とりあえずこの記事も参照。


 私は、いわゆるPCオーディオといわゆるネットワークオーディオを、対立あるいは断絶したものとは思っていない。
 両社とも使う音源は同じものだし、なにより「コントロール」という観点から見れば、ネットワークオーディオはいわゆるPCオーディオをも包括する広がり得るからだ。

 PCの再生ソフト使い、USB DACと接続するという「いわゆるPCオーディオ」であっても、「ネットワーク越しにコントロールする」というネットワークオーディオの本質を実現可能である。
 そのために、以下の二つの方法がある。


①PC+再生ソフトの組み合わせで、UPnP/DLNA対応のネットワークオーディオプレーヤーのように使う

②再生ソフトに対応する専用のコントロールアプリを使ってコントロールする


 ここで取り上げるのは②である。


 ②のメリットは、“UPnP/DLNAという仕組みを気にする必要がないため、本当の意味で各再生ソフトに特化して機能・性能を作り込める”という点だろう。さながらDSに対するChorusDS、LUMINに対するLUMIN Appのように。

 では、この「PCの再生ソフト+コントロールアプリ」にはどのようなものがあるのか。
 以下に一例を紹介する。
 導入方法も各記事に書いている。

・iTunesと『Remote』
・JRiver Media Centerと『JRemote』
・MediaMonkeyと『MonkeyMote』
・foobar2000と『MonkeyMote 4 foobar2000』
・foobar2000と『foobarCon』(androidアプリ)

 中でもおすすめはJRemoteとMonkeyMote 4 foobar2000。
 JRemoteはコントロールアプリとしての完成度が非常に高い。
 MonkeyMote 4 foobar2000は多機能かつ無料のfoobar2000と組み合わせてすぐ導入できる点で優れている。

 とにかく何かひとつでも使ってみて、ネットワークオーディオの何たるかを味わってみてほしい。



 さて、これにて実践編も一通り終了。

 ライブラリ。
 サーバー。
 プレーヤー。
 コントロール。

 把握すべきこと、実践すべきことは多岐に渡る。


 居ながらにしてすべてを見、すべてを操ることで得られる、音楽再生における筆舌にしがたい快適さ。


 ユーザーがそれを手に入れるために、何かひとつでも役に立てたのなら、【音源管理の精髄】を書いた甲斐は間違いなくあった。



【音源管理の精髄】 目次 【ネットワークオーディオTips】