*

より好い視聴環境を目指して

 ソフト・ハードともに色々とレビューしてきた。
 しかし、「そんな環境で画質音質もクソもあるか」と言われてしまえばおしまいである。何より私自身、そう思うことが往々にしてある。
 というわけで、レビューを単なる放言にしないためにも、海外のオーディオ系メディアを見習って視聴環境を基本的に公開してきた。これはレビューをするうえで最低限果たすべき責任だと考えている。
 そしてオーディオを志す者として、可能な限り恥ずかしくないセッティングを心掛けてきたつもりではある。


 以前は視聴位置の左後方にでっかいBDラックを置いていたのだが、
2015030301
 ついにそれも別室に移動した。
 あわせて、空間のバランスを取るべく視聴位置の右後方に置いていたAV関連機器のラックも移動した。

 詳細は例によってシステムまとめを見てもらうとして、これで「完全なシンメトリー設置」という長年の夢が叶った。まあ、換気扇やら電源タップの位置やらドアの存在やらを考えれば未だに厳格な意味でのシンメトリーではないのだろうが。
 いずれにしてもBDラック撤去の効果は著しく、今までどうセッティングを詰めても解消できなかったボーカル定位のわずかな揺らぎも完全に解消された。サラウンドでの改善も大きく、むしろセンタースピーカーを使っていた時よりも定位がビシッと決まっているほど。障害物がなくなり、サラウンドバックスピーカーをより良い場所に設置できるようになったおかげで、空間の広がりもさらに増した。

 壁にソフトラックが並び、レコードにせよCDにせよBDにせよ、大量のソフトが壁一面を埋める様は確かに壮観だし、いかにもオーディオルーム! といった雰囲気も出る。
 しかし、前々から思っていたことだが、ソフトが視聴室に置かれている必然性はない。純粋に音のことだけを考えるなら、置かずに済むならそれに越したことはない。さすがに「置けば音が良くなるソフトラック」なんてものは聞いたことがないし。
 とはいえ、生活空間との兼ね合いから、ソフトも視聴室に同居せざるを得ない場合がほとんどではなかろうか。機器だけでなく、ソフトのラックも含めてシンメトリー設置を実現するのはなかなかに困難だと思われる。
 オーディオという趣味を始めて以来ずっと、私にとって「視聴環境からソフトラックの類を放逐すること」と「完全なシンメトリー設置を実現すること」はほとんど同義だった。そして幸いにも、私はそれらを実現するための空間的余裕にも恵まれていた。最初はPCやら何やらを含め、生活空間と視聴環境を一緒にしていたが、早々にそれをやめ、ついにソフトラックも撤去してシンメトリー設置を実現した。ついでに言えば、ネットワークオーディオへの取り組みが物理的にも精神的にもソフトラックの撤去を後押ししてくれた。どうせやるなら徹底的にやってやろうじゃないか。
 実にめでたい。私のオーディオ趣味もとうとうここまでやってきたという実感と喜びがある。ルームチューニングやら何やら、これからやりたいこともまだまだ多い。とりあえずは壁との距離が近いサラウンドスピーカーに関して何かできないものか。

 情熱を注げば応えてくれる。
 いやー、オーディオは楽しいな!

スポンサーリンク


関連記事

続・ネットワークオーディオとOpenHomeとRoon Ready

ネットワークオーディオと「OpenHome」 ネットワークオーディオとOpenHomeとRoo

記事を読む

【UHD BDレビュー】第2回『デッドプール』 北米盤 【Dolby Atmos】

 記念すべき初UHD BD、2本の内の1本。 画質:11 (画質はHD環境・BDと同じ

記事を読む

言の葉の穴 2015-2016

 全世界数十万の「言の葉の穴」読者の皆様、あけましておめでとうございます。  昨年は当ブログにお越

記事を読む

【AV史に残るBD勝手に10選】BDと歩んだ7年半

 最初に、一番最初に再生したBDはたしか『ステルス』だったような気がする。  発売からあまり間を置

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第200回『善き人のためのソナタ』

足かけ約5年、記念すべき200回目は、 「爆発とかしない映画で一本だけ選べ」と言われたら選ぶ作品

記事を読む

【ハイレゾ音源備忘録】 Billy Joel / Piano Man

・アーティスト / アルバムタイトル Billy Joel / Piano Man ・購入元

記事を読む

【RoonReady】Sonore Sonicorbiter SE

 UPnP/DLNAにあって、OpenHomeやRoonReadyのプラットフォームにないもの。

記事を読む

SFORZATO DSP-01への並々ならぬ期待

【ヘッドホン祭】スフォルツァート、11.2MHz DSD対応ネットワークプレーヤー「DSP-01」/

記事を読む

【音源管理の精髄】 理想のネットワークオーディオプレーヤーとは? 【ネットワークオーディオTips】

 理想のネットワークオーディオプレーヤーとは何か。  ……正直なところ、「音楽を快適に聴く」と

記事を読む

【ネットワークオーディオTips】MinimServer 導入・設定・運用編

サーバーソフトの紹介 『MinimServer』 ・使用したサーバー機器 PC(Wind

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

【Munich HIGH END 2017】SFORZATO / fidata in Munich

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Cocktail Audio CA-X50 【Roon Ready】

  Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら

【Munich HIGH END 2017】constellation audio LEO 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【レビュー】SOULNOTE D-1 音質編

外観・運用編 ・再生環境(詳細) canarino

【Munich HIGH END 2017】Roon Labs自身による“Nucleus” Roon Server

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Playback Designs Dream DAC MPD-8 / Transport MPT-8 【Roon?】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】DELAの進化は続く

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Mark Levinson No519 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】dCS Vivaldi One 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Ayre QX-8 / AX-8 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】MSB Technology The Reference DAC 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】AURALiC G Series 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

言の葉の穴・四周年

 三周年記事で地元ネタ全面解禁宣言をしてから1年。  主に私のや

【Munich HIGH END 2017】Dynaudio Special Forty

Dynaudio Special Forty https://y

【レビュー】SOULNOTE D-1 外観・運用編

 SOULNOTEのDACには、対応フォーマットのスペックを偏重する流

LUMIN U1がDSD256に対応

LUMINのネットワークトランスポート「U1」、11.2MHz DSD

【菅江真澄紀行文】『菅江真澄と歩く 二百年後の勝地臨毫 出羽国雄勝郡』が完成しました

小町ゆかりの地「真澄と歩く」出版プロジェクト - FAN AKITA

【御礼】ヘッドホン祭&北陸オーディオショウ(デジ研)・OTOTEN 2017が終了しました

春のヘッドホン祭2017 / 第2回北陸オーディオショウの「デジ研」に

【おしらせ】OTOTEN 2017に参加します

 久々だと思っていたら三週続けてのイベント参加です。 O

【おしらせ】春のヘッドホン祭2017 / 第2回北陸オーディオショウの「デジ研」に参加します

 久々のイベント参加になります。 春のヘッドホン祭201

→もっと見る

PAGE TOP ↑