*

『ハイレゾ』は本当に音が良いのか

 いちオーディオファンとしてのハイレゾ考。
 笑って見てもらえると嬉しい。
 ちなみにこの記事におけるハイレゾとは、あくまでデジタル音源のスペックという意味で使っている。
 ハイレゾ対応スピーカーとかハイレゾ対応電源ケーブルとかハイレゾ対応耳とかハイレゾ対応オーディオマインドとか、そういったものは想定していない。



 ハイレゾはCDと比べると情報量が○倍、という文言をよく目にする。
 CDの44.1kHz/16bitを1とすると、例えば192kHz/24bitは6.53となる。
 確かに6.5倍だ。


 ファイルの容量が。


 情報量=ファイルの容量であるとするなら、「192kHz/24bitはCD(44.1kHz/16bit)と比べると情報量が6.5倍」というのは正しい。
 私が持っている最高スペックの音源は352.8kHz/24bitなので、CDの12.2倍の情報量があるということになる。最近のDACのフルスペックとなっている384kHz/32bitにいたっては、実に17.4倍にもなる。

 しかし、CDから○倍になってほしいのはファイルの容量などではなく、あくまで音質である。

 では、例えば192kHz/24bitの音源は、CDに比べると6.5倍音が良いのか。
 あるいは、96kHz/24bitの音源は、192kHz/24bitの音源の半分の音質しかないのか。


 あえて随分と馬鹿なことを書いているが、もちろん、そんなことはあり得ない


 そもそも音質は○倍良くなったなどと定量的に表せるものではない。
 「とてつもない音質向上!」と興奮することはあっても、「音質が3倍になった!」などと口走ることはまずない。ある?


 何度も何度も言っていることだが、ハイレゾというのはあくまで器に過ぎない。
 サンプリング周波数と量子化bit数が増えれば、理屈の上では確かに音質的な恩恵は受けられよう。
 大事なのはハイレゾか否かではなく、ハイレゾという器を活かせるだけの音源か否かなのだ。
 最初から44.1kHz/16bitを越えるスペックで録音・製作した音源ならば、ハイレゾでリリースすることでユーザーは最大限の恩恵が受けられる。そしてマスターがアナログの音源でも、適切な工程と情熱により、見違えるような音で蘇る可能性は大いにある。
 結局のところ、まさしくBDと同じく、最後は製作者側の情熱次第と言える。
 ん? アプコン? うちのLUMIN A1でも176.4kHz/24bit・192kHz/24bitあるいはDSDにハード側でアプコンできますけど……

 ここでハイレゾが厄介なのは、BDとDVDのような、誰が見ても分かる歴然たる違いが存在しないということだ。1920×1080と640×480のように、実際に物理的に数えられるピクセルの違いがあるわけではない。もし本当に、例えば192kHz/24bitの音源がCDより6.5倍も音が良いのなら、もはや大騒ぎや革命どころの話ではない。
 さらに厄介なのが、ハイレゾとの比較で散々こき下ろされているCDの44.1kHz/16bitという器が、現在進行形でまったく陳腐化していないということだ。
 これらのことは、スペックだけを見れば間違いなくハイレゾでもほとんどCDとの違いを見いだせない音源や、下手なハイレゾ音源など軽く吹き飛ばすほど高音質なCDの存在で確かめられる。


 そろそろこの辺りで整理しよう。


 ハイレゾ音源は容量だけは間違いなくでかいが、必ずしも高音質ではない。

 その一方で、

 「音の良いハイレゾ音源」は間違いなく存在する。


 「ハイレゾだから高音質」という発想は幻想に過ぎない。
 あるのはひとえに「高音質なハイレゾ音源」だけだ。



 ハイレゾなんて言葉に踊らされる暇があったら、というより踊れるだけの金銭的な用意と音質への興味があるなら、まずは電気屋でも何でもいい、オーディオコーナーに足を運んでほしい。最終的な出力は勿論ヘッドホンでもスピーカーでも構わない。

 最終的な音質を左右するものとして、“良いスピーカー/ヘッドホンか否か”は、“聴く音源がハイレゾか否か”よりも遥かに遥かに遥かに重要である。

 まずは聴いて、そして仰天してほしい。音がいいとこんなにも楽しいものなのかという感動を味わってほしい。
 ハイレゾ云々を気にするのはそれからでも遅くない。
 ハイレゾを聴くから感動するのではない。そして、ハイレゾというだけで高音質が保証されるわけでは決してない。
 好きな音楽を良い音で聴くから感動するのだ。楽しいのだ。ハイレゾはそれを実現するためのひとつの可能性に過ぎない。



「ハイレゾだから高音質」という幻想

スポンサーリンク


関連記事

【ハイレゾ音源備忘録】Led Zeppelin / Led Zeppelin (Deluxe Edition)

