*

LUMIN A1を試す・音質編

導入編
動作編
機能編 LINN DSとの徹底比較
DSD編


 LUMIN THE AUDIOPHILE NETWORK MUSIC PLAYERあらためLUMIN A1の実力やいかに。



○再生環境

LUMIN A1
↓RCA
DAC2 HGC(プリとして使用)
↓XLR
X-PW10

Dynaudio Sapphire



○比較対象

LINN MAJIK DS-I
↓同軸デジタル
DAC2 HGC



○所感

 厚い。
 そして熱い。
 精緻を極めた外観から、もっとこう冷静で端麗な音を想像していたのだが、なかなかどうして、エネルギー感に溢れた音である。良い意味で期待を裏切られたと言わなければなるまい。

 MAJIK DS-IとDAC2 HGCの組み合わせに比べると、解像度・上下方向へのレンジの伸び・情報量で歴然たる差がある。価格帯もだいぶ違うし、さすがにこの辺はオーディオ機器としての格が違うといったところか。
 空間の広がりは同程度かな? ただ不満はない。

 システム構成その他色々が異なるのでアテになる話ではないが、記憶の中のAkurate DS/Kの音は絶対的に軽く越えている。そしてKLIMAX DS/Kに匹敵するものがあるように思う。
 そもそもLINN DSとでは音作りが決定的に異なる。
 LINNの音楽に対する演出路線はMAJIK DS-Iの時点でも明らかだが、KLIMAX DS/Kにもなると夢幻的に広がる音空間の中に煌びやかな光が散りばめられるような、そんな音を聴かせるのに対し、LUMIN A1は前述のとおり、厚くて熱い。基本的に熱気なんてものとは無縁なLINNの音とは好対照である。

 ピアノ+ボーカルのような、シンプルな構成の曲よりも、激しく音が乱舞する、複雑に込み入った曲の方がLUMIN A1の良さが生きる。MAJIK DS-Iでは絶対に得られなかったテンションの高さがそこにはある。上下方向へのレンジの伸びは音楽の躍動感を大いに増幅し、そこに解像感と実体感を保った中低音が厚く熱く折り重なる。
 ジェントルなLINNの音に慣れていたというのもあるだろうが、特にロック・ポップス系の音源では仰け反るほどの豹変を果たした音源も多々存在した。
 LUMIN A1は凝縮されたエネルギー感を伴って、ぎらぎらとした輝きが猛烈な勢いで溢れ出すようだ。
 ディスクではなくファイルをベースにした再生機器において、ここまで厚く熱い音を聴いた試しはない。それも、私が勝手に「雪のよう」と評しているDynaudioのスピーカーからそんな音を出すのだからたいしたものだ。
 おそらく、バランス出力にすることでさらに素晴らしい音を聴かせてくれるだろう。

 LUMIN A1、この精緻極まる白銀の筐体の内側に、血沸き肉踊る灼熱が息づいている。

スポンサーリンク


関連記事

【ハイレゾ音源備忘録】 toe / The Future is Now EP

・アーティスト / アルバムタイトル toe / The Future is Now EP

記事を読む

「PCオーディオ対ネットワークオーディオ」という悲劇

 「PCオーディオとネットワークオーディオはどちらが優れているのか」という議論をことあるごとに目にす

記事を読む

【UHD BDレビュー】第7回『アメイジング・スパイダーマン2』 【Dolby Atmos】

【BDレビュー】第268回『アメイジング・スパイダーマン2』 画質:11 (画質は

記事を読む

【レビュー】 BENCHMARK DAC2 HGC 音質編

 外観・機能編はコチラ。  内部のジャンパーを動かし、ゲインを落とした。  それでも、ボ

記事を読む

エヴァのハイレゾ音源を聴きました

 以下、引用。 スペックの進化を凌駕する「名人の耳と腕」  新たな鼓動、躍動まで聴こえ、

記事を読む

CES2015の「Streamer」に見るネットワークオーディオプレーヤーの復権

 とある刺激的な記事。 11 Years of US CD Sales - stereop

記事を読む

【音源管理の精髄】 WAVでリッピングするとタグはどうなる? 【ネットワークオーディオTips】

 正直「何を今更」というか、物凄く不毛なことをしている気がするのだが、未だに「WAVではタグが使えな

記事を読む

exaSound PlayPointがミュージックサーバー/Roon Serverになったぞ

exaSound PlayPoint  元々、PlayPointはすンごく多機能なネットワーク

記事を読む

LUMIN U1を試す ハード編

 LUMINのネットワークオーディオトランスポート、U1。  データの再生機能という「プレーヤー」

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第96回『鉄コン筋クリート』 北米盤

日本じゃ全く出る気配が無いね、仕方ないね…… うーん、面白さはさすがにマインドゲームには及ばず

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

Asset UPnP Release 6

サーバーソフトの紹介 『Asset UPnP』 Asset UP

続・Nmode X-DP10

新製品発売のお知らせ - Nmodeの部屋 発売日は2017年4

LUMIN A1、導入3周年 終わらない進化とMQA対応

 LUMIN Appはバージョン3から相変わらず最強だし、  iPh

【UHD BDレビュー】第18回『シン・ゴジラ』

【考察】シン・ゴジラとヤマタノオロチ、そして現代のスサノオ神話

PS3の出荷(近日)完了に寄せて

PS3本体の出荷が近日終了 - GameSpark  私のP

【Roon Ready】CHORD Poly

 CHORD Mojoに接続して使う、Roon Readyの「ポータブ

【UHD BDレビュー】第17回『オペラ座の怪人』

『オペラ座の怪人』のUHD BD 画質:9 (画質は

LUMIN is NOW Roon Ready! そしてMQAとSpotifyにも対応予定

LUMIN STREAMING SERVICES  ほんとに

【レビューまとめ】fidata HFAS1-XS20 ― 専用機であるということ

外観編 音質・サーバー編 音質・ミュージックサーバー編

【レビュー】fidata HFAS1-XS20 × OPPO Sonica DAC 音質・ミュージックサーバー編

外観編 音質・サーバー編 fidataのCDトランスポート

【Roon Ready】dCSのNetwork Bridge

dCS、RoonReady対応のネットワークトランスポート「Netwo

fidataのCDトランスポート機能を使ってみた

fidata公式サイト USB接続光学ドライブにセットしたCDを

Roon 1.3 (Build 208)とTIDAL Masters

TIDAL MASTERS with MQA  RoonのB

デジファイ No.25で記事を執筆しました

DigiFi(デジファイ)No.25 3月2日(木)発売【特別付録】ハ

Raspberry Piとワンボードオーディオ・コンソーシアム

Raspberry Piで音楽再生、「ワンボードオーディオ」共通規格化

【レビュー】fidata HFAS1-XS20 音質・サーバー編

外観編 音質・ミュージックサーバー編  まずは、純粋な

【ハイレゾ音源備忘録】John Mayer / Continuum

・アーティスト / アルバムタイトル John Maye

【ハイレゾ音源備忘録】John Mayer / The Search for Everything – Wave Two

・アーティスト / アルバムタイトル John Maye

『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』がUHD BDでリリースされなかった……

スター・ウォーズ最新作『ローグ・ワン』4月28日にBD発売。プレミアム

「FAN AKITA」のプロジェクトが終了しました

クラウドファンディングサービス「FAN AKITA」でプロジェクトを実

→もっと見る

PAGE TOP ↑