*

【レビュー】LUMIN A1 半年経過して見えてきた諸々編

【レビュー】LUMIN A1


 LUMIN A1を導入して半年が経過した。
 上記レビューでは触れられなかった部分について、半年間の付き合いを経て分かったことを書いていく。



○安定性

 ネットワークオーディオプレーヤーはその特性上、数あるオーディオ機器の中でも、機能的には極めてコンピューターに近い。そして、その動作にはいかにもコンピューター的な不安定さが付きまとう。
 私の知る限り、ネットワークオーディオプレーヤーと言えば、コントロールアプリでの操作に反応しなくなるなんてのは日常茶飯事だし、そもそもアプリから肝心のプレーヤーを見つけられなくなるなんてのもしょっちゅう。挙句完全にフリーズし、アプリどころかハードリモコンからの操作も利かなくなり、主電源を落とす羽目になるなんてこともざら。
 以前使っていたMAJIK DS-Iでさえ、だいたい2ヶ月に一度くらいは完全に動作不能に陥り主電源を入れ直していたくらいだ。
 「はいはいまたきたね」くらいの心の余裕をもって対処できれば済むのだが、残念ながらネットワークオーディオプレーヤーなんて得てしてこういうもんだと知らないユーザーにとっては恐ろしいことこの上ない。メーカーサポートはパンクだ。「そちらの環境に問題がある」という対応で押し通すのも限界がある。そして破局を迎える。

 では、LUMIN A1はどうか。

 驚くなかれ、この半年間、ただの一度もフリーズしたことはないし、少なくともコントロールの局面において、何らかの機能不全に陥ったこともない。
 ちなみにLUMIN S1の試聴機を迎え入れた時やファームウェアップデートなど、今まで数回電源を入れ直しただけで、基本的に電源は常時入れっ放しである。それでいてなおこの安定性。
 アプリとの連携も盤石の一言。ただの一度も両者の接続が切れたことはない。
 たいしたものだ。



○アップデートに対するメーカーの姿勢

 ファームウェアの更新はコンスタントに続けられており、不具合は逐一潰されている。
 例えばLUMIN S1は発売当初、色々と不具合を抱えていたりしたのだが、言ったらすぐ直った。
 DSD再生についても間を置かず直った。
 あと、LUMIN Appについて「こんな風になったらいいな」と言ったら、実際にそうなった。しかもさらに速くなった。
 ver.3.0以降、アプリにとある不具合を抱えていたのを、特に指摘もせずにどうなるか見ていたら、今日直った。
1
 ファームウェアをアップデートしてバグフィックスを行うのは当然としても、残念ながらアプリの更新は完全放置か、あるいは更新すれども根本的な改善をまったくできていないメーカーが大多数というのが現状だ。というより、LINN以外のすべてのメーカーはその点において落第だとLUMINに出会うまで考えていた。ChorusDSやSongBook Liteなど、サードパーティー製にして真打となるべきアプリも、完全に更新が止まってしまっている。両者ともにRetina対応すらしていないという有様だ。
 しかしLUMIN Appは違う。ver 1.○○の時点でChorusDSに匹敵する使い勝手を実現していたうえに、ver 2.○○、ver 3.○○と更新を続け、さらに使いやすく、さらに速く進化し続けている。
 この姿勢は本当に素晴らしい。そもそもネットワークオーディオプレーヤーとは決して「ハードを作って終わり」ではないのだから、ソフトウェア面でのアップデートに対するメーカーの姿勢はもっと注目されるべきだし、評価の対象にされるべきだと思うのだが。
 


○LUMINファミリー

 A1を導入する時点ですぐにわかっていたことだが、S1が出た。→【インプレッション】LUMIN S1
 ES9018を四基搭載、DSD 5.6MHz対応、外部電源もさらに強化という現行機最強のスペックを引っ提げて登場したLUMINのフラグシップは流石の一言。これなら「S1が出るまで待つ!」と言っていた人も満足だろう。
 下位機種にあたるT1、D1も発表された。既にT1は出荷されているのかな? しかし公式HPからD1が消えた。なかったことにされたか、それともリリースが大幅に遅れて一旦下げられたのか。なんにせよ、LUMINというネットワークオーディオプレーヤーのプラットフォームの完成度は申し分ないので、ラインナップが増えることはいいことだ。単に安物を出せばいいというわけでもないが。
 L1の名を冠したサーバーも登場した。→【インプレッション】LUMIN L1
 機能的にはツッコミどころ満載、もとい未完成としか思えないという有様だったが、それらを吹っ飛ばして余りある謎の高音質ぶりを見せ付けた。A1→S1の変化より、L1を導入した変化の方が遥かに大きいという正体不明のポテンシャル。
 LUMIN A1の筐体やアプリの完成度から、LUMINというブランドあるいはPixel Magic Systemsというメーカーは、実に正統派のオーディオマインドと傑出したソフトウェア開発力を持っているとは思っていた。そしてそれだけでなく、実際に高音質の製品を作り上げるだけの技術とセンスも併せ持っているようだ。また、「一発屋ではなかった」という証明も、ユーザーにとっては安心材料となろう。



