*

「 システム・機器 」 一覧

【Dolby Atmos/DTS:X】トップスピーカーの取り付け

スピーカーの配置④――ドルビーの推奨位置から考える トップスピーカーの選択②――ECLIPSE TD307MK2A トップスピーカーの天吊り方法 ECLIPSE TD307MK2Aで音楽を聴く

続きを見る

Dynaudio Audience52とNmode X-PW1で音楽を聴く

 今手元にAVアンプがないので、普段はサラウンドバックスピーカーとして使っているDynaudio Audience52とNmode X-PW1で音楽を聴く。  ラックの裏、ケーブルの沼に潜って結線を

続きを見る

ECLIPSE TD307MK2Aで音楽を聴く

【Dolby Atmos/DTS:X】トップスピーカーの選択②―― ECLIPSE TD307MK2A  オブジェクトオーディオ環境のため、トップスピーカーとして選んだスピーカーである。

続きを見る

【OpenHome】TEAC NR-7CD

 せめて私だけでも、OpenHomeはいいぞと言い続けよう。  それはそうと、(わりと前から)OpenHomeのロゴマークが新しくなった。  というわけで、IFAで発表されたTEA

続きを見る

【Dolby Atmos/DTS:X】トップスピーカーの天吊り方法

 Dolby Atmos/DTS:Xの最大のハードルはスピーカーの天井への設置である。  埋め込みスピーカーを選択できるのならそれに越したことはないだろうが、少なくとも私の家の場合はそうもいかない。

続きを見る

【Dolby Atmos/DTS:X】トップスピーカーの選択②―― ECLIPSE TD307MK2A

トップスピーカーの選択  天井への埋め込みは困難。  悲しいけれどDynaudioは極めて困難。  イネーブルドスピーカーなんてものを使うつもりはさらさらない。  左右の壁に付けるという次

続きを見る

【Dolby Atmos/DTS:X】スピーカーの配置④――ドルビーの推奨位置から考える

スピーカーの配置 スピーカ-の配置②――天井にスピーカーを設置できない場合 スピーカーの配置③――劇場の実際から考える  いつの間にかドルビーのHPに詳細なドキュメントが用意されていた。

続きを見る

さらば、SC-LX85

 Marantz PS4500 → Sony TA-DA3200ES → Marantz SR6004 → Pioneer SC-LX85。  SC-LX85は5年近く使い続け、私にとって最も付き合

続きを見る

続・ネットワークオーディオとOpenHomeとRoon Ready

ネットワークオーディオと「OpenHome」 ネットワークオーディオとOpenHomeとRoon Ready ネットワークオーディオの「プラットフォーム」  Roonがあれば他には何

続きを見る

【レビュー】SOtM sMS-200 運用・音質編 【RoonReady】

【レビュー】SOtM sMS-200 外観・仕様編 sMS-200でSpotifyを使ってみる  中身を覗けばPCだったsMS-1000SQ Windows Editionとは異なり、

続きを見る

【レビュー】SOtM sMS-1000SQ Windows Edition 音質編 【Roon Server】

【レビュー】SOtM sMS-1000SQ Windows Edition 外観・仕様編 【レビュー】SOtM sMS-1000SQ Windows Edition 運用編    外部電

続きを見る

【レビュー】SOtM sMS-1000SQ Windows Edition 運用編 【Roon Server】

【レビュー】SOtM sMS-1000SQ Windows Edition 外観・仕様編  SOtM sMS-1000SQ Windows Editionは、つまるところオーディオ機器として

続きを見る

【レビュー】逢瀬 WATERFALL Power 400 運用・音質編

【レビュー】逢瀬 WATERFALL Power 400 外観編  使用中は結構な発熱がある。  同じデジタルアンプ、それもアナログ電源を積んだNmode X-PM7よりも発熱は相当にでか

続きを見る

【レビュー】逢瀬 AK4495S試作DAC 運用・音質編

【レビュー】逢瀬 AK4495S試作DAC 外観編  本機のUSB入力はAmanero Combo384を使用している。  私の場合Windowsと組み合わせるのでドライバをインストール。

続きを見る

【レビュー】Panasonic DMP-UB90

UHD BDプレーヤー Panasonic DMP-UB90を買った  4KディスプレイもないのにUHD BDプレーヤーのレビューしてどうすんだ、と思わなくもないが、BDプレーヤーとして見ればだ

続きを見る

続・Roon ServerがQNAPとSynologyでも使えるようになったぞ

Roon ServerがQNAPとSynologyでも使えるようになったぞ  というわけで、実際に使ってみた記事をPhile-webに書きました。 “PCレス”のRoonServerはどこ

続きを見る

【レビュー】SOtM sMS-200 外観・仕様編 【RoonReady】

【レビュー】SOtM sMS-1000SQ Windows Edition 外観・仕様編  上位機と一緒にこっちもやってきた。  いろんな規格・方式に対応し、USB出力を持ち、しかも安価な(こ

続きを見る

【レビュー】SOtM sMS-1000SQ Windows Edition 外観・仕様編 【Roon Server】

 RoonReady立ち上げの最初期から、Antipodes Audio DX Music Serverと並んで「オーディオ機器としての単体Roon Server」だった製品。ついに日本上陸。

続きを見る

【レビュー】逢瀬 WATERFALL Power 400 外観編

【レビュー】逢瀬 AK4495S試作DAC 外観編  DACと一緒にパワーアンプもお借りした。  DACはDACプリとしても使えるので、パワーと直結しての使用が可能になる。むしろ、その状態での

続きを見る

【レビュー】逢瀬 AK4495S試作DAC 外観編

合同会社逢瀬 ブログ・AK4495S-DACのアップグレード検討中 何度もお伝えしておりますがDACチップのみが音質を決める要因ではありません。AK4497やES9038を使うだけでハイエ

続きを見る

スポンサーリンク

スポンサーリンク

【Munich HIGH END 2017】記事まとめ

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【レビュー】SOULNOTE D-1 音質編

外観・運用編 ・再生環境(詳細) canarino

【Munich HIGH END 2017】SFORZATO / fidata in Munich

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Cocktail Audio CA-X50 【Roon Ready】

  Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら

【Munich HIGH END 2017】constellation audio LEO 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Roon Labs自身による“Nucleus” Roon Server

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Playback Designs Dream DAC MPD-8 / Transport MPT-8 【Roon?】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】DELAの進化は続く

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Mark Levinson No519 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】dCS Vivaldi One 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Ayre QX-8 / AX-8 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】MSB Technology The Reference DAC 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】AURALiC G Series 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

言の葉の穴・四周年

 三周年記事で地元ネタ全面解禁宣言をしてから1年。  主に私のや

【Munich HIGH END 2017】Dynaudio Special Forty

Dynaudio Special Forty https://y

【レビュー】SOULNOTE D-1 外観・運用編

 SOULNOTEのDACには、対応フォーマットのスペックを偏重する流

LUMIN U1がDSD256に対応

LUMINのネットワークトランスポート「U1」、11.2MHz DSD

【菅江真澄紀行文】『菅江真澄と歩く 二百年後の勝地臨毫 出羽国雄勝郡』が完成しました

小町ゆかりの地「真澄と歩く」出版プロジェクト - FAN AKITA

【御礼】ヘッドホン祭&北陸オーディオショウ(デジ研)・OTOTEN 2017が終了しました

春のヘッドホン祭2017 / 第2回北陸オーディオショウの「デジ研」に

【おしらせ】OTOTEN 2017に参加します

 久々だと思っていたら三週続けてのイベント参加です。 O

→もっと見る

PAGE TOP ↑