*

【ネットワークオーディオTips・実践編】 システムの維持管理

 「システムの維持管理」と銘打ってはいるが、ここまできたユーザーにとって、これ以上気を付けることはほとんどない。
 実践編の初めに設定した、


①音楽を聴く際、いちいち椅子から立ち上がる必要がない。

②ライブラリ内のすべての音源に管理/情報が行き届いている。

③すべての音源にアルバムアートが埋め込まれ、音楽を視覚的にも楽しめる。

④自分の好みに合わせた方法/インターフェースで聴きたい曲を探せる。


 以上四つの目標はすべて達成されたはず。

 音源の管理はタグという基本に忠実に、かつ手を抜かなければ、どれだけアルバムが増え、ライブラリが大きくなろうとも、自分にとって理想的なライブラリで在り続ける。

 また、完璧なライブラリが手元にあれば、サーバーを替えようがプレーヤーを替えようがコントロールアプリを替えようが、常にそれらに最高のポテンシャルを発揮させることができる。



 よくここまで読んでくれました。


 お疲れ様でした。



【音源管理の精髄】 目次

スポンサーリンク


関連記事

【BDレビュー】第312回『鑑定士と顔のない依頼人』

画質:15 音質:15 (評価の詳細についてはこの記事を参照) 映像:AVC 音声:ドル

記事を読む

Leema Acoustics Sirius audiophile music server

 日本未上陸のネットワークオーディオ関連機器をなんとなく紹介するシリーズ。 Leema A

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第88回『ゴッドファーザー PART3』

赤い画。 画質:7 音質:9 映像はAVC、ビットレートは多少頭打ち感あり。

記事を読む

【ハイレゾ音源備忘録】 Natalie Merchant / Tigerlily

・アーティスト / アルバムタイトル Natalie Merchant / Tigerlily

記事を読む

fidata HFAS1 運用編

 どれだけ音の良さを謳おうが、まともに使えないサーバーに用はない。  「信頼」の名を背負ったf

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第138回『続・夕陽のガンマン』

あうあうあー ほわーんほわーんほわーん 画質:7 音質:10☆ 映像はAVC、

記事を読む

PCオーディオはもっと自由になれる

ネットワークオーディオの本質 『ネットワークオーディオ』とは何か  ネットワークオー

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第187回『無皇刃譚』

画質:7 音質:9 映像はAVC、音声はドルビーTRUEHDの24bit 画質につい

記事を読む

【音源管理の精髄】 『タグ』はなぜ重要か 【ネットワークオーディオTips】

 前回の記事において、「タグとは何か」「何がタグなのか」を示した。  そして今回の記事では、「

記事を読む

Pioneer SC-LX59でDolby Atmosを聴く

 まずはSC-LX85と比べたSC-LX59の音を把握すべく、トップスピーカーから音が出ていないこと

記事を読む

スポンサーリンク

Comment

  1. たたのふ より:

    お正月にご挨拶した者です。
    とりあえず、foober2000でネットワークオーディオを試用してましたが、本格的に楽しもうと決意しました。DNCの相性が悪いので、ServerはTwonkyをPCにインストールし、今まで滅茶苦茶だったタグやアルバムアートを全て見直しました。
    1ヶ月かかりました。
    ようやく、今。完成しました。
    あまりの嬉しさに舞い上がり、先ずはお世話になった方にご報告したい気持ちが抑えられず、コメントを書いております。

    これからの課題は、やっぱり不安定DNCとの付き合い方にになります。
    不安定な要素は、プレイヤーなのか、PCなのか分からないのですが、ここまで来た以上、何としても快適な音楽再生環境の理想を追求していく所存です。
    これからも、ちょいちょい参考にしたく覗きに来ますので、よろしくお願いします。

    • sakakihajime より:

      たたのふさん

      お疲れ様でした。お役に立てたようで幸いです。
      音源/ライブラリと、入れ物であるサーバーがきちんとしているなら、後はプレーヤーとコントロールアプリの領分です。

      たたのふさんが使われているプレーヤーとアプリが何かはわかりませんが、お話しを伺う限りプレーヤーがボトルネックになっているような。
      “まともじゃない”プレーヤーは、どんなに優れたアプリを使ってもまともに動きませんので。

      色々ありますが、細かいことは抜きにして、とにかく愉しみましょう!

