*

米Stereophile誌でのRoonの評価

公開日: : 最終更新日:2015/12/18 PC・ネットワークオーディオ関連, Roon, オーディオ・ビジュアル全般

Stereophile’s Products of 2015 Editors’ Choices of 2015

 二人の2015年エディターズ・チョイスに選出。
 確かにそれだけの価値はある。
 最近あらためてRoonを使う機会があったのだが、やはり、いい。
 細かいことは抜きにして、「こりゃすげえ」と唸らせるだけの魅力がRoonにはある。


 「聴きたい曲をあっという間に見つけ出して再生する」というブラウズから再生に到る快適さに関して言えば、「自分の意思を反映させることで構築した自分にとって理想のライブラリ」と「優れたコントロールアプリ」の組み合わせに軍配が上がる。これは間違いない。
 その一方でRoonは、「聴かずに眺めているだけでも楽しい」。音源に付加された膨大な情報が有機的に結びついてライブラリが目くるめく「音楽の海」と化すことで、未だかつてない音楽体験を味わえる。

 どちらが優れているか、ではなく、どちらも優れている。
 ただ、前者の恩恵を常々享受している身として、新たにRoonの楽しみを味わってしまうと、何とか両者をうまい具合に融合できないかと考えてしまう。
Roonでネットワークオーディオの実践はもちろん可能だが、現状RoonはあくまでPCの再生ソフトであり、システム的には狭義のPCオーディオでしか使えない。そのため、私のように単体ネットワークオーディオプレーヤーを使っている人間はシステムに完全には組み込むことができない。これは悲しい。再生機能はとりあえず置いといて、Roonの強力極まりないライブラリ機能を独立させて、サーバーソフトやコントロールアプリに組み込めないだろうか。
 例えばLUMIN Appのように、それ自体で独自にナビゲーションツリーを持っているアプリであれば、その部分にRoonを組み込む余地があると思うのだが、どうだろう。



【レビュー】Roon

【音源管理の精髄】 目次 【ネットワークオーディオTips】


スポンサーリンク


関連記事

QNAPでJRiver Media Centerが使えるようになった

Media Center version 21.0.7 has been released onQN

記事を読む

ECLIPSE TD316SWMK2 リファレンスBD10タイトルとの組み合わせ

0.1の壁 導入編  サブウーファー自体の音質を語る前に、各タイトルでどのような効果・変化が

記事を読む

【ネットワークオーディオTips・実践編】 MediaMonkeyを活用してライブラリを磨き上げる!

 今までの実践編の記事において、dBpoweramp CD Ripperで2枚リッピング、Media

記事を読む

LUMINがRoon Readyになったような

 ん?  !?  常時起動の単体Roon Serverの導入がついに報われた。

記事を読む

【ハイレゾ音源備忘録】 目次

 何を、どこで買ったのか。  買った音源のタグはどうなっていたのか。  アルバムアートはきちんと

記事を読む

【ハイレゾ音源備忘録】光田康典 / クロノ・トリガー&クロノ・クロス アレンジアルバム/ハルカナルトキノカナタへ

・アーティスト / アルバムタイトル 光田康典 / クロノ・トリガー&クロノ・クロス アレ

記事を読む

【ネットワークオーディオTips】コントロールアプリの紹介 『Lightning DS』

 いつまで経ってもアプリの検証が進まず、気が付いたら2015年になってしまった。  このままでは永

記事を読む

【レビュー】SOtM sMS-200 外観・仕様編 【RoonReady】

【レビュー】SOtM sMS-1000SQ Windows Edition 外観・仕様編  上

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第10回『ミッション・インポッシブル3』

なんだかんだ言ってこのヤケクソ視聴記も10回目を数えました。 色々思うことはありますが、それはおま

記事を読む

【ハイレゾ音源備忘録】HDtracks 2014 Sampler

・アーティスト / アルバムタイトル 各曲それぞれ / HDtracks 2014 S

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

【Munich HIGH END 2017】SFORZATO / fidata in Munich

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Cocktail Audio CA-X50 【Roon Ready】

  Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら

【Munich HIGH END 2017】constellation audio LEO 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【レビュー】SOULNOTE D-1 音質編

外観・運用編 ・再生環境(詳細) canarino

【Munich HIGH END 2017】Roon Labs自身による“Nucleus” Roon Server

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Playback Designs Dream DAC MPD-8 / Transport MPT-8 【Roon?】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】DELAの進化は続く

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Mark Levinson No519 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】dCS Vivaldi One 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Ayre QX-8 / AX-8 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】MSB Technology The Reference DAC 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】AURALiC G Series 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

言の葉の穴・四周年

 三周年記事で地元ネタ全面解禁宣言をしてから1年。  主に私のや

【Munich HIGH END 2017】Dynaudio Special Forty

Dynaudio Special Forty https://y

【レビュー】SOULNOTE D-1 外観・運用編

 SOULNOTEのDACには、対応フォーマットのスペックを偏重する流

LUMIN U1がDSD256に対応

LUMINのネットワークトランスポート「U1」、11.2MHz DSD

【菅江真澄紀行文】『菅江真澄と歩く 二百年後の勝地臨毫 出羽国雄勝郡』が完成しました

小町ゆかりの地「真澄と歩く」出版プロジェクト - FAN AKITA

【御礼】ヘッドホン祭&北陸オーディオショウ(デジ研)・OTOTEN 2017が終了しました

春のヘッドホン祭2017 / 第2回北陸オーディオショウの「デジ研」に

【おしらせ】OTOTEN 2017に参加します

 久々だと思っていたら三週続けてのイベント参加です。 O

【おしらせ】春のヘッドホン祭2017 / 第2回北陸オーディオショウの「デジ研」に参加します

 久々のイベント参加になります。 春のヘッドホン祭201

→もっと見る

PAGE TOP ↑