*

【ネットワークオーディオTips・実践編】 ネットワークオーディオプレーヤーを使う

公開日: : 最終更新日:2015/03/21 PC・ネットワークオーディオ関連, オーディオ・ビジュアル全般

 この記事で扱うのは、いわゆるオーディオ機器としてのネットワークオーディオプレーヤーである。
 このカテゴリの製品を導入するのは、今までも何かしらオーディオに取り組んでいて、ネットワークオーディオにも手を出してみようという層だろう。
 具体的な使用感、セットアップ方法はそれこそピンキリなので、ここではまず、製品選びにおいて気にするといいかもしれない点を挙げていく。



◎気にするべき点

・ギャップレス再生に対応しているか
 今どき対応していない製品を買う必要はない。

On-Device Playlistに対応しているか
 そもそも、そのプレーヤーはまともな音楽再生機器と言えるのか?

・FLAC&192kHz/24bitに対応しているか
 192kHz/24bitというスペックに意味があるのかどうかという議論はあるが、実際にそのスペックの音源が存在する以上、それを再生できるに越したことはあるまい。で、とりあえず192kHz/24bitまで対応しているならまず不足はない。



◎気にしなくてもいい点

・プレーヤー本体でのコントロール機能
 なぜ気にしなくていいかはこの記事を参照。

・本体ディスプレイの有無/表示性能
 どうせ使わない。

・メーカー純正コントロールのアプリの使い勝手
 LINNやLUMINといった例外を除き、多くの場合そもそも使うに値しない。
 純正アプリがゴミだった場合、素直に優れた汎用アプリを使おう。

・互換性(そもそも何に対する?)
 こういうめんどくさいことを考えなくてもいいためにUPnP/DLNAという素敵な仕組みがある。

・価格帯の違いによる機能差
 高い製品でも安い製品でも、同じメーカーから発売されている限り、基本的に機能面で差はないと考えていい。
 ただし、「発売時期」が違うと差が生じることもある。



◎お好きにどうぞな点

・音質
 MAJIK DSを買ってもAKURATE DSを買ってもKLIMAX DSを買ってもできることは同じ。
 どこまで投資するかはその人次第。

・DSD対応
 USB DACと違い、単体ネットワークオーディオプレーヤーではまだまだ対応が進んでいない。
 単体プレーヤーでどうしてもDSDが聴きたいなら、それなりの投資額を覚悟する必要がある。それともAVアンプでも買う?

・メーカー
 正直現状ではLINNとLUMIN以外どこを買っても使用感はそんなに変わらない。




 で、使用感についてはプレーヤーではなくコントロールアプリに依存する。
 メーカーの独自仕様によってはコントロールアプリとの相性の良し悪しが生じるかもしれないし、ハードウェア的なスペックがあまりにもしょぼくて反応・挙動が遅いということもあるかもしれないが、それはそれ。

 コントロールアプリから見たプレーヤーの存在を以下に示す。
 使っているアプリはDiXiM DMC。このアプリにおいてはDLNAに忠実に、「レンダラー」と表示している。
1

 毎度おなじみLINN DSと、見かけない文字列。
 この見かけない文字列、パイオニアのアイコンが付いているが、正体はSC-LX85である。ずいぶんと適当な仕事だなぁ……

 日本市場で売られているネットワークオーディオプレーヤーのほとんどはDLNAに対応しているので、基本的に機器を買ってきてルーター/ハブに接続しさえすれば、すぐに再生可能になる。
 逆に、買ってきた機器を接続してもこの一覧に表示されないということは、何かが間違っているということだ。

 そして、コントロールアプリの再生機器一覧に表示される限り、ユーザーがネットワークオーディオプレーヤーの存在を気にする必要はない。
 ここで選択された時点で、プレーヤーから「コントロール」の機能は完全に独立し、プレーヤーはひたすら再生に徹することになるからである。




【音源管理の精髄】 目次

スポンサーリンク


関連記事

【祝】ChorusDS復活!!!

 王者の帰還。  相変わらずLINN DSでしか使

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第42回『バイオハザード』

ゾンビ映画見ながら食べるハヤシライスおいしいです^^ 1作目。リッカーのCGが凄まじく

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第20回『攻殻機動隊 GHOST IN THE SHELL』

さて、アナログとデジタルの結節点に攻殻機動隊はBD化によってどんな姿を見せてくれるのでしょうか?