      • たたのふ より:

        返信ありがとうございます。

        DNCじゃなくて、DMCでした^^;
        デバイスはiPad Air。使ってみたのは、PlugPlayer、Kinsky、おかえりSongBookです。
        いずれもよく落ちますし、1曲で再生が止まってしまいます。
        プレイヤーはPioneerN-50。20年来PioneerのCDプレイヤーを使い続けていた流れです。
        本体付属リモコンや純正駄目アプリでは安定利用できます。
        DMCの不安定性を伝えてますが、青春時代から死蔵されていたCDの音源が、例えばジャンル別等で全曲シャッフル再生で輝きを取り戻したのは筆舌に尽くしがたいですね。
        iTunesや狭義のPCオーディオでも勿論可能な事ですが、操作の度にリスニング場所から移動するのは望んだ状態ではありませんし。
        iTunesはアップルのREMOTEでiTunesを操作できるのですが、これが意外と不安定・・・^^;
        それに、結論的にはネットワークオーディオと音質を比べてしまうと・・・ですね。
        そもそも、20年前に本格オーディオで音楽を楽しもうと夢を見て、ほぼほぼ1年目の給料を注ぎ込んでシステムを揃えたはずなのに、再生方法の不自由さ・・・つまり、好きな曲やアルバムを再生するのに、CDプレイヤーだといちいち・・・という問題により、すっかり・・・という、良くある罠に陥ってたところに、iPodが登場し・・・という、よくある話が私にも当てはまりました。

        ようやく音楽を『良い音で』フルに楽しめる環境を手に入れられることができました。

        DMCの問題はそれにくらべれば、私にとっては二の次です。
        (いや、ネットワークオーディオを本格普及させるには、このままじゃ不味いんですが、)先ずはスピーカーから奏でられる大好きな曲に包まれ、癒され、奮いたたせ、時には涙します。


        話変わり、逆木さんの書かれている音楽とオーディオへの熱い思いも非常に共感するところです。
        魑魅魍魎が渦巻くオーディオ業界のなかで数少ない本当の事を伝えていらっしゃいます。
        また、秋田ご在住とのこと。
        私も秋田出身(秋田市内ですが)なので、勝手に親近感を感じてます。

        これからも、様々な媒体でのご活躍を祈念しております。

        • sakakihajime より:

          たたのふさん

          N-50ですか……

          既にご存知かもしれませんが、N-50の純正アプリはそもそもDMCでも何でもなく、本体/リモコンでの操作をアプリ上で行っているだけです。アプリに表示される情報は本体ディスプレイのクローンです。
          一方で、DLNAにおけるDMRとして使おうとすると、著しく安定性に欠けます。

          LINN DSやLUMINといったプレーヤーは、基本的にいかなるコントロールアプリを使おうと、ギャップレス再生もOn Device Playlist(アプリを終了してもプレイリストの再生が継続する)も問題なく機能します。
          DLNA/UPnPが相互接続性・互換性を謳うものである以上、本来であればコレが当たり前のはずなのですが、現実は……

          こんな具合で、「ネットワークオーディオプレーヤーで快適な音楽再生を」どころか、「実質的にCDプレーヤーにすら劣る」という無様な事実さえほとんど指摘されないまま、ネットワークオーディオというジャンルは「快適な音楽再生」という空虚な売り文句とともに拡大を続けてきました。その結果が現在の有様です。

          ネットワークオーディオの真価が、情けないプレーヤーとコントロールアプリの存在によって不当に貶められている。
          これが「色々」の正体です。


          色々ありますが、心血を注いでライブラリの構築を完遂された今となっては、たたのふさんが恐れることは何もありません。
          ハードとソフト両面の進歩により、選択するメーカーやプレーヤーに関わりなく、多くの人が持っている「本来ネットワークオーディオとはこうあるべき」という理想が報われる日もいずれ来ることでしょう。

          もっとも、その日がいつ来るのかは分かりませんが……

          • たたのふ より:

