*

アイ・オー・データ RockDisk for Audio 音質編

 みんな大好き音質編。
 今回は魔境マシマシ。
 「サーバーで音は変わる」ということだけでなく、「LANケーブルで音は変わる」という、一般的な感性からすればどうしようもなく常軌を逸した認識のもとで話を進める。
 これもオーディオマニアの悲しい性だ。笑いながら読んでほしい。


 さて、較べるのはこのふたつ。

LUMIN L1(SSD 512GB)
QNAP TS-119(SSD 600GB) + ELSOUNDアナログ電源

 相手にとって不足なし。

 運用編で書いたことにも関わるが、LUMIN L1は置いといてRockDisk for Audioの真の比較対象はTS-119だと思っている。少しばかり価格が高かろうが安かろうが関係ない。RockDisk for Audioが真にオーディオ用NASとしての立ち位置を確立するためには、かつてその立ち位置にあったTS-119を全体的に上回る必要がある、私はそう勝手に思っている。
 もっとも、こと音質面に関しては、TS-119は当時の値段で15万以上注ぎ込んでいるのでさすがにフェアではないが……


20150915RockDisk for Audio01

 まずは付属品セットで。
20150908io01

 LUMIN L1>TS-119>RockDisk for Audioという順当な結果になった。

 RockDisk for Audioは一言で言えば元気な音。
 押し出しが強く、眠い音ではない。
 が、全体的に粗い。
 対するTS-119は雑味の少ない静かな音だ。


 続いてLANケーブルを換える。
 TS-119にも使っている、audioquestのforest。LANケーブルで音が変わることを理屈ではなく体験で痛感させたケーブルで、同メーカーの上位であるvodkaと比べても遜色ない抜群のCPを持っている。
20150915RockDisk for Audio03

 押し出しと元気の良さを維持したまま、一気に雑味が減った。LANケーブルの交換に期待する通りの効果が得られた。
 LANケーブルをforestに換えた時点で、性格は異なるとはいえ、既に全部入りのTS-119の音に匹敵している。
 この結果をもって、やるだけのことをやってみたくなった。

 その結果がこの有様。
20150915RockDisk for Audio02
 ラックからトラバーチンのボード(余り物)の上へ移動。
 ELSOUNDのアナログ電源はRockDisk for Audioにも使用可能だったので流用。
 足元にはクリプトンのインシュレーター(センタースピーカーを外した際の余り物)。
 振動対策と設置安定性の両面からもっと重さが欲しかったが、天板を覆うように何か置くのは放熱の関係で無理そうだったので、上にも三点で重り。
 珍妙なオブジェクト然とした格好になった。

 肝心の音。
 電源を換えたおかげか、一気に重心が下がり、にじみが減った。
 そしてなにより……強い音。
 サーバーとして透明であることを是としたN1Zとも、オーディオ機器的な凄みを提示するLUMIN L1とも異なる、強い音。
 かつてサーバーで聴いたことのない種類の音だ。

 ただ、表現が一本調子というか、何でもかんでも強調感のある音になってしまう。
 力強さを表現することはできても、静けさを表現するまでには至っていないようだ。

 toe / the book about my idle plot on a vague anxiety / i do still wrong
アルバムtoe シカ
 この曲のドラムに絡みつくベースは低音の解像度を聴くにはうってつけ。
 付属品セットで聴いた時よりはだいぶほぐれるが、さすがにLUMIN L1には及ばない。


 結論。

 大健闘

 手をかけてやれば決してTS-119に劣らない。
 設置の面では手を加えるにも制約があるが、ポテンシャルの高さは大いに感じられた。
 おそらくSSDにすれば、落ち着きと静けさが増す一方で力強さが減退する、という結果になるのはなかろうか。
 それらを両立しようと思えば、やっぱり……



【レビュー】アイ・オー・データ RockDisk for Audio

【音源管理の精髄】 目次 【ネットワークオーディオTips】


スポンサーリンク


関連記事

【ネットワークオーディオ・実践編】 『音源』/『ライブラリ』を作る

 とにかく音源がないことには何も始まらない。  ハイレゾだDSDだと大騒ぎするよりもまず、手持ちの

記事を読む

4K/HDRディスプレイが無くともUHD BDの恩恵を受けられるか?