記事を読む

【レビュー】SOULNOTE D-1 外観・運用編

 SOULNOTEのDACには、対応フォーマットのスペックを偏重する流れとは一線を画したストイックな

記事を読む

【ハイレゾ音源備忘録】 John Mayer / Paradise Valley

・アーティスト / アルバムタイトル John Mayer / Paradise Valley

記事を読む

【音源管理の精髄】 LUMIN Appでもっとアルバムアートを堪能する 【ネットワークオーディオTips】

 LUMIN A1を導入するまで、私はずっとMAJIK DS-Iを使っていた。  となれば当然、使

記事を読む

【ハイレゾ音源備忘録】 Yes / Tormato

・アーティスト / アルバムタイトル Yes / Tormato ・購入元 mora

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第211回『遊星からの物体X』

犬はスタン・ウィンストン大先生の作品 画質:7 音質:8 仕様詳細はsiro様の

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第194回『ワイルド・スピード クアドリロジー』

『ワイルド・スピード』 画質:7 音質:8 『ワイルド・スピード X2』 画質:7 音質:8 『

記事を読む

Roon 導入編

前記事:Roonは音楽鑑賞の未来たり得るか  Roonはソフトであり、サービスである。  メ

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

【UHD BDレビュー】第20回・特別篇『君の名は。』

思ひつつ 寝ればや人の 見えつらむ 夢と知りせば 覚めざらましを

ESOTERIC N-01

エソテリック、最上位ネットワークプレーヤー/USB-DAC「N-01」

OPPO Sonica DACに贈り物をしよう

 というわけで企画記事を書きました。 話題のOPPO「Son

NetAudio vol.27で記事を執筆しました

 本日発売。  今回は、ありそうでなかった「やりたいこと

【祝】『ターミネーター2』がUHD BD化

StudioCanal: Remastered Terminator

HiVi 2017年8月号で『君の名は。』を含む新海誠監督作品の記事を執筆しました

 本日発売。 月刊HiVi 8月号 7/15発売 家で観

LG OLED55B6P ― ブラウン管の呪縛からの解放

レーザー光源プロジェクターと有機ELテレビとブラウン管の呪縛 画質を

エイサーの4K/HDR対応液晶ディスプレイ「ET430Kwmiiqppx」

エイサー、実売7万円でHDR/4K対応の43型液晶ディスプレイ - a

【祝】ついにディズニーからUHD BDがリリース――第一弾は『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス』

James Gunn Confirms Guardians of th

パケットビデオ・ジャパンが……解散

パケットビデオ・ジャパンが解散。Twonky Beamやbonoboな

【イベント報告】7/1にオリオスペックでファイル再生のセミナーを行いました

予告編:7/1(土)にオリオスペックでファイル再生のセミナーを行います

【祝】『ブレードランナー』がUHD BD化

Blu-ray.comのニュース Warner Bros. Ho

HDR考/続・「4Kマスターではない」等のUHD BDをどう捉えるべきか

「4Kマスターではない」等のUHD BDをどう捉えるべきか そのUH

【イベント情報】7/1(土)にオリオスペックでファイル再生のセミナーを行います

 オーディオ用PC等でいつもお世話になっている秋葉原のPCショップ・オ

iPad Pro(2017) 12.9インチを導入した

ネットワークオーディオの本質 - 言の葉の穴  『コントロール』

【レビュー】JS PC Audio HFS1000

HFS1000 - JS PC Audio 【レビュー】JS P

【レビュー】Aurender N100H

【レビュー】Aurender N10 外観・導入編 【レビュー】Au

【レビュー】Aurender N10 音質編

外観・導入編 運用編  Aurender Co

6/10と6/11は第50回「小町まつり」です

君は小野小町の生まれ在所を知っているか 秋田県湯沢市雄勝

iOS11と共にiPhone/iTunesがFLACに対応する……?

iOS11、無劣化圧縮のハイレゾ音源形式FLACに対応! - iPho

→もっと見る

PAGE TOP ↑