*

【ネットワークオーディオ・実践編】 MediaMonkeyでリッピング

 38ドルが惜しいという人はMediaMonkeyでリッピングもしてしまおう。


 MediaMonkeyを起動した状態でCDを入れると、こんな具合でディスクが認識される。
 WS000221

 まずは右クリック。
WS000222

 「CDのリッピング」という項目が見えるが、ちょっと待ってほしい。
 入れたまんまの状態だと「ジャンル」が「14」になっているし、アルバムタイトルもアーティストも何か変だ。

 というわけで、先に「FreeDBからアルバム情報を取得」を選択する。
 この時、該当のアルバムとしてヒットした情報が一つだけの場合は自動的に情報が上書きされるが、それらしき情報が複数ヒットした場合は別ウィンドウが開き、どの情報を適用するか選択することができる。
 今回は該当する情報が一つしか見つからなかったようで、以下のように情報が上書きされた。
WS000223

 ではリッピングといこう。
 下の画像は「CDのリッピング」を選択した際に現れるウィンドウである。
 気を付けるべき部分を赤で示してある。
WS000224

 「設定」とはdBpoweramp CD Ripperの記事でも登場した「保存規則&命名規則」のこと。
 実際に保存される際の階層構造を例示してくれるので実にわかりやすい。
WS000225

 次に「形式」。MediaMonkeyでは以下の5種類のファイル形式が選べる。
WS000226

 例によって、ここは問答無用でFLACを選択する。
 その後、「形式」の下にある「設定」から、FLACの圧縮率云々を決める。
 WS000227

 大事なのは「FLACであること」であって、圧縮率云々は大した問題ないので、ここは速いに越したことはない。
 WS000228

 次に「リップ方式」。
 以下の三つの選択肢がある。
WS000229

 残念ながらdBpoweramp CD Ripperとは異なり、MediaMonkeyにはAccurate Ripの仕組みはない。課金してゴールドにすればAccurate Ripを使えるようになるが。
 精神衛生上、ここは「セキュア」にしておこう。


 色々といじって、最終的に以下のような設定となった。
WS000230

 で、リッピング。
 そして、出来上がったファイル。
 dBpoweramp CD Ripperでリッピングした「Rock」と「Pop」も見える。
WS000231
WS000232
WS000233
WS000234

 ところどころおかしい部分はあるが、一旦置いておく。

 ファイルのプロパティはこの通り。
WS000235
WS000236

「なんか文字化けしてるぞ!」
「アルバムアートが入ってないぞ!」

 まったくもってその通り。
 MediaMonkeyにおけるリッピングの手順を一通り示してみたが、見てのとおりリッピングに関して言えば、MediaMonkeyは機能面においてもインターフェースのわかりやすさにおいても、dBpoweramp CD Ripperには及ばないという印象だ。
 たまたま今回扱ったCDがマイナーなアルバムだったということもあるが、ソフトの情報収集力だけでは曲名を正確に埋め込むことができなかった。
 これは「自分でタグ編集? そんなもんやってられるか」という機械任せ派にとっては深刻な問題である。

 今回の記事を書くため、だいぶ久しぶりにMediaMonkeyでリッピングを行ったのだが、dBpoweramp CD Ripperの使い勝手に慣れた身からすれば、端的に言って出来の悪さが気になってしまった。
 総合的な音源/ライブラリの管理編集ソフトとしてMediaMonkeyに最大級の評価を与える姿勢に変わりはないが、リッピング機能だけを切り出してみるとなかなか辛いものがある。
 やはり、素直に38ドルくらい投資しよう。


 ただ、dBpoweramp CD Ripperであろうと、リッピング時の編集だけでは音源が完成しないことも往々にしてあるし(特にアルバムアートの埋め込み)、ハイレゾ音源についてはそもそもリッピングという工程そのものが存在しない。リッピングしてからどのように音源を管理編集するかも、リッピング同様極めて重要なテーマである。
 リッピング機能だけを見れば少々不本意な結果に終わってしまったが、MediaMonkeyが真価を発揮するのはこれからだ。



