*

LUMIN A1を試す・DSD編

導入編
動作編
機能編 LINN DSとの徹底比較


 LUMINのネットワークオーディオプレーヤーとしての基本機能については、先の記事でも述べたように、LINN DSと比べても劣らないレベルにある。
 この記事では、LUMINならではの機能――DSDについて述べる。



○DSDの再生

 単純なスペックを比較したとき、おそらく真正面から競合するであろうLINN DSに対するアドバンテージなのがコレだろう。
 私としてはDSD音源なんてほとんど持ってはいないし、正直別にどうでもいいのかなとも思うのだが、聴く聴かないはさておき、聴けるに越したことはない。
 再度、LUMIN AppでDSDを再生している図を以下に示す。
14
 この時使用したのはJRiver Media Center。また、QNAP TS-121で動かしているMinimServerからもDSDの配信を確認した。

 なお、DSDを再生している際も、操作感はPCMのときとまったく変わらない。
 動作が重くなることも反応が遅くなることもない。
 また、サーバーやらアプリやらプレーヤーやらで特殊な設定は一切していない。
 単純にDSDの配信に対応するサーバーソフトを使いさえすれば、特に何もする必要もなく、PCMと同じ感覚でDSDを再生可能である。
 さらにいえば、DSDとPCMが混在するプレイリストであっても、音源の切り替えの際にノイズを出すようなこともなく、動作は極めて安定している。
 (いわゆる)PCオーディオでは、ハードとソフトの組み合わせ如何ではDSDを再生する際に巨大なノイズが出るとかなんとかという問題も生じているそうだが、ことLUMINに関してはそういった心配はしなくてもよさそうだ。



○音源をDSDに変換して再生

16
20140329 DSD

 これも、LUMINならではの売りと言えるだろう。
 96kHz/24bitに到るまでの音源をDSDに変換して再生可能。さらに、例えば44.1kHz/16bitの音源はDSDにするけど96kHz/24bitの音源はそのまんま聴く、というように、音源のスペックごとに設定が可能である。
 また、DSDに変換する設定にしても、操作感への影響は皆無。
 再生中に変換設定を変えるという無茶をしても、ノイズを出すことも不安定になることも一切なく、穏やかにミュートがかかったうえで、すぐに頭から再生が再開される。まさに指先一本でPCMとDSDの聴き比べができるというわけである。



○DSDの音質所感

 純DSD音源に関しては……よくわかりません! 同一音源でPCMとDSDを聴き比べるのならともかく、現状ではいかんとも判断しようがない。
 ただ、ことアニソンオーディオに付属してきたDSD音源に関して言えば、「こんなのより音のいいCDだってたくさんあるぞ」というレベル。

 PCMをDSDに変換した場合。
 DSDはPCMに比べると、全体的に「ほんのちょっと綺麗になってちょっとこじんまり」という具合。
 個人的にアプコン含め、元の音源にアレコレと手を加えるのは(再生機器が内部的に勝手にやっているのならともかく)好きではないので、そのまんまPCMで聴けばいいかな、と思う。

 大事なのは音質云々ではなく、再生の際、PCMだろうがDSDだろうがまったく同一のユーザー・エクスペリエンスを提供できているという点である。
 これは素晴らしいことだし、素直に称賛されてしかるべきだろう。


 残るは「外観編」と「音質編」。



 続く!

