*

【ネットワークオーディオTips・実践編】foobar2000を使って手っ取り早くDSD256対応のネットワークオーディオ環境を作る

 安くて早くて多機能で夢が広がるfoobar2000を例に、実践編のまとめとして。
 ネットワークオーディオなんて言うと仰々しく聞こえるけれど、実際は手っ取り早く、かつ最小限の投資で実践可能である。


○必要なもの

・Wi-Fi環境
・今あるWindowsPC
・今あるスマホまたはタブレット(iOS・android両方可)
・(今ある)USB DAC
・きちんとUSB DACの設定がされたfoobar2000
・頑張って磨き上げたライブラリ(構築のためのTipsは第2章と第8章を参照)

※foobar2000自体はDSD256を再生可能だが、実際に再生可能なフォーマットは使用するUSB DACのスペックに依存する


○要らないもの

・単体プレーヤー(オーディオ機器としてのネットワークオーディオプレーヤー)
・NAS
・サーバーソフト


○必要額

 既にUSB DACがあれば、

・iPhoneを使う場合:240円
・iPadを使う場合:360円
・android端末を使う場合:168円(0円でも可)

※MacユーザーはAudirvana PlusとA+ Remoteで1万強、JRiverとJRemoteで1万弱


○実践

・iPhoneもしくはiPadを使う場合
 MonkeyMote 4 foobar2000(iPhone)、MonkeyMote 4 foobar2000 HD(iPad)をインストールする。
アプリMonkeymote4foobar2000
 foobar2000側の設定を行う。
 設定方法やアプリの詳細はこの記事を参照。

 あとは聴くだけ。
 下手な単体プレーヤーよりもよほど快適だ。
20150821実践編01

 所要時間5分。
 ネットワークオーディオへようこそ。



・android端末を使う場合
 foobarConを端末にインストールする。
 無料版は広告が出るので、それが嫌なら168円出してPROを買おう。
アプリfoobarCon
 foobar2000側の設定を行う。
 設定方法やアプリの詳細はこの記事を参照。

 あとは聴くだけ。
 下手な単体プレーヤーよりもよほど快適だ。
20150821実践編02

 所要時間5分。
 ネットワークオーディオへようこそ。


 PCを使っていわゆるPCオーディオの環境を構築している人は、最小限の労力でネットワークオーディオを実践することが可能である。

 これから始める人は、今あるものを活用して、最小限の投資でネットワークオーディオを実践することが可能である。

 モニタにかじりついてマウスをカチカチから解放されて、もっと快適に音楽を聴こう。
 ネットワークオーディオへようこそ。



PCオーディオはもっと自由になれる

ネットワークオーディオの実践に必ずしも単体プレーヤーは必要ではない

【音源管理の精髄】 目次 【ネットワークオーディオTips】


スポンサーリンク


関連記事

曲順がアルバム通りに並ばなかったり表示される画像がぼやけたりするのはコントロールアプリが原因ではない

 ネットワークオーディオにおいて、曲順がアルバム通りに並ばなかったり表示される画像がぼやけたりするの

記事を読む

LUMIN D1 音質編

 そしてD1。 ○再生/比較環境 LUMIN A1 LUMIN L1(HDD

記事を読む

【システム】 Nmode X-PW10

 オーディオマニアとは業が深いもので、何か機材を買って「なんていい音なんだ!」と感動しても、同時に「

記事を読む

【ハイレゾ音源備忘録】上原ひろみ / Move

・アーティスト / アルバムタイトル Hiromi / Move ・購入元 HDtrack

記事を読む

Bricasti Design M12 / M1 SE mk2のLAN入力がPCM 384kHz/24bit・DSD 5.6MHzに対応

M12およびM1 Special Edition mk2仕様変更のご案内 【変更前】192k

記事を読む

さらば、SC-LX85

 Marantz PS4500 → Sony TA-DA3200ES → Marantz SR600

記事を読む

USB出力を搭載したネットワークオーディオトランスポートについて考える

 最近のオーディオ雑誌等を読んでいると、“USB出力を搭載したネットワークオーディオトランスポート”

記事を読む

【ネットワークオーディオTips・実践編】 『サーバー』を用意する

 サーバーとは何か? →コチラとコチラ  今までの実践編で、『音源』/『ライブラリ』は

記事を読む

続・なぜ、オーディオなのか?