 現状で手持ちのUHD BD15本のレビューを終えたので、記事タイトルの問題と向き合ってみる。

記事を読む

Asset UPnP Release 5 BETAでDSDを配信可能なことに今さら気が付いた

↓情報を統合・刷新した記事を作成したのでこちらを参照↓ サーバーソフトの紹介 『Asset U

記事を読む

【ネットワークオーディオTips】サーバーソフトの紹介と検証

 随分とサーバーソフト関連の記事がごちゃごちゃしてきたので、この辺りでまとめ直す。  サーバー

記事を読む

【BDレビュー】第340回『DOOM / ドゥーム』

画質:6.66 音質:13 (評価の詳細についてはこの記事を参照) 映像:VC

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第9回『ロッキー・ザ・ファイナル』

思い出ボム 画質:7 音質8 映像コーデックはMPEG-2でビットレートは30台

記事を読む

【BDレビュー】第316回『エクソダス:神と王』

画質:11 音質:12 (評価の詳細についてはこの記事を参照) 映像:AVC 音声:DT

記事を読む

canarino Fils 単体サーバー編 その1

canarino Fils ― デジタル・ファイル再生の原器 ついにデジタル・ファイル再生の原器を

記事を読む

Nmode X-PM100 続報!

X-PM100 進捗状況 - Nmodeの部屋  画像は公式ブログより拝借。  

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第102回『ダークナイト』

画質:13 音質:15 映像はVC-1でビットレートの詳細は後述 音声はドルビーTRUEHD

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

【おしらせ】OTOTEN 2017に参加します

 久々だと思っていたら三週続けてのイベント参加です。 O

【おしらせ】春のヘッドホン祭2017 / 第2回北陸オーディオショウの「デジ研」に参加します

 久々のイベント参加になります。 春のヘッドホン祭201

【レビュー】Nmode X-DP10 音質編

外観編 設定(主にJPLAY)・運用編 ・再生環境

Roon 1.3 (Build 216)、PCM 768kHz・DSD512

Roon 1.3 (Build 216) Is Live! - Roo

【レビュー】Nmode X-DP10 設定(主にJPLAY)・運用編

Nmode X-DP10 外観編  ドライバをインストールし

【レビュー】Nmode X-DP10 外観編

Nmode X-DP10 続・Nmode- X-DP10

【祝】『マインド・ゲーム』BD化!

『マインド・ゲーム』Blu-rayプロジェクト - STUDIO4℃F

【菅江真澄紀行文】試作品が出来上がりました

クラウドファンディングサービス「FAN AKITA」でプロジェクトを実

【BDレビュー】第342回『マックス・ペイン』

画質:9 音質:12 (評価の詳細についてはこの記事を参照)

Asset UPnP Release 6

サーバーソフトの紹介 『Asset UPnP』 Asset UP

続・Nmode X-DP10

新製品発売のお知らせ - Nmodeの部屋 発売日は2017年4

LUMIN A1、導入3周年 終わらない進化とMQA対応

 LUMIN Appはバージョン3から相変わらず最強だし、  iPh

【UHD BDレビュー】第18回『シン・ゴジラ』

【考察】シン・ゴジラとヤマタノオロチ、そして現代のスサノオ神話

PS3の出荷(近日)完了に寄せて

PS3本体の出荷が近日終了 - GameSpark  私のP

【Roon Ready】CHORD Poly

 CHORD Mojoに接続して使う、Roon Readyの「ポータブ

【UHD BDレビュー】第17回『オペラ座の怪人』

『オペラ座の怪人』のUHD BD 画質:9 (画質は

LUMIN is NOW Roon Ready! そしてMQAとSpotifyにも対応予定

LUMIN STREAMING SERVICES  ほんとに

【レビューまとめ】fidata HFAS1-XS20 ― 専用機であるということ

外観編 音質・サーバー編 音質・ミュージックサーバー編

【レビュー】fidata HFAS1-XS20 × OPPO Sonica DAC 音質・ミュージックサーバー編

外観編 音質・サーバー編 fidataのCDトランスポート

【Roon Ready】dCSのNetwork Bridge

dCS、RoonReady対応のネットワークトランスポート「Netwo

→もっと見る

PAGE TOP ↑