            はは。
            プレイヤーの問題ですか。
            薄々感じていましたが、やはりいただけないですねぇ。
            そんな状況を打破する力を持ってる逆木さんに益々頑張ってもらわないと。

            私はそうそうプレイヤーを買い増す事は難しいため、このままの状況を受け入れ、オーディオファンから足を洗い、音楽ファンとなり、一歩先へ進んで、未来を待つことにしますね。

            おっしゃる通り、いつでも未来を受け入れる支度は完備しましたので。。。

  2. ボスケテ より:

    たたのふさんへ

    初めまして
    ボスケテと申します。
    私もN-50に悪戦苦闘しています。
    拙宅ではaudio netというアプリで
    プレイストなどがN-50でも機能しようやくDSユーザーが数年前から味わっていた環境の入口に到達できました。
    Android、iOSどちらもあるようですのでトライアル版を試してみて下さい。

    端末がスリープに入ると、次の曲に行かない事が有りますが…



    逆木さんへ

    横槍失礼しました。
    国内メーカーの機器のショボさを
    誰が作ったか解らないアプリを
    虱つぶしに試す事で補い、僅かでも人並みに近づきたいです。
    こんな機能なら、AVアンプを新調したら不要になりそうです。
    atmos関連が不透明過ぎて買う気がしませんが…

    • sakakihajime より:

      ボスケテさん

      安定性や各種機能がきちんと機能するかといった難点を差し引いても、汎用アプリが使えることは大きな救いです。
      このことに関してはDLNA/UPnP万歳といったところでしょうか。

      AVアンプは完全にDTS:X待ちです。
      DTS:Xが推奨するスピーカーの配置等を見てみないことには何とも。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

「FAN AKITA」のプロジェクトで目標金額を達成しました

小町ゆかりの地「真澄と歩く」出版プロジェクト - FAN AKITA

MQAのソフトウェアデコードって……

MQA Decoding Explained - Audio Stre

LUMINがRoonReadyになったような

 ん?  !?  常時起動の単体Roon Serv

3,000,000PVを達成しました

 言の葉の穴は2017年1月5日をもって3,000,000PV

canarino Fils × JCAT USBカードFEMTO

 canarino Filsの導入当初は、ちょいと思うところがあって、

TIDAL MASTERS with MQA

TIDAL MASTERS TIDAL is deliverin

Roon 1.3のプレビュー

Coming over the hill: the monstrous

言の葉の穴 2016-2017

 「言の葉の穴」読者の皆様、あけましておめでとうございます。  昨年

言の葉の穴 2016年のハイライト 創作・地元ネタ編

 もうすぐ終わるので振り返り。  オーディオだけではないのである。

言の葉の穴 2016年のハイライト オーディオ・ビジュアル編

「言の葉の穴」的2015年のAV関連ニュース10選  独断と

2016年の心残りその2 まだ見ぬOPPO Sonica DAC

OPPO Sonica DAC そして素晴らしいのは、この手の製

2016年の心残りその1 LUMIN、未だRoonReadyならず

RoonReady、ネットワークオーディオ第五の矢  LUM

2015年の心残りは2016年でどうなったのか

2015年の心残りその1 ESOTERIC N-05 紹介記事

【BDレビュー】第341回『帰ってきたヒトラー』

画質:8 音質:8 (評価の詳細についてはこの記事を参

シン・ゴジラのUHD BD

「シン・ゴジラ」が'17年3月22日BD/UHD BD化。初公開映像満

【BDレビュー】第340回『DOOM / ドゥーム』

画質:6.66 音質:13 (評価の詳細についてはこの

そのUHD BDは本当に4Kマスターなのか?

「4Kマスターではない」等のUHD BDについて 日本のアニメのUH

Fidelizer Nimitra Computer Audio Server その2

Fidelizer Nimitra Computer Audio Se

クラウドファンディングサービス「FAN AKITA」でプロジェクトを実施中です

小町ゆかりの地「真澄と歩く」出版プロジェクト - FAN AKITA

canarino Fils 単体サーバー編 その2

その1  懸案だったアナログ電源を手に入れて状況が整ったので

→もっと見る

PAGE TOP ↑