・アーティスト / アルバムタイトル Led Zeppelin / Led Zeppe

記事を読む

【音源管理の精髄・応用編】 文字コードを活用したサムネイルの改変 【ネットワークオーディオTips】

 これはLUMIN Appのブラウズ領域に表示された、何の変哲もないTwonky Serverの「ジ

記事を読む

【ネットワークオーディオTips・実践編】 サーバーソフトについて

「いやちょっと待て、そもそもサーバーソフトって何だ?」  となる人は以下の記事を参照のこと。

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第61回『V フォー・ヴェンデッタ』

画質:8 音質:8 映像はVC-1でビットレートは限りなく低め。 音声はドルビーTRUE

記事を読む

【音源管理の精髄】 理想のコントロールアプリとは? 【ネットワークオーディオTips】

 理想のコントロールアプリとは何か。  私にとって、それは以下の要素を完璧に満足するアプリであ

記事を読む

【音源管理の精髄】 NASとサーバーに関するありがちな誤解 【ネットワークオーディオTips】

 前回の内容を頭に叩き込んたうえで読んでほしい。  以下、サーバーに関するありがちな誤解である。

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第149回『崖の上のポニョ』

画質:15 音質:7 映像はAVC、音声はDTS-HDMAの24bitで6.1ch収録

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第211回『遊星からの物体X』

犬はスタン・ウィンストン大先生の作品 画質:7 音質:8 仕様詳細はsiro様の

記事を読む

【ハイレゾ音源備忘録】 Helge Lien Trio / Hello Troll

・アーティスト / アルバムタイトル Helge Lien Trio / Hello Troll

記事を読む

【BDレビュー】第330回『ブレイド / ブレイド2 / ブレイド3』

 なんだかんだ言って楽しく見ていたシリーズ。 画質:8 音質:9 (評価の詳細につ

記事を読む

スポンサーリンク

Comment

  1. ひじおり ゆばな より:

    ハイレゾという器を盲信することなく、しかと音を楽しむべし。まったく賛成です。ところが残念ながらご指摘のとおり、現状は玉石混淆の音質、価格設定の国内外のばらつき などなど ハイレゾけものみちは、まだまだ探検者を迷わせる要素の多い街道です。
    的確なナビは、先人の試みの先に見えるものかと思います。
    どうぞよろしく。

  2. sakakihajime より:

    ひじおり ゆばな さん

    先人と呼ばれるほど大層なことは何もしていませんが、諸々の発信はこれからも続けていきます。
    今後とも拙ブログをお楽しみください。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

【おしらせ】OTOTEN 2017に参加します

 久々だと思っていたら三週続けてのイベント参加です。 O

【おしらせ】春のヘッドホン祭2017 / 第2回北陸オーディオショウの「デジ研」に参加します

 久々のイベント参加になります。 春のヘッドホン祭201

【レビュー】Nmode X-DP10 音質編

外観編 設定(主にJPLAY)・運用編 ・再生環境

Roon 1.3 (Build 216)、PCM 768kHz・DSD512

Roon 1.3 (Build 216) Is Live! - Roo

【レビュー】Nmode X-DP10 設定(主にJPLAY)・運用編

Nmode X-DP10 外観編  ドライバをインストールし

【レビュー】Nmode X-DP10 外観編

Nmode X-DP10 続・Nmode- X-DP10

【祝】『マインド・ゲーム』BD化!

『マインド・ゲーム』Blu-rayプロジェクト - STUDIO4℃F

【菅江真澄紀行文】試作品が出来上がりました

クラウドファンディングサービス「FAN AKITA」でプロジェクトを実

【BDレビュー】第342回『マックス・ペイン』

画質:9 音質:12 (評価の詳細についてはこの記事を参照)

Asset UPnP Release 6

サーバーソフトの紹介 『Asset UPnP』 Asset UP

続・Nmode X-DP10

新製品発売のお知らせ - Nmodeの部屋 発売日は2017年4

LUMIN A1、導入3周年 終わらない進化とMQA対応

 LUMIN Appはバージョン3から相変わらず最強だし、  iPh

【UHD BDレビュー】第18回『シン・ゴジラ』

【考察】シン・ゴジラとヤマタノオロチ、そして現代のスサノオ神話

PS3の出荷(近日)完了に寄せて

PS3本体の出荷が近日終了 - GameSpark  私のP

【Roon Ready】CHORD Poly

 CHORD Mojoに接続して使う、Roon Readyの「ポータブ

【UHD BDレビュー】第17回『オペラ座の怪人』

『オペラ座の怪人』のUHD BD 画質:9 (画質は

LUMIN is NOW Roon Ready! そしてMQAとSpotifyにも対応予定

LUMIN STREAMING SERVICES  ほんとに

【レビューまとめ】fidata HFAS1-XS20 ― 専用機であるということ

外観編 音質・サーバー編 音質・ミュージックサーバー編

【レビュー】fidata HFAS1-XS20 × OPPO Sonica DAC 音質・ミュージックサーバー編

外観編 音質・サーバー編 fidataのCDトランスポート

【Roon Ready】dCSのNetwork Bridge

dCS、RoonReady対応のネットワークトランスポート「Netwo

→もっと見る

PAGE TOP ↑