*

【ネットワークオーディオTips・実践編】 PCの再生ソフトのコントロールアプリ

公開日: : 最終更新日:2015/08/20 PC・ネットワークオーディオ関連, オーディオ・ビジュアル全般

 とりあえずこの記事も参照。


 私は、いわゆるPCオーディオといわゆるネットワークオーディオを、対立あるいは断絶したものとは思っていない。
 両社とも使う音源は同じものだし、なにより「コントロール」という観点から見れば、ネットワークオーディオはいわゆるPCオーディオをも包括する広がり得るからだ。

 PCの再生ソフト使い、USB DACと接続するという「いわゆるPCオーディオ」であっても、「ネットワーク越しにコントロールする」というネットワークオーディオの本質を実現可能である。
 そのために、以下の二つの方法がある。


①PC+再生ソフトの組み合わせで、UPnP/DLNA対応のネットワークオーディオプレーヤーのように使う

②再生ソフトに対応する専用のコントロールアプリを使ってコントロールする


 ここで取り上げるのは②である。


 ②のメリットは、“UPnP/DLNAという仕組みを気にする必要がないため、本当の意味で各再生ソフトに特化して機能・性能を作り込める”という点だろう。さながらDSに対するChorusDS、LUMINに対するLUMIN Appのように。

 では、この「PCの再生ソフト+コントロールアプリ」にはどのようなものがあるのか。
 以下に一例を紹介する。
 導入方法も各記事に書いている。

・iTunesと『Remote』
・JRiver Media Centerと『JRemote』
・MediaMonkeyと『MonkeyMote』
・foobar2000と『MonkeyMote 4 foobar2000』
・foobar2000と『foobarCon』(androidアプリ)

 中でもおすすめはJRemoteとMonkeyMote 4 foobar2000。
 JRemoteはコントロールアプリとしての完成度が非常に高い。
 MonkeyMote 4 foobar2000は多機能かつ無料のfoobar2000と組み合わせてすぐ導入できる点で優れている。

 とにかく何かひとつでも使ってみて、ネットワークオーディオの何たるかを味わってみてほしい。



 さて、これにて実践編も一通り終了。

 ライブラリ。
 サーバー。
 プレーヤー。
 コントロール。

 把握すべきこと、実践すべきことは多岐に渡る。


 居ながらにしてすべてを見、すべてを操ることで得られる、音楽再生における筆舌にしがたい快適さ。


 ユーザーがそれを手に入れるために、何かひとつでも役に立てたのなら、【音源管理の精髄】を書いた甲斐は間違いなくあった。



【音源管理の精髄】 目次 【ネットワークオーディオTips】


スポンサーリンク


関連記事

canarino Fils × EL SOUND アナログ電源 DC12V5A Improved

ついにデジタル・ファイル再生の原器を手に入れたぞ  canarino Filsはまだ何度か

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第9回『ロッキー・ザ・ファイナル』

思い出ボム 画質:7 音質8 映像コーデックはMPEG-2でビットレートは30台

記事を読む

【ハイレゾ音源備忘録】D’Angelo / Black Messiah

・アーティスト / アルバムタイトル D'Angelo / Black Messiah

記事を読む

Chord DAVEをLUMIN U1で聴いた

 DAVEの試聴機が我が家にやってきた。  しかも相手はLUMIN U1というなんとも豪華

記事を読む

QNAP TS-119のアナログ電源を導入してみた

 システムまとめにも書いているが、現在私のシステムではサーバーとして600GのSSDを入れたQNAP

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第81回『紀元前1万年』

画質:8 音質:5 映像はVC-1でビットレートは20前後。頭を抑えられている感じではない

記事を読む

【音響の火花】・序・そもそも“音響”って?

 いわゆるオーディオの考え方を映像にも取り入れると、「オーディオビジュアル」という趣味の領域が出来上

記事を読む

続・なぜ、オーディオなのか?

 前回の続き。  大枚を叩いて購入したHD595は、私にある確信をもたらした。  「再生機器

記事を読む

【CES2016】AKM VERITA AK4497

"VERITA" AKM 歴代最高音質・性能の新フラグシップ プレミアムD/Aコンバーター AK44

記事を読む

LUMIN U1を試す ハード編

 LUMINのネットワークオーディオトランスポート、U1。  データの再生機能という「プレーヤー」

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

「FAN AKITA」のプロジェクトで目標金額を達成しました

小町ゆかりの地「真澄と歩く」出版プロジェクト - FAN AKITA

MQAのソフトウェアデコードって……

MQA Decoding Explained - Audio Stre

LUMINがRoonReadyになったような

 ん?  !?  常時起動の単体Roon Serv

3,000,000PVを達成しました

 言の葉の穴は2017年1月5日をもって3,000,000PV

canarino Fils × JCAT USBカードFEMTO

 canarino Filsの導入当初は、ちょいと思うところがあって、

TIDAL MASTERS with MQA

TIDAL MASTERS TIDAL is deliverin

Roon 1.3のプレビュー

Coming over the hill: the monstrous

言の葉の穴 2016-2017

 「言の葉の穴」読者の皆様、あけましておめでとうございます。  昨年

言の葉の穴 2016年のハイライト 創作・地元ネタ編

 もうすぐ終わるので振り返り。  オーディオだけではないのである。

言の葉の穴 2016年のハイライト オーディオ・ビジュアル編

「言の葉の穴」的2015年のAV関連ニュース10選  独断と

2016年の心残りその2 まだ見ぬOPPO Sonica DAC

OPPO Sonica DAC そして素晴らしいのは、この手の製

2016年の心残りその1 LUMIN、未だRoonReadyならず

RoonReady、ネットワークオーディオ第五の矢  LUM

2015年の心残りは2016年でどうなったのか

2015年の心残りその1 ESOTERIC N-05 紹介記事

【BDレビュー】第341回『帰ってきたヒトラー』

画質:8 音質:8 (評価の詳細についてはこの記事を参

シン・ゴジラのUHD BD

「シン・ゴジラ」が'17年3月22日BD/UHD BD化。初公開映像満

【BDレビュー】第340回『DOOM / ドゥーム』

画質:6.66 音質:13 (評価の詳細についてはこの

そのUHD BDは本当に4Kマスターなのか?

「4Kマスターではない」等のUHD BDについて 日本のアニメのUH

Fidelizer Nimitra Computer Audio Server その2

Fidelizer Nimitra Computer Audio Se

クラウドファンディングサービス「FAN AKITA」でプロジェクトを実施中です

小町ゆかりの地「真澄と歩く」出版プロジェクト - FAN AKITA

canarino Fils 単体サーバー編 その2

その1  懸案だったアナログ電源を手に入れて状況が整ったので

→もっと見る

PAGE TOP ↑