*

【音源管理の精髄・応用編】 クラシックの音源でこそタグが輝く 【ネットワークオーディオTips】

 ベートーヴェンの交響曲第5。
 冒頭、運命が扉を叩く音。
 その10秒程度の音だけを、指揮者を替え、オーケストラを替え、演奏を替え、ひたすらCDを入れ替えながら聴き続ける。
 まず「誰の曲か」があり、次に指揮者があり、その次に、オーケストラ、演奏といったバリエーションがある。
 私の知るとあるクラシック愛好家は、こんな風に厖大な演奏を聴き比べることにより、その曲の奥底に秘められた「何か」を覗き込もうとしていたように見えた。
 そして“彼”はCDを入れ替え、音を聴くたびに、「な? 違うだろ?」と居合わせた人間に嬉々として語るのだった。

 そんな“彼”に、ネットワークオーディオのシステムを紹介できたならといつも思う。
 しかし、もはや紹介することさえ叶わないのが残念でならない。
 はたして“彼”は喜んでくれるだろうか。



 さて。
 すべてのクラシック愛好家が“彼”と同じような聴き方をするわけではないだろうが、どのような聴き方をするにせよ、「聴く曲を選ぶ際に」必要とする情報は共通のはずだ。
 “彼”の作法に倣えば、

・作曲家(誰の曲か)
・指揮者(誰の指揮か)
・オーケストラ(どこのオーケストラか)
・演奏(いつの演奏か)

 これらがまず必須だろうし、他にも

・楽器(メインで使われる楽器は何か)
・歴史/時代区分(バロックとかロマン派とか……)
・演奏形式(管弦楽とか声楽とか……)
・ソリスト
・合唱
・レーベル

 などなど、とにかくこだわればこだわるほど色々な情報が必要とされるはずだ。


 と、ここでとあるクラシック音源の中身がどうなっているかを見てみたい。
 1951年のバイロイト音楽祭、フルトヴェングラーによる第9である。
 dBpoweramp CD Ripperでリッピングした結果、このようになった。
20150525クラシック

 正しくリッピングすれば、これだけの情報が手に入る。

 見ての通り、上で書いた情報は、以下の通りすべてタグとして項目が用意されている。
 クラシックのためだけに用意されたと思しきものも多い。

・Composer(作曲家)
・Conductor(指揮者)
・Orchestra(オーケストラ)
・Year(演奏年)
・Instrument(楽器)
・Period(歴史/時代区分)
・Style(演奏形式)
・Soloist(ソリスト)
・Chorus(合唱)
・Label(レーベル)


 しかし、知っての通り、問題は「タグが付加されていたところでそれが活用されるかどうかはソフト次第」ということだ。
 タグとして情報を付加しても、それを活用できないのでは意味がない。


 端的に言えば、冒頭の“彼”の聴き方、「作曲家→指揮者→オーケストラ&演奏年」という選曲の作法は、MinimServerを使ったクラシック専用サーバーの構築によって実現可能である。


 それでもまだ足りない、「作曲家&指揮者&オーケストラ&演奏年」だけでは足りないという人もいるだろう。それに“彼”とて、常に同じような聴き方をしていたのではあるまい。
 となれば、究極的なレベルでタグと向き合うことが求められる。もはやフォルダ構造を工夫したところでどうにかなるレベルではない。
 

 そんなクラシック愛好家のために、Asset UPnPがある。

 さすがはdBpoweramp CD Ripperを作っているillustrate社のサーバーソフトというべきか、Asset UPnPは上で示したすべてのタグをナビゲーションツリーに組み込んでいる。
20150525クラシック02

 上記すべてのタグに意識を巡らし、かつ活用し得るレベルにまでライブラリを作り込み、さらに自分自身の作法に合わせてAsset UPnPのカスタマイズも完璧に仕上げる。
 クラシックをほとんど聴かない私には想像することしかできないが、そのための労力は、きっとルールを構築する時点から凄まじいものになるだろう。

 しかし、決して不可能なことではない。
 そのために何が必要かも、【音源管理の精髄】でずっと書いてきたつもりだ。

 そして、音の深淵に秘沈された「何か」を見出そうとしていた“彼”の真摯さを思い起こすたびに、クラシックの愛好家にとってこの程度の労力など実は些細なものなのではないか、とも思えてくる。
 それが自分と音楽との関わりに寄与すると思えば、“彼”はきっとライブラリの構築に着手したことだろう。

