*

【音源管理の精髄】 LUMIN Appでもっとアルバムアートを堪能する 【ネットワークオーディオTips】

公開日: : 最終更新日:2014/07/21 LUMIN, PC・ネットワークオーディオ関連, オーディオ・ビジュアル全般

 LUMIN A1を導入するまで、私はずっとMAJIK DS-Iを使っていた。
 となれば当然、使用するアプリはDS専用のChorusDSである。

 ChorusDS、そしてiPad版のChorusDS HDは極めて優秀なコントロールアプリなのだが、一点、アルバムアートの拡大表示の際に問題があった。
 アルバムアートを自動的に正方形にリサイズしてしまうのである。つまり、タグとして埋め込む画像をあらかじめ正方形にしておかないと、縦横の比率が崩れてしまう。実はSongBook Liteも同じ仕様だったりする。
 詳しくはこの記事を読んでほしいが、たとえばこんな具合にマチルダさんが太ってしまう羽目になる。
1


 LUMIN A1の導入に伴い、ChorusDSから乗り換えたLUMIN Appにはこのような仕様はない。
 埋め込むアルバムアートが正方形でなくても、縦横比を保ったまま表示される。
 こんな具合に。
1

 iPadを縦にすると、縦方向の表示領域いっぱいに表示される。
2

 縦長だったり横長だったりするアルバムアートが、画面に収まる最大サイズで表示されるのはなかなかに見応えがある。
 なにせ今までは、ChorusDSに最適化するために黒枠を足して正方形にしてやる必要があったのだから。
4
3

 ただ、ここまでならKinskyも同等の表示性能を有している。
 LUMIN AppのKinskyに対する優位性は別にある。


 たとえば、こんなアルバムがある。
5
 サガシリーズのバトルアレンジアルバム。
 小林女史による一続きのアルバムアートが素晴らしく、区切るのが忍びなかったため、このように横長の画像となっている。
 Kinskyなら、このように表示されておしまいである。別にそれで不満はない。
 
 しかし、LUMIN Appなら……

 !?
6

 LUMIN Appは、アルバムアートを全画面に表示した際、さらに拡大が可能。
 この場合、私は3579×1536の解像度でアルバムアートを埋め込んでいるので、拡大して七英雄や四魔貴族の決め顔を存分に堪能することができる。

 もはや誰が得するのかわからない謎機能ではあるが、狂気に近いレベルでアルバムアートにこだわっている人間からすれば、素敵な機能であることは間違いない。
 しかも、LUMIN Appの素晴らしい基本性能のおかげで表示のもたつきもほとんどない。


 「最も美しいアルバムアートを表示するコントロールアプリ」の座は、どうやらKinskyからLUMIN Appに移ることになりそうだ。



【音源管理の精髄】 目次

スポンサーリンク


関連記事

【祝】OPPO Sonica DACは2月上旬発売

OPPO「Sonica DAC」は9.8万円、2月上旬発売。ES9038PRO搭載のネットワーク対応

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第122回『キング・コング』

画質:12 音質:(8) 映像はVC-1でビットレートは極めて低め。そもそも20Mbps台

記事を読む

【ネットワークオーディオTips・実践編】 『コントロール』する

 「ここにさえ来ればネットワークオーディオがまとめてわかる!」を目指し、ひたすら書いてきた【音源管理

記事を読む

【UHD BDレビュー】第39回『猿の惑星:新世紀』 米国盤

【BDレビュー】第279回『猿の惑星:新世紀(ライジング)』 画質:7

記事を読む

【音源管理の精髄】 最初にするべきこと 【ネットワークオーディオTips】

 【音源管理の精髄】も第2章に突入。  いつ終わるやら。  タグとは何か。  タグはな

記事を読む

【イベントレポート】ネットワークオーディオ実践セミナー・アバック大阪梅田店

【ネットワークオーディオで実現する快適な音楽鑑賞空間の構築】全国横断実践セミナー  8月1日と

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第133回『平成ガメラ三部作』

どいつもこいつもレギオンレギオン言いやがって! おれはイリスが好きなんだよ!!

記事を読む

RoonがDropboxと連携できるようになったようだが……?

 ん、いつの間に。  とうとうユーザー所有の音源もクラウドに持っていく時代になったとでもい

記事を読む

LANケーブルで音は変わるか?

【ネットワークオーディオの魔境を往く】 - いったい何が始まるんです?  ネットワーク

記事を読む

DELA N1Z 来たる

 色々と御縁があり試用する機会に恵まれた。  LUMIN L1同様、まずは開梱&外観&初回起動

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

【祝】『グラディエーター』がUHD BD化

アカデミー5部門受賞「グラディエーター」5月9日4K Ultra HD

【祝】『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』がUHD BD化

Star Wars: Episode VIII - The Last

【レビュー】Black Ravioli BR.Pad / BR.Base 設置編→音質編

【2018/02/06初出の設置編に音質編を追加】  B

【地元探訪・神様セカンドライフ編】院内の怪猿・貞宗

 ここんとこ猿無双が続いているので。 77話「怪猿が征く」 7

HiVi 2018年3月号で記事を執筆しました【おまけつき】

 本日発売。 月刊HiVi 3月号 2/17発売 HiVi3

【BDレビュー】第356回『ソング・オブ・ザ・シー 海のうた』

https://www.youtube.com/watch

【BDレビュー】第355回『龍の歯医者』

 むしろコレが欲しかった。  特別版は高かった……

BenQの20万円を切る4K/HDRプロジェクター「HT2550」

20万円を切る4K/HDRプロジェクタ。ベンキュー「HT2550」は「

【UHD BDレビュー】第54回『ターミネーター2』 米国盤

【BDレビュー】第106回『ターミネーター2』

【UHD BDレビュー】第53回『ダンケルク』

画質:10 音質:限りなく15と同質な10 (評価の詳

【UHD BDレビュー】第52回『インターステラー』

【BDレビュー】第303回『インターステラー』

【UHD BDレビュー】第51回『インセプション』

【BDレビュー】第185回『インセプション』 画

【UHD BDレビュー】第50回『ダークナイト ライジング』

 祝・【UHD BDレビュー】もついに50回。

【UHD BDレビュー】第49回『ダークナイト』

【BDレビュー】第102回『ダークナイト』 【AV史

【UHD BDレビュー】第48回『バットマン ビギンズ』

【BDレビュー】第173回『バットマン ビギンズ』

JPLAYStreamerでfidata Music Appが使えるようになった

 fidata Music AppがバージョンアップしてJPLAYSt

ESOTERIC N-03T

エソテリック、初のネットワークオーディオトランスポート「N-03T」。

【ハイレゾ音源備忘録】すぎやまこういち・東京都交響楽団 / 交響組曲「ドラゴンクエストXI」過ぎ去りし時を求めて

なぜハイレゾ音源を買うのか ・アーティスト /

アイ・オー・データ Soundgenic ― ネットワークオーディオの呼び水となるか

アイ・オー、エントリー向けオーディオNAS「Soundgenic」。1

【レビュー】SOULNOTE A-2 続・音質編 ― 純正ボード「SSB-1」と純正ケーブル「SBC-1」

【レビュー】SOULNOTE A-2 導入・外観・運用編 【レビ

→もっと見る

PAGE TOP ↑