*

【ネットワークオーディオTips・実践編】 ネットワークオーディオプレーヤーを使う

公開日: : 最終更新日:2015/03/21 PC・ネットワークオーディオ関連, オーディオ・ビジュアル全般

 この記事で扱うのは、いわゆるオーディオ機器としてのネットワークオーディオプレーヤーである。
 このカテゴリの製品を導入するのは、今までも何かしらオーディオに取り組んでいて、ネットワークオーディオにも手を出してみようという層だろう。
 具体的な使用感、セットアップ方法はそれこそピンキリなので、ここではまず、製品選びにおいて気にするといいかもしれない点を挙げていく。



◎気にするべき点

・ギャップレス再生に対応しているか
 今どき対応していない製品を買う必要はない。

On-Device Playlistに対応しているか
 そもそも、そのプレーヤーはまともな音楽再生機器と言えるのか?

・FLAC&192kHz/24bitに対応しているか
 192kHz/24bitというスペックに意味があるのかどうかという議論はあるが、実際にそのスペックの音源が存在する以上、それを再生できるに越したことはあるまい。で、とりあえず192kHz/24bitまで対応しているならまず不足はない。



◎気にしなくてもいい点

・プレーヤー本体でのコントロール機能
 なぜ気にしなくていいかはこの記事を参照。

・本体ディスプレイの有無/表示性能
 どうせ使わない。

・メーカー純正コントロールのアプリの使い勝手
 LINNやLUMINといった例外を除き、多くの場合そもそも使うに値しない。
 純正アプリがゴミだった場合、素直に優れた汎用アプリを使おう。

・互換性(そもそも何に対する?)
 こういうめんどくさいことを考えなくてもいいためにUPnP/DLNAという素敵な仕組みがある。

・価格帯の違いによる機能差
 高い製品でも安い製品でも、同じメーカーから発売されている限り、基本的に機能面で差はないと考えていい。
 ただし、「発売時期」が違うと差が生じることもある。



◎お好きにどうぞな点

・音質
 MAJIK DSを買ってもAKURATE DSを買ってもKLIMAX DSを買ってもできることは同じ。
 どこまで投資するかはその人次第。

・DSD対応
 USB DACと違い、単体ネットワークオーディオプレーヤーではまだまだ対応が進んでいない。
 単体プレーヤーでどうしてもDSDが聴きたいなら、それなりの投資額を覚悟する必要がある。それともAVアンプでも買う?

・メーカー
 正直現状ではLINNとLUMIN以外どこを買っても使用感はそんなに変わらない。




 で、使用感についてはプレーヤーではなくコントロールアプリに依存する。
 メーカーの独自仕様によってはコントロールアプリとの相性の良し悪しが生じるかもしれないし、ハードウェア的なスペックがあまりにもしょぼくて反応・挙動が遅いということもあるかもしれないが、それはそれ。

 コントロールアプリから見たプレーヤーの存在を以下に示す。
 使っているアプリはDiXiM DMC。このアプリにおいてはDLNAに忠実に、「レンダラー」と表示している。
1

 毎度おなじみLINN DSと、見かけない文字列。
 この見かけない文字列、パイオニアのアイコンが付いているが、正体はSC-LX85である。ずいぶんと適当な仕事だなぁ……

 日本市場で売られているネットワークオーディオプレーヤーのほとんどはDLNAに対応しているので、基本的に機器を買ってきてルーター/ハブに接続しさえすれば、すぐに再生可能になる。
 逆に、買ってきた機器を接続してもこの一覧に表示されないということは、何かが間違っているということだ。

 そして、コントロールアプリの再生機器一覧に表示される限り、ユーザーがネットワークオーディオプレーヤーの存在を気にする必要はない。
 ここで選択された時点で、プレーヤーから「コントロール」の機能は完全に独立し、プレーヤーはひたすら再生に徹することになるからである。




