*

【音源管理の精髄】 LUMIN Appでもっとアルバムアートを堪能する 【ネットワークオーディオTips】

公開日: : 最終更新日:2014/07/21 LUMIN, PC・ネットワークオーディオ関連, オーディオ・ビジュアル全般

 LUMIN A1を導入するまで、私はずっとMAJIK DS-Iを使っていた。
 となれば当然、使用するアプリはDS専用のChorusDSである。

 ChorusDS、そしてiPad版のChorusDS HDは極めて優秀なコントロールアプリなのだが、一点、アルバムアートの拡大表示の際に問題があった。
 アルバムアートを自動的に正方形にリサイズしてしまうのである。つまり、タグとして埋め込む画像をあらかじめ正方形にしておかないと、縦横の比率が崩れてしまう。実はSongBook Liteも同じ仕様だったりする。
 詳しくはこの記事を読んでほしいが、たとえばこんな具合にマチルダさんが太ってしまう羽目になる。
1


 LUMIN A1の導入に伴い、ChorusDSから乗り換えたLUMIN Appにはこのような仕様はない。
 埋め込むアルバムアートが正方形でなくても、縦横比を保ったまま表示される。
 こんな具合に。
1

 iPadを縦にすると、縦方向の表示領域いっぱいに表示される。
2

 縦長だったり横長だったりするアルバムアートが、画面に収まる最大サイズで表示されるのはなかなかに見応えがある。
 なにせ今までは、ChorusDSに最適化するために黒枠を足して正方形にしてやる必要があったのだから。
4
3

 ただ、ここまでならKinskyも同等の表示性能を有している。
 LUMIN AppのKinskyに対する優位性は別にある。


 たとえば、こんなアルバムがある。
5
 サガシリーズのバトルアレンジアルバム。
 小林女史による一続きのアルバムアートが素晴らしく、区切るのが忍びなかったため、このように横長の画像となっている。
 Kinskyなら、このように表示されておしまいである。別にそれで不満はない。
 
 しかし、LUMIN Appなら……

 !?
6

 LUMIN Appは、アルバムアートを全画面に表示した際、さらに拡大が可能。
 この場合、私は3579×1536の解像度でアルバムアートを埋め込んでいるので、拡大して七英雄や四魔貴族の決め顔を存分に堪能することができる。

 もはや誰が得するのかわからない謎機能ではあるが、狂気に近いレベルでアルバムアートにこだわっている人間からすれば、素敵な機能であることは間違いない。
 しかも、LUMIN Appの素晴らしい基本性能のおかげで表示のもたつきもほとんどない。


 「最も美しいアルバムアートを表示するコントロールアプリ」の座は、どうやらKinskyからLUMIN Appに移ることになりそうだ。



【音源管理の精髄】 目次

スポンサーリンク


関連記事

【CES2016】AKM VERITA AK4497

"VERITA" AKM 歴代最高音質・性能の新フラグシップ プレミアムD/Aコンバーター AK44

記事を読む

【BDレビュー】第301回『トレマーズ ブラッドライン』

 マメに写真を撮ってアイコンに仕立ててきたが、くたびれたのでおしまい。  というわけで、UHD

記事を読む

Nmode X-PW1導入

 どれだけ新しいサラウンドフォーマットが現れようが、“アンプでスピーカーを鳴らす”という基本は変わら

記事を読む

UHD BDプレーヤー Panasonic DMP-UB90を買った

UHD BDが先か、オブジェクトオーディオが先か  UHD BDが先だった。  やはり「既に

記事を読む

【BDレビュー】 第243回『SHORT PEACE』

 ジーニアスパーティー・ビヨンドのBD化はまだか! まだですか!  (無印は別に……)

記事を読む

【ネットワークオーディオTips】コントロールアプリの検証 2014 『Kinsky』(iPhone版)

コントロールアプリの検証 2014 『Kinsky』(iPad版)  今度はiPhone版。

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第108回『ウォンテッド』

まんま映像的に豪華になったシューテムアップ。 監督つながりで“ロシア人”も登場。 画

記事を読む

【ハイレゾ音源備忘録】Michael Jackson / Thriller

・アーティスト / アルバムタイトル Michael Jackson / Thriller

記事を読む

「ハイレゾだから高音質」という幻想

 愚痴。  最近、オーディオ業界のありとあらゆる場所で、「ハイレゾは高音質」「ハイレゾ

記事を読む

【BDレビュー】第309回『フューリー』

 某アニメを意識して今更取り上げたわけでは……なくはないです。 画質:9 音質:10→1

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

HDR考/続・「4Kマスターではない」等のUHD BDをどう捉えるべきか

「4Kマスターではない」等のUHD BDをどう捉えるべきか そのUH

【イベント情報】7/1(土)にオリオスペックでファイル再生のセミナーを行います

 オーディオ用PC等でいつもお世話になっている秋葉原のPCショップ・オ

iPad Pro(2017) 12.9インチを導入した

ネットワークオーディオの本質 - 言の葉の穴  『コントロール』

【レビュー】JS PC Audio HFS1000

HFS1000 - JS PC Audio 【レビュー】JS P

【レビュー】Aurender N100H

【レビュー】Aurender N10 外観・導入編 【レビュー】Au

【レビュー】Aurender N10 音質編

外観・導入編 運用編  Aurender Co

6/10と6/11は第50回「小町まつり」です

君は小野小町の生まれ在所を知っているか 秋田県湯沢市雄勝

iOS11と共にiPhone/iTunesがFLACに対応する……?

iOS11、無劣化圧縮のハイレゾ音源形式FLACに対応! - iPho

HDtracksによるMQAを用いたストリーミングサービス「HDmusicStream」

 TIDAL Mastersの開始を受けて、NetAudio Vol.

iPad Pro(2017)

iPad Pro - Apple  iPad Air2を発売

【地元探訪・神様セカンドライフ編】力水(湯沢市古館山)

神様セカンドライフ 61話「キツネの流儀」 - ヤマノス  

SFORZATO DSP-Dorado

DSP-Dorado - SFORZATO  ベラの次だがベ

【UHD BDレビュー】第19回『LOGAN/ローガン』 北米盤 【Dolby Atmos】

 まごうことなき大傑作。  みんな映画館に行こう! 画

【レビュー】Aurender N10 運用編

外観・導入編  前回の続き。  ……ところで、なんかア

【レビュー】Aurender N10 外観・導入編

 「ミュージックサーバー」を手掛けるブランドとして世界に名高いAure

【Munich HIGH END 2017】記事まとめ

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【レビュー】SOULNOTE D-1 音質編

外観・運用編 ・再生環境(詳細) canarino

【Munich HIGH END 2017】SFORZATO / fidata in Munich

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Cocktail Audio CA-X50 【Roon Ready】

  Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら

【Munich HIGH END 2017】constellation audio LEO 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

→もっと見る

PAGE TOP ↑