*

【ネットワークオーディオTips】ネットワークオーディオとストリーミングサービス

公開日: : 最終更新日:2015/09/12 PC・ネットワークオーディオ関連, オーディオ・ビジュアル全般

 spotifyに加えて最近ではApple MusicやらAWAやら、音楽ストリーミングサービスがますます広がっている(ように見える)。
 確かに便利だし、様々な音楽との出会いを得られるのは素晴らしい。
 それをわかったうえでなお、ガチのオーディオファンからすれば、圧縮音源を聴かされる時点で本気にはなれそうにない。

 そんな声に応えるのがTIDALにQobuz。
 CD相当、非圧縮でのストリーミング。少なくともCD相当の品質が担保されるのなら、私をはじめ多くのオーディオファンは音源として納得する。
 ハイレゾでのストリーミングも、技術の進歩やインフラの整備でいずれは現実的になっていくはず。

 というわけで、ディスク、ダウンロードしたファイルに続く第三の音源として、オーディオ業界においても「ストリーミング」は存在感を増しつつある(ような気がする)。
 LINN DSやらLUMINやら、まともなネットワークオーディオプレーヤーはさっさとTIDALやQobuzに対応していっていることからも流れが伺える。

 それでは、ネットワークオーディオのシステムで音楽ストリーミングサービスを楽しむために、何か気を付ける必要はあるのだろうか。


 結論から言えば、何もする必要がない


 これはネットワークオーディオの三要素と、それぞれの役割を端的に示した図である。

ネットワークオーディオの三要素

 これがストリーミングサービスだとどうなるかと言うと、こうなる。

ネットワークオーディオとストリーミングサービス
 
 ストリーミングサービスを使うにあたり、システムに何かしら変更を加える必要はない。
 単に「音源の置き場所」が「自分の家」から「どこか遠く」に変わるだけ。
 プレーヤーとコントロールはそのまんま。
 KazooにせよLUMIN AppにせよBubbleUPnPにせよ、コントロールアプリはストリーミングサービスを単に「サーバー/ライブラリのひとつ」として扱うのみ。

 結局のところ、ストリーミングサービスを使おうがローカルのサーバーを使おうが、コントロールアプリの完成度が酷ければ快適な音楽再生など夢のまた夢であることに変わりはない。
 逆に、既にネットワークオーディオを実践して快適な音楽再生を実現しているユーザーは、現状の快適さを一切損なうことなく、ストリーミングサービスによってさらに数千万曲の音源の恩恵を受けられるということになる。


 強いてローカルとストリーミングの違いを言うとすれば、ストリーミングサービスのサーバーの中身は「自分以外の誰かが構築したライブラリ」であるため、音源のブラウズが「自分ルールに基づいて完璧に仕上げられた自分専用ライブラリ」のようにはいかない、ということくらいか。
 あとはクラウドということがネックになって音源の表示速度その他の快適性が損なわれるとかそういう。


 もしかしてもしかしたら、将来的にはDLNAやらUPnPやらに対応せずもはや「ローカル」の音源を相手にしない、純粋にストリーミングサービス専用のプレーヤーが主流になるかもしれない。
 その日が来れば、晴れて私の書いてきた音源管理に関する内容の多くは無用の長物と成り果てる。
 ま、それもまた善し。



