*

『ハイレゾ』は本当に音が良いのか

 いちオーディオファンとしてのハイレゾ考。
 笑って見てもらえると嬉しい。
 ちなみにこの記事におけるハイレゾとは、あくまでデジタル音源のスペックという意味で使っている。
 ハイレゾ対応スピーカーとかハイレゾ対応電源ケーブルとかハイレゾ対応耳とかハイレゾ対応オーディオマインドとか、そういったものは想定していない。



 ハイレゾはCDと比べると情報量が○倍、という文言をよく目にする。
 CDの44.1kHz/16bitを1とすると、例えば192kHz/24bitは6.53となる。
 確かに6.5倍だ。


 ファイルの容量が。


 情報量=ファイルの容量であるとするなら、「192kHz/24bitはCD(44.1kHz/16bit)と比べると情報量が6.5倍」というのは正しい。
 私が持っている最高スペックの音源は352.8kHz/24bitなので、CDの12.2倍の情報量があるということになる。最近のDACのフルスペックとなっている384kHz/32bitにいたっては、実に17.4倍にもなる。

 しかし、CDから○倍になってほしいのはファイルの容量などではなく、あくまで音質である。

 では、例えば192kHz/24bitの音源は、CDに比べると6.5倍音が良いのか。
 あるいは、96kHz/24bitの音源は、192kHz/24bitの音源の半分の音質しかないのか。


 あえて随分と馬鹿なことを書いているが、もちろん、そんなことはあり得ない


 そもそも音質は○倍良くなったなどと定量的に表せるものではない。
 「とてつもない音質向上!」と興奮することはあっても、「音質が3倍になった!」などと口走ることはまずない。ある?


 何度も何度も言っていることだが、ハイレゾというのはあくまで器に過ぎない。
 サンプリング周波数と量子化bit数が増えれば、理屈の上では確かに音質的な恩恵は受けられよう。
 大事なのはハイレゾか否かではなく、ハイレゾという器を活かせるだけの音源か否かなのだ。
 最初から44.1kHz/16bitを越えるスペックで録音・製作した音源ならば、ハイレゾでリリースすることでユーザーは最大限の恩恵が受けられる。そしてマスターがアナログの音源でも、適切な工程と情熱により、見違えるような音で蘇る可能性は大いにある。
 結局のところ、まさしくBDと同じく、最後は製作者側の情熱次第と言える。
 ん? アプコン? うちのLUMIN A1でも176.4kHz/24bit・192kHz/24bitあるいはDSDにハード側でアプコンできますけど……

 ここでハイレゾが厄介なのは、BDとDVDのような、誰が見ても分かる歴然たる違いが存在しないということだ。1920×1080と640×480のように、実際に物理的に数えられるピクセルの違いがあるわけではない。もし本当に、例えば192kHz/24bitの音源がCDより6.5倍も音が良いのなら、もはや大騒ぎや革命どころの話ではない。
 さらに厄介なのが、ハイレゾとの比較で散々こき下ろされているCDの44.1kHz/16bitという器が、現在進行形でまったく陳腐化していないということだ。
 これらのことは、スペックだけを見れば間違いなくハイレゾでもほとんどCDとの違いを見いだせない音源や、下手なハイレゾ音源など軽く吹き飛ばすほど高音質なCDの存在で確かめられる。


 そろそろこの辺りで整理しよう。


 ハイレゾ音源は容量だけは間違いなくでかいが、必ずしも高音質ではない。

 その一方で、

 「音の良いハイレゾ音源」は間違いなく存在する。


 「ハイレゾだから高音質」という発想は幻想に過ぎない。
 あるのはひとえに「高音質なハイレゾ音源」だけだ。



 ハイレゾなんて言葉に踊らされる暇があったら、というより踊れるだけの金銭的な用意と音質への興味があるなら、まずは電気屋でも何でもいい、オーディオコーナーに足を運んでほしい。最終的な出力は勿論ヘッドホンでもスピーカーでも構わない。

 最終的な音質を左右するものとして、“良いスピーカー/ヘッドホンか否か”は、“聴く音源がハイレゾか否か”よりも遥かに遥かに遥かに重要である。

 まずは聴いて、そして仰天してほしい。音がいいとこんなにも楽しいものなのかという感動を味わってほしい。
 ハイレゾ云々を気にするのはそれからでも遅くない。
 ハイレゾを聴くから感動するのではない。そして、ハイレゾというだけで高音質が保証されるわけでは決してない。
 好きな音楽を良い音で聴くから感動するのだ。楽しいのだ。ハイレゾはそれを実現するためのひとつの可能性に過ぎない。