 自分が望む聴き方を実現するために、どうすればいいのかは既に分かっている。
 そのための道具もある。
 あとは実践するか否かだ。

 自分のライブラリにどこまで愛情を注ぐか。
 すべてはひとりひとりのこだわり次第。

 音源の管理運用は、結局そこに辿り着く。



【音源管理の精髄】 目次 【ネットワークオーディオTips】

スポンサーリンク


関連記事

no image

【BDレビュー】 第188回『パットン 大戦車軍団』

画質:10 音質:6 映像はAVC、音声はDTS-HDMA・24bit 画質について

記事を読む

【Dolby Atmos導入記】アトモス時代のAVプリ

マランツ、旗艦AVプリ「AV8802」。ドルビーアトモス対応/フルディスクリート電流帰還型プリ採用

記事を読む

【レビュー】SOULNOTE D-1 外観・運用編

 SOULNOTEのDACには、対応フォーマットのスペックを偏重する流れとは一線を画したストイックな

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第80回『ゼア・ウィル・ビー・ブラッド』

画質:9 音質:8 映像はVC-1、ビットレートは20台中心で推移。30台にも乗る。 音

記事を読む

アイ・オーのオーディオ用NAS新製品

アイ・オー、“設定不要”の簡単オーディオ用NAS「RockDisk for Audio」。e-onk

記事を読む

LFEとサブウーファーの意義を考える

 LFE。  Low-Frequency Effect。  映像音声にディスクリート収録(.1c

記事を読む

【UHD BDレビュー】第15回『レヴェナント: 蘇えりし者』 米国盤

【4K/HDR環境の導入に伴い、2016/11/30初出の記事を更新・追記】

記事を読む

【ハイレゾ音源備忘録】Helge Lien Trio / Guzuguzu

おまえの新譜グズグズじゃねーか(歓喜) ・アーティスト / アルバムタイトル

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第105回『プレデター2』

個人的にはターミネーター2と並び立つ超傑作SFだと思っている。 ちなみにプレデター2も主演はシ

記事を読む

【ネットワークオーディオTips】コントロールアプリの紹介 『mconnect player』

 いつまで経ってもアプリの検証が進まず、気が付いたら2015年になってしまった。  このままでは永

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

【地元探訪・神様セカンドライフ編】アオのふるさと:鬼越蒼前神社(岩手県滝沢市)

 既に地元ではない気もするが別に構うまい。  というわけでひ

NetAudio vol.28で記事を執筆しました

NetAudio vol.28 - Phile-web  昨

4,000,000PVを達成しました

 言の葉の穴は2017年10月19日をもって、4,000,00

SFORZATO DSP-Doradoとfidata HFAS1-XS20を導入した

「純粋なネットワークオーディオ」への憧憬 続・「純粋なネットワークオ

月刊HiVi 2017年11月号に記事を執筆しました【おまけつき】

月刊HiVi 11月号 10/17発売 「ロマンポルノ」を

【ホームシアターでゲームをしよう!】第3回『ニンテンドークラシックミニ スーパーファミコン』

https://www.youtube.com/watch?v

TIAS2017の思い出

 色々あるが、最も印象に残ったのはナスペックブースでのPlayback

【イベント報告】東京インターナショナルオーディオショウ2017 於:トライオードブース

予告:東京インターナショナルオーディオショウに参加します  

【ホームシアターでゲームをしよう!】第2回『ドラゴンクエストⅪ 過ぎ去りし時を求めて』

https://www.youtube.com/watch?v

【ハイレゾ音源備忘録】Nicogi / 蜃気楼

・アーティスト / アルバムタイトル Nicogi /

【ホームシアターでゲームをしよう!】再始動

 諸事情により、第1回『The Last of Us』以来

【ハイレゾ音源備忘録】Nicogi / Precious Morning

・アーティスト / アルバムタイトル Nicogi /

【BDレビュー】第345回『RWBY Volume 4』

画質:8 音質:6 (評価の詳細についてはこの記事を参

JPLAYの入門ガイドを作成しました

JPLAY日本語公式ページ →PCオーディオ入門者向け設定ガイド

月刊HiVi 2017年10月号に記事を執筆しました【おまけつき】

月刊HiVi 10月号 9/16発売 祝35周年・UHDブ

【ハイレゾ音源備忘録】Helge Lien Trio / Guzuguzu

おまえの新譜グズグズじゃねーか(歓喜) ・アーテ

【ハイレゾ音源備忘録】Tingvall Trio / Cirklar

・アーティスト / アルバムタイトル Tingvall

【ハイレゾ音源備忘録】Julian Lage / Arclight

・アーティスト / アルバムタイトル Julian La

【レビュー】DSP-Dorado 音質編

外観・導入編 設定・運用編 ・再生環境(詳細)

【UHD BDレビュー】第33回『ザ・コンサルタント / The Accountant』

画質:6 音質:8 (評価の詳細についてはこの記事を参

→もっと見る

PAGE TOP ↑