*

【Dynaudio】 Sapphireの足元

公開日: : 最終更新日:2013/12/15 Dynaudio, オーディオ・ビジュアル全般, システム・機器

 スパイク設置できるスピーカーは絶対的にスパイク設置するに限る。

 トールボーイスピーカーならスパイク、あるいは床を傷つけないためにゴム足がオプションとして付属していることがある。かつて使っていた、初めて買ったとあるメーカーのトールボーイもそうだった。
 スパイクもゴム足もつけない状態だと、かえってガタガタ揺れて不安定極まりないので、素人だった当時の私は迷わずゴム足を選択した。だってスパイクとか、なんか怖いし。はじめはゴム足の状態で、特に何も思わずに使っていたのだが、ありゃこりゃと情報を集めるうち、どうやらスパイク設置のほうが音質的には好ましいことがわかってきた。ゴム足なんてもってのほか、そんな言葉も散見された。そうなるともう、試さずにはいられなかった。
 しかし、オーディオアクセサリーは高い。一番安い部類のスパイク受けでさえ、4個セット×2で1万弱はする。これでたいして音質向上がなかったら、もう無様すぎて目も当てられない。とりあえず金銭的ハードルと心理的ハードルを乗り越えて、おっかなびっくりスパイクに付け替えて設置したのだった。

「別物じゃないか……」

 もう6年以上前の話だ。とはいえ、当時の衝撃ははっきりと覚えている。置き方ひとつで、スピーカーの音はこうも変わるのかと……
 端的に言って、ゴム足をつけていた時の音は、“死んでいた”。
 スパイク設置に変えることによって、なぜ音がよくなるのか。振動がどうのこうの、点接触が云々、それらしい説明や理論はあるけれど、そんなものはわりとどうでもいい。
 ゴム足よりもスパイク設置のほうが圧倒的に音がよい。スパイク設置するスピーカーは絶対的にスパイク設置するに限る。私自身の体験した事実と、それに伴う経験則がすべてだ。Audience122もSapphireももちろんスパイク設置だ。“どんなスパイク受けを使うか”は、この際ノリと勢いで決めてもいいんじゃないかな。懇意にしているショップのおすすめでも使えばいい。

 妙に前置きが長くなってしまったが、お題にもなっている『Sapphireの足元』で、問題になっているのはスパイク絡みではない。
 問題は『ボード』である。

asimoto

 現在Sapphireの足元に使われているのは、某ショップでずっと昔に購入した厚さ6ミリの人工大理石のボード。重さ40キロのSapphireの土台となるにはあまりにも弱々しい。それは重々承知である。
 Sapphire以前にメインスピーカーだったAudience122には、厚さ3センチのトラバーチンのボードを使っていた。かつては床に直にスパイク受けを置いていたのだが、ボードのひとつくらい試してみるかと思って導入したものだ。スパイク設置ほどの劇的ではなかったが、それなりの効果は得られた。ただ、Audience122にぴったりの大きさで注文していたため、より設置面積の大きいSapphireには当然使えず、急場しのぎで(なぜか持っていた)前述の6ミリ人工大理石を使っていたというわけだ。
 Sapphireを設置した際は、足元についてはあくまで仮設置だと思っていたのだが、それでも出てくる音があんまりにもよいものだから、どうでもよくなってしまった。

 それから1年。
 今でもSapphireから出てくる音にはまったくもって不満はないのだが、そろそろオーディオマニアとしてやり残したことをやろうと思う。
 まずはボードだ。


 なんか長くなってきたし眠いので続く。


 ○現在再生中の曲
 KOKIA 『Moment』より 『本富の音』

スポンサーリンク


関連記事

no image

【BDレビュー】 第127回『BLOOD THE LAST VAMPIRE』

フルデジタル製作黎明期の傑作。 デジタルという言葉から連想される機械的無機質さは全く無く、むしろ非

記事を読む

【Dynaudio】 Sapphireの足元 その2

 というわけで、ボードである。  選択肢は二つあった。  Audience122同様にトラバ

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第172回『トレマーズ』

“いきもの”、エイリアン、プレデターに並ぶ偉大なモンスター、グラボイズ!!!!!!!!!!

