*

【音源管理の精髄】DSDIFFからDSFへの変換

 DSDのファイルには大きくDSDIFFとDSFがある。WSDというのもあるが、一般ユーザーにとってあまり縁がなさそうなのでとりあえず無視。

 DSDIFFとDSFの違いについてはこちらの記事に詳しく書かれている。
 
 両者の技術的な詳細については語り得ないが、とりあえず、DSFがID3v2.3のタグに対応していること、そしてMp3tagやdBpoweramp Tag Editorといったタグ編集ソフトはDSFのみに対応していることは確かである。
 よって、DSDの音源もPCMと同じように管理し、ライブラリに統合するためには、必然的にDSFを使う必要性が出てくる。

 ダウンロードでも何でも、手に入れた音源の形式が最初からDSFなら話は早い。
 先述したMp3tagやdBpoweramp Tag Editorといった対応するソフトでタグの編集が可能であり、扱いはPCMと変わらない。アルバムアートも含めてきっちりタグが付加できる。
 こんな具合に。
20150812dsd07

 問題なのはDSDIFFだった場合。
 独自形式でタグが付けられるとはいっても、一般ユーザーでは歯が立たない。
 そこで、DSDIFFをDSFに変換する必要がある。

 DSDIFFからDSFへの変換が最も簡単にできるのがdff2dsfというソフト。
 使い方は極めて明快、exeファイルにDSDIFFのファイルをドラッグ&ドロップするだけ。DSD256にも対応している。
20150812dsd06
 これで同一フォルダ内にDSFのファイルが出力される。もちろん元のDSDIFFのファイルは残る。
 複数のファイルを一括変換することも可能。
 こうして出力されたDSFファイルに色々とタグを仕込めば、ライブラリの一員となるに相応しい音源の出来上がりである。
20150812dsd08

 ただ、私の環境が悪いからなのか何らかの仕様なのか、dff2dsfで変換できる音源とできない音源がある。
 具体的には、DSD256・3分27秒・557MBの音源は変換でき、DSD256・5分51秒・945MBの音源は変換できない。
 DSD64・10分51秒・438MBの音源は変換できるので、ファイルサイズに原因があると思うのだが……
 なんにせよ、せっかくのDSD256の音源を完全な姿に整えられないのは悔しい。

 そこで登場するのが、最近出たばかりのTASCAM Hi-Res Editor
 フリーで使え、なおかつDSDIFFからDSFへの変換が可能。さらにDSD256にも対応している素晴らしいソフトである。ただ、複数ファイルの一括変換はできないようだ。

 使い方も簡単。
 ファイルをドラッグ&ドロップするなり開くなりしてから、「EXPORT」を選択。
20150812dsd02

 出力するファイルのフォーマットをDSFにして、EXPORT。
20150812dsd03

 問題なくDSFへの変換が始まる。
 dff2dsfに比べると結構時間がかかる。
20150812dsd04

 あとは、出力されたDSFファイルに色々とタグを仕込んで出来上がり。
20150812dsd01


 DSDだからタグが使えなくても仕方がない、色々な情報が見えなくても仕方がない、というのは納得がいかない。
 もっと言ってしまえば、どれだけ音が良かろうと、そんな代物を自分のライブラリには加えたくない。
 せめて最終的に音楽を聴く際はDSDだのPCMだのを気にせずに済むよう、音源には盤石の管理を施せるようにしたい。



