*

【ネットワークオーディオTips・実践編】 PCの再生ソフトを使う

公開日: : 最終更新日:2015/09/06 PC・ネットワークオーディオ関連, オーディオ・ビジュアル全般

 ネットワークオーディオの文脈でPCの再生ソフトを使うと言った時、以下の二つのパターンがある。


①再生ソフトをDLNAのレンダラーとして使う

②再生ソフトに対応する専用のコントロールアプリを使ってコントロールする


 ①はすなわち、DLNAの仕組みを用いて、PC+再生ソフトの組み合わせを単体ネットワークオーディオプレーヤーのように使う方法である。
 DLNAの仕組みを用いることから、単体プレーヤーと同じように、様々なコントロールアプリと組み合わせて使うことができる。

 一方で、②はDLNAという汎用的な仕組みを介さず、再生ソフトとコントロールアプリが一対一の関係にある。
 私の定義ではこの形もまた立派なネットワークオーディオなのだが、一般的には「USB DACを使ういわゆるPCオーディオを、ネットワーク経由でリモートコントロールする形」と言ったほうが伝わると思う。ややこしいが。
 気を付けてほしいのは、このパターンで用いるコントロールアプリはDLNAにおけるDMC(Digital Media Controller)ではないということだ。混同してはいけない。


 この記事では①を扱う。②はまた後で。


 さて、下の画像を見てほしい。
1

 foobar2000、MediaMonkey、JRiver Media Centerの三つのPCの再生ソフトが、ネットワークオーディオのコントロールアプリの再生機器一覧に現れている。
 つまりこの瞬間、コントロールという点において、PCと単体プレーヤーの垣根は存在しない。
 以下の記事も参照してほしい。


・foobar2000でネットワークオーディオする!

・MediaMonkeyでネットワークオーディオする!

・JRiver Media Centerでネットワークオーディオする!


 ただ、問題なのは、上の記事でも触れているが、この方式では上手くコントロールができないということだ。
 この問題は私の環境だけで生じるものなのかもしれないし、検証を進めていけば何かしら解決の糸口は掴めるかもしれない。
 しかし現状では、ここまで書いてきてアレだが、この方式=PC+再生ソフトの組み合わせを単体ネットワークオーディオプレーヤーのように使う方法は、残念ながらおすすめできない。

 ②については、この記事を参照。



【音源管理の精髄】 目次 【ネットワークオーディオTips】


スポンサーリンク


関連記事

続・Nmode X-DP10

新製品発売のお知らせ - Nmodeの部屋 発売日は2017年4月10日(月)です。 当初は

記事を読む

【ネットワークオーディオTips・実践編】foobar2000を使って手っ取り早くDSD256対応のネットワークオーディオ環境を作る

 安くて早くて多機能で夢が広がるfoobar2000を例に、実践編のまとめとして。  ネットワーク

記事を読む

Roon 1.3 (Build 208)とTIDAL Masters

TIDAL MASTERS with MQA  RoonのBuild 208の更新内容とし

記事を読む

【Roon】Sound Galleries SGM 2015 Music Server 【Munich HIGH END 2016】

Sound Galleries SGM 2015 Music Server  「SGM 201

記事を読む

【レビュー】SOtM sMS-200 外観・仕様編 【RoonReady】

【レビュー】SOtM sMS-1000SQ Windows Edition 外観・仕様編  上

記事を読む

【レビュー】Roon ― 音楽鑑賞の新たな可能性

Roonは音楽鑑賞の未来たり得るか Roon 導入編 Roonの「魔法」の正体 Roon 設定

記事を読む

【ハイレゾ音源備忘録】Michael Jackson / Thriller

・アーティスト / アルバムタイトル Michael Jackson / Thriller

記事を読む

Roon 1.2

“総合音楽鑑賞ソフト”「Roon」のバージョン1.2が公開 - 機能を大幅に強化。iPhone用Ap

記事を読む

【BDレビュー】第337回『モンスターズ 新種襲来』 【Dolby Atmos】

画質:8 音質:8 (評価の詳細についてはこの記事を参照) 映像:AVC 音声:Dolb

記事を読む

【ハイレゾ音源備忘録】Led Zeppelin / Led Zeppelin III (Deluxe Edition)

・アーティスト / アルバムタイトル Led Zeppelin / Led Zeppe

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

【ホームシアターでゲームをしよう!】第2回『ドラゴンクエストⅪ 過ぎ去りし時を求めて』

https://www.youtube.com/watch?v

【ハイレゾ音源備忘録】Nicogi / 蜃気楼

・アーティスト / アルバムタイトル Nicogi /

【ホームシアターでゲームをしよう!】再始動

 諸事情により、第1回『The Last of Us』以来

【ハイレゾ音源備忘録】Nicogi / Precious Morning

・アーティスト / アルバムタイトル Nicogi /

【BDレビュー】第345回『RWBY Volume 4』

画質:8 音質:6 (評価の詳細についてはこの記事を参

JPLAYの入門ガイドを作成しました

JPLAY日本語公式ページ →PCオーディオ入門者向け設定ガイド

月刊HiVi 2017年10月号に記事を執筆しました【おまけつき】

月刊HiVi 10月号 9/16発売 祝35周年・UHDブ

【ハイレゾ音源備忘録】Helge Lien Trio / Guzuguzu

おまえの新譜グズグズじゃねーか(歓喜) ・アーテ

【ハイレゾ音源備忘録】Tingvall Trio / Cirklar

・アーティスト / アルバムタイトル Tingvall

【ハイレゾ音源備忘録】Julian Lage / Arclight

・アーティスト / アルバムタイトル Julian La

【レビュー】DSP-Dorado 音質編

外観・導入編 設定・運用編 ・再生環境(詳細)

【UHD BDレビュー】第33回『ザ・コンサルタント / The Accountant』

画質:6 音質:8 (評価の詳細についてはこの記事を参

【レビュー】DSP-Dorado 設定・運用編

外観・導入編  DSP-Doradoは意外と(?)多機能

【イベント情報】東京インターナショナルオーディオショウに参加します

 既にオーディオ誌で見たという人もいるかもしれませんが、 2

【UHD BDレビュー】第32回『メッセージ / Arrival』 米国盤

画質:7 音質:8 (評価の詳細についてはこの記事を参

【レビュー】SFORZATO DSP-Dorado 外観・導入編

「純粋なネットワークオーディオ」への憧憬 続・「純粋なネットワークオ

激突! OpenHome/UPnP vs Roon Ready/RAAT

 今回は音質面の話。  「Roon ReadyはUPnPベースのシス

【UHD BDレビュー】第31回『キング・コング:髑髏島の巨神』 【Dolby Atmos】

画質:7 音質:10 (評価の詳細についてはこの記事を

【UHD BDレビュー】第30回『ハクソー・リッジ』 米国盤 【Dolby Atmos】

画質:9 音質:15☆ (評価の詳細についてはこの記事

【UHD BDレビュー】第29回『許されざる者』 米国盤

【BDレビュー】第112回『許されざる者』 画質

→もっと見る

PAGE TOP ↑