*

【ネットワークオーディオTips・実践編】 『プレーヤー』を選ぶ

公開日: : 最終更新日:2015/09/06 PC・ネットワークオーディオ関連, オーディオ・ビジュアル全般

 そもそもネットワークオーディオにおける「プレーヤー」とは何か、ということについては、以下の記事で確認してほしい。


DLNAにおけるデバイスクラスについて

ネットワークオーディオの三要素――『サーバー』・『プレーヤー』・『コントロール』

ネットワークオーディオにおけるプレーヤーの役割



 ネットワークオーディオにおける「プレーヤー」は、ハードウェアとしては大きく二つに分けられる。


・いわゆるオーディオ機器としてのネットワークオーディオプレーヤー
・PC


 前者については、以下のように細分される。


・単機能のネットワークオーディオプレーヤー(例えばLINN DSやNA-11S1)
・ネットワークオーディオ対応コンポ(AVアンプも含む)


 また、2については、実際にプレーヤーの役割を担うのは例えばfoobar2000やMediaMonkeyといった、ネットワーク経由でのコントロールに対応する再生ソフトである。


 整理すると、ネットワークオーディオにおいてプレーヤーを選ぶとき、三つの選択肢があるということになる。


①単体ネットワークオーディオプレーヤー
②ネットワークオーディオ対応コンポ
③ネットワーク経由でのコントロールに対応するPCの再生ソフト


 それぞれの詳細は続く記事で見ていくこととして、ここでは「何を選べばよいのか」ということについて、いくつかの点で比較してみたい。


・導入コスト:①≧②>③
 ①と②はどのみち新しい機器を買う必要があるので、初期投資が要る。ただし、100万を越えるAVアンプが存在しなくなった現状では、機能面でもコスト面でも、ネットワークオーディオ対応コンポの方が安上がりだと言える。
 再生ソフトについては(インターフェースや音質面で気に入るかどうかはさておき)無料のfoobar2000があれば事足りる。JRiver Media Centerといった別の再生ソフトを買うにしても、別にオーディオ機器を買うよりは遥かに安上がりである。


・手軽さ:③>①=②
 ③はPCの操作画面上で設定が完結するが、②と③は物理的なセットアップや結線の作業が必要。


・音質、あるいはやり込みの余地:(究極的には)①=③>②
 ①はあくまでオーディオ機器であるため、ハードウェアとしての完成度はPCの比ではない。オーディオ的な追求の余地も多い。
 ③は汎用のPCを使っているなら言うまでもなく、いわゆるオーディオ専用PCを組んだところで、ハードウェアとしての完成度は①に及ばないように私には思える。ただし、内部で走る再生ソフトには数多くの選択肢があり、ソフトウェアの自由度という大きな可能性がある。
 ちなみに、「究極のネットワークオーディオプレーヤー」と「究極のオーディオPC」は限りなく近いものであると私は思う。音質に配慮した筐体を持ち、内部では何らかのソフトウェアが走ってデジタル音源を処理していると考えれば。
 なお、純粋な音質という観点から見た時、②はあくまでオマケでしかない。


 極端な話、ネットワークオーディオの方法論において、プレーヤーに何を選ぶかは大した問題ではない。
 純粋に投資金額と音質的な好みで決めてしまって構わない。
 あくまで従来のオーディオシステムとの調和を図るのならば単体ネットワークオーディオプレーヤーを選択すればいいし、PCをいじくり回してその可能性を追求することに楽しみを見出すのならPCを選択すればいい。

