*

【ネットワークオーディオTips】ネットワークオーディオとストリーミングサービス

公開日: : 最終更新日:2015/09/12 PC・ネットワークオーディオ関連, オーディオ・ビジュアル全般

 spotifyに加えて最近ではApple MusicやらAWAやら、音楽ストリーミングサービスがますます広がっている(ように見える)。
 確かに便利だし、様々な音楽との出会いを得られるのは素晴らしい。
 それをわかったうえでなお、ガチのオーディオファンからすれば、圧縮音源を聴かされる時点で本気にはなれそうにない。

 そんな声に応えるのがTIDALにQobuz。
 CD相当、非圧縮でのストリーミング。少なくともCD相当の品質が担保されるのなら、私をはじめ多くのオーディオファンは音源として納得する。
 ハイレゾでのストリーミングも、技術の進歩やインフラの整備でいずれは現実的になっていくはず。

 というわけで、ディスク、ダウンロードしたファイルに続く第三の音源として、オーディオ業界においても「ストリーミング」は存在感を増しつつある(ような気がする)。
 LINN DSやらLUMINやら、まともなネットワークオーディオプレーヤーはさっさとTIDALやQobuzに対応していっていることからも流れが伺える。

 それでは、ネットワークオーディオのシステムで音楽ストリーミングサービスを楽しむために、何か気を付ける必要はあるのだろうか。


 結論から言えば、何もする必要がない


 これはネットワークオーディオの三要素と、それぞれの役割を端的に示した図である。

ネットワークオーディオの三要素

 これがストリーミングサービスだとどうなるかと言うと、こうなる。

ネットワークオーディオとストリーミングサービス
 
 ストリーミングサービスを使うにあたり、システムに何かしら変更を加える必要はない。
 単に「音源の置き場所」が「自分の家」から「どこか遠く」に変わるだけ。
 プレーヤーとコントロールはそのまんま。
 KazooにせよLUMIN AppにせよBubbleUPnPにせよ、コントロールアプリはストリーミングサービスを単に「サーバー/ライブラリのひとつ」として扱うのみ。

 結局のところ、ストリーミングサービスを使おうがローカルのサーバーを使おうが、コントロールアプリの完成度が酷ければ快適な音楽再生など夢のまた夢であることに変わりはない。
 逆に、既にネットワークオーディオを実践して快適な音楽再生を実現しているユーザーは、現状の快適さを一切損なうことなく、ストリーミングサービスによってさらに数千万曲の音源の恩恵を受けられるということになる。


 強いてローカルとストリーミングの違いを言うとすれば、ストリーミングサービスのサーバーの中身は「自分以外の誰かが構築したライブラリ」であるため、音源のブラウズが「自分ルールに基づいて完璧に仕上げられた自分専用ライブラリ」のようにはいかない、ということくらいか。
 あとはクラウドということがネックになって音源の表示速度その他の快適性が損なわれるとかそういう。


 もしかしてもしかしたら、将来的にはDLNAやらUPnPやらに対応せずもはや「ローカル」の音源を相手にしない、純粋にストリーミングサービス専用のプレーヤーが主流になるかもしれない。
 その日が来れば、晴れて私の書いてきた音源管理に関する内容の多くは無用の長物と成り果てる。
 ま、それもまた善し。



ネットワークオーディオの三要素――『サーバー』・『プレーヤー』・『コントロール』

TIDALがもたらすもの

【音源管理の精髄】 目次 【ネットワークオーディオTips】


スポンサーリンク


関連記事

『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』がUHD BDでリリースされなかった……

スター・ウォーズ最新作『ローグ・ワン』4月28日にBD発売。プレミアムBOXも - Phile-we

記事を読む

『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』はUHD BDでリリースされるのだろうか

 最後のジェダイを先日見てきた。  あるシーンでは「最初からそれをやれよ」と思わずにはいられなかっ

記事を読む

【ホームシアターでゲームをしよう!】第2回『ドラゴンクエストⅪ 過ぎ去りし時を求めて』

https://www.youtube.com/watch?v=fXlbhVVB7BU

記事を読む

androidでもLUMIN Appが使えるようになったよ

 待ってました。 LUMIN - Google Play  *Best viewed w

記事を読む

【イベントレポート】ネットワークオーディオ実践セミナー・Labo(ヨシオカ電化センター)

