*

【ネットワークオーディオTips】ネットワークオーディオとストリーミングサービス

公開日: : 最終更新日:2015/09/12 PC・ネットワークオーディオ関連, オーディオ・ビジュアル全般

 spotifyに加えて最近ではApple MusicやらAWAやら、音楽ストリーミングサービスがますます広がっている(ように見える)。
 確かに便利だし、様々な音楽との出会いを得られるのは素晴らしい。
 それをわかったうえでなお、ガチのオーディオファンからすれば、圧縮音源を聴かされる時点で本気にはなれそうにない。

 そんな声に応えるのがTIDALにQobuz。
 CD相当、非圧縮でのストリーミング。少なくともCD相当の品質が担保されるのなら、私をはじめ多くのオーディオファンは音源として納得する。
 ハイレゾでのストリーミングも、技術の進歩やインフラの整備でいずれは現実的になっていくはず。

 というわけで、ディスク、ダウンロードしたファイルに続く第三の音源として、オーディオ業界においても「ストリーミング」は存在感を増しつつある(ような気がする)。
 LINN DSやらLUMINやら、まともなネットワークオーディオプレーヤーはさっさとTIDALやQobuzに対応していっていることからも流れが伺える。

 それでは、ネットワークオーディオのシステムで音楽ストリーミングサービスを楽しむために、何か気を付ける必要はあるのだろうか。


 結論から言えば、何もする必要がない


 これはネットワークオーディオの三要素と、それぞれの役割を端的に示した図である。

ネットワークオーディオの三要素

 これがストリーミングサービスだとどうなるかと言うと、こうなる。

ネットワークオーディオとストリーミングサービス
 
 ストリーミングサービスを使うにあたり、システムに何かしら変更を加える必要はない。
 単に「音源の置き場所」が「自分の家」から「どこか遠く」に変わるだけ。
 プレーヤーとコントロールはそのまんま。
 KazooにせよLUMIN AppにせよBubbleUPnPにせよ、コントロールアプリはストリーミングサービスを単に「サーバー/ライブラリのひとつ」として扱うのみ。

 結局のところ、ストリーミングサービスを使おうがローカルのサーバーを使おうが、コントロールアプリの完成度が酷ければ快適な音楽再生など夢のまた夢であることに変わりはない。
 逆に、既にネットワークオーディオを実践して快適な音楽再生を実現しているユーザーは、現状の快適さを一切損なうことなく、ストリーミングサービスによってさらに数千万曲の音源の恩恵を受けられるということになる。


 強いてローカルとストリーミングの違いを言うとすれば、ストリーミングサービスのサーバーの中身は「自分以外の誰かが構築したライブラリ」であるため、音源のブラウズが「自分ルールに基づいて完璧に仕上げられた自分専用ライブラリ」のようにはいかない、ということくらいか。
 あとはクラウドということがネックになって音源の表示速度その他の快適性が損なわれるとかそういう。


 もしかしてもしかしたら、将来的にはDLNAやらUPnPやらに対応せずもはや「ローカル」の音源を相手にしない、純粋にストリーミングサービス専用のプレーヤーが主流になるかもしれない。
 その日が来れば、晴れて私の書いてきた音源管理に関する内容の多くは無用の長物と成り果てる。
 ま、それもまた善し。



ネットワークオーディオの三要素――『サーバー』・『プレーヤー』・『コントロール』

TIDALがもたらすもの

【音源管理の精髄】 目次 【ネットワークオーディオTips】


スポンサーリンク


関連記事

【AV史に残るBD勝手に10選】第2位『スパイダーマン 3』 ― 4Kの胎動

【BDレビュー】第14回『スパイダーマン3』  BDに収録されている映像の解像度は

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第212回『遊星からの物体X ファーストコンタクト』

画質:8 音質:8 映像はVC-1、音声はDTS-HDMAの24bit 画質について

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第40回『スチームボーイ』

絵を見もしない人間がガタガタ抜かすな。 これはアニメだ。 動く絵だ。 画質:1

記事を読む

【BDレビュー】第270回『ローン・サバイバー』

画質:15 音質:15 映像:AVC MGVC(Master Grade V

記事を読む

【BDレビュー】第307回『イミテーション・ゲーム』

 ベネディクト・カンバーバッチってのはたいした役者だな…… 画質:15 音質:12 (

記事を読む

JPLAYを使うならJPLAYStreamerを使わない手はない

 一年以上前にJPLAY/JPLAYStreamerを取り上げた身として、最近のJPLAYの隆興と、

記事を読む

【ハイレゾ音源備忘録】上原ひろみ / Move

・アーティスト / アルバムタイトル Hiromi / Move ・購入元 HDtrack

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第133回『平成ガメラ三部作』

どいつもこいつもレギオンレギオン言いやがって! おれはイリスが好きなんだよ!!

