*

【音源管理の精髄】DSDIFFからDSFへの変換

 DSDのファイルには大きくDSDIFFとDSFがある。WSDというのもあるが、一般ユーザーにとってあまり縁がなさそうなのでとりあえず無視。

 DSDIFFとDSFの違いについてはこちらの記事に詳しく書かれている。
 
 両者の技術的な詳細については語り得ないが、とりあえず、DSFがID3v2.3のタグに対応していること、そしてMp3tagやdBpoweramp Tag Editorといったタグ編集ソフトはDSFのみに対応していることは確かである。
 よって、DSDの音源もPCMと同じように管理し、ライブラリに統合するためには、必然的にDSFを使う必要性が出てくる。

 ダウンロードでも何でも、手に入れた音源の形式が最初からDSFなら話は早い。
 先述したMp3tagやdBpoweramp Tag Editorといった対応するソフトでタグの編集が可能であり、扱いはPCMと変わらない。アルバムアートも含めてきっちりタグが付加できる。
 こんな具合に。
20150812dsd07

 問題なのはDSDIFFだった場合。
 独自形式でタグが付けられるとはいっても、一般ユーザーでは歯が立たない。
 そこで、DSDIFFをDSFに変換する必要がある。

 DSDIFFからDSFへの変換が最も簡単にできるのがdff2dsfというソフト。
 使い方は極めて明快、exeファイルにDSDIFFのファイルをドラッグ&ドロップするだけ。DSD256にも対応している。
20150812dsd06
 これで同一フォルダ内にDSFのファイルが出力される。もちろん元のDSDIFFのファイルは残る。
 複数のファイルを一括変換することも可能。
 こうして出力されたDSFファイルに色々とタグを仕込めば、ライブラリの一員となるに相応しい音源の出来上がりである。
20150812dsd08

 ただ、私の環境が悪いからなのか何らかの仕様なのか、dff2dsfで変換できる音源とできない音源がある。
 具体的には、DSD256・3分27秒・557MBの音源は変換でき、DSD256・5分51秒・945MBの音源は変換できない。
 DSD64・10分51秒・438MBの音源は変換できるので、ファイルサイズに原因があると思うのだが……
 なんにせよ、せっかくのDSD256の音源を完全な姿に整えられないのは悔しい。

 そこで登場するのが、最近出たばかりのTASCAM Hi-Res Editor
 フリーで使え、なおかつDSDIFFからDSFへの変換が可能。さらにDSD256にも対応している素晴らしいソフトである。ただ、複数ファイルの一括変換はできないようだ。

 使い方も簡単。
 ファイルをドラッグ&ドロップするなり開くなりしてから、「EXPORT」を選択。
20150812dsd02

 出力するファイルのフォーマットをDSFにして、EXPORT。
20150812dsd03

 問題なくDSFへの変換が始まる。
 dff2dsfに比べると結構時間がかかる。
20150812dsd04

 あとは、出力されたDSFファイルに色々とタグを仕込んで出来上がり。
20150812dsd01


 DSDだからタグが使えなくても仕方がない、色々な情報が見えなくても仕方がない、というのは納得がいかない。
 もっと言ってしまえば、どれだけ音が良かろうと、そんな代物を自分のライブラリには加えたくない。
 せめて最終的に音楽を聴く際はDSDだのPCMだのを気にせずに済むよう、音源には盤石の管理を施せるようにしたい。



【音源管理の精髄】 目次 【ネットワークオーディオTips】


スポンサーリンク


関連記事

【レビュー】ECLIPSE TD316SWMK2

 ECLIPSE TD316SWMK2以外の単体サブウーファーを使ったことがないので、相対的な評価は

記事を読む

【ハイレゾ音源備忘録】Kygo / Cloud Nine

・アーティスト / アルバムタイトル Kygo / Cloud Nine ・購入

記事を読む

【音源管理の精髄】 理想のコントロールアプリとは? 【ネットワークオーディオTips】

 理想のコントロールアプリとは何か。  私にとって、それは以下の要素を完璧に満足するアプリであ

記事を読む

【ハイレゾ音源備忘録】鷺巣詩郎 / ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q オリジナルサウンドトラック

・アーティスト / アルバムタイトル 鷺巣詩郎 / ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q オリジナルサウン