【音源管理の精髄】 目次 【ネットワークオーディオTips】


スポンサーリンク


関連記事

Twonky Server 8.3、さらば、トンキー病

 Twonky Serverのバージョンがこないだ8.3になった。 Twonky Serv

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第185回『インセプション』

ベスト高画質賞にインセプション それはない。 絶対にない。 思いがけず視聴記を書く気になっ

記事を読む

サラウンドジャンキーに送る“シューテムアップ”BD10選

 【BDレビュー】300回到達 & UHD BDローンチ記念。  この記事における「シュー

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第193回『ロビン・フッド』

最後のアレがやりたかっただけだろ! ライアン病患者乙!! 画質:9 音質:9

記事を読む

【イベントレポート】オーディオラボオガワ KITHIT・LUMIN試聴会 & ネットワークオーディオ講座

 去る3月14日、山形のオーディオラボオガワでKITHIT・LUMIN試聴会 & ネットワークオーデ

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第210回『レオン』

画質:9 音質:8 映像はAVC、音声はドルビーTRUEHDの24bit、5.0chという

記事を読む

【レビュー】DSP-Dorado 音質編

外観・導入編 設定・運用編 ・再生環境(詳細) fidata HFAS

記事を読む

言の葉の穴 2016年のハイライト オーディオ・ビジュアル編

「言の葉の穴」的2015年のAV関連ニュース10選  独断と偏見とノリと勢いで選ぶ2016

記事を読む

【Audio】 システムまとめ 【Visual】

【システム全景】(2017/08/07) 【オーディオ】 - Roon/JRMC/Op

記事を読む

【音源管理の精髄】 JRiver Media Centerでネットワークオーディオする! 【ネットワークオーディオTips】

 JRiver Media Center。長いから以後JRiverと呼ぶ。  高品質かつ多機能な再

記事を読む

スポンサーリンク

Comment

  1. のり より:

    PCで使っている音楽プレイヤーはfoobar2000です。 そのままファイルやフォルダを右クリックしてのタグ付けと変更は成功せずに諦めていたのですが、Super Audio CD Decoderコンポーネントをインストールすると出る、sacdタブの所にある”Editable Tags”(日本語化してあれば”タグを編集可能にする”)にチェックを付けるだけでDSFとDSDIFF(DSTも可)ファイルのタグ付けと変更ができました。

    こちらで紹介されていた TASCAM Hi-Res Editor も試してみたのですが、DSFとDSDIFFファイルの両形式とも使用できずに四苦八苦していました。 
    2年前の記事にコメントするのもなんですが、 先日「あれっ!?」って感じでできてしまいましたので参考になれば。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

なぜハイレゾ音源を買うのか

 音がいいから、ではない。  私が「ハイレゾ」と言う時は

【UHD BDレビュー】第47回『トランスフォーマー/最後の騎士王』 英国盤 【Dolby Atmos】

画質:10 音質:14 (評価の詳細についてはこの記事

SFORZATO流「ネットワークプレーヤーの使いこなし」が掲載されたので

 我が身を振り返ってみた。 Netwok Audioについて

Bricasti Design M12 / M1 SE mk2のLAN入力がPCM 384kHz/24bit・DSD 5.6MHzに対応

M12およびM1 Special Edition mk2仕様変更のご案

ついに日本でロスレス音楽ストリーミングサービス「Deezer HiFi」が開始

日本初、ロスレス音楽ストリーミング「Deezer HiFi」開始。3,

【レビュー】日本テレガートナー M12 GOLD SWITCH

 魔境深淵注意。  みんなおこらずに楽しく読んでね。

【ハイレゾ音源備忘録】Nicogi / DigiFi No.28付録音源

・アーティスト / アルバムタイトル Nicogi /

「自分の音源ライブラリ」の未来

 言の葉の穴を本格的に始めてまだ間もない頃、こんな記事を書いた。

【Dolby Atmos/DTS:X】オブジェクトオーディオの威力を実感できるタイトル10選・2017年版

 せっかく、「さらなるサラウンド体験のために天井にスピーカーを付ける」

【BDレビュー】第353回『パトリオット・デイ』

 日本ではUHD BDが発売されないという悲劇。 https

LUMIN AppがiPad Pro 12.9インチにネイティブ対応

コントロールアプリのiPad Pro 12.9インチへの対応状況

【BDレビュー】第352回『バーニング・オーシャン』 【Dolby Atmos】

 日本ではUHD BDが出ないという悲劇。 https://

LINN KLIMAX DS/3・DSM/2(Katalyst DAC搭載モデル)がDSDの再生に対応

LINN FORUMS  LINN DSのファームウェア、Dav

WaversaSystems WCORE(Roon Server)

WCORE開発完了 - WaversaSystems  要は

【BDレビュー】第351回『ハードコア』

 一人称視点のアレ。 https://www.youtube.c

UHD BD化を待ち望む作品10選・2017年末版

BD化を待ち望む作品10選  未だBD化されていない作品も多いと

【UHD BDレビュー】第46回『スパイダーマン:ホームカミング』 英国盤 【Dolby Atmos】

画質:6 音質:7 (評価の詳細についてはこの記事を参

【UHD BDレビュー】第45回『ベイビー・ドライバー』 英国盤 【Dolby Atmos】

画質:7 音質:12 (評価の詳細についてはこの記事を

【BDレビュー】第350回『グレートウォール』 【Dolby Atmos】

同時にUHD BDが出ている作品のBDを評価するのはいささか心苦しいの

【BDレビュー】第349回『キング・アーサー』(ガイ・リッチー監督/2017年) 【Dolby Atmos】

同時にUHD BDが出ている作品のBDを評価するのはいささか心苦しいの

→もっと見る

PAGE TOP ↑