 前回の続き。  大枚を叩いて購入したHD595は、私にある確信をもたらした。  「再生機器

記事を読む

エヴァのハイレゾ音源を聴きました

 以下、引用。 スペックの進化を凌駕する「名人の耳と腕」  新たな鼓動、躍動まで聴こえ、

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

なぜハイレゾ音源を買うのか

 音がいいから、ではない。  私が「ハイレゾ」と言う時は

【UHD BDレビュー】第47回『トランスフォーマー/最後の騎士王』 英国盤 【Dolby Atmos】

画質:10 音質:14 (評価の詳細についてはこの記事

SFORZATO流「ネットワークプレーヤーの使いこなし」が掲載されたので

 我が身を振り返ってみた。 Netwok Audioについて

Bricasti Design M12 / M1 SE mk2のLAN入力がPCM 384kHz/24bit・DSD 5.6MHzに対応

M12およびM1 Special Edition mk2仕様変更のご案

ついに日本でロスレス音楽ストリーミングサービス「Deezer HiFi」が開始

日本初、ロスレス音楽ストリーミング「Deezer HiFi」開始。3,

【レビュー】日本テレガートナー M12 GOLD SWITCH

 魔境深淵注意。  みんなおこらずに楽しく読んでね。

【ハイレゾ音源備忘録】Nicogi / DigiFi No.28付録音源

・アーティスト / アルバムタイトル Nicogi /

「自分の音源ライブラリ」の未来

 言の葉の穴を本格的に始めてまだ間もない頃、こんな記事を書いた。

【Dolby Atmos/DTS:X】オブジェクトオーディオの威力を実感できるタイトル10選・2017年版

 せっかく、「さらなるサラウンド体験のために天井にスピーカーを付ける」

【BDレビュー】第353回『パトリオット・デイ』

 日本ではUHD BDが発売されないという悲劇。 https

LUMIN AppがiPad Pro 12.9インチにネイティブ対応

コントロールアプリのiPad Pro 12.9インチへの対応状況

【BDレビュー】第352回『バーニング・オーシャン』 【Dolby Atmos】

 日本ではUHD BDが出ないという悲劇。 https://

LINN KLIMAX DS/3・DSM/2(Katalyst DAC搭載モデル)がDSDの再生に対応

LINN FORUMS  LINN DSのファームウェア、Dav

WaversaSystems WCORE(Roon Server)

WCORE開発完了 - WaversaSystems  要は

【BDレビュー】第351回『ハードコア』

 一人称視点のアレ。 https://www.youtube.c

UHD BD化を待ち望む作品10選・2017年末版

BD化を待ち望む作品10選  未だBD化されていない作品も多いと

【UHD BDレビュー】第46回『スパイダーマン:ホームカミング』 英国盤 【Dolby Atmos】

画質:6 音質:7 (評価の詳細についてはこの記事を参

【UHD BDレビュー】第45回『ベイビー・ドライバー』 英国盤 【Dolby Atmos】

画質:7 音質:12 (評価の詳細についてはこの記事を

【BDレビュー】第350回『グレートウォール』 【Dolby Atmos】

同時にUHD BDが出ている作品のBDを評価するのはいささか心苦しいの

【BDレビュー】第349回『キング・アーサー』(ガイ・リッチー監督/2017年) 【Dolby Atmos】

同時にUHD BDが出ている作品のBDを評価するのはいささか心苦しいの

→もっと見る

PAGE TOP ↑