記事を読む

androidでもLUMIN Appが使えるようになったよ

 待ってました。 LUMIN - Google Play  *Best viewed w

記事を読む

【アプリ紹介】eLyric iPhone/iPod Touch版

※この記事のデータ等は基本的に2012年2月29日時点のものです 基本的にはかなりiP

記事を読む

【ネットワークオーディオTips】LINN DS

 オーディオ業界に「ネットワークオーディオ」という領域を作り出したのはLINN DSであると言って間

記事を読む

アニソンオーディオ Vol.2 収録音源

 いったいいつになったらこの人たちはタグの付け方を覚えるんですかね……

記事を読む

【BDレビュー】第314回『コードネーム U.N.C.L.E.』

画質:9 音質:8 (評価の詳細についてはこの記事を参照) 映像:AVC 音声:Dolb

記事を読む

【UHD BDレビュー】第32回『メッセージ / Arrival』 米国盤

画質:7 音質:8 (評価の詳細についてはこの記事を参照) 映像:HEVC 2

記事を読む

スポンサーリンク

Comment

  1. のり より:

    PCで使っている音楽プレイヤーはfoobar2000です。 そのままファイルやフォルダを右クリックしてのタグ付けと変更は成功せずに諦めていたのですが、Super Audio CD Decoderコンポーネントをインストールすると出る、sacdタブの所にある”Editable Tags”(日本語化してあれば”タグを編集可能にする”)にチェックを付けるだけでDSFとDSDIFF(DSTも可)ファイルのタグ付けと変更ができました。

    こちらで紹介されていた TASCAM Hi-Res Editor も試してみたのですが、DSFとDSDIFFファイルの両形式とも使用できずに四苦八苦していました。 
    2年前の記事にコメントするのもなんですが、 先日「あれっ!?」って感じでできてしまいましたので参考になれば。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

【ホームシアターでゲームをしよう!】第3回『ニンテンドークラシックミニ スーパーファミコン』

https://www.youtube.com/watch?v

TIAS2017の思い出

 色々あるが、最も印象に残ったのはナスペックブースでのPlayback

【イベント報告】東京インターナショナルオーディオショウ2017 於:トライオードブース

予告:東京インターナショナルオーディオショウに参加します  

【ホームシアターでゲームをしよう!】第2回『ドラゴンクエストⅪ 過ぎ去りし時を求めて』

https://www.youtube.com/watch?v

【ハイレゾ音源備忘録】Nicogi / 蜃気楼

・アーティスト / アルバムタイトル Nicogi /

【ホームシアターでゲームをしよう!】再始動

 諸事情により、第1回『The Last of Us』以来

【ハイレゾ音源備忘録】Nicogi / Precious Morning

・アーティスト / アルバムタイトル Nicogi /

【BDレビュー】第345回『RWBY Volume 4』

画質:8 音質:6 (評価の詳細についてはこの記事を参

JPLAYの入門ガイドを作成しました

JPLAY日本語公式ページ →PCオーディオ入門者向け設定ガイド

月刊HiVi 2017年10月号に記事を執筆しました【おまけつき】

月刊HiVi 10月号 9/16発売 祝35周年・UHDブ

【ハイレゾ音源備忘録】Helge Lien Trio / Guzuguzu

おまえの新譜グズグズじゃねーか(歓喜) ・アーテ

【ハイレゾ音源備忘録】Tingvall Trio / Cirklar

・アーティスト / アルバムタイトル Tingvall

【ハイレゾ音源備忘録】Julian Lage / Arclight

・アーティスト / アルバムタイトル Julian La

【レビュー】DSP-Dorado 音質編

外観・導入編 設定・運用編 ・再生環境(詳細)

【UHD BDレビュー】第33回『ザ・コンサルタント / The Accountant』

画質:6 音質:8 (評価の詳細についてはこの記事を参

【レビュー】DSP-Dorado 設定・運用編

外観・導入編  DSP-Doradoは意外と(?)多機能

【イベント情報】東京インターナショナルオーディオショウに参加します

 既にオーディオ誌で見たという人もいるかもしれませんが、 2

【UHD BDレビュー】第32回『メッセージ / Arrival』 米国盤

画質:7 音質:8 (評価の詳細についてはこの記事を参

【レビュー】SFORZATO DSP-Dorado 外観・導入編

「純粋なネットワークオーディオ」への憧憬 続・「純粋なネットワークオ

激突!OpenHome/UPnP vs Roon Ready/RAAT

 今回は音質面の話。  「Roon ReadyはUPnPベースのシス

→もっと見る

PAGE TOP ↑