ネットワークオーディオの文脈でPCの再生ソフトを使うと言った時、以下の二つのパターンがある。


①再生ソフトをDLNAのレンダラーとして使う

②再生ソフトに対応する専用のコントロールアプリを使ってコントロールする


 ①はすなわち、DLNAの仕組みを用いて、PC+再生ソフトの組み合わせを単体ネットワークオーディオプレーヤーのように使う方法である。
 DLNAの仕組みを用いることから、単体プレーヤーと同じように、様々なコントロールアプリと組み合わせて使うことができる。

 一方で、②はDLNAという汎用的な仕組みを介さず、再生ソフトとコントロールアプリが一対一の関係にある。
 私の定義ではこの形もまた立派なネットワークオーディオなのだが、一般的には「USB DACを使ういわゆるPCオーディオを、ネットワーク経由でリモートコントロールする形」と言ったほうが伝わると思う。ややこしいが。
 気を付けてほしいのは、このパターンで用いるコントロールアプリはDLNAにおけるDMC(Digital Media Controller)ではないということだ。混同してはいけない。


 この記事では①を扱う。②はまた後で。


 さて、下の画像を見てほしい。
1

 foobar2000、MediaMonkey、JRiver Media Centerの三つのPCの再生ソフトが、ネットワークオーディオのコントロールアプリの再生機器一覧に現れている。
 つまりこの瞬間、コントロールという点において、PCと単体プレーヤーの垣根は存在しない。
 以下の記事も参照してほしい。


・foobar2000でネットワークオーディオする!

・MediaMonkeyでネットワークオーディオする!

・JRiver Media Centerでネットワークオーディオする!


 ただ、問題なのは、上の記事でも触れているが、この方式では上手くコントロールができないということだ。
 この問題は私の環境だけで生じるものなのかもしれないし、検証を進めていけば何かしら解決の糸口は掴めるかもしれない。
 しかし現状では、ここまで書いてきてアレだが、この方式=PC+再生ソフトの組み合わせを単体ネットワークオーディオプレーヤーのように使う方法は、残念ながらおすすめできない。

 ②については、この記事を参照。



【音源管理の精髄】 目次 【ネットワークオーディオTips】