*

【Dynaudio】 Sapphireの足元

公開日: : 最終更新日:2013/12/15 Dynaudio, オーディオ・ビジュアル全般, システム・機器

 スパイク設置できるスピーカーは絶対的にスパイク設置するに限る。

 トールボーイスピーカーならスパイク、あるいは床を傷つけないためにゴム足がオプションとして付属していることがある。かつて使っていた、初めて買ったとあるメーカーのトールボーイもそうだった。
 スパイクもゴム足もつけない状態だと、かえってガタガタ揺れて不安定極まりないので、素人だった当時の私は迷わずゴム足を選択した。だってスパイクとか、なんか怖いし。はじめはゴム足の状態で、特に何も思わずに使っていたのだが、ありゃこりゃと情報を集めるうち、どうやらスパイク設置のほうが音質的には好ましいことがわかってきた。ゴム足なんてもってのほか、そんな言葉も散見された。そうなるともう、試さずにはいられなかった。
 しかし、オーディオアクセサリーは高い。一番安い部類のスパイク受けでさえ、4個セット×2で1万弱はする。これでたいして音質向上がなかったら、もう無様すぎて目も当てられない。とりあえず金銭的ハードルと心理的ハードルを乗り越えて、おっかなびっくりスパイクに付け替えて設置したのだった。

「別物じゃないか……」

 もう6年以上前の話だ。とはいえ、当時の衝撃ははっきりと覚えている。置き方ひとつで、スピーカーの音はこうも変わるのかと……
 端的に言って、ゴム足をつけていた時の音は、“死んでいた”。
 スパイク設置に変えることによって、なぜ音がよくなるのか。振動がどうのこうの、点接触が云々、それらしい説明や理論はあるけれど、そんなものはわりとどうでもいい。
 ゴム足よりもスパイク設置のほうが圧倒的に音がよい。スパイク設置するスピーカーは絶対的にスパイク設置するに限る。私自身の体験した事実と、それに伴う経験則がすべてだ。Audience122もSapphireももちろんスパイク設置だ。“どんなスパイク受けを使うか”は、この際ノリと勢いで決めてもいいんじゃないかな。懇意にしているショップのおすすめでも使えばいい。

 妙に前置きが長くなってしまったが、お題にもなっている『Sapphireの足元』で、問題になっているのはスパイク絡みではない。
 問題は『ボード』である。

asimoto

 現在Sapphireの足元に使われているのは、某ショップでずっと昔に購入した厚さ6ミリの人工大理石のボード。重さ40キロのSapphireの土台となるにはあまりにも弱々しい。それは重々承知である。
 Sapphire以前にメインスピーカーだったAudience122には、厚さ3センチのトラバーチンのボードを使っていた。かつては床に直にスパイク受けを置いていたのだが、ボードのひとつくらい試してみるかと思って導入したものだ。スパイク設置ほどの劇的ではなかったが、それなりの効果は得られた。ただ、Audience122にぴったりの大きさで注文していたため、より設置面積の大きいSapphireには当然使えず、急場しのぎで(なぜか持っていた)前述の6ミリ人工大理石を使っていたというわけだ。
 Sapphireを設置した際は、足元についてはあくまで仮設置だと思っていたのだが、それでも出てくる音があんまりにもよいものだから、どうでもよくなってしまった。

 それから1年。
 今でもSapphireから出てくる音にはまったくもって不満はないのだが、そろそろオーディオマニアとしてやり残したことをやろうと思う。
 まずはボードだ。


 なんか長くなってきたし眠いので続く。


 ○現在再生中の曲
 KOKIA 『Moment』より 『本富の音』

スポンサーリンク


関連記事

Dolby Atmosが楽しみで仕方がない

 BD買い替え不可避。  『ゼロ・グラビティ』の宇宙遊泳のシーンとか『マン・オブ・スティー

記事を読む

LUMIN A1を試す・導入編

 DAC2 HGCは素晴らしいDACだ。  USB入力もあるし、「ネットワークオーディオはコントロ

記事を読む

【BDレビュー】 第244回『KICK-ASS 2』 北米盤

 日本じゃまだ公開もしてないのか…… 画質:9 音質:9 映像:AVC 音声

記事を読む

【AV史に残るBD勝手に10選】第7位『グラディエーター』 ― BD化における落胆と救済

左が最初のリリース。右が後にリリースされたドイツ盤。 【BDレビュー】第184回『グラ

記事を読む

【BDレビュー】第271回『攻殻機動隊 ARISE BORDER:4』

画質:10 音質:8 映像:AVC 音声:ドルビーTRUEHD 5.1ch

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第226回『ジャイアントロボ THE ANIMATION 地球が静止する日』

