*

【ネットワークオーディオTips・実践編】 ネットワークオーディオプレーヤーを使う

公開日: : 最終更新日:2015/03/21 PC・ネットワークオーディオ関連, オーディオ・ビジュアル全般

 この記事で扱うのは、いわゆるオーディオ機器としてのネットワークオーディオプレーヤーである。
 このカテゴリの製品を導入するのは、今までも何かしらオーディオに取り組んでいて、ネットワークオーディオにも手を出してみようという層だろう。
 具体的な使用感、セットアップ方法はそれこそピンキリなので、ここではまず、製品選びにおいて気にするといいかもしれない点を挙げていく。



◎気にするべき点

・ギャップレス再生に対応しているか
 今どき対応していない製品を買う必要はない。

On-Device Playlistに対応しているか
 そもそも、そのプレーヤーはまともな音楽再生機器と言えるのか?

・FLAC&192kHz/24bitに対応しているか
 192kHz/24bitというスペックに意味があるのかどうかという議論はあるが、実際にそのスペックの音源が存在する以上、それを再生できるに越したことはあるまい。で、とりあえず192kHz/24bitまで対応しているならまず不足はない。



◎気にしなくてもいい点

・プレーヤー本体でのコントロール機能
 なぜ気にしなくていいかはこの記事を参照。

・本体ディスプレイの有無/表示性能
 どうせ使わない。

・メーカー純正コントロールのアプリの使い勝手
 LINNやLUMINといった例外を除き、多くの場合そもそも使うに値しない。
 純正アプリがゴミだった場合、素直に優れた汎用アプリを使おう。

・互換性(そもそも何に対する?)
 こういうめんどくさいことを考えなくてもいいためにUPnP/DLNAという素敵な仕組みがある。

・価格帯の違いによる機能差
 高い製品でも安い製品でも、同じメーカーから発売されている限り、基本的に機能面で差はないと考えていい。
 ただし、「発売時期」が違うと差が生じることもある。



◎お好きにどうぞな点

・音質
 MAJIK DSを買ってもAKURATE DSを買ってもKLIMAX DSを買ってもできることは同じ。
 どこまで投資するかはその人次第。

・DSD対応
 USB DACと違い、単体ネットワークオーディオプレーヤーではまだまだ対応が進んでいない。
 単体プレーヤーでどうしてもDSDが聴きたいなら、それなりの投資額を覚悟する必要がある。それともAVアンプでも買う?

・メーカー
 正直現状ではLINNとLUMIN以外どこを買っても使用感はそんなに変わらない。




 で、使用感についてはプレーヤーではなくコントロールアプリに依存する。
 メーカーの独自仕様によってはコントロールアプリとの相性の良し悪しが生じるかもしれないし、ハードウェア的なスペックがあまりにもしょぼくて反応・挙動が遅いということもあるかもしれないが、それはそれ。

 コントロールアプリから見たプレーヤーの存在を以下に示す。
 使っているアプリはDiXiM DMC。このアプリにおいてはDLNAに忠実に、「レンダラー」と表示している。
1

 毎度おなじみLINN DSと、見かけない文字列。
 この見かけない文字列、パイオニアのアイコンが付いているが、正体はSC-LX85である。ずいぶんと適当な仕事だなぁ……

 日本市場で売られているネットワークオーディオプレーヤーのほとんどはDLNAに対応しているので、基本的に機器を買ってきてルーター/ハブに接続しさえすれば、すぐに再生可能になる。
 逆に、買ってきた機器を接続してもこの一覧に表示されないということは、何かが間違っているということだ。

 そして、コントロールアプリの再生機器一覧に表示される限り、ユーザーがネットワークオーディオプレーヤーの存在を気にする必要はない。
 ここで選択された時点で、プレーヤーから「コントロール」の機能は完全に独立し、プレーヤーはひたすら再生に徹することになるからである。




【音源管理の精髄】 目次

スポンサーリンク


関連記事

Asset UPnP for QNAP Test8

 Test7からTest8に更新されたようだ。  といいつつどこがどう変わったのかいまいちよく

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第168回『プレデター 特別篇』

画質:7 音質:13 映像はAVC、音声はDTS-HDMAの24bit 画質について

記事を読む

UHD BDまであと少し……?

