*

【レビュー】LUMIN A1 半年経過して見えてきた諸々編

【レビュー】LUMIN A1


 LUMIN A1を導入して半年が経過した。
 上記レビューでは触れられなかった部分について、半年間の付き合いを経て分かったことを書いていく。



○安定性

 ネットワークオーディオプレーヤーはその特性上、数あるオーディオ機器の中でも、機能的には極めてコンピューターに近い。そして、その動作にはいかにもコンピューター的な不安定さが付きまとう。
 私の知る限り、ネットワークオーディオプレーヤーと言えば、コントロールアプリでの操作に反応しなくなるなんてのは日常茶飯事だし、そもそもアプリから肝心のプレーヤーを見つけられなくなるなんてのもしょっちゅう。挙句完全にフリーズし、アプリどころかハードリモコンからの操作も利かなくなり、主電源を落とす羽目になるなんてこともざら。
 以前使っていたMAJIK DS-Iでさえ、だいたい2ヶ月に一度くらいは完全に動作不能に陥り主電源を入れ直していたくらいだ。
 「はいはいまたきたね」くらいの心の余裕をもって対処できれば済むのだが、残念ながらネットワークオーディオプレーヤーなんて得てしてこういうもんだと知らないユーザーにとっては恐ろしいことこの上ない。メーカーサポートはパンクだ。「そちらの環境に問題がある」という対応で押し通すのも限界がある。そして破局を迎える。

 では、LUMIN A1はどうか。

 驚くなかれ、この半年間、ただの一度もフリーズしたことはないし、少なくともコントロールの局面において、何らかの機能不全に陥ったこともない。
 ちなみにLUMIN S1の試聴機を迎え入れた時やファームウェアップデートなど、今まで数回電源を入れ直しただけで、基本的に電源は常時入れっ放しである。それでいてなおこの安定性。
 アプリとの連携も盤石の一言。ただの一度も両者の接続が切れたことはない。
 たいしたものだ。



○アップデートに対するメーカーの姿勢

 ファームウェアの更新はコンスタントに続けられており、不具合は逐一潰されている。
 例えばLUMIN S1は発売当初、色々と不具合を抱えていたりしたのだが、言ったらすぐ直った。
 DSD再生についても間を置かず直った。
 あと、LUMIN Appについて「こんな風になったらいいな」と言ったら、実際にそうなった。しかもさらに速くなった。
 ver.3.0以降、アプリにとある不具合を抱えていたのを、特に指摘もせずにどうなるか見ていたら、今日直った。
1
 ファームウェアをアップデートしてバグフィックスを行うのは当然としても、残念ながらアプリの更新は完全放置か、あるいは更新すれども根本的な改善をまったくできていないメーカーが大多数というのが現状だ。というより、LINN以外のすべてのメーカーはその点において落第だとLUMINに出会うまで考えていた。ChorusDSやSongBook Liteなど、サードパーティー製にして真打となるべきアプリも、完全に更新が止まってしまっている。両者ともにRetina対応すらしていないという有様だ。
 しかしLUMIN Appは違う。ver 1.○○の時点でChorusDSに匹敵する使い勝手を実現していたうえに、ver 2.○○、ver 3.○○と更新を続け、さらに使いやすく、さらに速く進化し続けている。
 この姿勢は本当に素晴らしい。そもそもネットワークオーディオプレーヤーとは決して「ハードを作って終わり」ではないのだから、ソフトウェア面でのアップデートに対するメーカーの姿勢はもっと注目されるべきだし、評価の対象にされるべきだと思うのだが。
 


○LUMINファミリー

 A1を導入する時点ですぐにわかっていたことだが、S1が出た。→【インプレッション】LUMIN S1
 ES9018を四基搭載、DSD 5.6MHz対応、外部電源もさらに強化という現行機最強のスペックを引っ提げて登場したLUMINのフラグシップは流石の一言。これなら「S1が出るまで待つ!」と言っていた人も満足だろう。
 下位機種にあたるT1、D1も発表された。既にT1は出荷されているのかな? しかし公式HPからD1が消えた。なかったことにされたか、それともリリースが大幅に遅れて一旦下げられたのか。なんにせよ、LUMINというネットワークオーディオプレーヤーのプラットフォームの完成度は申し分ないので、ラインナップが増えることはいいことだ。単に安物を出せばいいというわけでもないが。
 L1の名を冠したサーバーも登場した。→【インプレッション】LUMIN L1
 機能的にはツッコミどころ満載、もとい未完成としか思えないという有様だったが、それらを吹っ飛ばして余りある謎の高音質ぶりを見せ付けた。A1→S1の変化より、L1を導入した変化の方が遥かに大きいという正体不明のポテンシャル。
 LUMIN A1の筐体やアプリの完成度から、LUMINというブランドあるいはPixel Magic Systemsというメーカーは、実に正統派のオーディオマインドと傑出したソフトウェア開発力を持っているとは思っていた。そしてそれだけでなく、実際に高音質の製品を作り上げるだけの技術とセンスも併せ持っているようだ。また、「一発屋ではなかった」という証明も、ユーザーにとっては安心材料となろう。