このスタッフが後に真ゲッターを作り、マジンカイザーを作り、鴉-KARAS-を作ると思うと感動もひとし

記事を読む

【BDレビュー】第336回『クロニクル』

画質:7 音質:8 (評価の詳細についてはこの記事を参照) 映像:AVC 音声:DTS-

記事を読む

PCが本当の意味で「オーディオ機器」になる日

 PCの側から、真剣なオーディオ用途に供し得る諸性能を備える努力は古くからなされてきた。しかし最近で

記事を読む

【BDレビュー】第328回『ワールド・ウォーZ』

 夏、熱すぎて無性にホラー映画が見たくなって買った。 画質:8 音質:8 (評価の詳細につ

記事を読む

【Dolby Atmos/DTS:X】オブジェクトベースシアターへの道・まとめ

 Dolby AtmosやDTS:Xといったオブジェクトベースオーディオは、映像メディア用の音声規格

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

【UHD BDレビュー】第18回『シン・ゴジラ』

【考察】シン・ゴジラとヤマタノオロチ、そして現代のスサノオ神話

PS3の出荷(近日)完了に寄せて

PS3本体の出荷が近日終了 - GameSpark  私のP

【Roon Ready】CHORD Poly

 CHORD Mojoに接続して使う、Roon Readyの「ポータブ

【UHD BDレビュー】第17回『オペラ座の怪人』

『オペラ座の怪人』のUHD BD 画質:9 (画質は

LUMIN is NOW Roon Ready! そしてMQAとSpotifyにも対応予定

LUMIN STREAMING SERVICES  ほんとに

【レビューまとめ】fidata HFAS1-XS20 ― 専用機であるということ

外観編 音質・サーバー編 音質・ミュージックサーバー編

【レビュー】fidata HFAS1-XS20 × OPPO Sonica DAC 音質・ミュージックサーバー編

外観編 音質・サーバー編 fidataのCDトランスポート

【Roon Ready】dCSのNetwork Bridge

dCS、RoonReady対応のネットワークトランスポート「Netwo

fidataのCDトランスポート機能を使ってみた

fidata公式サイト USB接続光学ドライブにセットしたCDを

Roon 1.3 (Build 208)とTIDAL Masters

TIDAL MASTERS with MQA  RoonのB

デジファイ No.25で記事を執筆しました

DigiFi(デジファイ)No.25 3月2日(木)発売【特別付録】ハ

Raspberry Piとワンボードオーディオ・コンソーシアム

Raspberry Piで音楽再生、「ワンボードオーディオ」共通規格化

【レビュー】fidata HFAS1-XS20 音質・サーバー編

外観編 音質・ミュージックサーバー編  まずは、純粋な

【ハイレゾ音源備忘録】John Mayer / Continuum

・アーティスト / アルバムタイトル John Maye

【ハイレゾ音源備忘録】John Mayer / The Search for Everything – Wave Two

・アーティスト / アルバムタイトル John Maye

『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』がUHD BDでリリースされなかった……

スター・ウォーズ最新作『ローグ・ワン』4月28日にBD発売。プレミアム

「FAN AKITA」のプロジェクトが終了しました

クラウドファンディングサービス「FAN AKITA」でプロジェクトを実

【レビュー】fidata HFAS1-XS20 外観編

fidata HFAS1-XS20 - 言の葉の穴  もっと

【菅江真澄紀行文・本編紹介】第十章「羽後に群立つ神杉の座所」

クラウドファンディングサービス「FAN AKITA」でプロジェクトを実

DLNA解散

DLNA解散。13年で40億台の音・映像のホームネットワーク相互接続を

→もっと見る

PAGE TOP ↑