*

【記事修正とお詫び】オーディオ業界は本気でハイレゾを普及させる気があるのかという疑問

公開日: : 最終更新日:2014/09/14 オーディオ・ビジュアル全般, ハイレゾ音源, 雑記

eufonius、大ヒット作『frasco』のDSDマスターを解禁!!


【記事修正とお詫び】
 

 2014/09/13 15:09に、上記記事に関連して、

・元からDSDマスターがあるならなぜ最初からそれを出さないのか
・なぜDSDからわざわざ96kHz/24bitにして出す必要があったのか
 (意図的にスペックを落とした音源をリリースしたのではないのか)
・今回DSDでリリースされる音源は5曲だけだが、いずれ10曲ともDSDにして再リリースするつもりではないのか

 という内容の文章を書きました。
 その後、OTOTOY様よりTwitterにて、

・今回の配信決定は96kHz/24bitの好評を受けてのもの
・もともとDSDマスターがあるのは5曲のみ
・よって、全曲がDSDで配信されることはない


 という説明がありました。
 当記事にも同内容のコメントを頂いております。


 この件に関して強い語調で批判を述べたことについて、個人的推測が誤りであった部分を上記のとおり修正・削除しました。
 OTOTOY様をはじめ、関係者の皆様にお詫びいたします。


【記事修正とお詫び・ここまで】




 もうひとつ。 


クリプトン、ハイレゾ対応ながら低価格化、KX-5の音に迫る25万円のブックシェルフ「KX-1」

 日本オーディオ協会によるハイレゾの定義なんて別に知ったこっちゃないが、自前でハイレゾ音源の配信も手掛けているメーカーが、なぜこうも安直に“アナログ領域”であるスピーカーに、本来“デジタル領域”の話であるハイレゾ対応なんて言葉を冠してしまうのだろうか。

 と思っていたら、

・オーディオ協会が定めているのは“ハイレゾ対応機器”の定義であり、
 ソフトや音源の定義ではない。

・民生用機器については、96kHz/24bitのFLACやWAVに対応していること、
 40kHz以上の再生が可能なことなどが条件。

・音源自体についての基準はJEITAの基準やレコード会社等の判断に準ずる。

・ハイレゾ推奨ロゴを付与するのは、オーディオ協会会員企業の製品であり、
 協会の定める定義を満たすもの。


 あっ……



 『ハイレゾ』という言葉そのものには可能性が満ちている。
 CDとともに規格化されたPCM 44.1kHz/16bitという制限から抜け出し、PCMにせよ、DSDにせよ、デジタル音源が本来持っている(いた)音質上の可能性がユーザーに届けられるようになった。いわゆるハイレゾ音源の登場は、いちオーディオファンとして素直に喜ばしい。

 ところが、『ハイレゾ』を取り巻く今日の環境はどうだ。

 これでハイレゾの普及が進むと本気で思っているのか。

 私にはオーディオ業界が何をしたいのかよくわからない。



【ハイレゾ音源備忘録】 eufonius / frasco

「ハイレゾだから高音質」という幻想

【音源管理の精髄】 目次

スポンサーリンク


関連記事

no image

【BDレビュー】 第8回『イノセンス』

第八回はアニメ映画・イノセンスを取り上げます。 「アニメなんぞ所詮はオタクが傾倒する気色悪い低

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第76回『イノセンス』 アブソリュート・エディション

画質:14 音質:12   ※旧版は12の9 映像はAVCで基本30台のハイビットレート。

記事を読む

言の葉の穴 2016年のハイライト オーディオ・ビジュアル編

「言の葉の穴」的2015年のAV関連ニュース10選  独断と偏見とノリと勢いで選ぶ2016

記事を読む

【ネットワークオーディオTips】コントロールアプリの黄昏

 おおよそ2年半前、コントロールアプリの検証を行った。  ・『eLyric』(iPad版)