 半年間LUMIN A1と過ごしてきた。
 日々音楽を聴くうえで、LUMIN A1を使っていて不満を覚えることは何一つない。
 次はどんな進化を遂げるのだろう。


 ……とりあえずL1をまともにNASとして機能させることからかな。

スポンサーリンク


関連記事

【BDレビュー】第342回『マックス・ペイン』

画質:9 音質:12 (評価の詳細についてはこの記事を参照) 映像:AVC 音声:DTS

記事を読む

【レビュー】逢瀬 WATERFALL Power 400 運用・音質編

【レビュー】逢瀬 WATERFALL Power 400 外観編  使用中は結構な発熱があ

記事を読む

【ネットワークオーディオTips】サーバーソフトの紹介 『MinimServer』

 ソフトのバージョンアップに伴い、2013/12/09初出の記事を刷新。 サーバーソフトの紹介

記事を読む

LUMINのプレーヤーがついにMQAに対応

LUMIN is NOW Roon Ready! そしてMQAとSpotifyにも対応予定

記事を読む

【Audio】 システムまとめ 【Visual】

【システム全景】(2018/01/08) 【オーディオ】 - Roon/JRMC/JP

記事を読む

そのUHD BDは本当に4Kマスターなのか?

「4Kマスターではない」等のUHD BDについて 日本のアニメのUHD BDはどうなる?

記事を読む

Technics ST-G30 / SU-G30

テクニクス、SSD内蔵リッピングサーバー「ST-G30」。SSDレスモデルも用意 - Phile-w

記事を読む

【レビュー】SOtM sMS-1000SQ Windows Edition 外観・仕様編 【Roon Server】

 RoonReady立ち上げの最初期から、Antipodes Audio DX Music Serv

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第59回『28日後…』

画質:無評価 音質:9 映像はAVCで基本30台のハイビットレート。 音声はDTS-HD

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第207回『ザ・ライト -エクソシストの真実-』

画質:9 音質:8 映像はAVC、音声はDTS-HDMAの24bit 画質について。

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

【祝】『グラディエーター』がUHD BD化

アカデミー5部門受賞「グラディエーター」5月9日4K Ultra HD

【祝】『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』がUHD BD化

Star Wars: Episode VIII - The Last

【レビュー】Black Ravioli BR.Pad / BR.Base 設置編→音質編

【2018/02/06初出の設置編に音質編を追加】  B

【地元探訪・神様セカンドライフ編】院内の怪猿・貞宗

 ここんとこ猿無双が続いているので。 77話「怪猿が征く」 7

HiVi 2018年3月号で記事を執筆しました【おまけつき】

 本日発売。 月刊HiVi 3月号 2/17発売 HiVi3

【BDレビュー】第356回『ソング・オブ・ザ・シー 海のうた』

https://www.youtube.com/watch

【BDレビュー】第355回『龍の歯医者』

 むしろコレが欲しかった。  特別版は高かった……

BenQの20万円を切る4K/HDRプロジェクター「HT2550」

20万円を切る4K/HDRプロジェクタ。ベンキュー「HT2550」は「

【UHD BDレビュー】第54回『ターミネーター2』 米国盤

【BDレビュー】第106回『ターミネーター2』

【UHD BDレビュー】第53回『ダンケルク』

画質:10 音質:限りなく15と同質な10 (評価の詳

【UHD BDレビュー】第52回『インターステラー』

【BDレビュー】第303回『インターステラー』

【UHD BDレビュー】第51回『インセプション』

【BDレビュー】第185回『インセプション』 画

【UHD BDレビュー】第50回『ダークナイト ライジング』

 祝・【UHD BDレビュー】もついに50回。

【UHD BDレビュー】第49回『ダークナイト』

【BDレビュー】第102回『ダークナイト』 【AV史

【UHD BDレビュー】第48回『バットマン ビギンズ』

【BDレビュー】第173回『バットマン ビギンズ』

JPLAYStreamerでfidata Music Appが使えるようになった

 fidata Music AppがバージョンアップしてJPLAYSt

ESOTERIC N-03T

エソテリック、初のネットワークオーディオトランスポート「N-03T」。

【ハイレゾ音源備忘録】すぎやまこういち・東京都交響楽団 / 交響組曲「ドラゴンクエストXI」過ぎ去りし時を求めて

なぜハイレゾ音源を買うのか ・アーティスト /

アイ・オー・データ Soundgenic ― ネットワークオーディオの呼び水となるか

アイ・オー、エントリー向けオーディオNAS「Soundgenic」。1

【レビュー】SOULNOTE A-2 続・音質編 ― 純正ボード「SSB-1」と純正ケーブル「SBC-1」

【レビュー】SOULNOTE A-2 導入・外観・運用編 【レビ

→もっと見る

PAGE TOP ↑