*

LUMIN A1を試す・DSD編

導入編
動作編
機能編 LINN DSとの徹底比較


 LUMINのネットワークオーディオプレーヤーとしての基本機能については、先の記事でも述べたように、LINN DSと比べても劣らないレベルにある。
 この記事では、LUMINならではの機能――DSDについて述べる。



○DSDの再生

 単純なスペックを比較したとき、おそらく真正面から競合するであろうLINN DSに対するアドバンテージなのがコレだろう。
 私としてはDSD音源なんてほとんど持ってはいないし、正直別にどうでもいいのかなとも思うのだが、聴く聴かないはさておき、聴けるに越したことはない。
 再度、LUMIN AppでDSDを再生している図を以下に示す。
14
 この時使用したのはJRiver Media Center。また、QNAP TS-121で動かしているMinimServerからもDSDの配信を確認した。

 なお、DSDを再生している際も、操作感はPCMのときとまったく変わらない。
 動作が重くなることも反応が遅くなることもない。
 また、サーバーやらアプリやらプレーヤーやらで特殊な設定は一切していない。
 単純にDSDの配信に対応するサーバーソフトを使いさえすれば、特に何もする必要もなく、PCMと同じ感覚でDSDを再生可能である。
 さらにいえば、DSDとPCMが混在するプレイリストであっても、音源の切り替えの際にノイズを出すようなこともなく、動作は極めて安定している。
 (いわゆる)PCオーディオでは、ハードとソフトの組み合わせ如何ではDSDを再生する際に巨大なノイズが出るとかなんとかという問題も生じているそうだが、ことLUMINに関してはそういった心配はしなくてもよさそうだ。



○音源をDSDに変換して再生

16
20140329 DSD

 これも、LUMINならではの売りと言えるだろう。
 96kHz/24bitに到るまでの音源をDSDに変換して再生可能。さらに、例えば44.1kHz/16bitの音源はDSDにするけど96kHz/24bitの音源はそのまんま聴く、というように、音源のスペックごとに設定が可能である。
 また、DSDに変換する設定にしても、操作感への影響は皆無。
 再生中に変換設定を変えるという無茶をしても、ノイズを出すことも不安定になることも一切なく、穏やかにミュートがかかったうえで、すぐに頭から再生が再開される。まさに指先一本でPCMとDSDの聴き比べができるというわけである。



○DSDの音質所感

 純DSD音源に関しては……よくわかりません! 同一音源でPCMとDSDを聴き比べるのならともかく、現状ではいかんとも判断しようがない。
 ただ、ことアニソンオーディオに付属してきたDSD音源に関して言えば、「こんなのより音のいいCDだってたくさんあるぞ」というレベル。

 PCMをDSDに変換した場合。
 DSDはPCMに比べると、全体的に「ほんのちょっと綺麗になってちょっとこじんまり」という具合。
 個人的にアプコン含め、元の音源にアレコレと手を加えるのは(再生機器が内部的に勝手にやっているのならともかく)好きではないので、そのまんまPCMで聴けばいいかな、と思う。

 大事なのは音質云々ではなく、再生の際、PCMだろうがDSDだろうがまったく同一のユーザー・エクスペリエンスを提供できているという点である。
 これは素晴らしいことだし、素直に称賛されてしかるべきだろう。


 残るは「外観編」と「音質編」。



 続く!

スポンサーリンク


関連記事

no image

【BDレビュー】 第133回『平成ガメラ三部作』

どいつもこいつもレギオンレギオン言いやがって! おれはイリスが好きなんだよ!!