ネットワークオーディオの三要素――『サーバー』・『プレーヤー』・『コントロール』

TIDALがもたらすもの

【音源管理の精髄】 目次 【ネットワークオーディオTips】


スポンサーリンク


関連記事

アニソンオーディオ vol.3を買ったよ

 盛りだくさんの内容。  光田氏のインタビューも読めて満足。  ハルカナルトキノカナタへ

記事を読む

【ネットワークオーディオTips】全体の流れ――音源の管理運用・システムの構築・実際の音楽再生

 全体像の把握は大切だ。  でないと、何から手を付けていいのかわからないまま各論に走り、破局を迎え

記事を読む

【Dolby Atmos/DTS:X】トップスピーカーの取り付け

スピーカーの配置④――ドルビーの推奨位置から考える トップスピーカーの選択②――ECLIPSE T

記事を読む

【音源管理の精髄】 アルバムアートにこだわる理由 【ネットワークオーディオTips】

 私は聴きたい曲を選ぶ際、あくまで「○○というアルバムの中の○○という曲」という意識を持っている。

記事を読む

【ネットワークオーディオTips・実践編】foobar2000を使って手っ取り早くDSD256対応のネットワークオーディオ環境を作る

 安くて早くて多機能で夢が広がるfoobar2000を例に、実践編のまとめとして。  ネットワーク

記事を読む

Raspberry Piとワンボードオーディオ・コンソーシアム

Raspberry Piで音楽再生、「ワンボードオーディオ」共通規格化へ。TEACやLUXMANら8

記事を読む

【音源管理の精髄】 再生ソフトを用いたPCのサーバー化――最も簡単なネットワークオーディオの形 【ネットワークオーディオTips】

 NASとサーバーに関するありがちな誤解に関する記事の中で、「NASがなくてもネットワークオーディオ

記事を読む

順調に増えていくRoonのパートナーブランドと国内メーカーの動向

 気付けば、RoonのHPのPartnersのページで、Roon Readyプレーヤーを作っているブ

記事を読む

ネットワークオーディオの未来

 狭義のネットワークオーディオとは、「NASに音源を置き、LAN経由でプレーヤーにストリーミングし、

記事を読む

【BDレビュー】第282回『X-MEN: フューチャー&パスト』

画質:12 音質:10 映像:AVC 音声:DTS-HD Master A

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

LUMIN A1、導入3周年 終わらない進化とMQA対応

 LUMIN Appはバージョン3から相変わらず最強だし、  iPh

【UHD BDレビュー】第18回『シン・ゴジラ』

【考察】シン・ゴジラとヤマタノオロチ、そして現代のスサノオ神話

PS3の出荷(近日)完了に寄せて

PS3本体の出荷が近日終了 - GameSpark  私のP

【Roon Ready】CHORD Poly

 CHORD Mojoに接続して使う、Roon Readyの「ポータブ

【UHD BDレビュー】第17回『オペラ座の怪人』

『オペラ座の怪人』のUHD BD 画質:9 (画質は

LUMIN is NOW Roon Ready! そしてMQAとSpotifyにも対応予定

LUMIN STREAMING SERVICES  ほんとに

【レビューまとめ】fidata HFAS1-XS20 ― 専用機であるということ

外観編 音質・サーバー編 音質・ミュージックサーバー編

【レビュー】fidata HFAS1-XS20 × OPPO Sonica DAC 音質・ミュージックサーバー編

外観編 音質・サーバー編 fidataのCDトランスポート

【Roon Ready】dCSのNetwork Bridge

dCS、RoonReady対応のネットワークトランスポート「Netwo

fidataのCDトランスポート機能を使ってみた

fidata公式サイト USB接続光学ドライブにセットしたCDを

Roon 1.3 (Build 208)とTIDAL Masters

TIDAL MASTERS with MQA  RoonのB

デジファイ No.25で記事を執筆しました

DigiFi(デジファイ)No.25 3月2日(木)発売【特別付録】ハ

Raspberry Piとワンボードオーディオ・コンソーシアム

Raspberry Piで音楽再生、「ワンボードオーディオ」共通規格化

【レビュー】fidata HFAS1-XS20 音質・サーバー編

外観編 音質・ミュージックサーバー編  まずは、純粋な

【ハイレゾ音源備忘録】John Mayer / Continuum

・アーティスト / アルバムタイトル John Maye

【ハイレゾ音源備忘録】John Mayer / The Search for Everything – Wave Two

・アーティスト / アルバムタイトル John Maye

『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』がUHD BDでリリースされなかった……

スター・ウォーズ最新作『ローグ・ワン』4月28日にBD発売。プレミアム

「FAN AKITA」のプロジェクトが終了しました

クラウドファンディングサービス「FAN AKITA」でプロジェクトを実

【レビュー】fidata HFAS1-XS20 外観編

fidata HFAS1-XS20 - 言の葉の穴  もっと

【菅江真澄紀行文・本編紹介】第十章「羽後に群立つ神杉の座所」

クラウドファンディングサービス「FAN AKITA」でプロジェクトを実

→もっと見る

PAGE TOP ↑