 半年間LUMIN A1と過ごしてきた。
 日々音楽を聴くうえで、LUMIN A1を使っていて不満を覚えることは何一つない。
 次はどんな進化を遂げるのだろう。


 ……とりあえずL1をまともにNASとして機能させることからかな。

スポンサーリンク


関連記事

【BDレビュー】第259回『風立ちぬ』

好きなことを一生懸命やる。 画質:15 音質:10 映像:AVC 音声:

記事を読む

fidata HFAS1 導入編

 2014年の音展でプロトタイプを目にして以来、色々な意味で登場を心待ちにしていたサーバー。  真

記事を読む

【OpenHome】TEAC NR-7CD その2

その1 ティアック、フルサイズの “Reference 7” 。第1弾はネットワークCDレシー

記事を読む

【ネットワークオーディオ】レスポンス最速のコントロールアプリは?

 ※この記事のデータ等は2012年2月28日時点のものです 速さは大事である。 もちろん、ネ

記事を読む

【音源管理の精髄】 dBpoweramp Tag Editorを使ったDSDのタグ編集 【ネットワークオーディオTips】

Tag&Renameを使ったDSDのタグ編集 Mp3tagを使ったDSDのタグ編集

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第112回『許されざる者』

画質:8 音質:8 映像はVC-1でビットレートは高くて20Mbps程度。旧きワーナー仕様

記事を読む

【BDレビュー】第288回『アメリカン・スナイパー』 【Dolby Atmos】

画質:9 音質:12 映像:AVC 音声:Dolby Atmos ○

記事を読む

【ハイレゾ音源備忘録】Beck / Colors

・アーティスト / アルバムタイトル Beck / Colors ・購入元

記事を読む

月刊HiVi 2017年11月号に記事を執筆しました【おまけつき】

月刊HiVi 11月号 10/17発売 「ロマンポルノ」を観直そう/ヘッドホンアンプ+D

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第177回『セブン』

画質:13 音質:9 映像はVC-1、音声はDTS-HDMAの7.1ch、24bit

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

なぜハイレゾ音源を買うのか

 音がいいから、ではない。  私が「ハイレゾ」と言う時は

【UHD BDレビュー】第47回『トランスフォーマー/最後の騎士王』 英国盤 【Dolby Atmos】

画質:10 音質:14 (評価の詳細についてはこの記事

SFORZATO流「ネットワークプレーヤーの使いこなし」が掲載されたので

 我が身を振り返ってみた。 Netwok Audioについて

Bricasti Design M12 / M1 SE mk2のLAN入力がPCM 384kHz/24bit・DSD 5.6MHzに対応

M12およびM1 Special Edition mk2仕様変更のご案

ついに日本でロスレス音楽ストリーミングサービス「Deezer HiFi」が開始

日本初、ロスレス音楽ストリーミング「Deezer HiFi」開始。3,

【レビュー】日本テレガートナー M12 GOLD SWITCH

 魔境深淵注意。  みんなおこらずに楽しく読んでね。

【ハイレゾ音源備忘録】Nicogi / DigiFi No.28付録音源

・アーティスト / アルバムタイトル Nicogi /

「自分の音源ライブラリ」の未来

 言の葉の穴を本格的に始めてまだ間もない頃、こんな記事を書いた。

【Dolby Atmos/DTS:X】オブジェクトオーディオの威力を実感できるタイトル10選・2017年版

 せっかく、「さらなるサラウンド体験のために天井にスピーカーを付ける」

【BDレビュー】第353回『パトリオット・デイ』

 日本ではUHD BDが発売されないという悲劇。 https

LUMIN AppがiPad Pro 12.9インチにネイティブ対応

コントロールアプリのiPad Pro 12.9インチへの対応状況

【BDレビュー】第352回『バーニング・オーシャン』 【Dolby Atmos】

 日本ではUHD BDが出ないという悲劇。 https://

LINN KLIMAX DS/3・DSM/2(Katalyst DAC搭載モデル)がDSDの再生に対応

LINN FORUMS  LINN DSのファームウェア、Dav

WaversaSystems WCORE(Roon Server)

WCORE開発完了 - WaversaSystems  要は

【BDレビュー】第351回『ハードコア』

 一人称視点のアレ。 https://www.youtube.c

UHD BD化を待ち望む作品10選・2017年末版

BD化を待ち望む作品10選  未だBD化されていない作品も多いと

【UHD BDレビュー】第46回『スパイダーマン:ホームカミング』 英国盤 【Dolby Atmos】

画質:6 音質:7 (評価の詳細についてはこの記事を参

【UHD BDレビュー】第45回『ベイビー・ドライバー』 英国盤 【Dolby Atmos】

画質:7 音質:12 (評価の詳細についてはこの記事を

【BDレビュー】第350回『グレートウォール』 【Dolby Atmos】

同時にUHD BDが出ている作品のBDを評価するのはいささか心苦しいの

【BDレビュー】第349回『キング・アーサー』(ガイ・リッチー監督/2017年) 【Dolby Atmos】

同時にUHD BDが出ている作品のBDを評価するのはいささか心苦しいの

→もっと見る

PAGE TOP ↑