記事を読む

LINN KLIMAX DS/3・DSM/2(Katalyst DAC搭載モデル)がDSDの再生に対応

LINN FORUMS  LINN DSのファームウェア、Davaar Beta 60.192

記事を読む

【Roon Server】432 EVO music server

 Roon Serverのパートナーで気になったブランドその2。 432 EVO  

記事を読む

【レビュー】SOULNOTE D-1の「Bulk Pet」を試す

【レビュー】SOULNOTE D-1 外観・運用編 【レビュー】SOULNOTE D-1 音質

記事を読む

【イベントレポート】ネットワークオーディオ実践セミナー・クリアーサウンドイマイ

【ネットワークオーディオで実現する快適な音楽鑑賞空間の構築】全国横断実践セミナー  8月30日

記事を読む

【BDレビュー】第297回『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q』

 完結がいつになるのかまったくわからなくなった記念。 画質:9 音質:9

記事を読む

【音源管理の精髄】 はじめに 【ネットワークオーディオTips】

 オーディオならではの高音質と、音楽再生における快適さ。その完全な両立。  『ネットワークオーディ

記事を読む

スポンサーリンク

Comment

  1. OTOTOY編集部 長島 より:

    OTOTOY編集部の長島です。ブログ拝見いたしました。今回のfrasco [DSD master]の配信は、同作の24bit/96kHz版が大変好評をいただいたため、「より高音質な音源の用意がある5曲に関してはマスターを買っていただけるようにしよう」というアーティストの思いを受けて実現したものです。もともと5曲のみしかDSDマスターは存在しておりませんので、「最初から最高の状態で出せた」のに「意図的にスペックを落とし」て24bit/96kHz版をリリースしていたという事実はありません。また、同じ理由から、10曲全曲が収録されたDSD版が配信されるということもありません。eufoniusの音源を、より多様な楽しみ方ができる状態にしたい、という判断の結果です。

    このような形であれ、OTOTOYの音源に注目し、ご意見を言っていただけたことは感謝しております。

    今後ともOTOTOYをどうぞよろしくお願いいたします。

    • sakakihajime より:

      OTOTOY編集部 長島様

      修正のコメントありがとうございます。
      そしてこのたびは申し訳ございませんでした。

      いちオーディオファンとして、これからも素晴らしい音源をリリースされることを期待しております。

  2. ボスケテ より:

    スペックが全てでは無いことは理解していますが、存在しているのであれば
    出し惜しみせずに
    初めから最高スペックの音源で販売して欲しいです。

    せっかく購入してもDSD,PCM,FLACからどれか一つしかDLできず、
    将来、わたしのDSD対応機器にアップグレードした際の買い直しが必要なサイトも多いのが、気軽に買いにくい点だとおもいます。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

月刊HiVi 2018年1月号を読んで、ホームシアターでゲームをしよう!【おまけつき】

 本日発売。 月刊HiVi 1月号 12/16発売 

なぜハイレゾ音源を買うのか

 音がいいから、ではない。  私が「ハイレゾ」と言う時は

【UHD BDレビュー】第47回『トランスフォーマー/最後の騎士王』 英国盤 【Dolby Atmos】

画質:10 音質:14 (評価の詳細についてはこの記事

SFORZATO流「ネットワークプレーヤーの使いこなし」が掲載されたので

 我が身を振り返ってみた。 Netwok Audioについて

Bricasti Design M12 / M1 SE mk2のLAN入力がPCM 384kHz/24bit・DSD 5.6MHzに対応

M12およびM1 Special Edition mk2仕様変更のご案

ついに日本でロスレス音楽ストリーミングサービス「Deezer HiFi」が開始

日本初、ロスレス音楽ストリーミング「Deezer HiFi」開始。3,

【レビュー】日本テレガートナー M12 GOLD SWITCH

 魔境深淵注意。  みんなおこらずに楽しく読んでね。

【ハイレゾ音源備忘録】Nicogi / DigiFi No.28付録音源

・アーティスト / アルバムタイトル Nicogi /

「自分の音源ライブラリ」の未来

 言の葉の穴を本格的に始めてまだ間もない頃、こんな記事を書いた。

【Dolby Atmos/DTS:X】オブジェクトオーディオの威力を実感できるタイトル10選・2017年版

 せっかく、「さらなるサラウンド体験のために天井にスピーカーを付ける」

【BDレビュー】第353回『パトリオット・デイ』

 日本ではUHD BDが発売されないという悲劇。 https

LUMIN AppがiPad Pro 12.9インチにネイティブ対応

コントロールアプリのiPad Pro 12.9インチへの対応状況

【BDレビュー】第352回『バーニング・オーシャン』 【Dolby Atmos】

 日本ではUHD BDが出ないという悲劇。 https://

LINN KLIMAX DS/3・DSM/2(Katalyst DAC搭載モデル)がDSDの再生に対応

LINN FORUMS  LINN DSのファームウェア、Dav

WaversaSystems WCORE(Roon Server)

WCORE開発完了 - WaversaSystems  要は

【BDレビュー】第351回『ハードコア』

 一人称視点のアレ。 https://www.youtube.c

UHD BD化を待ち望む作品10選・2017年末版

BD化を待ち望む作品10選  未だBD化されていない作品も多いと

【UHD BDレビュー】第46回『スパイダーマン:ホームカミング』 英国盤 【Dolby Atmos】

画質:6 音質:7 (評価の詳細についてはこの記事を参

【UHD BDレビュー】第45回『ベイビー・ドライバー』 英国盤 【Dolby Atmos】

画質:7 音質:12 (評価の詳細についてはこの記事を

【BDレビュー】第350回『グレートウォール』 【Dolby Atmos】

同時にUHD BDが出ている作品のBDを評価するのはいささか心苦しいの

→もっと見る

PAGE TOP ↑