導入編
動作編
機能編 LINN DSとの徹底比較
DSD編
音質編①
開梱編



 百聞は一見に如かず。


本体
DSC01546
DSC01547
DSC01549
DSC01550
DSC01551
DSC01552
DSC01519
DSC01555

本体・端子
DSC01520
DSC01522
DSC01523

本体・底面
DSC01524
DSC01525
DSC01526
DSC01527
DSC01528

電源
DSC01532
DSC01533
DSC01534
DSC01535
DSC01536
DSC01537
DSC01545

電源・底面
DSC01538
DSC01539
DSC01540
DSC01542

付属ケーブル
DSC01556
DSC01557
DSC01558
DSC01559
DSC01560
DSC01565

再びMAJIK DS-Iと記念写真
DSC01531

さらばMAJIK DS-I、間違いなく私が今まで触れたなかで最も洗練された機器だった
DSC01568
DSC01569

設置
時を同じくして導入した特注ブビンガラック
DSC01570

あるべきところに収まった感
DSC01571

比較試聴用にどかしていたFocus 200Cの帰還
DSC01572

システム全体・2014年3月21日
LUMIN A1とX-PW10の電源用のトラバーチンボードがもうじき届く予定
DSC01575