UHD BDまであと少し! BDAのチェアマンであるVictor Matsuda氏は、今回のラ

記事を読む

ふと気付けば、いい時代になっていた

 何がって、ネットワークオーディオを取り巻く状況が。  一年半前、「ただ座して待っているつ

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第9回『ロッキー・ザ・ファイナル』

思い出ボム 画質:7 音質8 映像コーデックはMPEG-2でビットレートは30台

記事を読む

【音源管理の精髄】 はじめに 【ネットワークオーディオTips】

 オーディオならではの高音質と、音楽再生における快適さ。その完全な両立。  『ネットワークオーディ

記事を読む

Twonky Server 8.2.0でトンキー病が完治……?

Twonky Server 8.2.0 - Release note Improvemen

記事を読む

画質が迫力を凌駕する瞬間

画質を取るか、迫力を取るか  ≒テレビか、プロジェクターか。  4K/HDRをあっという間に

記事を読む

【イベントレポート】ネットワークオーディオ実践セミナー・サウンドマック

【ネットワークオーディオで実現する快適な音楽鑑賞空間の構築】全国横断実践セミナー  9月5日・

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第90回『眠れる森の美女』

50年越しの奇跡 画質:15 音質:10+(7.1ch収録のため)

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

【ホームシアターでゲームをしよう!】第2回『ドラゴンクエストⅪ 過ぎ去りし時を求めて』

https://www.youtube.com/watch?v

【ハイレゾ音源備忘録】Nicogi / 蜃気楼

・アーティスト / アルバムタイトル Nicogi /

【ホームシアターでゲームをしよう!】再始動

 諸事情により、第1回『The Last of Us』以来

【ハイレゾ音源備忘録】Nicogi / Precious Morning

・アーティスト / アルバムタイトル Nicogi /

【BDレビュー】第345回『RWBY Volume 4』

画質:8 音質:6 (評価の詳細についてはこの記事を参

JPLAYの入門ガイドを作成しました

JPLAY日本語公式ページ →PCオーディオ入門者向け設定ガイド

月刊HiVi 2017年10月号に記事を執筆しました【おまけつき】

月刊HiVi 10月号 9/16発売 祝35周年・UHDブ

【ハイレゾ音源備忘録】Helge Lien Trio / Guzuguzu

おまえの新譜グズグズじゃねーか(歓喜) ・アーテ

【ハイレゾ音源備忘録】Tingvall Trio / Cirklar

・アーティスト / アルバムタイトル Tingvall

【ハイレゾ音源備忘録】Julian Lage / Arclight

・アーティスト / アルバムタイトル Julian La

【レビュー】DSP-Dorado 音質編

外観・導入編 設定・運用編 ・再生環境(詳細)

【UHD BDレビュー】第33回『ザ・コンサルタント / The Accountant』

画質:6 音質:8 (評価の詳細についてはこの記事を参

【レビュー】DSP-Dorado 設定・運用編

外観・導入編  DSP-Doradoは意外と(?)多機能

【イベント情報】東京インターナショナルオーディオショウに参加します

 既にオーディオ誌で見たという人もいるかもしれませんが、 2

【UHD BDレビュー】第32回『メッセージ / Arrival』 米国盤

画質:7 音質:8 (評価の詳細についてはこの記事を参

【レビュー】SFORZATO DSP-Dorado 外観・導入編

「純粋なネットワークオーディオ」への憧憬 続・「純粋なネットワークオ

激突! OpenHome/UPnP vs Roon Ready/RAAT

 今回は音質面の話。  「Roon ReadyはUPnPベースのシス

【UHD BDレビュー】第31回『キング・コング:髑髏島の巨神』 【Dolby Atmos】

画質:7 音質:10 (評価の詳細についてはこの記事を

【UHD BDレビュー】第30回『ハクソー・リッジ』 米国盤 【Dolby Atmos】

画質:9 音質:15☆ (評価の詳細についてはこの記事

【UHD BDレビュー】第29回『許されざる者』 米国盤

【BDレビュー】第112回『許されざる者』 画質

→もっと見る

PAGE TOP ↑