記事を読む

理想のオーディオ用PCを求めて ハード編

PCが本当の意味で「オーディオ機器」になる日 理想のオーディオ用PCを求めて ソフト編 理想のオ

記事を読む

【レビュー】LUMIN S1

 一週間、時間とやる気の許す限り色々と試してみた。 ○外観・機能 LUMIN S

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

【地元探訪・神様セカンドライフ編】元稲田神社/あぐりこ稲荷(羽後町杉宮)

神様セカンドライフ 66話「あぐりこ稲荷」  雄勝郡の稲荷オ

【UHD BDレビュー】第12回『チャッピー』 【Dolby Atmos】

【4K/HDR環境の導入に伴い、2016/11/20初出の記事を更新・

【UHD BDレビュー】第11回『エクソダス:神と王』 米国盤

【4K/HDR環境の導入に伴い、2016/11/17初出の記事を更新・

【UHD BDレビュー】第10回『マン・オブ・スティール』 米国盤 【Dolby Atmos】

【4K/HDR環境の導入に伴い、2016/11/16初出の記事を更新・

【UHD BDレビュー】第9回『インデペンデンス・デイ: リサージェンス』 米国盤 【Dolby Atmos】

【4K/HDR環境の導入に伴い、2016/11/06初出の記事を更新・

【UHD BDレビュー】第8回『インデペンデンス・デイ』 【DTS:X】

【4K/HDR環境の導入に伴い、2016/11/06初出の記事を更新・

【UHD BDレビュー】第7回『アメイジング・スパイダーマン2』 【Dolby Atmos】

【4K/HDR環境の導入に伴い、2016/11/05初出の記事を更新・

【UHD BDレビュー】第6回『クリード チャンプを継ぐ男』

【4K/HDR環境の導入に伴い、2016/11/05初出の記事を更新・

【UHD BDレビュー】第5回『X-MEN: アポカリプス』 米国盤 【Dolby Atmos】

【4K/HDR環境の導入に伴い、2016/11/04初出の記事を更新・

【ハイレゾ音源備忘録】結城アイラ / decade wind(NetAudio27付録) 【768kHz/32bit】

・アーティスト / アルバムタイトル / 曲タイトル 結

【UHD BDレビュー】第4回『パシフィック・リム』 【Dolby Atmos】

【4K/HDR環境の導入に伴い、2016/10/07初出の記事を更新・

SOtM sMS-200でMinimServerとBubbleUPnP Serverが使えるようになった

【レビュー】SOtM sMS-200 外観・仕様編 【レビュー】SO

【UHD BDレビュー】第3回『キング・オブ・エジプト / GODS OF EGYPT』 米国盤 【DTS:X】

【4K/HDR環境の導入に伴い、2016/07/31初出の記事を更新・

【UHD BDレビュー】第2回『デッドプール』 米国盤 【Dolby Atmos】

【4K/HDR環境の導入に伴い、2016/07/31初出の記事を更新・

【UHD BDレビュー】第1回『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』 米国盤 【Dolby Atmos】

【4K/HDR環境の導入に伴い、2016/07/28初出の記事を更新・

LUMINのプレーヤーがついにMQAに対応

LUMIN is NOW Roon Ready! そしてMQAとSpo

【ハイレゾ音源備忘録】大植英次・ミネソタ管弦楽団 / Respighi: Belkis, Regina di Saba, Ballata delle gnomidi & Pini di Roma 176.4kHz/24bit

・アーティスト / アルバムタイトル 大植英次・ミネソタ

【ハイレゾ音源備忘録】大植英次・ミネソタ管弦楽団 / Stravinsky: The Song Of The Nightingale, The Firebird, Rite of Spring 176.4kHz/24bit

・アーティスト / アルバムタイトル 大植英次・ミネソタ

Wireworld Platinum Starlight、襲来

 時に、西暦2017年。  秋田の片田舎に、重厚な金属製

【ハイレゾ音源備忘録】サラ・オレイン / ANIMA

・アーティスト / アルバムタイトル サラ・オレイン /

→もっと見る

PAGE TOP ↑