スポンサーリンク


関連記事

【Dolby Atmos導入記】Transformers: Age of Extinction ― 世界初のアトモス収録ソフトを“普通に”聴いてみる

 ソフトがなければ何も始まらない。  世界初のDolby Atmos収録ソフト。  それ

記事を読む

【BDレビュー】第284回『思い出のマーニー』

画質:15 音質:9 映像:AVC・MGVC 音声:DTS-HD Mast

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第91回『ナイトメア・ビフォア・クリスマス』

画質:10 音質:10+α(7.1ch収録のため) 映像はAVCでビットレートは基本30台

記事を読む

【ネットワークオーディオTips】コントロールアプリの検証 2014 『ChorusDS』

コントロールアプリの検証 2014 『ChorusDS HD』  今度はiPhone版。  

記事を読む

ネットワークオーディオの魔境を往く

 【音源管理の精髄】の「はじめに」において、私はネットワークオーディオの基礎基本となるノウハウの提供

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第89回『シューテム・アップ』

画質:14 音質:12+(7.1ch収録のため) 映像はVC-1でビットレートはストレスな

記事を読む

【UHD BDレビュー】第10回『マン・オブ・スティール』 米国盤 【Dolby Atmos】

【4K/HDR環境の導入に伴い、2016/11/16初出の記事を更新・追記】

記事を読む

【BDレビュー】第264回『THE RAID / ザ・レイド』 北米盤

突撃死亡塔 重装開戦 2購入記念。 画質:6 音質:7 映像:AV

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第58回『ロボコップ』

画質:3 音質:8 映像はMPEG-2でビットレートは20Mbps前後。 音声はDTS-

記事を読む

【レビュー】Aurender N100H

【レビュー】Aurender N10 外観・導入編 【レビュー】Aurender N10 運用編 

記事を読む

スポンサーリンク

Comment

  1. れいんぼー より:

    久しぶりに訪問させて頂きましたら、なんとなんと!
    LUMIN A1のレビューがごっそり登場!
    LUMIN Appの完成度を聞く限り期待はしてましたが、
    期待通り?期待以上の出来と言っていいかもしれませんね!

    外観、音質のレビューも楽しみにしてます!

    国内の販売網が真っ当なところに落ち着けばLINNのライバルになりそうですね!

    • sakakihajime より:

      れいんぼーさん

      ギャップレス再生とOn Device Playlist、この二点を実現している時点でLUMINがLINN DSに機能的に劣ることはないだろうと思っていましたが、レスポンスの良さ等まで含めた操作感においても遜色ないというのは非常に良い意味で驚きました。
      ネットワークオーディオプレーヤーというジャンルにおいて、製品の完成度的にLINN DSを越えるものは存在しない(と私は思っている)ので、そこに追随できているだけでも十分すぎるくらい凄いと思うのです。凌駕している点さえありますし。

      T1、D1あたりが出てくれば、いよいよLINNもうかうかしていられないと思います。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

月刊HiVi 2017年11月号に記事を執筆しました【おまけつき】

月刊HiVi 11月号 10/17発売 「ロマンポルノ」を

【ホームシアターでゲームをしよう!】第3回『ニンテンドークラシックミニ スーパーファミコン』

https://www.youtube.com/watch?v

TIAS2017の思い出

 色々あるが、最も印象に残ったのはナスペックブースでのPlayback

【イベント報告】東京インターナショナルオーディオショウ2017 於:トライオードブース

予告:東京インターナショナルオーディオショウに参加します  

【ホームシアターでゲームをしよう!】第2回『ドラゴンクエストⅪ 過ぎ去りし時を求めて』

https://www.youtube.com/watch?v

【ハイレゾ音源備忘録】Nicogi / 蜃気楼

・アーティスト / アルバムタイトル Nicogi /

【ホームシアターでゲームをしよう!】再始動

 諸事情により、第1回『The Last of Us』以来

【ハイレゾ音源備忘録】Nicogi / Precious Morning

・アーティスト / アルバムタイトル Nicogi /

【BDレビュー】第345回『RWBY Volume 4』

画質:8 音質:6 (評価の詳細についてはこの記事を参

JPLAYの入門ガイドを作成しました

JPLAY日本語公式ページ →PCオーディオ入門者向け設定ガイド

月刊HiVi 2017年10月号に記事を執筆しました【おまけつき】

月刊HiVi 10月号 9/16発売 祝35周年・UHDブ

【ハイレゾ音源備忘録】Helge Lien Trio / Guzuguzu

おまえの新譜グズグズじゃねーか(歓喜) ・アーテ

【ハイレゾ音源備忘録】Tingvall Trio / Cirklar

・アーティスト / アルバムタイトル Tingvall

【ハイレゾ音源備忘録】Julian Lage / Arclight

・アーティスト / アルバムタイトル Julian La

【レビュー】DSP-Dorado 音質編

外観・導入編 設定・運用編 ・再生環境(詳細)

【UHD BDレビュー】第33回『ザ・コンサルタント / The Accountant』

画質:6 音質:8 (評価の詳細についてはこの記事を参

【レビュー】DSP-Dorado 設定・運用編

外観・導入編  DSP-Doradoは意外と(?)多機能

【イベント情報】東京インターナショナルオーディオショウに参加します

 既にオーディオ誌で見たという人もいるかもしれませんが、 2

【UHD BDレビュー】第32回『メッセージ / Arrival』 米国盤

画質:7 音質:8 (評価の詳細についてはこの記事を参

【レビュー】SFORZATO DSP-Dorado 外観・導入編

「純粋なネットワークオーディオ」への憧憬 続・「純粋なネットワークオ

→もっと見る

PAGE TOP ↑