 既にライブラリは出来上がっている。
 どんなプレーヤーを選んでもいい。




【音源管理の精髄】 目次 【ネットワークオーディオTips】


スポンサーリンク


関連記事

【一周年】これまでのPV上位10記事

 この一年間の集計。  データはGoogle Analyticsより。  ちなみにトップページは

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第100回『●REC』

そんなわけでこの視聴記も100回を数えました。 記念すべき?100回目のソフトがゾンビ映画って辺り

記事を読む

EPSON EH-LS10000を見てきた

 某日某所、暗室にて。  まどろっこしい話は抜きにして、一番気になっていた部分をはっきりと言お

記事を読む

EPSON EH-LS10000がやってきた

 そのうち帰っていくけど。  それにしてもでかい。  重い。  かっこいい……かどうか

記事を読む

【BDレビュー】第319回『オデッセイ』

 UHD BDも購入予定。  しかもエクステンデッド版はDolby Atmos収録である。

記事を読む

【音源管理の精髄】 『NAS』の正体――そもそも 『サーバー』とは何か 【ネットワークオーディオTips】

 さて、最大限の情熱を傾けてライブラリを構築した。  次はサーバーだ。  ところでサーバーっ

記事を読む

【BDレビュー】第336回『クロニクル』

画質:7 音質:8 (評価の詳細についてはこの記事を参照) 映像:AVC 音声:DTS-

記事を読む

4K/HDRディスプレイが無くともUHD BDの恩恵を受けられるか?

 現状で手持ちのUHD BD15本のレビューを終えたので、記事タイトルの問題と向き合ってみる。

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第57回『ヘアスプレー』

画質:8 音質:14+ 映像はVC-1でビットレートは精々10Mbps台。異常に低い。

記事を読む

NetAudio vol.25で記事を執筆しました

 この手のおしらせはしばらく放置していたが、これからはマメにやっていこうと思う。  と

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

『オペラ座の怪人』のUHD BD

オペラ座の怪人 4K ULTRA HD&ブルーレイ(3枚組) 初回限定

【インプレッション】Playback Designs Merlot DAC 外観編

Playback Designs Merlot DAC - ナスペック

【菅江真澄紀行文・本編紹介】第一章「栗駒の心臓を御室に見る」

クラウドファンディングサービス「FAN AKITA」でプロジェクトを実

NetAudio vol.25で記事を執筆しました

 この手のおしらせはしばらく放置していたが、これからはマメにやっていこ

「FAN AKITA」のプロジェクトで目標金額を達成しました

小町ゆかりの地「真澄と歩く」出版プロジェクト - FAN AKITA

MQAのソフトウェアデコードって……

MQA Decoding Explained - Audio Stre

LUMINがRoon Readyになったような

 ん?  !?  常時起動の単体Roon Serv

3,000,000PVを達成しました

 言の葉の穴は2017年1月5日をもって3,000,000PV

canarino Fils × JCAT USBカードFEMTO

 canarino Filsの導入当初は、ちょいと思うところがあって、

TIDAL MASTERS with MQA

TIDAL MASTERS TIDAL is deliverin

Roon 1.3のプレビュー

Coming over the hill: the monstrous

言の葉の穴 2016-2017

 「言の葉の穴」読者の皆様、あけましておめでとうございます。  昨年

言の葉の穴 2016年のハイライト 創作・地元ネタ編

 もうすぐ終わるので振り返り。  オーディオだけではないのである。

言の葉の穴 2016年のハイライト オーディオ・ビジュアル編

「言の葉の穴」的2015年のAV関連ニュース10選  独断と

2016年の心残りその2 まだ見ぬOPPO Sonica DAC

OPPO Sonica DAC そして素晴らしいのは、この手の製

2016年の心残りその1 LUMIN、未だRoon Readyならず

Roon Ready、ネットワークオーディオ第五の矢  LU

2015年の心残りは2016年でどうなったのか

2015年の心残りその1 ESOTERIC N-05 紹介記事

【BDレビュー】第341回『帰ってきたヒトラー』

画質:8 音質:8 (評価の詳細についてはこの記事を参

シン・ゴジラのUHD BD

「シン・ゴジラ」が'17年3月22日BD/UHD BD化。初公開映像満

【BDレビュー】第340回『DOOM / ドゥーム』

画質:6.66 音質:13 (評価の詳細についてはこの

→もっと見る

PAGE TOP ↑