【音源管理の精髄】 目次

スポンサーリンク


関連記事

【BDレビュー】第338回『ズートピア』

画質:10 音質:9 (評価の詳細についてはこの記事を参照) 映像:AVC

記事を読む

【Dolby Atmos/DTS:X】オブジェクトオーディオの威力を実感できるタイトル10選・2017年版

 せっかく、「さらなるサラウンド体験のために天井にスピーカーを付ける」なんて狂気の沙汰にまで踏み込ん

記事を読む

【Dolby Atmos導入記】ようやく映画館でアトモスを聴く

 田舎は辛いよ……  というわけで、ようやくようやく念願だった映画館でDolby Atmosを

記事を読む

ECLIPSE TD316SWMK2 いろんなタイトルとの組み合わせ③

0.1の壁 導入編 リファレンスBD10タイトルとの組み合わせ いろんなタイトルとの組み合わせ

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第83回『機動戦士ガンダム F91』

画質:7 音質:5 映像はAVCでレートは目一杯。 音声はリニアPCMステレオ。

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第45回『アンダーワールド』

3月はBDソフトを8枚カッとなってカッた。後悔はしていない。 一年以上の時を経てリリースされた

記事を読む

【BDレビュー】第284回『思い出のマーニー』

画質:15 音質:9 映像:AVC・MGVC 音声:DTS-HD Mast

記事を読む

LUMIN A1・外観編

導入編 動作編 機能編 LINN DSとの徹底比較 DSD編 音質編① 開梱編

記事を読む

ネットワークオーディオの未来

 狭義のネットワークオーディオとは、「NASに音源を置き、LAN経由でプレーヤーにストリーミングし、

記事を読む

LUMIN A1・初回起動編

導入編 動作編 機能編 LINN DSとの徹底比較 DSD編 音質編① 開梱編 外観編

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

なぜハイレゾ音源を買うのか

 音がいいから、ではない。  私が「ハイレゾ」と言う時は

【UHD BDレビュー】第47回『トランスフォーマー/最後の騎士王』 英国盤 【Dolby Atmos】

画質:10 音質:14 (評価の詳細についてはこの記事

SFORZATO流「ネットワークプレーヤーの使いこなし」が掲載されたので

 我が身を振り返ってみた。 Netwok Audioについて

Bricasti Design M12 / M1 SE mk2のLAN入力がPCM 384kHz/24bit・DSD 5.6MHzに対応

M12およびM1 Special Edition mk2仕様変更のご案

ついに日本でロスレス音楽ストリーミングサービス「Deezer HiFi」が開始

日本初、ロスレス音楽ストリーミング「Deezer HiFi」開始。3,

【レビュー】日本テレガートナー M12 GOLD SWITCH

 魔境深淵注意。  みんなおこらずに楽しく読んでね。

【ハイレゾ音源備忘録】Nicogi / DigiFi No.28付録音源

・アーティスト / アルバムタイトル Nicogi /

「自分の音源ライブラリ」の未来

 言の葉の穴を本格的に始めてまだ間もない頃、こんな記事を書いた。

【Dolby Atmos/DTS:X】オブジェクトオーディオの威力を実感できるタイトル10選・2017年版

 せっかく、「さらなるサラウンド体験のために天井にスピーカーを付ける」

【BDレビュー】第353回『パトリオット・デイ』

 日本ではUHD BDが発売されないという悲劇。 https

LUMIN AppがiPad Pro 12.9インチにネイティブ対応

コントロールアプリのiPad Pro 12.9インチへの対応状況

【BDレビュー】第352回『バーニング・オーシャン』 【Dolby Atmos】

 日本ではUHD BDが出ないという悲劇。 https://

LINN KLIMAX DS/3・DSM/2(Katalyst DAC搭載モデル)がDSDの再生に対応

LINN FORUMS  LINN DSのファームウェア、Dav

WaversaSystems WCORE(Roon Server)

WCORE開発完了 - WaversaSystems  要は

【BDレビュー】第351回『ハードコア』

 一人称視点のアレ。 https://www.youtube.c

UHD BD化を待ち望む作品10選・2017年末版

BD化を待ち望む作品10選  未だBD化されていない作品も多いと

【UHD BDレビュー】第46回『スパイダーマン:ホームカミング』 英国盤 【Dolby Atmos】

画質:6 音質:7 (評価の詳細についてはこの記事を参

【UHD BDレビュー】第45回『ベイビー・ドライバー』 英国盤 【Dolby Atmos】

画質:7 音質:12 (評価の詳細についてはこの記事を

【BDレビュー】第350回『グレートウォール』 【Dolby Atmos】

同時にUHD BDが出ている作品のBDを評価するのはいささか心苦しいの

【BDレビュー】第349回『キング・アーサー』(ガイ・リッチー監督/2017年) 【Dolby Atmos】

同時にUHD BDが出ている作品のBDを評価するのはいささか心苦しいの

→もっと見る

PAGE TOP ↑