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第227回『ダークナイト ライジング』

画質:15 音質:15 映像はAVC、音声はDTS-HDMAの24bit 画質につい

記事を読む

【インプレッション】SOtM sMS-1000SQ Windows Edition 音質編 【Roon Server】

【インプレッション】SOtM sMS-1000SQ Windows Edition 外観・仕様編

記事を読む

【音源管理の精髄・応用編】 クラシックの音源でこそタグが輝く 【ネットワークオーディオTips】

 ベートーヴェンの交響曲第5。  冒頭、運命が扉を叩く音。  その10秒程度の音だけを、指揮者を

記事を読む

【TIAS2016】るんるん気分には程遠い

 たまには都会に出てこないと世の中の流れから取り残されるというわけで、久しぶりに東京インターナショナ

記事を読む

no image

【アプリ紹介】Marantz Remote App

●イントロダクション NA7004で国産ネットワークオーディオプレーヤーの先陣を切ったマランツだっ

記事を読む

【ハイレゾ音源備忘録】 Joao Gilberto / Getz/Gilberto

・アーティスト / アルバムタイトル Joao Gilberto / Getz/Gilberto

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第173回『バットマン ビギンズ』

画質:8 音質:10 映像はVC-1、音声はドルビーTRUEHDの16bit 画質に

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

『オペラ座の怪人』のUHD BD

オペラ座の怪人 4K ULTRA HD&ブルーレイ(3枚組) 初回限定

【インプレッション】Playback Designs Merlot DAC 外観編

Playback Designs Merlot DAC - ナスペック

【菅江真澄紀行文・本編紹介】第一章「栗駒の心臓を御室に見る」

クラウドファンディングサービス「FAN AKITA」でプロジェクトを実

NetAudio vol.25で記事を執筆しました

 この手のおしらせはしばらく放置していたが、これからはマメにやっていこ

「FAN AKITA」のプロジェクトで目標金額を達成しました

小町ゆかりの地「真澄と歩く」出版プロジェクト - FAN AKITA

MQAのソフトウェアデコードって……

MQA Decoding Explained - Audio Stre

LUMINがRoon Readyになったような

 ん?  !?  常時起動の単体Roon Serv

3,000,000PVを達成しました

 言の葉の穴は2017年1月5日をもって3,000,000PV

canarino Fils × JCAT USBカードFEMTO

 canarino Filsの導入当初は、ちょいと思うところがあって、

TIDAL MASTERS with MQA

TIDAL MASTERS TIDAL is deliverin

Roon 1.3のプレビュー

Coming over the hill: the monstrous

言の葉の穴 2016-2017

 「言の葉の穴」読者の皆様、あけましておめでとうございます。  昨年

言の葉の穴 2016年のハイライト 創作・地元ネタ編

 もうすぐ終わるので振り返り。  オーディオだけではないのである。

言の葉の穴 2016年のハイライト オーディオ・ビジュアル編

「言の葉の穴」的2015年のAV関連ニュース10選  独断と

2016年の心残りその2 まだ見ぬOPPO Sonica DAC

OPPO Sonica DAC そして素晴らしいのは、この手の製

2016年の心残りその1 LUMIN、未だRoon Readyならず

Roon Ready、ネットワークオーディオ第五の矢  LU

2015年の心残りは2016年でどうなったのか

2015年の心残りその1 ESOTERIC N-05 紹介記事

【BDレビュー】第341回『帰ってきたヒトラー』

画質:8 音質:8 (評価の詳細についてはこの記事を参

シン・ゴジラのUHD BD

「シン・ゴジラ」が'17年3月22日BD/UHD BD化。初公開映像満

【BDレビュー】第340回『DOOM / ドゥーム』

画質:6.66 音質:13 (評価の詳細についてはこの

→もっと見る

PAGE TOP ↑