*

【Dynaudio】 Sapphireの足元 その2

公開日: : 最終更新日:2013/12/15 Dynaudio, オーディオ・ビジュアル全般, システム・機器

 というわけで、ボードである。

 選択肢は二つあった。
 Audience122同様にトラバーチン製のボードをサイズを合わせて導入するか、別の何かを探すか。

 ちなみにSapphireのスパイク受けは某ショップの超硬合金製のを使っている。以前Audience122に使っていたマグネシウム製のスパイク受けは直径が3センチと小さく、Sapphireを支えるには少々心許なかったからだ。
 この「猛烈に硬いスパイク受け」を使っている以上、ボードにも「硬い素材」を使うのはいかがなものか、という思いがある。確証もへったくれもないが、なんとなく感覚的に「キンキンな音になるんじゃないか……」という懸念が生じる。そして懸念が生じてしまった時点で、残念ながらトラバーチンは候補から外れてしまった。
 念のため言っておくと、トラバーチンそのものはオーディオ的に非常に優れた素材であると思う。実際、トラバーチンボードの導入でAudience122の音質は確かに向上した。そしてなにより、安い。

 充分な質量と強度を持ちながら、石のように硬くない素材といえば、もう「木」しか思いつかない。高分子素材とかそういうのはいまいち興味が持てないのでパス。
 木製オーディオボード。製品層の厚み的には石材を用いたオーディオボードと並び立つと思うのだが、私はついぞ使ったことがない。相当安価に入手できる石材のボードと違って、木製のボードはとにかく高いのである。ペアで5万6万はザラで、おいそれと手が出る値段ではなかった。
 しかし、Sapphireの台座である。間違いなく今後20年は使っていくであろうスピーカーの玉座である。あまりケチなことを言っても始まらない。何か、何かないものか。
 そんなこんなであれこれと探し回った挙句、実に素敵なボードを発見した。


  山崎創作 モアビ/オーディオボード


 いい。すごくいい。
 赤系の色もうちのSapphire(ボルドー色)に合いそう。
 値段も安い……とは言えないが、決して高くもない。
 音は……とりあえず厚さ6ミリの人工大理石より悪くなることはあるまい。
 いずれは、某店のSapphireベースを導入したいと考えている。それを見越して、サイズは大きめにしよう。
 もし、万が一、音質的に大外れだったとしても、その時は別の機器の足元に使えばいい。
 面白おかしく使いまわしが出来るのもオーディオの醍醐味なのだから。

スポンサーリンク


関連記事

【レビュー】Aurender N10 外観・導入編

 「ミュージックサーバー」を手掛けるブランドとして世界に名高いAurender。  Linux

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第202回『ヒックとドラゴン』

もっと早くに見るべきだった映画 画質:9 音質:8 映像はAVC、音声はドルビー

記事を読む

【UHD BDレビュー】第16回『ハドソン川の奇跡』 【Dolby Atmos】

【4K/HDR環境の導入に伴い、2017/01/30初出の記事を更新・追記】

記事を読む

【音源管理の精髄】 コントロールアプリ(iPad版)の紹介・2014年版 【ネットワークオーディオTips】

 前の紹介記事から既に2年近く経ったので、改めて紹介しようと思う。  脱落もあれば新顔もある。

記事を読む

【音源管理の精髄・応用編】 基礎から応用へ 【ネットワークオーディオTips】

 タグ、ライブラリの構築、アルバムアート、サーバー、コントロール、プレーヤー。  今まで音源の管理

記事を読む

iPad Pro(2017) 12.9インチを導入した

ネットワークオーディオの本質 - 言の葉の穴  『コントロール』こそがネットワークオーディオの

記事を読む

【レビュー】Aurender N10 運用編

外観・導入編  前回の続き。  ……ところで、なんかアルバムのサムネイル粗くない?(

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第1回『父親たちの星条旗』・『硫黄島からの手紙』

やる気のある内に早々と第一回。 記念すべき?第一回は父親たちの星条旗と硫黄島からの手紙、いわゆ

記事を読む

【音源管理の精髄】『音源』の重要性――『快適な音楽再生』を実現するために 【ネットワークオーディオTips】

 最初に、一般的な定義を確認しておこう。今後の話を分かりやすくするために。  (狭義の)PCオ

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第150回『ブレイブハート』

画質:12 音質:10 映像はAVC、音声はDTS-HDMAの24bit 画質につい

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

月刊HiVi 2017年11月号に記事を執筆しました【おまけつき】

月刊HiVi 11月号 10/17発売 「ロマンポルノ」を

【ホームシアターでゲームをしよう!】第3回『ニンテンドークラシックミニ スーパーファミコン』

https://www.youtube.com/watch?v

TIAS2017の思い出

 色々あるが、最も印象に残ったのはナスペックブースでのPlayback

【イベント報告】東京インターナショナルオーディオショウ2017 於:トライオードブース

予告:東京インターナショナルオーディオショウに参加します  

【ホームシアターでゲームをしよう!】第2回『ドラゴンクエストⅪ 過ぎ去りし時を求めて』

https://www.youtube.com/watch?v

【ハイレゾ音源備忘録】Nicogi / 蜃気楼

・アーティスト / アルバムタイトル Nicogi /

【ホームシアターでゲームをしよう!】再始動

 諸事情により、第1回『The Last of Us』以来

【ハイレゾ音源備忘録】Nicogi / Precious Morning

・アーティスト / アルバムタイトル Nicogi /

【BDレビュー】第345回『RWBY Volume 4』

画質:8 音質:6 (評価の詳細についてはこの記事を参

JPLAYの入門ガイドを作成しました

JPLAY日本語公式ページ →PCオーディオ入門者向け設定ガイド

月刊HiVi 2017年10月号に記事を執筆しました【おまけつき】

月刊HiVi 10月号 9/16発売 祝35周年・UHDブ

【ハイレゾ音源備忘録】Helge Lien Trio / Guzuguzu

おまえの新譜グズグズじゃねーか(歓喜) ・アーテ

【ハイレゾ音源備忘録】Tingvall Trio / Cirklar

・アーティスト / アルバムタイトル Tingvall

【ハイレゾ音源備忘録】Julian Lage / Arclight

・アーティスト / アルバムタイトル Julian La

【レビュー】DSP-Dorado 音質編

外観・導入編 設定・運用編 ・再生環境(詳細)

【UHD BDレビュー】第33回『ザ・コンサルタント / The Accountant』

画質:6 音質:8 (評価の詳細についてはこの記事を参

【レビュー】DSP-Dorado 設定・運用編

外観・導入編  DSP-Doradoは意外と(?)多機能

【イベント情報】東京インターナショナルオーディオショウに参加します

 既にオーディオ誌で見たという人もいるかもしれませんが、 2

【UHD BDレビュー】第32回『メッセージ / Arrival』 米国盤

画質:7 音質:8 (評価の詳細についてはこの記事を参

【レビュー】SFORZATO DSP-Dorado 外観・導入編

「純粋なネットワークオーディオ」への憧憬 続・「純粋なネットワークオ

→もっと見る

PAGE TOP ↑