【ネットワークオーディオで実現する快適な音楽鑑賞空間の構築】全国横断実践セミナー  6月6

記事を読む

月刊HiVi 2017年12月号に記事を執筆しました【おまけつき】

 本日発売。 月刊HiVi 12月号 11/17発売 半年に一度の「ベストバイ」。あら

記事を読む

【Munich HIGH END 2017】Roon Labs自身による“Nucleus” Roon Server

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。 Roon Does

記事を読む

【BDレビュー】第295回『アラジン』

 私の中でディズニーと言えば、眠れる森の美女とロビンフッドとアラジンだった。  向こうじゃとっ

記事を読む

4K BDは2015年末に登場

4K Blu-ray Confirmed, Coming in Late 2015  待ち

記事を読む

no image

【BDレビュー】第70回『時をかける少女』

画質:15 音質:8 映像はAVCで30台後半中心の超ハイビットレート。 音声はドルビーTR

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

【レビュー】SOULNOTE A-2 続・音質編 ― 純正ボード「SSB-1」と純正ケーブル「SBC-1」

【レビュー】SOULNOTE A-2 導入・外観・運用編 【レビ

DELA N1ZSの後継モデル

DELA、ミュージックライブラリーの最上位「HA-N1ZS20/2A」

NetAudio vol.29で記事を執筆しました

 本日発売。  なんとも光栄なことに、2017年のネットオー

HiVi 2018年2月号で記事を執筆しました【おまけつき】

 昨日発売。 月刊HiVi 2月号 1/17発売「HiViグ

【レビュー】SOULNOTE A-2 音質編

【レビュー】SOULNOTE A-2 導入・外観・運用編 愛によ

【レビュー】SOULNOTE A-2 導入・外観・運用編

SOULNOTE A-2 ― Dynaudio Sapphireへの捧

【CES2018】RoonのMQA対応、そしてAudirvanaが……Windowsに……!?

MQA Expands its Reach - stereophile

SOULNOTE A-2 ― Dynaudio Sapphireへの捧げもの

【レビュー】Dynaudio Sapphire  Dynaudi

生涯最高のカレンダー

 最高すぎる。 2018 磯野宏夫カレンダー

言の葉の穴 2017-2018

 「言の葉の穴」読者の皆様、あけましておめでとうございます。  昨年

言の葉の穴・2017年のハイライト

 オーディオネタも地元ネタもごちゃまぜのセレクション。  年の初めか

【レビュー】SOtM tX-USBultra

 どれだけPCとのUSB接続にオーディオ的な問題があると言っても、現に

【ネットワークオーディオTips】fidata Music App

【2017/12/30 アプリの正式リリースに伴い記事を更新】

【ハイレゾ音源備忘録】大原ゆい子 / 煌めく浜辺(アニメ盤)

なぜハイレゾ音源を買うのか ・アーティスト /

【ハイレゾ音源備忘録】YURiKA / 鏡面の波(アニメ盤)

なぜハイレゾ音源を買うのか ・アーティスト /

【BDレビュー】第354回『宝石の国』

アニメ『宝石の国』が素晴らしい  付

Roon 1.4でiOS端末をOutputとして使用可能になった

Roon 1.4 Is Live! - Roon Labs Ne

『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』はUHD BDでリリースされるのだろうか

 最後のジェダイを先日見てきた。  あるシーンでは「最初からそれをや

【ハイレゾ音源備忘録】Bruce Springsteen / Born to Run – 30th Anniversary Edition

・アーティスト / アルバムタイトル Bruce Spr

【ハイレゾ音源備忘録】The Beatles / Sgt. Peppers Lonely Hearts Club Band (Deluxe Anniversary Edition)

 祝・ビートルズのハイレゾ音源初配信。 ・アーティス

→もっと見る

PAGE TOP ↑