットレートはSPEに比べると高め。 画質について。 あんまり物を知らん分際

続きを見る

【BDレビュー】 第63回『メン・イン・ブラック』

画質:7 音質:9 映像はAVCでビットレートは高めに推移。 音声はドルビーTRUEHD、16bitかな? 画質について。 1997年製作の映画としても、BDとしても、まあ及第点を

続きを見る

【BDレビュー】 第62回『トロイ』

画質:9 音質:10 映像はVC-1、驚異の低ビットレート。詳細は後述。 音声はドルビーTRUEHDの16bit。 画質について。 まず言っておかなければならないのが驚異的な低さの

続きを見る

【BDレビュー】 第61回『V フォー・ヴェンデッタ』

画質:8 音質:8 映像はVC-1でビットレートは限りなく低め。 音声はドルビーTRUEHDの16bit。 画質について。 もう断言しちゃってもいいんじゃないですかね。 ずーっと

続きを見る

【BDレビュー】 第60回『28週後…』

画質:8 音質:10 映像はAVCで30台中心のハイビットレート。 音声はDTS-HDMAの24bit。 画質について。 評価不能だった前作とは打って変わって、コチラは評価可能な画

続きを見る

【BDレビュー】 第59回『28日後…』

画質:無評価 音質:9 映像はAVCで基本30台のハイビットレート。 音声はDTS-HDMAの24bit仕様。 画質について。 悪い冗談。 そもそもこの作品は『高画質か否か』を判

続きを見る

【BDレビュー】 第58回『ロボコップ』

画質:3 音質:8 映像はMPEG-2でビットレートは20Mbps前後。 音声はDTS-HDMAでビットレートは2Mbps台中心。 画質について。 まー古い映画なんでこんなもんです

続きを見る

【BDレビュー】 第57回『ヘアスプレー』

画質:8 音質:14+ 映像はVC-1でビットレートは精々10Mbps台。異常に低い。 音声はDTS-HDMA7.1ch、ビットレートは8Mbpsにも突入する大盤振る舞い。 画質につ

続きを見る

【BDレビュー】 第56回『アイ、ロボット』

画質:15 音質:12 映像はAVCでビットレートは20台から40台まで動的に変化。 音声はDTS-HDMA、ビットレートは3~4Mbps台、恐らく24bit。 画質について。 天晴れ

続きを見る

【BDレビュー】 第55回『燃えよドラゴン』

画質:3 音質:4 映像はMPEG-2でビットレートは精々20Mbps。 音声はドルデジのみ。 画質について。 まあこんなもんでしょう。 HDDVDと同時リリースしていた時代のワ

続きを見る

【BDレビュー】 第54回『ディープ・ブルー』

画質:1 音質:2 映像はMPEG-2でビットレートは不定。 音声はDTS。ロッシーの。 画質について。 間違いなく、あたしのBDソフトライブラリの中で最悪の画質。 もはやBDと

続きを見る

【BDレビュー】 第53回『ブレイブストーリー』

画質:5 音質:2 映像はMPEG-2でビットレートは精々20Mbps。 音声はドルデジのみ。 画質について。 フルデジタル製作のアニメの画質そのものといった感じで、解像感や色の鮮

続きを見る

【BDレビュー】 第52回『デビル』

画質:7 音質:7 映像はAVCでビットレートは20台中心。 音声はドルビーTRUEHDのSPE仕様。ビットレートは1.5~2程度。 画質について。 最初はなんとも締まらないけれど

続きを見る

【BDレビュー】 第51回『アルティメット』

画質:11 音質:8 映像はAVCでビットレートは30Mbps台を中心に推移。しょっちゅう40台に突入。 音声はSPEおなじみのドルビーTRUEHDでビットレートは3Mbpsを中心に推移。

続きを見る

【BDレビュー】 第50回『雲の向こう、約束の場所』&『秒速5センチメートル』

記念すべき第50回にふさわしいこのタイトルをずっと待っていました。 新海作品が次世代ディスクで見られるッ! なんたる幸福よッ!! それにしても、新海作品の主人公はどいつもこい

続きを見る

スポンサーリンク

スポンサーリンク

【ハイレゾ音源備忘録】The Beatles / Sgt. Peppers Lonely Hearts Club Band (Deluxe Anniversary Edition)

 祝・ビートルズのハイレゾ音源初配信。 ・アーティス

アニメ『宝石の国』が素晴らしい

 アニメから入って、原作漫画も全巻買ってしまった。フォス……

Fundamental LA10 version II / ATT10

「LA10v2」リリース文(PDF) 「ATT10」リリース文(

月刊HiVi 2018年1月号を読んで、ホームシアターでゲームをしよう!【おまけつき】

 本日発売。 月刊HiVi 1月号 12/16発売 

なぜハイレゾ音源を買うのか

 音がいいから、ではない。  私が「ハイレゾ」と言う時は

【UHD BDレビュー】第47回『トランスフォーマー/最後の騎士王』 英国盤 【Dolby Atmos】

画質:10 音質:14 (評価の詳細についてはこの記事

SFORZATO流「ネットワークプレーヤーの使いこなし」が掲載されたので

 我が身を振り返ってみた。 Netwok Audioについて

Bricasti Design M12 / M1 SE mk2のLAN入力がPCM 384kHz/24bit・DSD 5.6MHzに対応

M12およびM1 Special Edition mk2仕様変更のご案

ついに日本でロスレス音楽ストリーミングサービス「Deezer HiFi」が開始

日本初、ロスレス音楽ストリーミング「Deezer HiFi」開始。3,

【レビュー】日本テレガートナー M12 GOLD SWITCH

 魔境深淵注意。  みんなおこらずに楽しく読んでね。

【ハイレゾ音源備忘録】Nicogi / DigiFi No.28付録音源

・アーティスト / アルバムタイトル Nicogi /

「自分の音源ライブラリ」の未来

 言の葉の穴を本格的に始めてまだ間もない頃、こんな記事を書いた。

【Dolby Atmos/DTS:X】オブジェクトオーディオの威力を実感できるタイトル10選・2017年版

 せっかく、「さらなるサラウンド体験のために天井にスピーカーを付ける」

【BDレビュー】第353回『パトリオット・デイ』

 日本ではUHD BDが発売されないという悲劇。 https

LUMIN AppがiPad Pro 12.9インチにネイティブ対応

コントロールアプリのiPad Pro 12.9インチへの対応状況

【BDレビュー】第352回『バーニング・オーシャン』 【Dolby Atmos】

 日本ではUHD BDが出ないという悲劇。 https://

LINN KLIMAX DS/3・DSM/2(Katalyst DAC搭載モデル)がDSDの再生に対応

LINN FORUMS  LINN DSのファームウェア、Dav

WaversaSystems WCORE(Roon Server)

WCORE開発完了 - WaversaSystems  要は

【BDレビュー】第351回『ハードコア』

 一人称視点のアレ。 https://www.youtube.c

UHD BD化を待ち望む作品10選・2017年末版

BD化を待ち望む作品10選  未だBD化されていない作品も多いと

→もっと見る

PAGE TOP ↑