*

iFI nano iDSDといちごアイスとJPLAYStreamerでDSD256を再生する

DSD256用のファームウェア5.0にフレーバーをつけました 「どれにしますか?」 – iFI-Audio.jp News and Blog

 いちご味にしました。

20150902dop01
20150902dop02
20150902dop03

 これで、現状ではDSDをDoPでしか受けられないJPLAYStreamerでも、DSD256が再生できるようになった……はず。
 なお、JPLAY側の設定は特に必要ない。

 DSD絡みがまだ不安定なAsset UPnPではなくMinimServerを使ってDoP配信すると、問題なく再生できた。
 が、Kinskyの音源情報表示が何やら怪しい。「DoP」ではなく「PCM」という表記になっている。不安すぎる。
20150902dop05
 一応nano iDSDのステータスも確認する。
 サンプルレートを見る限り、問題はなさそうだが……
20150902dop04

 DSD128とDSD64の音源をJPLAYStreamerで再生した場合はそれぞれこうなる。
 こちらはコントロールポイントの側に「DoP」との表記がある。
20150902dop07
20150902dop06
20150902dop08
20150902dop09

 ちなみにnano iDSDは入力されている音源のフォーマットでLEDの色が変わる。
20150902dop10
 DSD256の音源をネイティブで再生するとDSD128同様のマゼンタ……赤紫色に発光する。DoPで再生しても同じくマゼンタに発光するので、きちんと再生できているとは思うのだが……

 なお、DSD256をネイティブで再生した場合のnano iDSDのステータスはこうなる。
20150902dop11
※以前はDSD 2.8MHz、DSD 5.6MHz、DSD 11.2MHz……という書き方をしていたが、単純に倍々すると端数の問題が出るので、今ではDSD64、DSD128、DSD256……という書き方をしている。

 とりあえず、iFi nano iDSDといちごアイスとJPLAYStreamerでDSD256を再生できているということにしよう。少なくとも音は鳴っている。
 ネイティブでとDoPのどちらが高音質なのかという問題は、iFIも同じことを言っているが、要は試して、気に入った方を選べばいい。幸いにして、ネイティブだろうとDoPだろうと最終的な使い勝手に差は生じない。

※追記※
 DSD256が再生できているか、JPLAYminiで確認してみた。
 DSDを再生する際JPLAYminiは必ずDoPで出力するので、音が出ていれば、それはつまりDSD256 DoPが再生されている、ということのようだ。
20150902dop12
 というわけで、DSD256再生に問題なし。
 情報を表示する側のKinskyで何かしらバグがあるのだろうか。もう2年以上更新が止まっているし、そもそもLINNにDSDを扱う発想はないし……

 ……と思ったら、KazooでもBubbleUPnPでも同じだった。
 ま、きちんと再生できていることはわかったから別にいいか。
20150902dop13
20150902dop14
20150902dop15
20150902dop16


 「PCを再生機器として使う」となった時、素直に再生ソフトを使うもよし、あるいはJPLAYStreamerを使うもよし。どちらも快適に使えるし、DSD256だって再生できる。
 あとは、JPLAYStreamerにWAV/DoPだけでなくFLACやDSFをそのまま受けられるようになればありがたいところだ。使えるサーバーソフトの選択肢も増え、トランスコード云々を気にする必要もなくなる。



【音源管理の精髄】 目次 【ネットワークオーディオTips】


スポンサーリンク


関連記事

【ネットワークオーディオTips】コントロールアプリの黄昏

 おおよそ2年半前、コントロールアプリの検証を行った。  ・『eLyric』(iPad版)

記事を読む

【おしらせ】春のヘッドホン祭2015に参加します

フジヤエービック 春のヘッドホン祭り2015 新製品発表会 日時:5/17(日) 14:00~

記事を読む

【Munich HIGH END 2017】AURALiC G Series 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。 Introduci

記事を読む

そのUHD BDは本当に4Kマスターなのか?

「4Kマスターではない」等のUHD BDについて 日本のアニメのUHD BDはどうなる?