【音源管理の精髄】 目次

スポンサーリンク


関連記事

no image

【BDレビュー】 第11回『エイリアン VS. プレデター』

11回目に突入です。 こないだテレビでプレデターの一作目がやってました。 AVP2も12月公開だ

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第23回『劇場版 機動警察パトレイバー』

アニメです。 これがイノセンスに到る押井作品群の始まりと言えます。 AKIRAに集った史上最強の

記事を読む

Linn Kazooがまた使いやすくなった

以前の大規模更新の際の記事: Linn KazooがiPhoneでもandroidでも使えるように

記事を読む

リファレンスBD10選・音質編

 オーディオ・ビジュアルの領域において、ハードの画質音質を評価するためにはソフトが必要になり、ソフト

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第44回『サンシャイン2057』

私の琴線を終始掻き鳴らしっぱなしの素晴らしいSF映画でした。 画質:13 音質:12→13

記事を読む

【音源管理の精髄】 WAVでリッピングした音源をFLAC等に変換するとタグはどうなる? 【ネットワークオーディオTips】

 今更感漂う不毛な検証第二弾。  やっぱり情報や検証事例が多いに越したことはあるまい。

記事を読む

ネットワークオーディオプレーヤーにおける世代間断絶と、本当に求められるもの

 ネットワークオーディオプレーヤーとは、物凄く端的に言ってしまえばあらゆる要素をオーディオに特化させ

記事を読む

LG OLED55B6P ― ブラウン管の呪縛からの解放

レーザー光源プロジェクターと有機ELテレビとブラウン管の呪縛 画質を取るか、迫力を取るか 画質が

記事を読む

Roonが示すネットワークオーディオの到達点と新たな地平

『ネットワークオーディオ』とは何か ネットワークオーディオの実践に必ずしも単体プレーヤーは必要

記事を読む

Linn KazooがiPhoneでもandroidでも使えるようになったよ+α

 Kinskyに続くLINN純正のコントロールアプリ、Linn Kazoo。  長らくiPad

記事を読む

スポンサーリンク

Comment

  1. 00Q より:

    MediaMonkyで、複数のアルバムからなるアルバムCDをリッピングする、またはリッピングした後に「webから自動タグ付け」を行うと、うまくタグがつかないことがあるのですが、これの対処法はあるのでしょうか?

    • sakakihajime より:

      「リッピングするディスクナンバーに関係なく全曲通しの情報しか現れず、タグ付けの要領を得ない」
      とう状況と推察します。
      聖剣伝説やらロマサガやらクロノクロスやらのサントラで私も同じ目に遭いました。

      MediaMonkeyの「webから自動タグ付け」とは「Amazonから情報を引っ張ってくる」というもので、Amazonがディスク番号の情報を持たない(通しのトラックナンバーでしか情報がない)せいでこのような問題が生じるのだと思われます。
      対処法としては少々手間ですが、まず「同じアルバムタイトル」で全枚数をリッピングし、その後に「一つのアルバム」として「webから自動タグ付け」を行い、通しのトラックナンバーを付ける方法が考えられます。
      あくまでもディスクナンバーで分けたい場合は……MediaMonkeyはリッピング時にFreeDBが使えるので、それでディスクごとに頑張るというのも手です。


      以下の記事もご参照ください。

      複数のディスクから成るアルバムをどう扱うべきか
      http://kotonohanoana.com/archives/5759

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

【ホームシアターでゲームをしよう!】第2回『ドラゴンクエストⅪ 過ぎ去りし時を求めて』

https://www.youtube.com/watch?v

【ハイレゾ音源備忘録】Nicogi / 蜃気楼

・アーティスト / アルバムタイトル Nicogi /

【ホームシアターでゲームをしよう!】再始動

 諸事情により、第1回『The Last of Us』以来

【ハイレゾ音源備忘録】Nicogi / Precious Morning

・アーティスト / アルバムタイトル Nicogi /

【BDレビュー】第345回『RWBY Volume 4』

画質:8 音質:6 (評価の詳細についてはこの記事を参

JPLAYの入門ガイドを作成しました

JPLAY日本語公式ページ →PCオーディオ入門者向け設定ガイド

月刊HiVi 2017年10月号に記事を執筆しました【おまけつき】

月刊HiVi 10月号 9/16発売 祝35周年・UHDブ

【ハイレゾ音源備忘録】Helge Lien Trio / Guzuguzu

おまえの新譜グズグズじゃねーか(歓喜) ・アーテ

【ハイレゾ音源備忘録】Tingvall Trio / Cirklar

・アーティスト / アルバムタイトル Tingvall

【ハイレゾ音源備忘録】Julian Lage / Arclight

・アーティスト / アルバムタイトル Julian La

【レビュー】DSP-Dorado 音質編

外観・導入編 設定・運用編 ・再生環境(詳細)

【UHD BDレビュー】第33回『ザ・コンサルタント / The Accountant』

画質:6 音質:8 (評価の詳細についてはこの記事を参

【レビュー】DSP-Dorado 設定・運用編

外観・導入編  DSP-Doradoは意外と(?)多機能

【イベント情報】東京インターナショナルオーディオショウに参加します

 既にオーディオ誌で見たという人もいるかもしれませんが、 2

【UHD BDレビュー】第32回『メッセージ / Arrival』 米国盤

画質:7 音質:8 (評価の詳細についてはこの記事を参

【レビュー】SFORZATO DSP-Dorado 外観・導入編

「純粋なネットワークオーディオ」への憧憬 続・「純粋なネットワークオ

激突! OpenHome/UPnP vs Roon Ready/RAAT

 今回は音質面の話。  「Roon ReadyはUPnPベースのシス

【UHD BDレビュー】第31回『キング・コング:髑髏島の巨神』 【Dolby Atmos】

画質:7 音質:10 (評価の詳細についてはこの記事を

【UHD BDレビュー】第30回『ハクソー・リッジ』 米国盤 【Dolby Atmos】

画質:9 音質:15☆ (評価の詳細についてはこの記事

【UHD BDレビュー】第29回『許されざる者』 米国盤

【BDレビュー】第112回『許されざる者』 画質

→もっと見る

PAGE TOP ↑