*

【ネットワークオーディオTips・実践編】 PCの再生ソフトのコントロールアプリ

公開日: : 最終更新日:2015/08/20 PC・ネットワークオーディオ関連, オーディオ・ビジュアル全般

 とりあえずこの記事も参照。


 私は、いわゆるPCオーディオといわゆるネットワークオーディオを、対立あるいは断絶したものとは思っていない。
 両社とも使う音源は同じものだし、なにより「コントロール」という観点から見れば、ネットワークオーディオはいわゆるPCオーディオをも包括する広がり得るからだ。

 PCの再生ソフト使い、USB DACと接続するという「いわゆるPCオーディオ」であっても、「ネットワーク越しにコントロールする」というネットワークオーディオの本質を実現可能である。
 そのために、以下の二つの方法がある。


①PC+再生ソフトの組み合わせで、UPnP/DLNA対応のネットワークオーディオプレーヤーのように使う

②再生ソフトに対応する専用のコントロールアプリを使ってコントロールする


 ここで取り上げるのは②である。


 ②のメリットは、“UPnP/DLNAという仕組みを気にする必要がないため、本当の意味で各再生ソフトに特化して機能・性能を作り込める”という点だろう。さながらDSに対するChorusDS、LUMINに対するLUMIN Appのように。

 では、この「PCの再生ソフト+コントロールアプリ」にはどのようなものがあるのか。
 以下に一例を紹介する。
 導入方法も各記事に書いている。

・iTunesと『Remote』
・JRiver Media Centerと『JRemote』
・MediaMonkeyと『MonkeyMote』
・foobar2000と『MonkeyMote 4 foobar2000』
・foobar2000と『foobarCon』(androidアプリ)

 中でもおすすめはJRemoteとMonkeyMote 4 foobar2000。
 JRemoteはコントロールアプリとしての完成度が非常に高い。
 MonkeyMote 4 foobar2000は多機能かつ無料のfoobar2000と組み合わせてすぐ導入できる点で優れている。

 とにかく何かひとつでも使ってみて、ネットワークオーディオの何たるかを味わってみてほしい。



 さて、これにて実践編も一通り終了。

 ライブラリ。
 サーバー。
 プレーヤー。
 コントロール。

 把握すべきこと、実践すべきことは多岐に渡る。


 居ながらにしてすべてを見、すべてを操ることで得られる、音楽再生における筆舌にしがたい快適さ。


 ユーザーがそれを手に入れるために、何かひとつでも役に立てたのなら、【音源管理の精髄】を書いた甲斐は間違いなくあった。



【音源管理の精髄】 目次 【ネットワークオーディオTips】


スポンサーリンク


関連記事

【ハイレゾ音源備忘録】 Yes / Tormato

・アーティスト / アルバムタイトル Yes / Tormato ・購入元 mora

記事を読む

【ホームシアターでゲームをしよう!】「映画的なゲーム」はもっと評価されるべき

 恐縮だが、第1回の前にちょいと昔語りに付き合ってくれないか?  ゲームと一言

記事を読む

【BDレビュー】 第247回『オブリビオン』

 想像以上に面白かった映画。そして何より…… 画質:14 音質:11 映像:A

記事を読む

【音源管理の精髄】 「アルバムの曲順がおかしい」という問題について 【ネットワークオーディオTips】

 ディスクベースの時代、アルバムの曲順が狂う余地などなかった。  アルバムの曲順はCDというメディ

記事を読む

みんなでRoonを翻訳しようプロジェクト

 Roonのコミュニティ的な話題なのでちょっとアレかなと思い、RoonのEnno Vandermee

記事を読む

ディズニーのUHD BDはいつ出てくるのだろうか

『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』がMovieNEX仕様で9月にBD化  スター・ウ

記事を読む

LUMIN S1、T1、D1、さらにL1

 前々から新製品の情報は出ていたが、ついにローンチを迎えたようだ。  一気に賑やかになった。  

記事を読む

【ハイレゾ音源備忘録】 Natalie Merchant / Tigerlily

・アーティスト / アルバムタイトル Natalie Merchant / Tigerlily

記事を読む

LUMIN A1、導入1周年!

 近景  見栄えを重視して? なんとなくシンメトリーにしてみた。  L1のHDDの振

記事を読む

【ネットワークオーディオ・実践編】必要なソフトウェア

 必要不可欠なソフトウェア。 ○リッピングソフト  どれだけ音楽のネット配信が広

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

【レビュー】SOULNOTE D-1 音質編

外観・運用編 ・再生環境(詳細) canarino

【Munich HIGH END 2017】SFORZATO / fidata in Munich

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Cocktail Audio CA-X50 【Roon Ready】

  Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら

【Munich HIGH END 2017】constellation audio LEO 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Roon Labs自身による“Nucleus” Roon Server

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Playback Designs Dream DAC MPD-8 / Transport MPT-8 【Roon?】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】DELAの進化は続く

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Mark Levinson No519 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】dCS Vivaldi One 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Ayre QX-8 / AX-8 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】MSB Technology The Reference DAC 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】AURALiC G Series 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

言の葉の穴・四周年

 三周年記事で地元ネタ全面解禁宣言をしてから1年。  主に私のや

【Munich HIGH END 2017】Dynaudio Special Forty

Dynaudio Special Forty https://y

【レビュー】SOULNOTE D-1 外観・運用編

 SOULNOTEのDACには、対応フォーマットのスペックを偏重する流

LUMIN U1がDSD256に対応

LUMINのネットワークトランスポート「U1」、11.2MHz DSD

【菅江真澄紀行文】『菅江真澄と歩く 二百年後の勝地臨毫 出羽国雄勝郡』が完成しました

小町ゆかりの地「真澄と歩く」出版プロジェクト - FAN AKITA

【御礼】ヘッドホン祭&北陸オーディオショウ(デジ研)・OTOTEN 2017が終了しました

春のヘッドホン祭2017 / 第2回北陸オーディオショウの「デジ研」に

【おしらせ】OTOTEN 2017に参加します

 久々だと思っていたら三週続けてのイベント参加です。 O

【おしらせ】春のヘッドホン祭2017 / 第2回北陸オーディオショウの「デジ研」に参加します

 久々のイベント参加になります。 春のヘッドホン祭201

→もっと見る

PAGE TOP ↑