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第139回『ウォッチメン』

画質:15 音質:10 映像はAVC、音声はドルビーTRUEHDの24bit。 画質

記事を読む

THXをRazerが買収

THXをゲーミング機器大手のRazerが買収。ヘッドホンなどにもTHX認証拡大 - Phile-we

記事を読む

【ハイレゾ音源備忘録】The Corrs / White Light

・アーティスト / アルバムタイトル The Corrs / White Light

記事を読む

【BDレビュー】第313回『007 スペクター』

画質:8 音質:10 (評価の詳細についてはこの記事を参照) 映像:AVC 音声:DTS

記事を読む

【ネットワークオーディオ】LUMIN Appの詳細な挙動とささやかな改善案

↓↓↓再検証したのでこちらをご覧ください↓↓↓ 【ネットワークオーディオTips】コントロール

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第44回『サンシャイン2057』

私の琴線を終始掻き鳴らしっぱなしの素晴らしいSF映画でした。 画質:13 音質:12→13

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

【地元探訪・神様セカンドライフ編】元稲田神社/あぐりこ稲荷(羽後町杉宮)

神様セカンドライフ 66話「あぐりこ稲荷」  雄勝郡の稲荷オ

【UHD BDレビュー】第12回『チャッピー』 【Dolby Atmos】

【4K/HDR環境の導入に伴い、2016/11/20初出の記事を更新・

【UHD BDレビュー】第11回『エクソダス:神と王』 米国盤

【4K/HDR環境の導入に伴い、2016/11/17初出の記事を更新・

【UHD BDレビュー】第10回『マン・オブ・スティール』 米国盤 【Dolby Atmos】

【4K/HDR環境の導入に伴い、2016/11/16初出の記事を更新・

【UHD BDレビュー】第9回『インデペンデンス・デイ: リサージェンス』 米国盤 【Dolby Atmos】

【4K/HDR環境の導入に伴い、2016/11/06初出の記事を更新・

【UHD BDレビュー】第8回『インデペンデンス・デイ』 【DTS:X】

【4K/HDR環境の導入に伴い、2016/11/06初出の記事を更新・

【UHD BDレビュー】第7回『アメイジング・スパイダーマン2』 【Dolby Atmos】

【4K/HDR環境の導入に伴い、2016/11/05初出の記事を更新・

【UHD BDレビュー】第6回『クリード チャンプを継ぐ男』

【4K/HDR環境の導入に伴い、2016/11/05初出の記事を更新・

【UHD BDレビュー】第5回『X-MEN: アポカリプス』 米国盤 【Dolby Atmos】

【4K/HDR環境の導入に伴い、2016/11/04初出の記事を更新・

【ハイレゾ音源備忘録】結城アイラ / decade wind(NetAudio27付録) 【768kHz/32bit】

・アーティスト / アルバムタイトル / 曲タイトル 結

【UHD BDレビュー】第4回『パシフィック・リム』 【Dolby Atmos】

【4K/HDR環境の導入に伴い、2016/10/07初出の記事を更新・

SOtM sMS-200でMinimServerとBubbleUPnP Serverが使えるようになった

【レビュー】SOtM sMS-200 外観・仕様編 【レビュー】SO

【UHD BDレビュー】第3回『キング・オブ・エジプト / GODS OF EGYPT』 米国盤 【DTS:X】

【4K/HDR環境の導入に伴い、2016/07/31初出の記事を更新・

【UHD BDレビュー】第2回『デッドプール』 米国盤 【Dolby Atmos】

【4K/HDR環境の導入に伴い、2016/07/31初出の記事を更新・

【UHD BDレビュー】第1回『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』 米国盤 【Dolby Atmos】

【4K/HDR環境の導入に伴い、2016/07/28初出の記事を更新・

LUMINのプレーヤーがついにMQAに対応

LUMIN is NOW Roon Ready! そしてMQAとSpo

【ハイレゾ音源備忘録】大植英次・ミネソタ管弦楽団 / Respighi: Belkis, Regina di Saba, Ballata delle gnomidi & Pini di Roma 176.4kHz/24bit

・アーティスト / アルバムタイトル 大植英次・ミネソタ

【ハイレゾ音源備忘録】大植英次・ミネソタ管弦楽団 / Stravinsky: The Song Of The Nightingale, The Firebird, Rite of Spring 176.4kHz/24bit

・アーティスト / アルバムタイトル 大植英次・ミネソタ

Wireworld Platinum Starlight、襲来

 時に、西暦2017年。  秋田の片田舎に、重厚な金属製

【ハイレゾ音源備忘録】サラ・オレイン / ANIMA

・アーティスト / アルバムタイトル サラ・オレイン /

→もっと見る

PAGE TOP ↑