記事を読む

【Roon Server/RoonReady】Clones audio THE HOST music server

Clones Audio THE HOST  これまた非常に手頃なRoon Server。

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第227回『ダークナイト ライジング』

画質:15 音質:15 映像はAVC、音声はDTS-HDMAの24bit 画質につい

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第4回『パイレーツ・オブ・カリビアン』・『パイレーツ・オブ・カリビアン2』

第四回はこれまた説明不要のビックタイトル、ディズニーの実写映画史上最高にヒットしているらしい海賊映画

記事を読む

UHD BDが先か、オブジェクトオーディオが先か

 Dolby Atmosが登場して以来、「いつかは我が家にもオブジェクトオーディオを!」と意気込み、

記事を読む

ネットワークオーディオのユーザビリティの行き着く先

 ネットワークオーディオでは、「サーバー」・「プレーヤー」・「コントロール」の三要素が独立している。

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第70回『時をかける少女』

画質:15 音質:8 映像はAVCで30台後半中心の超ハイビットレート。 音声はドルビーTR

記事を読む

【CES2016】LUMIN U1

 画像はLUMIN MusicのFBから。  DACを省き、デジタル出力に特化したネッ

記事を読む

【インプレッション】Playback Designs Merlot DAC 外観編

Playback Designs Merlot DAC - ナスペック  仕様だの背面だのはリ

記事を読む

【Dolby Atmos/DTS:X】スピーカーの配置

 Dolby Atmos。  残念ながら映画館で聴いたことがないし、対応AVアンプで聴いたこともな

記事を読む

スポンサーリンク

Comment

  1. れいんぼー より:

    久しぶりに訪問させて頂きましたら、なんとなんと!
    LUMIN A1のレビューがごっそり登場!
    LUMIN Appの完成度を聞く限り期待はしてましたが、
    期待通り?期待以上の出来と言っていいかもしれませんね!

    外観、音質のレビューも楽しみにしてます!

    国内の販売網が真っ当なところに落ち着けばLINNのライバルになりそうですね!

    • sakakihajime より:

      れいんぼーさん

      ギャップレス再生とOn Device Playlist、この二点を実現している時点でLUMINがLINN DSに機能的に劣ることはないだろうと思っていましたが、レスポンスの良さ等まで含めた操作感においても遜色ないというのは非常に良い意味で驚きました。
      ネットワークオーディオプレーヤーというジャンルにおいて、製品の完成度的にLINN DSを越えるものは存在しない(と私は思っている)ので、そこに追随できているだけでも十分すぎるくらい凄いと思うのです。凌駕している点さえありますし。

      T1、D1あたりが出てくれば、いよいよLINNもうかうかしていられないと思います。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

【レビュー】SOULNOTE D-1 音質編

外観・運用編 ・再生環境(詳細) canarino

【Munich HIGH END 2017】SFORZATO / fidata in Munich

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Cocktail Audio CA-X50 【Roon Ready】

  Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら

【Munich HIGH END 2017】constellation audio LEO 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Roon Labs自身による“Nucleus” Roon Server

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Playback Designs Dream DAC MPD-8 / Transport MPT-8 【Roon?】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】DELAの進化は続く

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Mark Levinson No519 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】dCS Vivaldi One 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Ayre QX-8 / AX-8 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】MSB Technology The Reference DAC 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】AURALiC G Series 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

言の葉の穴・四周年

 三周年記事で地元ネタ全面解禁宣言をしてから1年。  主に私のや

【Munich HIGH END 2017】Dynaudio Special Forty

Dynaudio Special Forty https://y

【レビュー】SOULNOTE D-1 外観・運用編

 SOULNOTEのDACには、対応フォーマットのスペックを偏重する流

LUMIN U1がDSD256に対応

LUMINのネットワークトランスポート「U1」、11.2MHz DSD

【菅江真澄紀行文】『菅江真澄と歩く 二百年後の勝地臨毫 出羽国雄勝郡』が完成しました

小町ゆかりの地「真澄と歩く」出版プロジェクト - FAN AKITA

【御礼】ヘッドホン祭&北陸オーディオショウ(デジ研)・OTOTEN 2017が終了しました

春のヘッドホン祭2017 / 第2回北陸オーディオショウの「デジ研」に

【おしらせ】OTOTEN 2017に参加します

 久々だと思っていたら三週続けてのイベント参加です。 O

【おしらせ】春のヘッドホン祭2017 / 第2回北陸オーディオショウの「デジ研」に参加します

 久々のイベント参加になります。 春のヘッドホン祭201

→もっと見る

PAGE TOP ↑