「ハイレゾだから高音質」という幻想

スポンサーリンク


関連記事

B&W CM Series 2登場

 ますますすっきりしたデザインになった。  順当なシリーズ刷新。  どうやらCMシリーズ

記事を読む

【音響の火花】 鴉-KARAS-

 と、いうわけで【音響の火花】を始めようと思う。第1回なので、どう書くべきか、どんなデータが必要かも

記事を読む

【インプレッション】Playback Designs Merlot DAC 外観編

Playback Designs Merlot DAC - ナスペック  仕様だの背面だのはリ

記事を読む

【おしらせ・再】音展2015に参加します

 しかも今回は出番が増えたようです。 ネットワークオーディオ実践セミナー・音展スペシャル

記事を読む

【レビュー・更新】OPPO Sonica DAC ネットワーク編

導入・外観編 音質編  USB入力と比べて対応フォーマットが寂しいのは残念だが、

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第161回『FLCL』

おれの夢が叶うのは誰かのおかげじゃないぜ 風の強い日を選んで走ってきた 画質:8 音質:

記事を読む

続・サーバーソフトで音は変わるか?

ネットワークオーディオの魔境を往く - サーバーで音は変わるか? ハード編 ネットワークオーディオ

記事を読む

【BDレビュー】 第239回『エクスペンダブルズ2』 北米盤

しっかし傷だらけじゃねえか。 格闘技でも習ったらどうだ? ……ボクシングとか。 画質:

記事を読む

Asset UPnPがQNAPで使用可能に

↓情報を統合・刷新した記事を作成したのでこちらを参照↓ サーバーソフトの紹介 『Asset U

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第191回『GHOST IN THE SHELL 2.0』 北米盤

国内版の価格は甚だ疑問だったので輸入。 国ごとに違うマスターを使い分けるなんて面倒をバンダイビジュ

記事を読む

スポンサーリンク

Comment

  1. ひじおり ゆばな より:

    ハイレゾという器を盲信することなく、しかと音を楽しむべし。まったく賛成です。ところが残念ながらご指摘のとおり、現状は玉石混淆の音質、価格設定の国内外のばらつき などなど ハイレゾけものみちは、まだまだ探検者を迷わせる要素の多い街道です。
    的確なナビは、先人の試みの先に見えるものかと思います。
    どうぞよろしく。

  2. sakakihajime より:

    ひじおり ゆばな さん

    先人と呼ばれるほど大層なことは何もしていませんが、諸々の発信はこれからも続けていきます。
    今後とも拙ブログをお楽しみください。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

『ブレードランナー』がUHD BD化

Blu-ray.comのニュース Warner Bros. Ho

HDR考/続・「4Kマスターではない」等のUHD BDをどう捉えるべきか

「4Kマスターではない」等のUHD BDをどう捉えるべきか そのUH

【イベント情報】7/1(土)にオリオスペックでファイル再生のセミナーを行います

 オーディオ用PC等でいつもお世話になっている秋葉原のPCショップ・オ

iPad Pro(2017) 12.9インチを導入した

ネットワークオーディオの本質 - 言の葉の穴  『コントロール』

【レビュー】JS PC Audio HFS1000

HFS1000 - JS PC Audio 【レビュー】JS P

【レビュー】Aurender N100H

【レビュー】Aurender N10 外観・導入編 【レビュー】Au

【レビュー】Aurender N10 音質編

外観・導入編 運用編  Aurender Co

6/10と6/11は第50回「小町まつり」です

君は小野小町の生まれ在所を知っているか 秋田県湯沢市雄勝

iOS11と共にiPhone/iTunesがFLACに対応する……?

iOS11、無劣化圧縮のハイレゾ音源形式FLACに対応! - iPho

HDtracksによるMQAを用いたストリーミングサービス「HDmusicStream」

 TIDAL Mastersの開始を受けて、NetAudio Vol.

iPad Pro(2017)

iPad Pro - Apple  iPad Air2を発売

【地元探訪・神様セカンドライフ編】力水(湯沢市古館山)

神様セカンドライフ 61話「キツネの流儀」 - ヤマノス  

SFORZATO DSP-Dorado

DSP-Dorado - SFORZATO  ベラの次だがベ

【UHD BDレビュー】第19回『LOGAN/ローガン』 北米盤 【Dolby Atmos】

 まごうことなき大傑作。  みんな映画館に行こう! 画

【レビュー】Aurender N10 運用編

外観・導入編  前回の続き。  ……ところで、なんかア

【レビュー】Aurender N10 外観・導入編

 「ミュージックサーバー」を手掛けるブランドとして世界に名高いAure

【Munich HIGH END 2017】記事まとめ

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【レビュー】SOULNOTE D-1 音質編

外観・運用編 ・再生環境(詳細) canarino

【Munich HIGH END 2017】SFORZATO / fidata in Munich

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Cocktail Audio CA-X50 【Roon Ready】

  Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら

→もっと見る

PAGE TOP ↑